2018年08月14日

一矢報いたい

自然流体研究を始めたのは,学部4年の頃から。
専門知識はあまりにも浅く、今考えると小さい研究だったけど、未知の世界を切り拓ける可能性があることが面白く、研究室での作業に没頭した。


2011.3.11のときは26歳、何が起きたのか、とにかく知りたかった。
多くの研究の在り方が問われたけど、
自分のすべきことは、始めたばかりこの仕事を貫くことと信じた。


2018年の西日本豪雨、
歳をとったからか、311のときよりは冷静に見られている。
自分の力に対しても客観的に分かるようになる。

それでも、一矢報いなければ。







ko1101 at 01:30コメント(0) 

2011年06月14日

プロで伸びるということ、突き抜けるということ。


プロになって伸びる人たちがいる。


プロ野球やサッカーで、最初は無名だった人が日本代表まで上り詰めることがある。そんな人たちは、ときに『遅咲き』とも呼ばれる。
一方、騒がれて入ったドラフト1位が試合に出れず、消えていくこともある。

研究者の世界でも同じで、研究成果は必ずしも学歴には比例しない。
必ずしも優秀でない人が、インパクトのある論文を出すことがある。
きっと他の業界でも、同じようなことは起きているのではないだろうか。

『プロになって伸びる人』
いろんな要因があるだろうけど、それは『心』次第ではないかと、ここでは信じたいと思う。

アマチュアでは上位にランクしてた人が、プロの世界では底辺に落ちることは現実によくあることだろう。
勝負の世界で勝ち続けて来た人が、負け続ける世界に来て、その人の心はどこに向かうのだろうか。、

この辛い現実に悩み、悩み、突き抜けて行くことが、プロで有り続けるために必要ではないだろうかと、
考えてみる。

日ハムの中田選手は、鳴り物入で入団したプロ野球選手のひとりだ。
昨年までは『実力』よりも『言動』が目立つことが多かったが、4年目の今年は1軍の4番に抜擢され、実力で大きく注目されている。
報道によると、髪を短くしたり、メディアに出るときの姿勢が謙虚になったりと、マインド面で大きな変化があったという。それは、葛藤の末にたどり着いた心持ちだという。


プロであるからこそ、勝ち負けがはっきりする。
最初の方は上手くいかないことだらけで、悩みは尽きない。
しかし、悩みに支配されては、先に進むことはできない。

スポーツでも勉強でも仕事でも、先天的なことより後天的なことの方が、人の成長に大きく影響するのではないだろうか。後天的な成長要因は心持ち次第でどんどん獲得することができ、だからこそ、プロになって大きく伸びる人が現れるのではないかと思いたくなる。

プロに入って、あまりに負けが込み過ぎることもあるかもしれないけど、
負けが続き、悩み、悩み、突き抜けた先に、社会に大きな影響を与える1勝を得ることもあるのではないだろうか。

そのときまで、突き抜けたた人はとても強く、
そういう人が社会を少し動かすのだと、信じたいと思う。


ko1101 at 01:30コメント(0) 

2011年03月17日

放射線量の報道をどう解釈すべきか

最近,放射線量のニュースがよく流れています.

今回のような災害では,報道機関は伝えるべき情報量が多く,放射線量についても限られた時間で“迅速”に報道しているようです.

しかし,放射線量という生命に関わるような情報を,ニュースが簡単に伝え,あるいは視聴者が簡単に理解しようとすると,誤解が生じるリスクがあるのではないでしょうか.

情報を適切に受け取るため,受け手側としてはどういう姿勢でいればいいのでしょうか.データの解釈について,少し考えてみました.

まず,報道される“数字”あるいは“ミリorマイクロ”だけで判断することは危険だと個人的に思います.何日か前までは,『被ばく』という単語が独り歩きしていましたが,それだけでは安全かどうか全く判断できません.

とりあえず,思いつく注意点は以下の通りです.

。映当たりの値?1時間当たりの値?1回当たりの値?
どうやら,観測値で出てくる“シーベルト”というのは,シーベルト毎時のようです.毎時が省略されているようです(違ってたらすいません).しかし,レントゲンや飛行機でこれだけの線量というのは1回当たりです.また,ときどき1年当たりの値も使われているようです.このため,報道される値がどれだけの時間に対するものなのかを冷静に捉える必要があると思います.

移流拡散
移流(風が吹くことでの移動)と拡散(濃度差による広がり)をする.すなわち,極めて高い値が福島原発で出ても,移流拡散で周囲に広がっていき,最終的には平衡状態に落ち着きます.このため,福島原発で高い値が出ても,その値自体が重要というよりは,どれだけその値が継続するか(一過性のものかどうか)が重要だと思います.また報道で伝えられているように,風向きが重要だと思います

“人体への影響”とは具体的に何?個人差の大きさは?
報道では,“人体への影響”という表現がよく使われています.
私には医学的なことは全く分かりませんが,“人体への影響”といわれても受け取り方は人それぞれだと思います.ガンになる確率が少し上がることを意味するのか,高確率になることを意味するのかなど.
より適切に報道を受け取るためには,“人体への影響”の具体的意味を知る(調べる)方がよいと個人的には思っています.

実際には,放射線が大丈夫かどうかなんて,正解は神のみぞ知る所かもしれません.それでも,報道される観測データを適切に解釈しようとすることで,各人が状況判断ができるようになるのではないでしょうか.


ko1101 at 00:23コメント(0) 

2011年03月13日

もう二度と

地震後,職場のほとんどの人がテレビに釘づけになりました.
職場で津波の研究をしているメンバーも,初めての経験だと言っていました.ぼくは津波が専門ではないですが,うちの地震・津波の研究部隊は週末に現地調査・情報収集・解析等を行っていたようです.

津波の室内実験でよく見かける光景が現実に起きていました.室内実験に比べて,現実の規模は数千,数万倍でした.室内実験では人はいないけど,現実には沢山の人が巻き込まれてしまいました.どうして,もっと早く情報伝達して,人を避難させることができなかったのか.どうして,原発の健全性・電力の安定供給を守れなかったのか.自分たち研究員の無力さに呆然とするしかありません.

今自分にできることは,将来もう二度とこういう水災害を起こさないように,水理学・海岸工学の分野で出来る限り貢献していくことだと思います.水災害に強い日本に全力で役立っていく,ということしかありません.

ko1101 at 22:37コメント(0) 

2010年11月19日

プラットフォーム

就職して8カ月が過ぎました.
立体迷路みたいな毎日ですが,未熟ながらも自分なりに戦っています.

だいぶ自分の職場のことも分かってきて,色んな分野の研究者が集まってるプラットフォーム的な職場なあと感じています.それぞれが良い相乗効果を出し合えば,日本の科学技術もまだまだ捨てたもんじゃないと世界に思わせることもできるような気がしています.
そういうとこに自分も一兵隊として貢献したいと思ってます.

そのためには,自分にしか持っていない強力かつ多種の武器を入手したいです.最近はそういうことをしきりに考えています.



ko1101 at 00:01 

2010年06月13日

就職しました.

CIMG7609

かなり久しぶりにひっそりと更新

4月から千葉に来て,水・土が混ざった流れ(混相流)の研究をさせてもらっています.まだ研究のネタを探してる段階ですけど.
学生のときにしていた波の研究も,副題として細々と続けさせてもらってます.

就職してからは日々,英語と数学の壁にぶつかっていて,
もう少し学生の時に真面目に勉強しとけばよかったなぁと思っています.

人の役に立つような研究を成功させるには,先はとても長いですが,
これでずっと飯を食っていくと決めたので,
何とか学術の世界で生き残っていきたいです.

写真は去年行ったしまなみ海道にある橋.
けっこう良く撮れてる気がする.

ko1101 at 20:05コメント(2) 
Japanese 

2009年09月28日

家の中

こっちではルームシェアで、3人で広い家に住んでます。

キッチン。
スウェーデンの家はオール電化で、オーブンが付いています。(左下)それと、食器洗い機も付いているのが普通らしいです。(中央)
1



これは冷蔵庫(中央左側)と冷凍庫(中央右側)
電子レンジは何故かサムソン製がほとんどです。
2



テーブルです。ここで3人でご飯食べてます。
デザインが北欧な感じ。
4


スウェーデンの家は窓が特徴的で、三重構造になっています。
いま日本の12月くらいの気温ですが、窓のおかげで暖房をまだつけていません。
5



テラス?みたいな部屋。
この部屋だけ窓が三重構造になってなくて、少し寒いです。
飲み会が開かれてるときだけ使われます。
3



ko1101 at 05:11コメント(0) 

2009年09月20日

食べ物

(1)豚肉のケーキ
こっちに来た日に、一緒に住んでるスウェーデン人が作ってくれたものです。チーズケーキのようなものですが、砂糖の代わりに豚肉が入っています。
4


みんなこれを夕飯として食べるようです。
最初は、豚肉をケーキに入れるのに驚いたんですが、慣れたらけっこういけます。りんごのソースをつけて食べます。

(2)ウィンナー
スウェーデンではこれをウインナーというそうです。
6


最初スーパーで見たときは、これどうするんやかって思いましたが…
トマトとかチーズを乗せて、オーブンで焼いたらこうなります。
7

男3人で食べても食べきれませんでした。
かなり腹にたまります。

(3)パスタ
こっちは、パスタの形とソースの種類が豊富で、値段は日本よりも安めです。よく食べるのはこんな形。
8


(4)ファストフード
お昼にときどき食べてます。
これで800円くらいですが、見た目より量があります。
9



ko1101 at 01:43コメント(2) 

2009年09月06日

スウェーデンとデンマークの間

電車で隣町まで行って、デンマークとの国境を見てきました。

大体ここら辺です。プレゼンテーション1


スウェーデンとデンマークの間にはエーレスンド大橋という、長い橋が架かっています。ぼくがスウェーデンに来たときは、コペンハーゲン(デンマーク)空港で降りて電車でこの橋を渡ってきました。

スウェーデン側ではマルメという港湾都市とつながっています。人口は30万人くらいですが、それでもスウェーデンでは3番目に大きい都市です。

マルメの駅前はこんな感じ。曇り空でした。
DSC00038


街中。
DSC00052

人が少ないです。

マルメから見た、エーレスンド海峡を撮影しました。
とにかく風が強いんですが、内湾にあるので波は穏やかです。『寄せては返さす』波ではなく、短周期で打ち寄せる不思議な波です。

最後の方に写っているのが、エースレンド大橋です。
橋の向こう側はデンマークです。


橋の近くにはデンマークの風力発電が大量に設置されています。
偏西風を受けて風車がめちゃめちゃ回ってました。DSC00061




ko1101 at 17:36 

2009年08月26日

スウェーデンにいます。

一昨日から、11月2日までスウェーデンにいます。
今のところ英語の論文書いたり、数値シミュレーションの準備をしたり、地味に修論進めてますが、大学院の授業も受ける予定です。


研究室

研究室は、二人で一つの部屋が割り当てられてて、パキスタン出身のポスドクの人と同部屋になりました。右下が自分の席。

新入生のセレモニー?

工学部。新入生のが輪になってるらしいです。

うま

帰宅途中に、馬が2匹横切りました。



ko1101 at 05:46コメント(0) 

2009年07月03日

就職先

来年から,国の研究所で働けることになりました.
寮は,Jリーグで言えば柏レイソルが最も近いです.
転勤がないので,ずっとその辺りに住むでしょう.

入所後の研究分野は,『水』や『海の波』みたいな流体の数値解析で,今の専門と大体同じです.
人よりちょっと長めに大学通わせてもらってるので,いつかここで学んだことを世の中に還元できればいいかなと思います.そうなるようがんばります.







ko1101 at 20:08コメント(2) 

2009年03月19日

スウェーデン派遣とシュウカツ

大学院に、若手研究者を対象とした海外派遣なる制度がありまして、8月下旬から3ヶ月くらいスウェーデンに出張してきます。で、向こうの先生から海の波について教えを請うてきたいと思います。

それと今M1なんで、シュウカツやってるんですけど、
とりあえず『研究』で飯食ってくことにしました。
一度しかない人生やったら、そっちに賭けてみようと思います。

なので民間で受かってたコンサルも断って、中央省庁の類も受けないことにしました。ちょっともう引き返せないんで、後は普通にがんばります。


ko1101 at 03:42コメント(0) 

2008年11月25日

フルマラソンに出ました

熊本の天草マラソンに、研究室の友達と行ってきました。
はじめての42.195kmです。

福岡のハーフマラソンの前にしか練習してなかったんで、
案の定折り返し地点から足に限界がきだして、
後半は走って、歩いて、ストレッチしてを繰り返しました。

結局、友達よりも1時間遅く、5時間20分でゴールしたんですが、
ゴールのときはたくさんの人に応援されて、ちょっと感動しました。


走りながらケータイで写真撮りました。
修正2天草マラソン1


この近くの道路をスタートしてから、運動場を半周してゴールです。



修正天草マラソン2


スタート直前の様子です。割りと平均年齢高かったですね。



修正天草マラソン3


給水所です。飲み物だけじゃなくて、バナナやみかんみたいな食べ物も置いてます。



修正天草マラソン4


ぼくらが15km付近で、先頭で折り返して来た人とすれ違いました。
その写真撮ろうと思ったら、上手く撮れなかったです。
お互い走ってるんで。。



修正天草マラソン5


残り4kmです。
ここら辺になってくると、歩いてるだけで辛いです。



次はちゃんと練習した上で出て、最終的に3時間台で走れるようになりたいです。
そして将来、自分に子供ができたら、一緒に完走したいと思います!

ko1101 at 00:28コメント(0) 

2008年09月21日

4年間

今週末、山田ズーニーさんのワークショップに参加しました。

講師のズーニーさんは、執筆活動や全国各地での講演を通して、思考力・コミュニケーション・文章表現をテーマとした教育を行っている方です。

今回の最終的なテーマは、『社会に自分をデビューさせる』というもので、就職などで岐路に立っている人向けでした。このテーマで各グループで発表し合うという感じです。テーマ的には、すごく自分向けで期待してたんですが、びっくりするくらいに何も得られずに終わってしまいました。


ズーニーさんには4年前にもQ大で参加型の講演をして頂いて、学部2年生だったぼくも参加していました。そのときの感想を当時のブログに残しています。

続きを読む

ko1101 at 06:54コメント(1) 

2008年09月19日

マラソン練習

今年も研究室のメンバーでマラソンを走ることになったんで、近くの小戸公園で練習をすることにしました。

そこで昨日走りに行ってみると、警察が公園を封鎖していて、記者っぽい人が周囲の人達にインタビューしてたり、上空にはヘリが2,3台飛んでるような状況でした。

中に入れなかったんで、とりあえず歩道を5キロくらい走ったんですけど、
帰って調べたら、ぼくが走りに行く1時間ほど前にこんな事件があったようです。

ただただショックです。
うちの近くはベッドタウンになってて、子供連れで公園に来る方も多いんです。

もともと福岡は犯罪が多く、西区では何ヶ月か前にも殺人事件がありました。
犯罪が成り立ちやすい何かしらの条件がここにはあるんだと思います。
例えば、あの公園は人が多い割には、手入れが行き届いていなくて、人目につかない場所が多いし、犯罪の注意を喚起するような看板は見当たりません。

こういうベッドタウンの地区だからこそ、街全体が犯罪に対する意識を高く持って、特に子供を守っていくべきです。



ちなみに、今年のマラソンですが、
福岡のシティマラソン(21km)と
熊本のフルマラソン(42.195km)に出場予定です!

ko1101 at 03:41コメント(0) 

2008年07月06日

倉敷

学会の発表で倉敷を満喫しました。



ko1101 at 16:15コメント(0) 

2008年06月05日

造波装置







最近、研究室でやってるTA(バイト)の一環で、ビーチの模型を作っています。
今日はその造波装置が完成(?)したので記念にアップします。

ko1101 at 20:01コメント(3) 

2008年03月05日

卒論終わり

卒論諮問終わりました。

研究はなかなか面白くて、この数ヶ月間はまってました。でもけっこう中毒性があって、研究を生活の中心に据えると、視野が狭くなりがちです。最初は最小限の努力で切り抜けるつもりだったんですが、結局夢の中でもスペクトル解析してました。

今は2つの企業と共同研究してるんですが、いろんな機会をもらってます。いろんな技術者や研究者と接していて、技術的なことはもちろん、ヒト的なことでそうか〜って思うことは多いです。

外に出ることも多いです。
今度の土曜は発表で長崎行きます。今月のいつかに現地観測で山口の荒波を見てきます。
そして来年度も研究室のお金で、富山と岡山と韓国(?)に行けそうなんで、そこら辺を楽しみにして、これからも研究活動がんばります。

そして、職員の方々が帰られてから、ゼミ室でこっそりやってるウイイレ大会(パワプロ大会)とか、研究室の仲間と楽しく過ごしていきたいです。


ko1101 at 13:26コメント(2) 

2007年11月19日

失敗の多い日々

もし、坂本竜馬が自分だったら、どう生きるだろうか?

何かしらのヒントを得ようと『竜馬がゆく』を読んで、時々そういうアホな事を考えます。

竜馬は大事を成すために、まず剣術を究めた。
人生50年と言われた時代、多くの若者が我先にと攘夷運動にエントリーしていたとき、契機を待ちながら、自分の展開のための準備をした。

準備。

「現在は常に未来のための準備期間だ」ってどこかの偉い人の名言を新聞で見たことがあります。マラソンで言えば、ゴールしたとしても、それはもっと遠くにあるゴールのための一つの通過点に過ぎないってことですか。登山で言えば・・・

話を坂本竜馬に戻すと、彼が剣道を学びながら考えていたことは、
----------------------------------------------
迫り来る欧米から日本を守らないといけないけど、島国の日本にとって、どっちみち海外との物流産業はなくてはならないものだし、そのために開国は必要だ。でもこのまま開国したら、欧米に好きなようにされてしまうから、東アジアで連邦政府を作ったほうがいい。
----------------------------------------------
国際競争力のある物流インフラ、東アジア共同体
150年後の現在でも、依然達成されていないことを、目指した。

大局観。

そして、そのための『準備』をひたすらやった。
体を鍛え、いろんな人たちとつながり合い、そして学問も怠らなかった。


ところで、イチローが小学校の卒業文集で綴ったことは、プロ野球選手になるっていう大きな夢と、そのための事細かな計画だったらしい。
そして今年、イチローが200本安打を達成したときの言葉

「自分の弱いところしか見えない。」


坂本竜馬は、
体を鍛えていたからこそ、日本中を奔走することができ、
人格者だったからこそ、いろんな人達が協力してくれただろうし、
学があったからこそ、冷静に状況を分析できたんだろう。

そういうのは才能ではなく、しっかり段取りをした結果だろう。
そして、どんなに内面がぐらぐらしても、途中で辞めなかったってことだろう。

多少の失敗はむしろ、必要かもしれない。

松井秀喜の『不動心』での一節
『もちろん僕も人並みに悩みます。苦しみます。失敗します。けれどもそこで挫けたり、逃げ出したりはしない。悩みや苦しみ、失敗や逆境をどう糧にしていくか。マイナスをどうプラスに変えていくか。いつもそんなことを考えています。』


自分なりの夢や目標を追っている期間は、希望のある日々だと思う。
そして希望のある日々は、失敗の多い日々で、
そんな日々を過ごす人は皆、偉人に値する。


失敗の多い日々。


あなたはまだ、がんばれていますか?




ko1101 at 12:08コメント(2) 

2007年09月28日

シティマラソン福岡

yahooドームから須崎埠頭までを往復する21kmを、公式タイム2時間8分22秒で(規制時間ぎりぎり…)何とか完走できました。序盤は研究室の友達と一緒にゆっくりめで走ってたんですが、折り返し地点で振り向いたらその友達が消えていたので、そこから彼を見捨てて徐々にペースを上げていき、ラストスパートでゴールするというレースでした。ゴールしたときの爽快感と達成感は最高です!!給水所でスポーツドリンクを体にかけてたので、走り終わった後の体感は最悪でしたが。。

院試が終わってから、2日に1回くらい室見川の川沿いを走ったり、大会直前は伊都キャンパスの周辺(=山沿い)を研究室のメンバーで走ったり、こんなにスポーツに熱くなったのは中学の部活以来です。

本格的に練習をしたのは一ヶ月くらいだけど、走るのもけっこう楽しいです。
練習を重ねていくと、タイムが早くなったり、より長い距離を走れるようになったりと、自分の成長ぶりが分かります。1時間、2時間走ってると色んなことを考えますが、それまでうじうじ悩んでいたことが、実は簡単なことだったんだなと気づけたりします。

大学院を出るまでにはあと2年半くらいあるので、それまでに何とかフルマラソンにチャレンジします!

ko1101 at 20:41コメント(0) 
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Categories
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: