ko_c_sanのblog

美しい女性の緊縛美について述べるブログ。嗜虐的SM日活ロマンポルノなどの女優の被虐の演技や情念の美しさを称賛するブログ。

目黒の怪人屋敷の児玉会長宅に、本橋愛実の会社からの派遣美女の3人目として川崎紀里恵(きりえ)が派遣されてきた(第154話)。

紀里恵は、児玉、金蔵、五郎の三人から恥辱のストリップを命じられてスリップ姿になった。金蔵は縄かけを始めた。女は緊縛され、乳首揉み、乳首クリップ責め、吊りなどで朦朧となってしまった。(155)

紀里恵、座れ。犬になるのだ。首環をする。」と金蔵が言った(第156話)。紀里恵は、児玉と五郎が見守るなか、惨めに床を這わされた。ときどき、乗馬鞭のような平鞭で尻を叩かれた。「よし、家畜責めは終わりにしろ、金蔵。次は、熱蝋で気持ち良くしてやれ!」「御意」「ほう、なんと美しい顔をしておる。被虐の雌になり切った容姿じゃ、おおいに気にいった。家政婦どころか、妾にしたい!」会長は舌を出して唇を舐めまわした。「紀里恵、あんた俺の妾、性奴隷になると承知するか、どうだ!?」「嫌です。だめ!」「ならば、失神するまで至近距離から蝋を垂らせ!」「鬼!鬼です!」

やがて、熱蝋責めでろうそくは至近距離1 cmまで近づいて、「イイ~イクッ!ウウ~ン」とイかされた紀里恵は、体重を縄に任せて小刻みに震え続けた(第156話)。

 

「金蔵、鞭!」「へい、承知」

第157話、川崎紀里恵 (01)

バラ鞭が臀部のすべての白蝋を打ち落とした。その間の絶叫は凄まじかった。

第157話、川崎紀里恵 (02)

蝋が落ちても金蔵の鞭打ちは続いた。「会長の妾にならんのか?なぜだ?こんなにいい話は他になかろう?」「嫌です。」「この尼!」また鞭が炸裂した。

第157話、川崎紀里恵 (03)

臀部が真っ赤になるまで叩かれた。

第157話、川崎紀里恵 (04)

「俺の妾になって目黒の屋敷に寝泊まりするか?」「・・・・・ああ痛い、もう堪忍して!」

第157話、川崎紀里恵 (05)

「ヒッ、ヒエ~ッ」

第157話、川崎紀里恵 (06)

鞭がしなり振りおろされ臀部で炸裂する音だけが地下室に響いた。

第157話、川崎紀里恵 (07)

第157話、川崎紀里恵 (08)

「親分、どうしましょう?」「おい、親分と言うとむかしのやくざ時代を思い出すからやめろと言っただろう。」「すみません、親分、いえ会長。」「強情な尼だ。浣腸で懲らしめてやれ。」「へい」
第157話、川崎紀里恵 (09)

紀里恵は、オープントイレの横に追われて行った。「か、浣腸は嫌です。お願いします、やめて、会長様。」「もう、遅い。俺に逆らうとどうなるか、思い知らせてやる。金蔵はぬるい。五郎、金蔵と交代しろ。」「へい、ありがとうございます。」

第157話、川崎紀里恵 (10)

女は尻を高くあげるように命じられた。「俺は、浣腸が大好きで。」と五郎がヘラヘラ笑った。上半身を緊縛されては、どうすることもできなかった。

第157話、川崎紀里恵 (11)

観念して突き出された臀部の中心に、五郎は野太い200 mlのガラスの浣腸器で石鹸水を打ち込んだ。「ああっ」という小さい声が聞こえた。

第157話、川崎紀里恵 (12)

繰り返し打ち込む。

第157話、川崎紀里恵 (13)

ついに、200 cc4回、合計800 ccを飲まされた。

第157話、川崎紀里恵 (14)

「どれ、尻揉みでもしてやろう。」「や、やめて!漏れちゃう!」

第157話、川崎紀里恵 (15)

「ならば、親指で栓をしてやろうか?」「鬼!おなかが痛い!」

第157話、川崎紀里恵 (16)

「もう1回でちょうど1リットルだ。トドメの注射だ。」

第157話、川崎紀里恵 (17)

「うああ~ん・・・」

第157話、川崎紀里恵 (18)

「五郎、石鹸水だけでなくて、イチジク浣腸でトドメを刺せ!」金蔵が叫んだ。「オーケー」

第157話、川崎紀里恵 (19)
第157話、川崎紀里恵 (20)

五郎は3本のイチジク浣腸を打ち込んだ。

第157話、川崎紀里恵 (21)

「ああ、おなかが痛い。がまんできません。」「俺の息子も我慢ができないとムズムズしている。吸ってもらおうか?」「うそ、こんなときに・・・ああ、ひどい。あなたたちは悪魔です。部屋から出て行ってください。見られたくないから、お願い、お願いします。」

第157話、川崎紀里恵 (22)

「出したければ、俺を気持ち良くすることだ。急げ!」「ああ、ひどい、惨めです・・・・」五郎は肉棒を目の前に突き出し女の頭を押さえ込んでイラマチオをさせた。「うぐっ」「俺の出したものを全部飲み込むのだぞ。」「ぷふぁ~、お願い早くイってください。もう我慢できません。ああ」と言いながらパクリとくい付き、頭を前後に積極的に動かし始めた。「ぷふぁ~、お願い早くイってください。」必死のフェラチオになった。

第157話、川崎紀里恵 (23)

ほどなく、五郎も快感を覚えて口の奥へドロリと発射した。「ゴクンと飲み込めよ。漏らすなよ。」「ゲポッ、ゲポッ」激しくむせって咳をした。

「よし、もう良かろう、座らせろ。」という会長の声に、女は慌てて自分から便器の上にしゃがみ込んだ。

第157話、川崎紀里恵 (24)

だが、すぐには出ない。必死に堪えていたために肛門がヒクヒクするだけであった。「ああっ」三人の淫欲な男たちはその苦悶の表情を眺めてゴクンと唾を飲んだ。

第157話、川崎紀里恵 (25)

「ああああ~~」という断末魔の悲鳴と破裂音が響いた。それは緊張から解放された快感と、見られているという恥辱・屈辱感が混ざった嬌声であった。

第157話、川崎紀里恵 (26)

(第528回第158話に続く)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当ブログでは美巨乳の美女の画像がかなり多く出ていますが、一般女性はそれほど大きなお乳ではなく7182ぐらいのバストサイズではないでしょうか?またブラカップのサイズも、AA~BないしはCぐらいが多いと思います。冒頭画像は、ある有名な下着メーカーが出しているトップとアンダーバストサイズの一覧表とブラカップサイズです。トップは71127 cmまで、アンダーは63102まで表にあります。また、カップサイズはAAからIカップまでと様々です。閲覧の女性の方はこのリストのどこに自分が入るか確認してください。概してサイズとカップサイズが合っておらずに、買い替えが必要だと感じた方も多いのでは?

たとえば、トップが80でもアンダーの違いでBカップB65A70のどちらもフィットするということです。一般にはアンダーは6570cmが多いですね。アンダー80以上は太り過ぎとは言いませんが、大柄ですねえ。

 

このページで、小さな乳房のよさを味わってください。また、「貧乳の美女」という言葉もネガティブで良くないので、また「ちっぱいの美女」というのもやめて「小さな乳房の美女」のタイトルにしました。


ご参考までに、女性閲覧者の皆様のためにサイズ表とインナーの正しい着け方を掲載します(画像をダブルクリックすると拡大画像になり見やすくなります。)。殿方は関心がない?でしょうから、パスしてもいいですが、興味深く時間をかけて観察する殿方が意外と多かったりして?あっはっは

インナーウエア、サイズ
アウターウエア、サイズ
インナーの正しい着け方
(525) 小さな乳房の美女(2)01ブラサイズ、リスト

なお、第206回(Oct 13, 2015)に 小さな乳房の美女(1) を掲載しましたが、当時は投票をやっていませんでしたので、一部の写真・画像は今回も再登場で重複しております。


最初は「北川景子」です。彼女は貧乳会を結成したというので、堂々としたもので好感が持たれます。
そういう女優たちが集まって食事に行くとか。 75-53-81cmBカップとのことです。

(525) 小さな乳房の美女(2)02北川景子

ネットで、貧乳会を結成したという記事のところに、貧乳ランキングということも書いてあり、その中に小生は詳しくは知らないですが、「戸田恵梨」75-57-78 (AAカップ) があがっていました。それでもAA以上にありそうです。

(525) 小さな乳房の美女(2)03戸田恵梨香

「宮崎あおい」77-57-82 Cカップもランクインしていました。77と小さい割には、カップはCで結構ある感じです。NHKではむかし<篤姫>を演じていました。愛嬌のあるかわいい女優です。

(525) 小さな乳房の美女(2)04宮崎あおい

「有村架純」80-60-82 Dカップです。B80でもアンダーバストが小さいのか、この画像でも大きく見えます。若い男性ファンが多いようです。「俺もだぞ。」と中年のおじさん。そうですね、別に中年でも老年でもファンは年齢を問いません。数年前に年末の紅白歌合戦の紅組司会者を勤めました。

(525) 小さな乳房の美女(2)05有村架純

「青山ローラ」80-56-85cmBカップ。2010年に登場したAV女優で<新人NO.1 STYLE 伝説の美少女>でデビューしたが、まだ作品数は少ない。小生、ちっぱいランキングでこの子の画像を見たときに、日本を代表するソプラノ歌手「森 麻季」か?と錯覚しました。

(525) 小さな乳房の美女(2)06青山ローラ

「佐々木 希 (のぞみ) 16880-58-82 Bカップで、やはり人気がありますし、上背もあり世界の美女ランキングで日本人では数人の中に入っています。上品な美人です。あと5cmぐらいバストがあり、CDカップあれば完璧でしたが。

(525) 小さな乳房の美女(2)07佐々木 希 (のぞみ)

あなたは、上の赤と下の黒とどちらがいいですか?淑女の閲覧者は上、エロの殿方は下と答えそうです。黒のパンティを、思わせぶりの態度をやめて、脱いでしまいましょう。下の写真では80Bとは思えません。

(525) 小さな乳房の美女(2)08佐々木希

「松下奈緒」83-60-87 Bカップ。小生も好みの女優です。ピアノを弾きながら歌うコンサートをよくやっていたと記憶しています。

(525) 小さな乳房の美女(2)09松下奈緒

「新垣結衣」(82-63-88)は若者に可愛いと人気があるようです。B82なので、それほど小さいとは言えないかもしれません。標準ぐらいというべきか。なぜ左足を冷やしているのでしょうかね?行儀が悪く見えますが本人はごきげんです。

(525) 小さな乳房の美女(2)10新垣結衣

笑顔ならば「吉瀬(きちせ)美智子」(167cm80-59-86)も魅力的です。化粧品のポスターやTVCMに以前から登場していましたが、誰なのか最近まで知りませんでした。

(525) 小さな乳房の美女(2)11吉瀬美智子

「吉瀬(きちせ)美智子」の上半身ヌード写真。綺麗です。腕を立ててせめて横乳をしっかりと見せて欲しかった。小さくても美乳で感度がよければいいのです。

(525) 小さな乳房の美女(2)12吉瀬美智子

「絵色(えいろ)千佳」、79-58-85Aカップ。確かに胸は平ですが、臀部は大きく見えます。尻フェチは好むかも?ただし、今回は小さな乳房の美女のテーマでお尻のコンテストではありません。

(525) 小さな乳房の美女(2)13絵色千佳
「島田香織」(19651月生まれ、168cm80-58-88)で今は熟女ですが、1986年ミス・マハラジャクィーンという触れ込みでAVデビューしました。黒のブラだけでお尻を向けて、男を誘う眼差しです。かおり信者さま、誘われてはいけませんぞ。
(525) 小さな乳房の美女(2)14島田香織
「島田香織」がSM初登場の「尻」。題名に反して浣腸シーンはないものの、Oバックでのスパンキングに欲情する。筋肉質なディスコ・クイーンだが、尻叩きでは皮下脂肪が、ぷるん、ぷるん と震えるらしい。
(525) 小さな乳房の美女(2)15島田香織

「宮井えりな」は、もう還暦を過ぎていますが、1974年度ミス・インターナショナル東京代表になったらしい。「プレイガールQ」「人間の條件」等で端役を経た後、日活に招かれ「団地妻()出張売春」にて主演、1981年以降はにっかつから離れて、舞台や映画、TVへ転向しました。当時は身長163cm85-60-88でした。バスト85ですが、小さな乳房の美女に見えます。

(525) 小さな乳房の美女(2)16宮井えりな

お待たせしました川田さん、お気に入りの「成瀬真実」です。「成瀬真実」が雁字搦めに拘束されてバイブ責めで被虐の快感に酔っています。

これだけでは、足らんという方は、次のホームページを見てください。

http://pic-b.com/252949/2491/?mode=&s=&br=pc

(525) 小さな乳房の美女(2)17成瀬真実

「長坂しほり」は、<妖艶 肉縛り>と<花と蛇 究極縄調教>で主演を勤めました。その他、団鬼六シリーズで、脇役で数多くの作品に出演しました。TVの探偵物でも数多くの作品に出演しました。今でもファンが多い。
(525) 小さな乳房の美女(2)18長坂しほり

166回で、川田さんから好評だった「青木琴美」T157cm78-56-82で、スリムだが愛らしい顔をしていた。今は50歳を越えているはずで、もう少しお肉がついたかもしれない。熟女の艶・色香も見てみたい気がする。

(525) 小さな乳房の美女(2)19青木琴美
次の画像の露出した有名女優の乳房で、誰だかわかる方は相当のツウです。ピンクの美しい乳首です。ブラの形が古いような感じがしますが。当てて想像してから次の二枚の画像を見てください。ブラジャーを洞窟のなかで取られたときに、誰かが迫ってきて犯人が逃げるのですが、それらはすべて仮装で名探偵を欺こうとする狂言でした。名探偵ならばわかるのか?ピヨ代名探偵の推理はいかに?TVで土曜日夜のワイド劇場でもむかし放映されました。
(525) 小さな乳房の美女(2)20白い人魚の美女

そうです、江戸川乱歩作<「緑衣の鬼」白い人魚の美女>の「夏 純子」です。

名探偵<明智小五郎>に追いかけられ、逃れるために捨て身の作戦を立てて、水槽の中に全裸で飛び込み被害者を装いますが----。なお、水槽の中の男は共犯の男で、手前は<明智小五郎>の助手・小林少年です。このシーンがあたかも白い人魚に似ているということで副題が付けられました。

(525) 小さな乳房の美女(2)21夏純子, 白い人魚の美女

「夏 純子」は他の作品でも、体当たり演技が多かったと記憶しています。不良少女や悪女など個性的な役を得意としていました。

(525) 小さな乳房の美女(2)22夏純子 
「小川美那子」(160cm83-58-86cm)もどちらかというと乳は小さい方ですが、縛られると膨れて標準的に見えます。第3457回をご覧ください。
(525) 小さな乳房の美女(2)23、小川美那子

「志麻いづみ」は、スリムなカラダで貧乳と言われましたが、下の写真では標準的に見える。その演技力、セリフ話術、声は素晴らしかった。なお、志麻い「ず」みは誤りで、志麻い「づ」みが正しい。にっかつロマンポルノを支えた名優である。当ブログ第220131030日を参照してください。

(525) 小さな乳房の美女(2)24、志麻いづみ
「管野しずか」(16083-61–91Cカップ)は、一時引退してごく最近「花」と改名して復活しましたが、彼女も小さい乳房だと思いますが臀部は大きいです。男を挑発する官能的な黒の透けたオープンブラの上から縛られて観念した様子が扇情的でした。小生の撮影です。
(525) 小さな乳房の美女(2)25管野しずか、自作

「吉岡愛花」は実際に会ってみても、たいへんおとなしい淑女です。乳房はほとんどなくAAAカップでしょう。緊縛師は乳房と乳首をむしろ押し潰して縛っていました。これも小生の撮影です。

(525) 小さな乳房の美女(2)26吉岡愛花、自作
「満島ひかり」が映画「海辺の生と死」で大胆なヌードも披露して話題になりました。
(525) 小さな乳房の美女(2)27満島ひかり

「樋口可南子」は、まもなく還暦(195812月生まれ)です。若い頃にお世話になった殿方も多いことでしょう。貧乳ながらも肢体や容貌に美しさと気品があります。1978年、女子美術大学1年在学時にスカウトされ、1980年に『戒厳令の夜』で映画に初出演し、ゴールデン・アロー賞の新人賞を受賞した。その後、1983年には谷崎潤一郎原作の映画『卍』でのレズビアン役、1987年に山田詠美原作の映画『ベッドタイムアイズ』での大胆な濡れ場シーンなどで話題をさらった。北斎漫画(1981年)ではタコと絡むシーンがあったと記憶しています。

次の写真は、たいへん美しい写真です。小ぶりの乳と美しい背中と臀部、極上です。
(525) 小さな乳房の美女(2)28樋口可南子

大女優「名取裕子」の<吉原炎上>からです。若いころは、いろいろな映画でヌードになりましたので、それほど珍しくはありません。<序の舞>では、特に、初々しい乳房を故・佐藤慶が扮する師匠に愛撫されてトドメを刺される被虐シーンがあり、週刊誌でも有名になりました。標準サイズよりも小さい美乳でした。

(525) 小さな乳房の美女(2)29名取裕子

最後は「島田陽子」(19535月生)で、写真は<Kir Royal・キールロワイヤル>からです。198027歳で映画「将軍 SHOGUN」では外国人俳優(リチャード・チェンバレン)と共演・主演し、その中でヌードを披露して話題になりました。ゴールデングローブ賞の主演女優賞を受賞して国際派女優と言われました。当時、小生は好みの女優でしたが、今はそうではありません。

その後不倫騒動と25千万円で購入した横浜の豪邸のローンの借金トラブルで急激に人気を失いました。SM作家「団鬼六」から100万円を借りたが返済が滞り、団から債権を引き継いだ不動産会社社長から刑事告訴されるなど話題が多く、1992年(39歳)ヘアヌード写真集KirRoyalで芸術的なヌードを披露し55万部のベストセラーとなりました。おそらくこれで返済したのでしょう。

TVCM、一般映画の出演は非常に多いですが、57歳でAV作品<密会><不貞愛>の2本に出て衝撃を与えました。

この写真はKir Royalの中の1枚です。乳房は小さい方ですが腰は張っています。

(525) 小さな乳房の美女(2)30島田陽子

以上、慎ましいお乳を持つ24名の美女の写真を掲載しました。閲覧のあなたはすこし安心したでしょうか?乳房のサイズは女性の魅力の1つであったとしても、お乳がすべてではないので、小さめでも気にする必要はないでしょう。要するに、心の美しさ、心の可愛さこそが大切です。

お気に入りの美女に金銀銅のメダル3人と48位の5人に入賞の賞状をあげてください。

*当ブログも連休中の更新は2週間ほど休み、その間に書き貯めておきます。
更新は平成31年最終日の4月30日までで、令和元年5月17日再開です。ただし、30日のこの投票は1週間後の7日(火)18時が締め切りです。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

目黒の怪人屋敷の児玉会長宅に、本橋愛実の会社からの派遣美女の3人目として川崎紀里恵(きりえ)を派遣してきた(第154話)。

 

「ずいぶん巨乳だが、スリーサイズとブラカップはいくらじゃ?」と児玉が質問した。その質問ではっと目を覚ましたようになって、「90 - 60 - 88 cm Gカップです、恥かしい。」と言って顔を赤らめた。

「そうか、それならば、その自慢のニュウボウと尻を晒せ、金蔵!」「御意」

紀里恵は、児玉、金蔵、五郎の三人から恥辱のストリップを命じられてスリップ姿になった。金蔵は縄かけを始めた。女は緊縛され、乳首揉み、乳首クリップ責め、吊りなどで朦朧となってしまった。(155)

 

休憩をもらった紀里恵は、児玉、金蔵、五郎が見守るなか、さらなる恥辱責めを受けることになった。

第156話、川崎紀里恵 (1)

紀里恵、座れ。犬になるのだ。首環をする。」と金蔵が言った。

第156話、川崎紀里恵 (2)

「うっ、嫌っ」

第156話、川崎紀里恵 (3)

紀里恵は、児玉と五郎が見守るなか、惨めに床を這わされた。ときどき、乗馬鞭のような平鞭で尻を叩かれる。

第156話、川崎紀里恵 (4)

男は股間に鞭の柄を擦りつけて刺激を与えた。「あああ」

第156話、川崎紀里恵 (5)

「さあ、もっと歩け。」「おい、紀里恵、もっと尻を高く掲げて嬉しそうに尻を左右に大きく振って歩け!」と児玉会長が命じた。

第156話、川崎紀里恵 (6)

尻を大きく左右に振らないと鞭が臀部を叩いた。そのたびに悲痛な呻きが聞こえた。垂れた巨乳が左右に振れた。

第156話、川崎紀里恵 (7)

金蔵は女に両手をあげてチンチンのまねをするように命じた。「ワン、ワンと吠えてみろ。」と五郎が囃した。

第156話、川崎紀里恵 (8)
「おい、なぜ言われたとおりに吠えないのか?」と金蔵は乳房を平鞭で叩いた。「ああっ、痛い。」
第156話、川崎紀里恵 (9)

「痛いだけか?それならば、こうしてやる。」と鞭の柄の部分で敏感な乳首をグリグリと押さえつけた。「うあああ~」「どうだ?」「感じます。それは気持ちいい。」「そうか、それならば、もっと続けてやる。」「ああああ」

第156話、川崎紀里恵 (10)

「金蔵、股間も叩け!」と会長が命じた。「会長のご命令だ。ここも感じるだろ?」平鞭が内股から、官能の割れ目やその上の花芽を刺激した。女のからだに電流が流れた。「鳴け、雌犬」「ワン、ワン」ついに鳴声を発した。

第156話、川崎紀里恵 (11)

「背中を見せろ」「へい、そのまま回転して会長に背中と尻を見せろ。」と金蔵は命じた。「ほう、なかなか美しい後ろ姿だな。尻を叩け!」「へい」

第156話、川崎紀里恵 (12)

ピシャリ、ピシャリと美しく艶やかな尻が叩かれ次第に赤くなっていった。「極上のケツじゃわい。乳肉といい、尻肉といい、申し分ない。」会長が合格点を出した。

第156話、川崎紀里恵 (13)

「犬らしく、骨を銜えてチンチンしてみなさい。」金蔵が会長たちふたりの方へ向きを返させて、再び乳首を平鞭で叩いた。「ああっ」と骨を落とす。するとそのまま自分で銜えさせられて、お仕置きと言いながら乳首を痛打される。「ううううっ」

第156話、川崎紀里恵 (14)

「また落としたから、今度はおま*こを嬲ってやろう!」「うううう」

第156話、川崎紀里恵 (15)
うっかり落とした骨のおもちゃを金蔵は拾い上げて遠くに投げた。「おい、雌犬、拾って持って来い。」「ああ、みじめです。」
第156話、川崎紀里恵 (16)

雌犬は四つん這いで這って行って、口で骨を拾い上げて戻ってきた。

第156話、川崎紀里恵 (17)

「よし、家畜責めは終わりにしろ、金蔵。次は、熱蝋で気持ち良くしてやれ!」「御意」

紀里恵(きりえ)は、再び全身を縛られて天井から吊るされた。垂れた乳房を児玉会長も五郎もその美しさを賞賛した。「会長、俺にあの乳房を揉ませてくれませんか?」「五郎あせるな。最後に紀里恵にトドメを刺させてやるからしばらく見て我慢しておれ!」「へい」

第156話、川崎紀里恵 (18)
「ほう、なんと美しい顔をしておる。被虐の雌になり切った容姿じゃ、おおいに気にいった。家政婦どころか、妾にしたい!」会長は舌を出して唇を舐めまわした。
第156話、川崎紀里恵 (19)

「おい、紀里恵、あんた俺の妾にならなんか?」「・・・」

吊りのために下半身は雁字搦めに縛られていた。これでは熱蝋責めでもなかなか逃げられない。

第156話、川崎紀里恵 (20)

何も返事しない女の様子と険しくなった会長の表情を見較べて、金蔵は蝋燭責めを始めた。

金蔵が使った蝋燭は高温蝋・仏壇用の一般蝋燭であった。高い位置からの滴下であったが尻を左右に振って、足も精一杯開いて逃げ回わる。
第156話、川崎紀里恵 (21)

「熱い、熱い、あああ。」「おい金蔵、赤い低温蝋燭はないのか?」「あいにく切れているので、仏壇から取ってきました。」「それなら熱がるわけだわ。紀里恵、あんた俺の妾、性奴隷になると承知すれば、すぐに終わらせる。」「嫌っ、やめて・・・あっ、あっ、ああああ」「強情な尼だ。金蔵、懲らしめてやれ!」「へい」

第156話、川崎紀里恵 (22)

女は大きく激しく仰け反った。

第156話、川崎紀里恵 (23)

仰け反ったと思えば、ガクンとうつ伏せに倒れる。「くくっ」「紀里恵、あんた俺の妾、性奴隷になると承知するか、どうだ!?」「嫌です。だめ!」「ならば、失神するまで至近距離から蝋を垂らせ!」「鬼!鬼です!」「なんだと!?」

第156話、川崎紀里恵 (24)

「ああっ」その嬲られる女の涙と絶叫を見て、児玉は嗜虐の快感を覚えて久しぶりにバイアグラの勃起薬なしで肉棒を立てた。五郎もたまらないという様子で、自分で股間の膨らみを揉んで見ていた。

第156話、川崎紀里恵 (25)

「会長、ドドメを刺してイカセテ、蝋燭責めは終わりにします。」「よし、もう一度尋ねる。最後だぞ。紀里恵、あんた俺の妾、性奴隷、ペットになると承知するか、どうだ!?」「嫌です。だめ~~!」「強情だ。まだ調教が足らん。早くドドメを刺せ。」ろうそくは至近距離1 cmまで近づいた。

第156話、川崎紀里恵 (26)

「ギャ~~」美女・川崎紀里恵のからだが激しく痙攣した。

第156話、川崎紀里恵 (27)

「イイ~イクッ!ウウ~ン」壮絶な悶絶の表情であった。

第156話、川崎紀里恵 (28)

臀部には白い蝋がたっぷり残っていた。

第156話、川崎紀里恵 (29)

紀里恵は、体重を縄に任せて小刻みの震えを続けていた。

第156話、川崎紀里恵 (30)

(第526回第157話に続く)

当ブログも、10連休は更新を2週間ほど休んで、その間に書き貯めておきます。

更新は430日までで、517日再開です。ただし、30日の投票は1週間後の7日締め切り。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ