*はじめに*皆さまのおかげで、4月30日にこの SM調教 領域の全 774 ブログ中で、人気第1位のアクセス(約22万PV,回遊数4.47頁)を達成しました。前回は久しぶりでコメントがありませんでしたが、見ていただける方が非常に多いので、少しはやる気が出てきました。ありがとうございます。
-----------------------------------------------------------------
浣腸ほど、女に羞恥心をかきたて動揺させるものはない。浣腸後の排泄の恥ずかしさもある。縛られて無抵抗の状態で尻を突き出させられて、屈辱の肢体を晒し液が注入された後は、苦しみ悶え排便を我慢させられるつらさ。団鬼六の作品では、着物姿の令嬢、夫人、女侠客その他の女が、着物を剥ぎ取られるか強制ストリップをさせられた上に、その後の数々の責めを受けたのちに、調教の最後の仕上げで浣腸などもされ辱めを受ける。浣腸マニアにはたまらないシーンが多い。日活映画を中心として、今回代表的なシーンを提供する。
(57)冒頭画像、小川美那子、人妻蟻地獄
 以下に団鬼六の作品を中心に画像をupする。最初は「麻生かおり」が、<花と蛇・地獄篇>の中で、やられてしまう場面から。この画像の前後についての詳細は、<かおり信者さま>の解説を待つことにして、取りあえずは画像のみを。
浣腸をされる女01、麻生かおり 

<たぬき縛り>のかっこうで、やられる。小生むかしのVHS版の画像は多数持っているが、DVDの大版はあまり持ち合わせていないのが難点で、ここに出した耐える表情の画像がbestかどうか不明であるが、とりあえず必死で我慢する「かおりさん」の表情と吊られた肢体を提供する。
浣腸をされる女02、麻生かおり 
浣腸をされる女03、麻生かおり
 <縄炎夫人>で「麻吹淳子」が野外で、このように股を開かされてこれから浣腸されるところ。なぜこうなったか、忘れてしまったので、知っている方はコメント欄で解説を。
浣腸をされる女04、縄炎夫人、麻吹淳子 
 「真咲 乱」が<蛇と鞭>で、弟との強制近親相姦の前に浣腸をされる。重そうな乳を垂らして尻を突き出す姿勢は扇情的である。

浣腸をされる女05、真咲 乱 
 「麻吹淳子」が<女教師縄地獄>の中で、男に監禁されて本当に浣腸されて悶える。この後排泄シーンが画面で出てくるがここでは省略。逃げ出そうとするがなかなか逃げ出せずに、教え子とともに吊られたまま最後は犯され、火災が発生する。過酷な責めが多く、鬼六作品のDVDレンタルで、人気ナンバーワンの作品である。
浣腸をされる女06、女教師縄地獄・麻吹淳子
二つの垂れた巨乳の向うに見える浣腸後の「麻吹淳子」の苦悩の表情がたまらない。
浣腸をされる女07、女教師縄地獄・麻吹淳子
 「小川美那子」さんは<人妻蟻地獄>の中で、眠り薬で眠らされて理不尽に監禁され、彼女を憧れるS男に無慈悲にも浣腸される。スムーズに注射器が入るようにと、最初にどろどろのオイルを股間に、上から落とされている場面。S女たちが浣腸の行為に協力する。「美那子」は、団鬼六のお気にいりで、鬼六作品で大いに活躍する。
浣腸をされる女08、小川美那子、人妻蟻地獄
浣腸されるこの一連の表情は凄まじい。どろどろのオイルを垂らしてからやるので、トリックではなく実際に注入しているような印象を持つ。次の連続画像の2枚目はぐっと力が入って上体を起こそうとするから画像がぶれているが、深く抉られて大量の液が侵入した瞬間か?目と口が必死で演技とは思えない。
浣腸をされる女09、小川美那子、人妻蟻地獄
浣腸をされる女10、小川美那子、人妻蟻地獄
 「京本かえで」がバイブをされながら、浣腸されそうになっている。同時責めは、たまりません。すぐにイってしまうでしょう。

浣腸をされる女11、京本かえで

 以前天狗責めで出てきた「結城あみ」が網タイツの同じ真性S女に屈辱の姿勢を取らされてほんとうに浣腸をされるシーン。このS女に容赦の気持ちはいつもありません。これまたやられる女もやる女もブログを見る男も女も堪りません。

浣腸をされる女12、結城あみ
 最後は、<かおり信者>さまから、昨日いただいた画像です。曰く、「キャビンアテンダント(CA;スチュワーデス)「愛咲れいら」が、紺の制服に尻丸出しで浣腸される。長い左脚を高く上げ、お尻を突き出した恥ずかしい格好をさせられる。重厚な色の服は知的で落ち着いた雰囲気。だがお尻から邪悪な淫液を飲まされ、徐々に快感が昇りつめてくる美貌の表情はまるで別人格。」このあと、どうなるかは想像してみてください。「愛咲れいら」、なかなかいいですねえ。愛咲れいら (7)
今回は、はじめて浣腸をテーマに出しました。

どの画像がお好みでしょうか?複数あげてください。

*なお、57回より前の古い頁に新しく書かれた皆さまのコメントも、当方には把握できるシステムになっています。ご返信をいたしますので、どの回(頁)からでも感想をお願いします。

**また、もしコメント欄にメールアドレスを記載された場合は、当方のアドレスもご連絡いたします。<かおり信者さま>、<すてぃーぶさま>などのように、メールに添付画像を貼り付けて送信いただければ、適切な折りにその画像と提供者名を引用しながら掲載いたします。参加型のブログになります。