縛りの中でもM字開脚の縛りとともに一番屈辱的な縛りのひとつに入ると思う。動物の<たぬき>が狩りで仕留められたあとに、長い棒に手足を括られて担がれる様子に近いので、この名称がついたものと想像する。冒頭画像では、左右の手首と足首をそれぞれ括っているので、両手両足をまとめてひとつにするか、手首と手首、足首と足首を縛る獲物のたぬき縛りとは少し違う。この縛りでは臀部が剥き出しになるので、恥部が丸出し丸見えになるので、屈辱・恥辱的である。S男もSもバイブ、羽根・刷毛、蝋燭、鞭などで好きなように責めることもできる。 M気質の女性の閲覧者の方は、この縛りはどう感じますか?一度、体験してみたいでしょうか?
(76)冒頭画像、たぬき縛りで万事休すの麻生かおり
冒頭画像に続いて、下の1枚目も、「花と蛇・地獄篇」の最後の方で、「麻生かおり」が演じる静子夫人が、たぬき縛りをされてこれから浣腸の恥辱を受けようとしている嗜虐的シーン。このあたりの描写は、<第57回(52日)浣腸をされる女>のコメント欄の<かおり信者>さまの記述をご覧ください。非常に長いコメントなので、時間をたっぷり取って読まれるのがいい。
たぬき縛りの女 (1)
鬼源の娘マリが京子に浣腸器を差し出す。色魔達に取り囲まれる静子夫人。貴婦人の誇りは風前の灯火だ。
たぬき縛りの女 (1)-2

 次は、小生が初めて見たときには、たぬき縛りというよりも、そのスリムな体形から、高床飛び込みの選手が板からプールへ飛び込んでいるようなイメージを持ちました。なので、あまり感じません。

たぬき縛りの女 (2)

 着物を全部剥ぎ取られて恥辱の縛りをされて呻く女。股間の紐が邪魔ですね。

たぬき縛りの女 (3)
 着物の柄から、どことなく中国系の女にも見える。かなり、陶酔しているように見える。
たぬき縛りの女 (4)
 未亡人の若夫人が、債権者の要求どおり全裸で縛られるならば、返済期間を猶予すると言われた。屋敷の香の立ち込める和室で意に従った。しかし、予想外の縛りをされて焦って必死に暴れる。明かりを倒して喘ぐ女の表情が、淫欲をそそる。
たぬき縛りの女 (5)
 「さあ、覚悟はいいかな?」と無防備に開いた秘所に向けて、太いバイブを刺されようとしている。「助けて。やめて。」とでも曇った声で言っているようだ。この姿勢で挿入されると、ひとたまりもありません。
たぬき縛りの女 (6)
 「うそー、約束が違う!こんなに酷く縛ってクリップで挟むなんて、約束違反よ!いやあ。」と、クリップで秘所を挟まれて痛みをこらえる表情が哀れである。
たぬき縛りの女 (7)
 臀部を羽根でソフトに触られるのは、女にとってたまらない責めである。長くゆっくりと、じわじわと快感を与える。抵抗の言葉を吐いていた気丈の女も、ころりと陥落するソフトSMの羽根責めである。
たぬき縛りの女 (8)
 たぬき縛りの変形である。「そんなところを、刷毛で触るなんて。」と抗議しているうちに、その快感に酔い始めた着物を剥ぎ取られた女。襦袢のピンクの色が綺麗である。
たぬき縛りの女 (9)
 手首、足首が痛そうな表情をしている女。このあと、どうされるかは想像してください。

たぬき縛りの女 (10)

 秘所を剥き出しにして、恥辱に喘ぐ女。<ブスリ>と何かで貫きたくなる扇情的な画像。
たぬき縛りの女 (11)

 「そんなところに、穴をあけるなんて。」と抗議するも、「して欲しいくせに、何を言う。」と怒られた女。

たぬき縛りの女 (12)

 大きな臀部を突き出し悶える女。黒の下着はすぐに切り取られて、左下のバイブを埋め込まれることに?

たぬき縛りの女 (13)

以上、たぬき縛りの画像をupしました。どのたぬき縛りの女に欲情を感じましたか?
M気質の女性の閲覧者の方は、どの縛りでどのように責められたいか、恥ずかしがらずに告白してください。
興奮画像を複数枚選んでコメントしてください。