2020年03月21日

第37回日本映画復興奨励賞受賞!


「アイたちの学校」

37回日本映画復興奨励賞受賞!

 

「アイたちの学校」にもう一つの勲章です。2020321日、日本映画復興会議において『アイたちの学校』の高賛侑監督はじめスタッフ一同に対し、日本映画復興奨励賞の受賞が発表されました。

日本映画復興賞は社会派の巨匠・故山本薩夫監督(「戦争と人間」、「華麗なる一族」「白い巨塔」等)の発意によって始まったものであり、歴代の受賞者は仲代達也、三国廉太郎、熊井啓、山田洋次といったまさしく日本映画の頂点に立つ方々の名前が連なっています。

今回の受賞はまことに光栄なことであり、朝鮮学校の権利を守るための上映活動にも大きな励みになります。日本映画復興会議および多くのご支援をくださった方々に改めて深くお礼申し上げます。

■日本映画復興賞フェイスブックより

https://www.facebook.com/日本映画復興賞-101332841467105/?modal=admin_todo_tour

 

日本映画復興会議は、2019年度の日本映画復興賞を下記の通り決定しました。

 今年度の作品・活動を対象とする第37回日本映画復興賞においては、日本映画復興賞1件、日本映画平和賞2件、日本映画復興奨励賞3件、特別賞1件、感謝状1件の贈呈を決定しました。

37回(2019年度)日本映画復興賞受賞者

◎日本映画復興賞

・『時の行路』の神山征二郎監督はじめスタッフ一同

◎日本映画平和賞

・石子順氏

・『陸軍前橋飛行場』の飯塚俊男監督はじめスタッフ一同

◎日本映画復興奨励賞

・『新聞記者』の藤井道人監督、『i 新聞記者ドキュメント 』の森達也監督、両作品のプロデューサーの河村光庸氏はじめスタッフ一同

・『星に語りて Starry Sky』の松本動監督はじめスタッフ一同

・『アイたちの学校』の高賛侑監督はじめスタッフ一同

◎特別賞

・故 大澤豊氏

◎感謝状

・故 片桐直樹氏




ko_chanyu at 10:57|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

2020年03月05日

「アイたちの学校」韓国のKBSで放送

■韓国の公共放送・KBSでは毎週木曜日夜(22:0022:55)に「ドキュ インサイト」という番組がありますが(日本の「NHKスペシャル」のような番組)、「アイたちの学校」を55分に短縮したバージョンを3月5日(2月の予定を変更)に放送してくれました。

昨年1130日に東京ドキュメンタリー映画祭で上映されたときにご覧になったKBS日本特派員のディレクターが本社に提案し、1月に正式決定にいたったものです。同ディレクターが、本編のテーマを尊重しながら、韓国での放送向けに再編集し、私が最終確認しました。

韓国の支援団体を通じてSNSなどで事前に広報したところ、多数の方から「感動した」というメールが寄せられました。

今年は韓国での上映活動を本格化したいと思っていたので、非常にうれしいことです。

 



ko_chanyu at 11:28|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

2020年02月24日

韓国KBSで「アイたちの学校」短縮版の放送決定

韓国の公共放送KBSは毎週木曜日夜10:00から10:55までドキュメンタリーを放送する「ドキュ インサイト」という番組がありますが、そこで「アイたちの学校」を55分に短縮して放送してくれることになりました。東京ドキュメンタリー映画祭で上映されたときに見たKBS特派員が本社に提案して決定にいたったものです。

短縮バージョンはその特派員が韓国の視聴者に合わせて再編集してくれます。私は短縮バージョンが完成に近づいた段階で見せてもらいましたが、作品の趣旨を生かしながら、KBSが保有している貴重な映像も挿入して非常に良い編集をしてくれていました。

この放送は朝鮮学校の歴史と現状を韓国社会に広く知ってもらい、また韓国で上映活動を進めるうえで大きな影響を与えると思われるので、韓国に友人がいる方はぜひ連絡をしてあげてください。

35日(木)22:0022:55 <ドキュ インサイト>(KBSTV

できれば放送宣伝用のチラシを送信してあげください。

KBS市民の会用




ko_chanyu at 10:04|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

2020年02月09日

「アイたちの学校」がキネマ旬報ベスト・テン文化映画10位に選出!

朝鮮学校の歴史と現状を描いた私の初の長編ドキュメンタリー映画「アイたちの学校」が2019年第93回キネマ旬報ベスト・テン文化映画部門の10位に選出されました(2020年2月5日発売の『キネマ旬報20202月下旬ベスト・テン発表特別号』にて発表)。

キネマ旬報は1924年から始まった世界最古クラスの映画賞であり、毎年日本映画・外国映画・文化映画などの部門別に前年度のすぐれた作品を選出しています。日本のみならず世界的にも最も権威ある映画賞の一つである同賞においてベスト・テンに選出されたことはこのうえなく光栄なことです。

本作品の制作や上映活動のためにご協力くださった皆様に改めて心からお礼を申し上げます。

本作品は昨年1月に劇場公開が開始されて以来、日本各地、および韓国や米国、ドイツなどでも上映活動が広がり、現在も国内外の各地で上映企画が進行しています。韓国ではKBS55分番組「ドキュ インサイト」(毎週木曜22002255)で短縮版が放映されることになりました(227日の予定ですが、35日に変更されるかもしれません)。

朝鮮学校の正当な権利を守り発展させる国際世論を高めるために、引き続き様々な形でのご協力をよろしくお願いいたします。



ko_chanyu at 12:03|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

2020年01月24日

KBSで「アイたちの学校」短縮版放映決定

■韓国の公共放送・KBSでは毎週木曜日夜(22:0022:55)に「ドキュ インサイト」という番組がありますが(日本の「NHKスペシャル」のような番組)、「アイたちの学校」を55分に短縮したバージョンを227日に放送することが決まりました。

昨年1130日に東京ドキュメンタリー映画祭で上映されたときにご覧くださったKBS日本特派員のプロデユーサーが本社に上記提案をしてくださったところ、1月に正式決定にいたったものです。

同プロデユーサーが、本編のテーマを尊重しながら、韓国での放送向けに再編集し、私が最終確認するという形で作業が進行中です。

今年は韓国での上映活動を本格化したいと思っていたので、非常にうれしく光栄なことです。




ko_chanyu at 16:56|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

2019年09月20日

東京ドキュメンタリー映画祭で上映決定!

2回東京ドキュメンタリー映画祭の長編コンペティション部門にノミネートされたことが919日に発表されました。
同映画祭は映画、テレビ、ネット動画の枠を超えたドキュメンタリー作品の特集・コンペティションを上映します。メインであるコンペティション部門では、国内外から集められた応募作品の中から厳選
された35作品がノミネート。そのうち長編部門は10作品です。

詳細は近日中に東京ドキュメンタリー映画祭ホームページに掲載されるそうです。大変光栄なことです。

1130日(土)〜126日(金)。全47作品発表

◎会場:新宿Ks cinemaTEL:03-3352-2471

※さっそく下記の媒体に取り上げられています。

YAHOO! NEWS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000095-nataliee-movi

CINARA

https://www.cinra.net/news/20190918-tdff

映画ナタリー

https://natalie.mu/eiga/news/348001

★「映画ナタリー」記事より

長編コンペティション部門にノミネートされた作品は10本。東日本大震災と霊魂を題材にしたフランス人監督による「ライジング・フロム・ツナミ」、盆踊りで平和の輪を描く鎌倉イマジン盆踊り部に密着した「発酵する民」、朝鮮人学校の差別と抵抗の歴史をたどる高賛侑監督作「アイたちの学校」などがスクリーンにかけられる。また短編コンペティション部門には25作品が選ばれた。

(以下、略)






ko_chanyu at 11:35|PermalinkComments(0) 「アイ(子ども)たちの学校」 

アメリカ上映開始

「アイたちの学校」のアメリカで上映が始まりました。
912日と14にはロサンゼルスで主要な在米コリアン団体の方たちが集まって上映会が行われました。
また
23日にはサンフランシスコの第2次世界大戦アジア太平洋戦争記念館において、「映画マラソン!平和、正義、教育に関する2つの感動的なドキュメンタリー」が企画され、「アイたちの学校」と従軍慰安婦問題の作品が上映されます。在米コリアンが立ち上げた社会正義財団、在日コリアン系のエクリプス・ライジング、日系アメリカ人の社会正義団体の3グループによるコラボのイベントです。
社会正義財団ホームページ=http://www.e4sjf.org/

ちらし


外観




ko_chanyu at 10:44|PermalinkComments(0)

2019年05月01日

釜山平和映画祭開幕式でオープニング上映

「アイたちの学校」が釜山平和映画祭の開幕式でオープニング上映されることになりました。

非常に光栄であるとともに、今後韓国で上映を進めていくうえでとても有意義なこととうれしく思います。

◎期間:523日(木)〜26日(日)。開幕パーティ2319時。

525日(土)14時:高賛侑監督招請対話(市民との討論会)

◎ホームページに大きく紹介されています。https://bpff.modoo.at/?link=1tc4tul5

※現在、韓国語版と英語版の制作を急いでいます。制作と海外上映活動のためには多額の経費が必要です。国際世論を高めるための活動にご協力ください。

△クラウド・ファンディング→検索<アイたちの学校 韓国語版>。621日まで。

△支援金→郵便振替00980-8-115342高賛侑

※お問合せ:kochanyu@hotmail.com

 

mosa1ULBiC


ko_chanyu at 17:35|PermalinkComments(0)

釜山平和映画祭開幕式でオープニング上映

「アイたちの学校」が釜山平和映画祭の開幕式でオープニング上映されることになりました。

非常に光栄であるとともに、今後韓国で上映を進めていくうえでとても有意義なこととうれしく思います。

◎期間:523日(木)〜26日(日)。開幕パーティ2319時。

525日(土)14時:高賛侑監督招請対話(市民との討論会)

◎ホームページに大きく紹介されています。https://bpff.modoo.at/?link=1tc4tul5

※現在、韓国語版と英語版の制作を急いでいます。制作と海外上映活動のためには多額の経費が必要です。国際世論を高めるための活動にご協力ください。

△クラウド・ファンディング→検索<アイたちの学校 韓国語版>。621日まで。

△支援金→郵便振替00980-8-115342高賛侑

※お問合せ:kochanyu@hotmail.com

mosa1ULBiC





ko_chanyu at 17:31|PermalinkComments(0)

2019年03月25日

朝鮮学校の権利を守る国際世論を喚起しよう!

クラウドチラシ



ko_chanyu at 11:05|PermalinkComments(0)