2008年05月30日

【康由美さん=弁護士】(韓国)

 人が家に住むーーそんな最も基本的な権利が踏みにじられたら。しかもただ、外国人という理由だけで。
 「わたしは学生時代にも入居差別を受けました。あれから20年経っても何も変わっていない。これは決してわたしだけの問題じゃないと思って、家主と行政を相手に裁判を起こす決心をしたんです」
 在日韓国人弁護士の康由美さんは3年前、民間賃貸住宅の入居を拒否されたため訴訟に踏み切った。その背景には、民族差別が色濃く残る社会でもがいてきた長い精神的葛藤の過程がある。
 1965年、在日韓国・朝鮮人の集住地である生野区で生まれた。両親は朝鮮戦争の惨禍から逃れるために日本へ密航してきた。出入国管理局に自首したとき、まだ3、4歳だった彼女も刑務所に収容された恐怖の記憶がある。
 民族的出自に悩んでいた康さんは中学2年のときから本名を名のり始めたが、「朝鮮人は嫌だ」という意識から抜け出すことができなかった。しかし神戸大学時代に同胞学生グループを通じて民族運動に接近するようになっていった。
 同大学院に進学するとき、下宿を探して気に入った物件を見つけた。ところが家主は康さんが韓国籍だと分かった途端、態度を豹変させ入居を拒否した。同胞に相談しても「そんなこと当たり前」といわれるだけだった。
 その後、高校の非常勤講師を勤めながら、2002年に晴れて司法試験に合格した。
 04年、大阪法律センター法律事務所に就職が決まった後、韓国の梨花女子大学に3ヵ月間留学。弁護士としてスタートを切る希望を胸に、友人と同居できる物件を探し、ちょうど条件に合う所を見つけた。ところがまたも韓国籍を理由に断られたのである。
 「まるで弁護士になったからといっていい気になるなと、日本社会全体からぴしゃりと横っ面をひっぱたかれたようで、ものすごい絶望感にとらわれました」
 かつて、同様の差別を受けたこと、高校時代の同級生が国籍を苦に自殺したことなどの苦い記憶が脳裏に蘇った。家主と直接面談して話し合うことにした。すると、あろうことか家主は国籍を理由に入居拒否した事実を否定した。
 「わたしは徹底的に愚弄されたのです。もう、提訴するしかないと考えました。でも、もし負けたらどうなるか、提訴することによってさらに差別の仕方が陰湿になるのではないかと、とても悩みました」
  いろんな人々と相談した。その過程で多数の外国人が差別に苦しみ泣き寝入りしている実態が見えてきた。
 以前、「尼崎入居差別裁判」を闘った李俊煕さんには「裁判をしたからといって家主の心が入れ替わるわけではない。けれども差別をすれば何らかの制裁があるのだというメッセージを送ることが大切なのだ」と励まされた。康さんは「裁判を起こすことで少しでも社会が変わってくれるかも知れない」と、05年に家主を相手取って訴訟を起こす決意をしたのである。
 と同時に、大阪市を被告に加えた。人種差別を禁止する条例を制定しなかった行政の責任を追及するためである。
 大阪市は、日本が96年に人種差別撤廃条約に加入し、すでに民事上の損害賠償請求が可能だから、何らかの措置を講じる必要はない、と主張する。これに対し、康さんは「本当に差別をなくそうという気があるのか疑問に思います」と顔を曇らせる。
 裁判は、昨年3月、大阪地裁において家主との間で和解が成立し、家主が謝罪の意を表した。しかし同地裁は10月、大阪市を被告とする裁判では原告の請求を棄却した。
 康さんは家主との和解で「当初の目的の半分は達成した」といいつつ、「差別撤廃条例が制定されるまで闘う」という信念に揺るぎはない。
 大阪市が「国際化」を目指すというのであれば、外国人差別を根絶するために率先して行動を起こすべきだろう。
※連絡先=06・6365・8142 大阪法律センター法律事務所。


ko_chanyu at 10:41│Comments(7)TrackBack(0)「異郷の人間味(ひとみ)」08年 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by トラネコ   2013年01月01日 07:11
あなたがた在日半島人は何故『差別』されてきたか考えたことがありますか?まったく何も原因がないのに差別する人はいません。というか厳密には差別ではなく、日本人の防衛本能による在日忌避、区別だといえます。

あなた方は密入国して来日したことを強制連行だと言い張り、このブログでは開き直っています。密入国は犯罪であるんも関わらずです。ま、これがあなた方の民族性でしょうけど。ありもしない強制連行されたという『従軍』慰安婦をデッチ上げ、併合政策を人類史上最悪の植民地支配だとし、常に被害者としてそれを盾に『在日特権』を自治体に脅迫して勝ち取ってきたのではないですか。

本当に日本で生きていきたいのであれば、日本を侮辱したり、皇室を貶めたり、歪曲した歴史観で日本を卑しめるのではなく、別にあなた方外国人に日本に誇りを持ってもらう必要はないですが、少なくとも住んでいる日本文化や皇室、日本の法律を尊重すべきではないですか?

このブログも常に自分たちは正しく、日本人が一方的に悪い、可愛そうな被害者丸出しの卑しさに満ち満ちています。もっと謙虚に自分たちの祖父らが関東大震災や戦後の焼け跡で日本人に何をしてきたのか、真剣に考えてみたらいかがでしょうか。

もっともあなた方に反省という精神機能があるのかどうか知りませんが・・・



2. Posted by 健全な日本国民   2013年01月01日 20:58
朝鮮人は帰れ。
3. Posted by 普通の大家   2013年01月01日 23:27
自分の意見が通らないと制裁を与えるという考え方をする人を共に生きるのは難しいですね。
それは日本人でも朝鮮人でも同じです。
でも貴方の文章を読んでると朝鮮人は人種差別という本来はお互いを尊重しあうべきに使われるものを 法律を使い相手を屈服させる道具として使う事を推奨する朝鮮人とは共に生きていく事は出来ません。

人種間の差別は無い方がいいと思ってました。
でも朝鮮の方々はそれ以前だったのですね。
日本人の敵とした立場が朝鮮の考えだと再認識させて頂きました。
以後気をつけます。
4. Posted by 嫌朝鮮   2013年01月02日 06:40
密入国の朝鮮が偉そうに。
5. Posted by 暗闇の子供たち   2013年01月03日 07:50
1  初めてコメントさせていただきます。私は3年くらい前まで超のつく親韓でしたが、歴史の真実(あくまで日本人側から見た、ですが)を本やネットで知ってからは真逆に転じた者です。
 もしも在日の方々が『日本で』受け入れられようと思うなら、今韓国や北朝鮮が日本にしていること(北朝鮮拉致問題、いわゆる慰安婦問題と果てしない恫喝、厭らしい慰安婦像設置、在日韓国朝鮮人による凶悪犯罪多発等々)や過去同胞が日本にしたこと(関東大震災における朝鮮人の行為、朝鮮人進駐軍、強制連行ではなく不法入国であったこと等々)を真摯に考え、同胞の非を反省し、在日コミュニティや母国人に説明・教化する必要があると思います。
 それをしない、または全て日本側の捏造話だから反省する必要すらないと思われるのでしたら、いつものようなすれ違いですね。日本に居ていただく理由はありません。『韓国で』は受け入れられるでしょう。
 不法入国者の子孫に弁護士資格を与える日本という国もどうかしてると思いますけど。
6. Posted by KGH   2013年01月03日 16:24
一時期バンコクにホテル住まいしてた。
お金勿体無いから短期でもいいから部屋借りようとしたらタイ人じゃないから、WP(Working Parmit)無いからって断られまくった。

不動産屋と家主に理由を聞いたら「外国人に設備や家賃滞納で国外に逃げられるのが怖いから」だって。
別に人種差別じゃなくて家主としては当たり前かと思って納得。

それより、在日が色眼鏡で見られるのは日本に密入国してから(まさか強制連行なんて妄想今だに信じていないとは思いますけどw)の行いの悪さ故でしょ。

そんな性根腐った人間に育てられたからブログみたいな思考に至るんでしょうね。

やはり日本人と在日は根幹から違います。

なんでもかんでも「差別」に結びつける在日連中は只々キムチ(気持ち)悪いw
7. Posted by けん   2013年05月03日 11:44
在日韓国朝鮮人の歴史的精神的劣等感を何とか薄めるためにそれが日本や日本人への憎悪となっての何かあると人種差別と絡めてに発露したいのでしょう。
彼らの精神性が変わらない限り永遠に在日韓国朝鮮人への偏見はなくなるまい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字