2008年05月

2008年05月31日

インベージョン

ニコール・キッドマン主演のSFホラー(?)。

以下ネタばれ含みます。

お話としては旧くから映画以外の漫画や小説なんかでよくテーマになっている、感染物。
ただいわゆるゾンビものと違うのは人間の内面だけが変化して外見は変わらないこと。
でも反対にこっちの方が怖いよね。
誰が感染してるか見てるだけでは分からない・・・。

んで、裏テーマとしては全ての人が感染してしまってそれが普通になり、その変化が人間の種として好ましい変化だとしたら・・・。
まあこの映画に関しては人格にまで及んじゃうので拒否反応を示す人の方が多いとは思いますが、例えば牛痘。痘瘡に対する予防ですが、これすると牛になっちゃうと思ってた人がたくさん居たんですよね。
この映画のように感染した方が人間にとっていいのかも。と言うのがアンチテーゼとしてあるんじゃないかと思ってしまいます。
結局答えは出ないんですよね。(この映画では無理やりハリウッド映画的な解決をつけてしまいますが。)

実は漫画の中でもほとんどこれと同様の筋の映画で結局全員が感染してしまい、それがハッピーエンドとなっている作品も有るんですよね。(藤子不二雄Fの作品だったと思います。)
この作品も非常に考えさせられる作品でした。

エンターテイメントとだけみても面白い映画ではありますが、個人的には色々考えさせられる映画でした。

画質はかなりイイ!。ニコール・キッドマンが相変わらずの美しさです。
音響もいいですね。

画質:★★★★★
音響:★★★★
内容:★★★★

ko_ta1 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画感想文(3.5〜4) 

2008年05月18日

キングコング

昨日に引き続き、これも文句無く面白い映画でしょう。
ピーター・ジャクソン監督の映画愛をひしひしと感じてしまいます。
特にニューヨークでコングの前に現れるナオミ・ワッツと来たら…。
非常に楽しめました。

画質は非常に良いんじゃないでしょうか。

音質は若干甘く感じます。

画質:★★★★☆
音響:★★★☆
内容:★★★★★

ko_ta1 at 17:46|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 映画感想文(4.5〜5) 

ブラッド・ダイヤモンド

よっちんさんの評価で娯楽作とのことで見てみることに。
まさにその通りで、若干重さは感じる物のアクション有り、涙有り、啓蒙有りの見応えのある作品です。
個人的にはレオナルド・デュカプリオのベスト作品だと思います。

画質音響共にかなりの水準。

画質:★★★★☆
音響:★★★★★
内容:★★★★☆

ko_ta1 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画感想文(4.5〜5) 

2008年05月06日

クライシス・オブ・アメリカ

これ個人的には凄くよかったです!
突っ込みどころはそれなりにあるけれど、長い映画にも関わらず最後までダレずにグイグイ引っ張ってくれました。
重い映画ですけど楽しめました。

画の方は超高画質と言うわけではないですが、映画的な魅力に溢れた画で個人的には大好きです。

音の方も細かい環境音など、素晴らしい。

画質:★★★★
音響:★★★★
内容:★★★★★

ko_ta1 at 19:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画感想文(4.5〜5) 

ゴーストライダー

ネット上でかなりぼろくそに書かれてるんで、ニコラス・ケイジファンののぞみの為とは言えちょっと躊躇しましたが、期待せずに見たことも有りそこそこ楽しめました。
強引な展開は多々有れど、まあアメコミ映画なんてこんなもんでしょ。
まこう言うテイストのアメコミ映画では「スポーン」の方が好きですが・・・。
ちょっとテンポが悪く、間延びした印象ですね。もう少し短くテンポ良くすればもっと楽しめたのに。

画質はかなり良いですね。
音響も良好!

画質:★★★★☆
音響:★★★★☆
内容:★★★☆

ko_ta1 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画感想文(3.5〜4) 

RIZE

ドキュメンタリーだったのね・・・。
でもドキュメンタリー物の中ではエンターテイメントとして成り立ってる方だと思います。
それなりに楽しめましたから・・・。

それにしても4:3は無いような気がしますが。
それがドキュメンタリーってもんでしょうが、ダンスシーンだけでもきちんとHD解像度で見たかったな。
音質ももひとつ。

画質:☆
音響:★
内容:★★★

ko_ta1 at 18:52|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 映画感想文(2.5〜3) 

2008年05月04日

Ozさんちへ行って来ました。

行こう行こうと思いつつ、なんかバタバタしてしまって行けない状態が続いてましたが、Ozさんちの新PJの導入とGWで暇が出来たこととで背中を押されて行ってまいりました♪

いや〜、相変わらずOzさんとこは落ち着くわ〜。(笑)
昼ごはんに出してくださった広島焼も美味いしね。<って本題関係ないやん!

あ〜、本題ね。
正直固定画素がここまで来たかって感じ。
まず色が良いんですよ。見ててほとんど違和感を感じない。
あ、字幕だけはなんか色温度高く感じましたけど、なんでなんだろう?
映像の色はいいんですけど普通だったら字幕も色温度って映像に比例しますよね。
なんか色温度を変えても字幕だけは高い不思議な感じ。
でもこれなんかは画質に関するファクターではないですよね。

コントラストや階調なんかもかなりのもんです。
お昼に行ったんで全暗には出来ませんでしたが、多分最暗部はちょっと浮いてると思います。
しかし明部側が明るい!のでコントラストに不安は全く感じませんでした。
確かに三管はもっと暗部は沈むと思います。
でもトータルとしての階調としてはどっこいなんじゃないでしょうか。
明るい分だけ見易いんです。しかもリビングシアターとしてはその明るいという事はかなりのアドバンテージだと思います。

反射型液晶と言う事で応答速度の問題も心配でしたが、映画を見る分には全く問題ないんじゃないでしょうか。

画質に関して若干気になることとしてはディティールが若干つるっとした印象になること。
全ての映画が凄いノイズレス、高画質に見えます。
つうかそれで良いんでしょうけど・・・。(笑)

あー、BDのブレードランナーをほとんど一本見ちゃいましたけど、画質良くなりすぎて引き込まれちゃいますね。
多分5年ぐらい前にうちでDVDを見た時には画質悪すぎて映画自体もあんまりのめりこめなかったんですが、今回は目が離せないです。
改めて見ると、好きな人が多いのが非常によく理解できますね。

画質に関してはもうこれぐらいまで来れば移行するにやぶさかでは無いです。
個人的には。
あと特筆すべきはファンノイズがほとんど無いこと!
これ凄いありがたいと思います。
うちの三管は爆音ですからね〜。
映画にのめりこむ前はかなり気になります。
そう言うストレスが無いだけでも幸せかもしれませんね。
ま、お金ないんで、1292QJは壊れるまで使いますけど。(笑)

Ozさん、最新機種の視聴と言う非常にありがたい経験を、貴重な休日を潰してまでさせていただきありがとうございました。
また次回はインド料理でお会いしましょう。(謎)

ko_ta1 at 09:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) オフ会 

キャプテン・ウルフ

ほのぼのとした笑い…80点
家族と来訪者との愛…80点
ヴィン・ディーゼルのアクション・・・80点

ん〜・・・。
平均すると80点のはずだけど、総合すると70点レベルなのは何故?
良くも悪くもディズニー映画なんで、予定調和に終始してしまってるからでしょうか。
ま、肩の力を抜いて、リラックスして見るにはちょうど良いですね。

画質は超高画質というレベルではないですが平均以上。
音響はちょっとプア。

画質:★★★☆
音響:★★★
内容:★★★☆

ko_ta1 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画感想文(3.5〜4)