2010年09月27日

Panasonic DMP-BDT900試聴!

その後、OPPOを借りパチ中にパナのBDT900もお借り出来たので比較視聴してみました。
HDMIのセパレートで視聴しましたが、正直音質は比較以前の問題でうちのPCの音にもレンジや解像度で負けてるんちゃうかなといったところ。
これをCDプレイヤーとしてやライブBD再生用に使うのはちょっと悲しいかな。
まあ某所で改造すると結構よくなるそうなので、もしこれ買うならそれ前提で。

しかし画のほうは素晴らしいです。
若干暗部の引き込みが早いとか色が好みじゃないとか問題も無い事は無いですが、明るくコントラスト感も高いし立体感や解像度、
色の境界の色切れは今までに感じた事の無いレベル。
確かにOPPOBDP-83SEも素直で悪くはないんですが、これを見た後ではちょっと選びにくくなるかな。
正直、音のことを抜きにしてコストパフォーマンスを考えるとBDT900は群を抜いてる印象ですね。

う〜ん。音を取るならOPPO、画を取るならパナ。まだまだ決定打が無いですね。

番外としてOPPOにスケーラーのVP-50Proを追加してみてみましたが、解像度感や立体感なんかは良くなり結構レベルは上がるんですが、
段々とS/Nに難が出てくるようでこの辺りに目を瞑れればBDP-83SEもありっすね。
ただ、コスパは圧倒的に悪いですが。

結局現在のBDプレイヤーって一長一短ですね。
もうしばらくPCで様子を見ていようと思っています。
CDを聞くのに使ってたCDRデッキの調子が良く無いので、ついでにPC-Audioに足を突っ込んでみようか。

ko_ta1 at 11:44│Comments(2)TrackBack(0) ホームシアター 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetのヒデヨシ   2010年09月27日 14:50
コストパフォーマンスってなに?
2. Posted by BlogPetのヒデヨシ   2010年09月27日 14:50
きょうごっさんと、改造すればよかった?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔