2019年01月11日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


だいぶブログの更新がおろそかになってしまいましたが、
昨年は、建築工事だけでなく、鉄骨のみの工事を多く請け負ってしまいなかなかブログ更新まで手が回らず
忙しさにかまけて、更新せずにいました。

昨年、施工が完成した物件ですが重量鉄骨造の倉庫の工事状況をご紹介します。

建物概要
現場  沼津市内
敷地  約345坪
建物  重量鉄骨造平屋建て倉庫  約208坪
     天井クレーン 2.8t  2基




BlogPaintまず、基礎工事ですが、もちろん土地の掘削から始めます。






DSC04914掘削後、捨てコンクリートを打設し、位置だしをして
ベースパックを取り付けます。
ベースパックとは、鉄骨の柱を基礎と固定するためのアンカーボルトと
フレームの製品名です。



DSC05097DSC05072DSC05089ベースパック取り付け後、基礎の配筋工事をします。





重量鉄骨造では、アンカーボルトの太さも鉄筋の太さも基礎(地中梁・柱ポスト)の大きさも
かなり大きなものになります。
また、地中への埋込深さも1.5m以上になります。
DSC05172DSC05187DSC05144地中梁を打設します。
打設時にコンクリートの強度試験の為に、試験片も採取しました。





DSC05219DSC05221DSC05224鉄骨建て方の様子です。






鉄骨の柱の大きさは、H-488x300 大梁はH-440x300です。
これだけ大きな鋼材を使用すると柱スパン(柱の間隔)も15mとすることができます。
工場、倉庫など大きな空間を作りたいときにはやはり重量鉄骨造です。
住宅や事務所でも大空間を作りたいときにも有効だと思います。

DSC05252屋根工事の様子です。
屋根は、折板(ガルバニウム鋼板)です。





DSC05256DSC05266土間配筋をして、土間コンクリートを打設しました。






BlogPaint胴縁(外壁下地鉄骨)の取り付けも終わり、屋根工事も終わり
外壁と外構工事を残すのみとなりました。





IMG_20180820_100318
建物完成の様子です。
外構がまだですが、建物は完成しました。













去年は、ご紹介できませんでしたが、倉庫の新築工事も秋には終了しています。

鉄骨の材料等が入荷しないなど様々な問題がありますが、大きな問題もなく新年を迎えることができました。

今年も、多くの鉄骨造の建物の魅力をお伝えできるよう頑張りたいと思います。






koa_kensetu at 15:05|PermalinkComments(0) 新着情報 | 鉄骨造

2018年07月12日

重量鉄骨造 平屋作業所新築工事


重量鉄骨造平屋作業所新築工事 施工の様子をご紹介します。

4月末頃から施工を開始していて、もうすぐ引き渡しの物件ですが、
基礎工事の様子から紹介していきたいと思います。
BlogPaint掘削の状況です。

重量鉄骨造ですが、平屋で地盤もよかったので
地盤改良工事などはありません。




DSC04964自動車の修理の関係の作業所のため、床下にピットを作りました。






DSC04993DSC04987アンカーボルト工事は、ベースパックを採用しています。






DSC04997地中梁の配筋の様子です。

平屋で小さな建物でも、埋設深さは、木造に比べて3倍以上
柱ポストの深さは1M 主筋 D16が12本もあります。
地中梁も 幅30cm 高さ60cm
重量鉄骨造の場合、鉄骨の丈夫さだけでなく、基礎もかなり丈夫に施工されます。

これだけ大きく丈夫に施工すれば安心ですよね。
西日本で大変大きな水害がありましたが、濁流に流されてしまった建物を見ると、基礎の埋込深さがもっと
深ければ流されずに済んだのではないかと思ってしまします。


DSC05042DSC05043地中梁 打設後です。

地中梁の大きさ 深さを確認してみてください。
木造や軽量鉄骨造とは全く違います。



DSC05109DSC05108鉄骨建て方の様子です。

建物は90㎡ 27坪しかありませんが、
柱は、H-194x150x6x9
大梁は、H-244x175x7x11
これも軽量鉄骨造の部材とは違いますよね。


DSC05112建て方終了







小規模な建物ですが、構造体は頑丈にできています。
過剰設計なのかもしれませんが、構造計算の結果から部材を選定されています。
軽量鉄骨造の部材がなぜあのサイズでいいのか全く分かりませんが、重量鉄骨造の建物のほうが
部材も大きく丈夫で安全なことはわかっていただけるのではないかと思います。



また、木造2階建て住宅の完成見学会を週末(78/14~7/16)行います。
木造住宅ですが、重量鉄骨造についての質問等もお答えできると思います。

完全予約制ですので、興味のある方はご連絡ください。
よろしくお願いします。










koa_kensetu at 18:09|PermalinkComments(0) 新着情報 | ただいま工事中

2018年07月11日

完成現場見学会開催 沼津市原 木造2階建て住宅

お久しぶりです。

ブログの更新をだいぶ怠けてしまいましたが、久々にご報告です。


前回、上棟式を(餅投げ)をご紹介しました沼津市原 木造2階建て住宅の完成現場見学会を開催します。

DSC04752DSC04753上棟式後の様子です。






DSC05268DSC05267完成し、外観はこんな感じに仕上がりました。








DSC05287
1階リビングです。
リビングは、15.8畳
対面キッチン キッチン後ろには収納もあります。



DSC052881階 リビングにつづく和室です。
玄関から直接入れるように工夫されています。
お客さんが来た時など、客間としても利用でき、普段は落ち着いた
くつろぎの和室になります。




DSC05289DSC05290玄関の吹き抜けと階段です。








DSC052932回廊下 ホールの様子です。






DSC052922階の寝室

あえて北側に寝室を作り、富士山が見えるよう大きな窓をつけました。





こんな木造住宅です。

7/14(土) 7/15(日) 7/16(月) AM10:00~PM16:00(予約制のため時間は随時対応します)に完成現場見学会を開催します。


お施主様の希望により、完全予約制です。
現場を見学していただけるお客様は下記にご連絡の上、日時を予約してください。

予約連絡先

コーア建設株式会社
電話 055-969-3030 担当 杉山(090-2572-1025)

メールアドレス koa-kensetu@ny.thn.ne.jp

ご連絡をいただいた方に、現場住所等をご連絡します。
興味のある方は、必ずご予約ください。




koa_kensetu at 18:40|PermalinkComments(0) 新着情報 | 現場見学会