迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2011年08月

お台場上陸


子連れで初めてお台場上陸してきました。
あ、嘘。息子が生まれて1ヶ月位の時に旦那に引きずられて等身大ガンダム見に行った事あった。。
でも私の中ではあれはなかったことになっているので事実上今回が初上陸ということにしておいてください。


さて、夏休み最後の週末でしかも真夏に子連れでお台場なんて何故??
それは旦那が日本未来科学館で展示会やっているから。
別にどうでも良い事ですがうちの旦那、研究者なんです。イマイチ何やってるのか分からないまま今まで来てしまっていましたが(だって一般人が触れる機会ないんだもん)今回は一般客に研究内容を公開するんだと。
時期は夏休みということでターゲットは主に小学生や家族連れ。
「暇なら見に来たら?」の一言に興味は沸けども子連れでお台場か・・・しかも行くとしたら電車になるだろうし。
と一抹の不安を抱いていたところに
「誰かと一緒に行けばなんとなく気持ち的に楽」
と自分勝手な判断も良いところで近所のお友達を誘致。
そしたらば二つ返事で快諾してくれて、しかも現在お台場のグランパシフィック LE DAIBAでチャギントンランドなるものが開催されているのでそれに行こうと逆にお誘いを受ける。
チャギントンとは。。
実は私もつい最近まで全然知らなかったんだけどなにやら幼児(男子)に絶大な人気を誇るフジテレビ系で放映されている鉄道アニメらしい。
トー〇スとは違うんだって。
実は私もコビトヤにいらっしゃったお客様からチャギントンなるものの存在を聞き、フムフムと思っていたので一度息子に見せるのも良かろう、ということで本日のミッション。
・未来科学館で旦那の研究ブースを見る。
・チャギントンランドで子供を遊ばせる。

と相成りました。


スケジュールとしては未来科学館→お昼→チャギントン。
10時から開館の科学館に9:45に到着すると外には大行列!!ギャー
どうやら旦那の研究発表以外にも常設展示やイベントが多数開催されているようでそのそれぞれを目的とした家族連れで大行列になっていたみたい。
うーむ、この行列に並ばないと入場出来ないのか?としばし思案し、近くにいた「最後尾」のプラカードを持った若い男の人に「私達は未来科学館に用があるが多分この行列の目的とは違う展示を見る」旨を伝えたところ
「関係者ですか?」と聞かれ「関係者の家族です」と回答。
そしたらなにやら裏口から入館させて頂き開館までしばし中で待つ。
待つといってもものの数分だったので10時開館と共に展示スペースへ。
今回、初めて旦那の仕事の詳細を知る事となったのだけれどなんか認証システムの開発してるんだって。
今回の展示会では大学の研究室がメインで出展?していて企業はうちの会社だけ。
体験型の展示なので色々体験できるらしい。
色々写真撮られるのでまず最初に息子も私も同意書なるものを受付で記入。
その後は色々なブースに行って体験。

まず最初は早稲田大学の研究ブース。
自分の顔写真をカメラで撮ってそれをカエルさんと合成させて口や瞬きなどをCGで合成させて動かしてみんなでカエルの合唱をさせるらしい。
怖がるかな~と思ったら案外、息子素直に写真を撮らせてくれて合成させたカエルな自分を見ていたくご満悦。
画面に写るカエルの合唱を歌う己の姿と母の姿を見て大変気に入ったようでした。

DSC_7462minDSC_7463min



なんだか簡単そうに見えるけど難しい操作してるのねみんな。
パネルに書かれた説明書きを読むも殆ど理解できない私でした。。。

こちらのブースを終えると、いたいた旦那。
他のブースよりやや質素な出で立ちの旦那の研究所のブースのテーマは
「顔のブレンディング」と「顔個性の解析」
全く分かりませんな。
とりあえずこちらも体験できるそうなので並ぶ。
まあとにかく始めは顔の写真をいろんな角度から撮られデータとして読み込まれ、その後は写真のように
「あなたは〇〇タイプでーす」みたいな診断をコンピューターがしてくれるらしい。
字が細かくて分かりづらいかもしれませんが息子は「超インテリ系丸顔っぽい」と診断。
若干2歳にしてインテリ!
先が楽しみです(親バカ)


DSC_7464minDSC_7465min


ていうか、カテゴリーの「強さ」ってなんじゃい。
ゲームじゃないんだから。
ブースはこんな感じの風景です。
一番左のモニタでは顔のブレンディングという「人×猫」など、コンピューターで瞬時に画像合成させた映像が出ます。こういうのって小学生とかカップル受けするみたいで、みんな自分の顔が猫と合成させられたり眉毛が太くなったりするのを見て楽しんでいました。

科学館には1時間程滞在し、チャギントンも控えているしゆるゆるとチャギントン会場のあるグランパシフィック LE DAIBAへ移動開始。
ゆりかもめで1駅の距離なので歩いて行ったのですが、途中にあるお台場合衆国なるもので人・人・人!!
どうやらみなさん入場するのに並んでいるようですごい人気ですね~
ワンピース(アニメ)らしき巨大な船やら、妙なモニュメントやらエリア内は人だらけ。
しかし私達は全く興味がないので一路、ホテルへ。
チャギントンランドがあるのはホテル1Fの特設会場。
お昼前だったのですがこちらもすでに結構な込みよう。
男の子だらけかな?と思いきや案外女の子もいる。
まずお出迎えはチャギントンに登場する3キャラ。

minjpg

ここで母2人
「チャギントンってこのうちどれだろうね?」
「赤いのが主役っぽいからこれがチャギントンじゃない?」
いやいや、あとで知る事となるのですがどうやらチャギントンというキャラクターはいないみらいですね。。
恥ずかしい・・・
チャギントンなるものを全く理解していない愚か者の会話。
赤いのはウィルソン。青いのはブルースター、そして黄緑の新幹線みたいなのは唯一の女の子キャラであるココとの事です。
まずは入り口で3キャラと写真撮影。
初チャギントンの息子の反応ですが、どうやら鉄道関連だと認識したらしくすんなり「チャギントーン!」と大喜び。
イベント会場内はショップあり、ボールプールやスライダーあり。
ボールプールとスライダーは事前に整理券を獲得しないと入場出来ない仕組み。
フムフム、ととりあえず会場がどんなもんかを確認した後はちょうどお昼の時間になったのでホテル内にあるレストランへ。
こちらのでレストランではイベント期間中、子供と大人が一緒に食べられる「チャギントンプレート」なるものが用意されていてチャギントンキャラのミニカーがお土産としてついてくるのです。(と前日にHPで知った)
これは子供が喜ぶだろう。。しかしお昼時は絶対レストラン込みそう。。と心配になった私は当日朝に駄目元で予約の電話をしてみたら予約できたー。
予約していって正解でした。
チャギントンランドのすぐ側にあるそのレストランはお昼時となると家族連れで大混雑し、予約していない人は受付で名前を告げていつ呼ばれるか分からない自分の番を待たなくてはならないのです。
ちょっとファインプレーな自分を誇らしげに思ってみたり。
子連れというのもあるけど、なにより自分が待ちたくないだけなんだけどさ。
予約していたからか窓際の広い席に通してもらい2組親子で仲良くチャギントンプレートを注文。
一つのプレートに小さなハンバーガー2つ、フライドポテト、チキンライス、パンケーキ、エビフライに唐揚。と結構ボリュームがありました。デザートに親子1つずつアイスがついて更にミニカーもついてお値段1,480円は安いと思う!ホテル価格だともっとふっかけられてもおかしくない。

DSC_7477minDSC_7480min

残念ながらココは一番人気なのか?すでに選択できず男子二人はウィルソンとブルースターから選ぶ事に。
結果、バランス良く息子→ブルースター、友人のお子→ウィルソンとなりました。
二人共嬉しそう。
しかし、チャギントンってどこの国のアニメなんだろう?
日本じゃないよね。未だ不明(謎)


お腹も満たされたところでいざチャギントンランドへ!
息子達の電池が切れる前にいかねばー
お昼前に獲得した整理券でフワフワゾーンに入り、15分の時間制限はあれども自由に遊べる。
ゾーン内は係員の方が何名もいて、子供たちが一度にスライダーから滑って怪我などしないようちゃんと見ていてくれる。ボールプールも同様。
なので母達は安心して遊ばせられました。

DSC_7507minDSC_7504min



そんな感じであっという間に15分は過ぎ、プレイエリア終了。
帰り際にショップを覗き、14時過ぎにはお台場をあとにしました。
帰りの電車の中では両ご子息共に撃沈。チーン
スヤスヤとお休みになられておりました。
すっごく疲れたけど、行って良かった。
これも、一緒に同行してくれたお友達のサポートあってのこと。
途中、ベビーカー持ってくれたり、妊婦な私のお世話を買って出てくれて感謝です。ありがとう。

そして現在。
家に着いてかた一度目を覚ました息子も再度お昼寝し、未だ起きません・・
今、夜中の2時なんですけど。。当然お風呂入ってないんですけど。
明日朝起きたら超スピードでお風呂入れないと。

さて、母も寝ます。

双子ちゃんご来店

本日のコビトヤは珍しく?ねんねの赤ちゃん連れのお客様が2組。+息子と同じ2歳の女の子連れ。
普段、息子と同じようなお子様連れのお客様が多いので部屋のコーディネートも息子仕様のまま。
やばい。
とりあえず助かった事は我が家のソファはソファーベッドになること。
倒せばフラットなベッドになるので床に寝かせて息子が踏む、とかいう大惨事は免れそう。
しかし油断は禁物。
なんたって一組は生後3ヶ月の双子ちゃん。
もう一組は9ヶ月の赤ちゃんでまだズリ這い。
うーむ。。何が起きるか心配。教室が始まったら母はカウンター越しにしか様子を見れず気を揉みそう。


何はともあれ始まってしまった。
双子ちゃんのお母さんは上に息子と同じ2歳の女の子がいらっしゃって、当日、上のお子様は保育園。
双子ちゃんベビーカーでお越しになりました(でかい!玄関ギリギリ通った)
2卵生との事だけれども、二人共良く顔が似ていて赤の他人の私から見たら違いが全く分からない。
当のお母さんもまだ微妙らしく分かりやすいように双子ちゃん、足首にミサンガをつけて識別されておりました。
1ヶ月前に初めて双子ちゃんに会った時はまだまだフニャフニャしていて心もとなく、恐々抱いた記憶がありますが赤ちゃんの1ヶ月って成長が早いですね~
もうかなりしっかりした感じ。そして抱かれていても良く動く。
私もあと1ヶ月少しで我が子にご対面かと思うと、また新生児のお世話が出来るか心配になってきました。
なんか一人目を2歳まで育てたという妙な(根拠のない)自信があるようで・・・
多分、生まれてきて一人目と違う事にアワアワするんだろうなー


話しは反れましたが本日の作成メニューは
・バナナシフォンケーキ
・抹茶ラングドシャ
・プレーンパウンドケーキ(コビトヤ初!パチパチ)

です。

パウンドケーキはコビトヤ始まって以来の作成依頼です。
まー、地味っちゃ地味だもんね。。お菓子教室来たからにはもっと華やかなの作りたいよねみんな。
でも基本のパウンド覚えておくと重宝するのですよ。
焼き時間も絶妙にしているので焼いた当日はふんわり翌日からはしっとり、と大変美味なるものです。
個人的に好きな具は梅酒に漬け込んだ梅を粗めに刻んで生地に混ぜ込んで焼いた梅パウンドが大好きです。
オススメです。
梅酒の梅って処理に困る時あるでしょ?(あるよね・・・?)
パウンドと同時進行の抹茶ラングドシャはというと。
生地作りは至ってシンプル。抹茶の生地を薄く焼き上げ溶かしたホワイトチョコレートを挟んだサンドクッキーです。
ちょこっと難しいのが生地を絞り出す作業。
薄く均一に絞り出さないと焼いた時にラングドシャ特有のサクサク感が均一に出ないです。
と、お客様に説明したら「そういう繊細な作業苦手なのにー!」と及び腰。
いやいやどうしてこんなに上手に絞り出せてますから大丈夫。

DSC_7447min


結構沢山絞り出したつもりでもこのクッキー、最終的に2枚を合わせて1個のクッキーになるので数は大した数できません。
でも抹茶好きな方には大好評な一品です。ポイントは少し奮発しても香り高い宇治の抹茶を使うと焼きあがりの味、香り共に全然違います。

上記2品を無事オーブンに入れた所でしばし休憩。
オーブン2台塞がってしまったのでバナナシフォンは焼けないし、とりあえず談笑。
息子は同じ2歳のお友達となにやら仲良く遊んでいるようで母はホッ。
こちらのお友達、生後1ヶ月からのお付き合いなのですが二人共成長したな~
前日に「明日〇〇ちゃん来るよ~」と言ったらば息子、嬉しそうに
「〇〇ちゃん?いっちょにあとぶ?」←いっしょに遊ぶ?の意
と嬉しそう。
小さい頃から一緒にいると子供ながらにちゃんと記憶しているんですねー
二人で手をつなぎながら双子ちゃん観察に行ったり、微笑ましい限り。
仲良くしてくれるのも小学校上がるまでかな。
同姓だったら良かったなー。。何せうち男の子で向こう女の子。


さて、お客様のお話に混ぜて頂いている間にオーブンの一つが空いたのでバナナシフォンも無事投入。
最近ようやく段取りも以前よりマシになってきて本日は予定通り。
お昼としましょう~

本日のメニュー

・エオリア風ツナのサラダ
・ローズマリー風味のフォカッチャ
・サーモンチャウダー
・デザートは、アールグレイのレモンスクエア&白桃シャーベット

です。

DSC_7448minDSC_7457min

あれ?今回やっぱりなんだか貧相なランチメニューですな。
プレートにメインとなるお肉がない!大変申し訳ないでございます。
サラダにツナが入っているからタンパク質OKかな~とか安易に思っていた自分を反省。
その代わりデザート2品にしたのでご勘弁を。
このレモンスクエア。
上にアールグレイのバタークリームを塗っているのですが自分で食べてみて
「クドい」と感じたので急遽口直し?にと白桃シャーベットを作ってごまかしちゃいました(汗)
クリームの下はレモンスポンジ&タルトでなかなか良い感じなんだけど。
バタークリームというのが少ししつこい気がしました。改良の余地あり。

そういえば、お菓子教室始めてから私の目を盗んで息子がお客様から色々せしめている事実が発覚。
母が作業で目を離せないのを良い事に、先日はお客様のお子様用のおやつのあかちゃん煎餅をちゃっかりもらってた・・ガク
ジーっとお客様の目の前に立ち、物欲しそうにしていたらそりゃお客様、いたたまれないでしょうに。。
大変失礼致しました。母親に似ていじきたないんですうちの息子。
あと、この間も今日もそうだったけどお客様が作られたケーキやクッキーを
「ケーキ!ケーキ!」
と自分の為に作られたかのような主張ぶりで食べたがるのには閉口してます(恥)。
どうしたら良いもんか。
とりあえず「これはお客様のだから、あとでおやつの時にみんなでデザート食べようね」
とごまかしています。
良かった・・・コビトヤでデザート用意してて。
息子にとっちゃ、教室の日かどうかなんかまだ理解できないもんなー。
お菓子が自分の家のオーブンから出て来たらそりゃ自分の為に作られたと思うか。
教育が必要ですな。

出来上がった作品はこちら~

DSC_7460min


パウンド、綺麗に縦に切れ目が入って大満足!やっぱりこの切れ目があるとないとでは見た目もそうだけどパウンドらしさが全然違う気がする(のは私だけ?)
抹茶ラングドシャもバナナシフォンケーキもとっTも美味しそうに焼けました。
皆様、お疲れ様でした。

さて、無事焼きあがったし食後のお茶でも・・
とデザートを食べながらみんなでお茶しているとなにやらお外が怪しい雰囲気に。
まだ14時なのに真っ暗。
これはイケナイ。遠くのほうでゴロゴロいってるー!
「今のうちに帰られないと通り雨がきそうなので帰り支度したほうが・・・」とか言っている最中にドシャー!!
すごいゲリラ豪雨。
ちょとこれはいくらなんでも帰らせるわけにいかない、という事で小一時間程様子見。
一瞬、雨が止んだところで急いで皆さんにお帰り頂きました。
後日聞いた話ですとそれでも途中、豪雨に降られたらしいです。
子連れでベビーカーな上に豪雨って、もうお母さんは自らを犠牲にしても我が子だけは濡れないようにするしかない。
どうぞみなさん、風邪などひかれてないと良いのですが。

なにはともあれお疲れ様でした。
お手製スイーツで素敵な休日をお過ごし下さい。




お盆明け一発目

コビトヤ1週間のお盆休みを頂いての再稼動初日。
本日は二名様。
ご主人へのバースデーケーキと、もうお一方はシトロンです。


当日は朝から大雨でどうなるかと思いましたがタイミング良くお客様が来られた時は小雨。
子連れだと雨の日の外出は本当大変ですもんね。
本日のお客様はすでに上のお子様が保育園に通っている二人のお子様をお持ちのお母さん。
これから二人目出産する私としては勉強すべき点がたくさん。
お話を伺っているとやっぱり断然、二人目を産んでからのほうがフットワークは悪くなったらしい・・ガーン
そりゃそうか、上の子を保育園に入れたりするとお迎えとかもあるし行事もあるし。
下の子のお世話がひと段落したと思ったらもうお昼になって、上の子が幼稚園に行ってたらお迎えなんかすぐだもんね。
なんとなく、息子を出産してからのタイムテーブルを予想していた私にとっては若干ショック。。
自分の時間が今まで以上に取れなくなるんだ。

そんな話をしながら作業は順調に進み、スポンジケーキとシトロンの生地が焼きあがったところでお昼。
本日のメニューは
・塩レモンマリネのグリルチキン
・全粒粉のメープルブレッド
・コールスローサラダ
・ミネストローネ
・デザートはクランベリーマフィンとお客様の作られたシトロンの切れ端(箱に入りきらなかった)
・お土産に型抜きクッキー(写真後ろ)

です。

DSC_7434minDSC_7437min


パン、いつも朝仕込んで焼いているのでお客様にお出しする時は軽くオーブンで温めなおしてます。
うまく時間を計算して丁度良くランチ時に焼きたてを出したいんだけどな。
その時お客様が何を作られるかによってオーブンを使える時間が変わってくるのでなかなか現状では難しい。
朝仕込んだ方がこちらとしても楽なんだけどね。

お昼を食べながら私も少し休憩&息子のお昼。
最近、またまたお腹が大きくなりちょくちょく休憩しないと疲れてしまうのが辛いところ。

ランチの後はいよいよデコレーション。
シトロンのアイシング、とっても上手!
私は結構このアイシングを塗る作業が苦手なのですがコビトヤにいらっしゃるお客様はみんなお上手なのよね~
デコレーションケーキも試行錯誤しながらフルーツを配置し可愛らしく出来上がりました!
これからお家でお誕生会なんですって。
良いですね~
大きいケーキなので頑張って食べて下さい。

DSC_7438minDSC_7443min


本日も無事に終了。
休み明けでちょっとばかしいつものペースに戻すのが大変でしたが特に問題も起きず終えられて良かった良かった。


恒例!肉の日

この行事が始まったのは随分昔。
私が旦那と出会う前からだったそうな。。

旦那が大学生時代、同じ研究室の友人と夏のお盆の時期にその年「これだ!」と決めた牛肉(豚肉でもいいのかな?詳細条件は不明)を購入して肉祭りをしているんだって。
私が記憶している限り今まで5~6回はしていて前沢牛やら松坂牛、宮崎牛・・など日本の名だたる名ブランド牛を一年に1回、すき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキにして食べてました。
さて、今年はどうする?
原発問題で東日本の肉牛は軒並み出荷停止になっていて選択肢が少ない。
そんな中で今年は「石垣牛」に決定。
今までの経験からステーキはやっぱりお店の鉄板で焼いたほうが美味しい、という事でしゃぶしゃぶかすき焼き。
去年、たしかしゃぶしゃぶだったよね?という事から今年は石垣牛のすき焼きとなりました。


恨むべきは現在の私の状態。
未だ悪阻続行中で、日中こんな脂っこいの食べたら絶対吐く!!(泣)
という事で今年は代金を半分こにして旦那と友人だけで食べる事になりました。シクシク・・・
食べたいのに食べれないこの身の辛さよ・・

来年の肉の日は絶対食べてやる~

そんなわけで石垣牛です。

DSC_7417minDSC_7413min

先日行った黒部ダムで買った「黒部ビール」なるものも出しいざ酒盛り開始。
材料を切ったりするのは事前は私がやりましたが味付けは男性陣でせよ!との私命令により友人、殊勝な心がけにより今半ですきやきのタレなるものを買ってきたらしい。
今半本店に行って「何名様ですか?」と当然のごとく食事をすると思われたところで友人
「すき焼きのタレ買いにきました」と一言。
あんまりいないよね。今半本店まで行ってタレだけ買う人。
会社から近かったからお店まで行ったらしいんだけどさ。
まあ、ともかくこの万能ダレがあれば料理の出来ない男二人でも美味しく頂けると。
やっぱり良いお肉って常温で脂が溶けるのね~
横目ですき焼き風味の豆腐を息子に食べさせながらジトーと見る私。
今回700g位買ったとか言ってたかな?
出だしは良かったものの途中、まだお肉を残りながら三十路半ばを過ぎた男性陣、ギブアップ。。
どうやら脂が胃にもたれてきたらしい。
やはり寄る年波には勝てませんな。
その後は休み休み、箸をつけ完食しておりました。

ちなみに肉を食べない息子に「極上の肉ならもしかしたら食べるかもしれぬ」
と食べさせてみたらやっぱり食べなかった。
がっつかれても困るけど。
A5ランクの肉しか食べない子供なんて大顰蹙ものだもんね。その点では良かった良かった。
そしてやめておけばいいのにどうしても我慢出来ず、私も1枚だけお肉頂戴しちゃいました。
うまかったー!!
その後は案の定具合悪くなり、炭酸ジュースでなんとか乗り切りました。
でも、美味しかったな・・・

その後は、地下に眠る誰も消費しなくなったビールを消費してもらうべく友人と旦那にはビールを飲んでもらい
私と息子はのんびり。
・・・ってくつろぎ過ぎじゃない?息子よ!

minjpg


手に持っているのは私の携帯。
何やら株価でも見ているような思案顔。
とても2歳児のする顔とは思えません。
「うーん、円相場も80円切ったか~」とかなんとか考えているような顔ですな。
足まで組んで。。

ちょっと、あまりにも面白いポーズだったので旦那が激写しました。

来年は東北のお肉が食べられると良いな~
以上、本年の肉の日レポートでした。





長野旅行③


長野滞在3日目。
丸一日遊べるのも本日が最後。


そんな3日目は遠出せず別荘付近で過ごす事に。
本日のコーディネーターは私。
流れとしては・・・・
・蕎麦打ち体験をする
・牧場に行ってソフトクリームを食べる

です。


長野といったらお蕎麦。
まー、蕎麦屋は吐いて捨てる程あちこちにあるのですが今まで色々食べ歩きましたが、「コレ!」といったお店に出会えない。
いや、1軒あったんだけど次のシーズンに行ったら味が落ちてしまっていて、あの奇跡の味は二度と食べられなくなってしまったのです。
というわけで現在、お店で食べる信州蕎麦屋NO1は模索中です。


今日は、今まで興味のなかった「蕎麦打ち体験」
子供が出来るまでは別に蕎麦打ちなんか体験しなくたって・・・と思っていた私達夫婦ですが、何故か子供が出来ると体験イベントに興味が沸く。
息子に色々な体験をさせてあげたい、という親心なんでしょうか。
なにはともあれ、別荘から程近い場所にある、その名も
「小茂谷蕎麦打ち道場」
ドーン。

DSC_6997minDSC_6999min


予約したほうが確実かと思い、事前に電話したところお盆前半は満席だったようですが、私達が長野入りしたのはお盆休み後半。
午前の部に空きがあるとの事だったのでラッキー。
子連れの旨を伝えたところ、ほとんどが家族連れで小さな子連れが多いとのこと。
その言葉に大分気が楽になる私。
「メインは息子がやって夫婦がちょこちょこ手伝う感じにしたいのですが」との旨を伝えると
参加費4,000円(3人で)で5人前程、お蕎麦を打てるとの答えが。
道場に入ると、女性が2人いて一人は農家のおばちゃん風。
午前の部は3家族いたのでおばちゃん2人が細かいところまで目を配ってくれながら作業。
まずはお蕎麦の説明。
そば粉8つなぎ2の二八蕎麦を作るのだそうな。ふむふむ。
大きなタライのような鉢に粉をどーんと入れてまんべんなく混ぜ、そこへ熱湯投入。

DSC_7009min

プロの職人さんは冷水を入れて混ぜるのだそうだけど、初心者はお湯の方がうまく粉がつながるとの事。
(おばちゃん談)
作業しながらお蕎麦の収穫できる季節だとか打ち粉には蕎麦殻を挽いた物を使うなど色々教えてくれて作業中全然飽きない。
案の定、息子は途中で飽き、旦那に選手交代。
しかし旦那の手際が悪く生地がベタつき結局母である私がこねる。
息子、傍観者。

DSC_7017minDSC_7034minDSC_7037min



母。せっせと作業続行。
蕎麦粉をこねている最中にも蕎麦の香りがあたり一面漂ってとっても良い匂い。
ただ、道場内にクーラーが効いていないのかものすごく暑い。
中腰で作業しているのもあるけど首から額から全身から汗が半端なく流れる。
しかも暑いからとドアを開けても気付くといつの間にか閉められている・・
あとでおばちゃんに聞いたらどうやら手早く作業しないと蕎麦の生地がどんどん乾燥してしまい風味も味も落ちてしまうんだって。
なのでクーラーなんかかけながらやったら素人の私みたいにモタモタしているとすぐお蕎麦が駄目になっちゃうみたい。
なるほど。
苦労なしには美味しいお蕎麦は食べられないのね。

生地の固さにOKが出たら、生地を寝かす事もなく即、伸ばす作業へ。
てっきりうどんのように生地を寝かせるのかと思っていたので少々びっくり。
生地を麺棒に巻きつけパタンパタンしていくとあら不思議、どんどん生地が薄くなる~
息子に手伝わせたら力が入り過ぎたのか穴があきました・・・
しかしお蕎麦ってすぐ出来るんですね~
それだけ時間との勝負ということか。
その後、テレビで見たことのあるような包丁とまな板、蕎麦をまっすぐ切る補助板を使いぎこちない手つきで切る親子。

minjpgDSC_7097minDSC_7109min



今回、息子は初包丁だったのだけれど恐ろしさを知らないのか?「やらせてやらせて!」コールがすごい。
こっちはヒヤヒヤなんだけどやりたがっているのだからやらせなければ。
という事で後ろで補佐しながら切る作業。
お店のように細く均等に切るのって難しいね。
おばちゃんに「1ミリね」
と言われたに1ミリどころか3ミリ4ミリ・・・とバラバラ。
まあ、それも自分で作ったという証なのだからご愛嬌。
切ったら大きな鍋でサッと茹でおばちゃんの絶妙なタイミングで引き上げられたお蕎麦がこちら。
茹であがったお蕎麦は家族みんなでその場で食べます。

DSC_7132minDSC_7143minDSC_7148min





食べてびっくり!
今まで食べたどんなお店のお蕎麦よりコシも香りもあって美味しい!
体験蕎麦打ちというから、まあそれなりの味なんだろうな、と全然期待していなかっただけに(←失礼)
夫婦でびっくりしました。
本当にお世辞なしに美味しい。
太さこそバラバラだけれども味はとっても美味しい。汗流しながら打った甲斐あったよー
息子も「おとば!おとば!」←お蕎麦の意
と催促し食べる食べる。
ご指南いただいたおばちゃんは農家の方らしく自宅で採れた朝採れキュウリ&トマトを付け合せで出して頂きました。
野菜も美味しかった~
トマトは殆ど息子に食べられましたが(泣)
長野に行く機会がありましたらこちらオススメなので是非体験してくださいな。



その後はまたまた近く。
長門牧場という、長野では結構認知度の高い牧場へ。

DSC_7180min


長門牧場の牛から取れたミルクで作ったアイスや乳製品が長野県内に展開されているらしく、牧場も結構人が多い。
みなさんお目当てはやはり搾りたてのミルクで作ったソフトクリームのようで。
牧場で食べるソフトクリームって濃厚で本当美味しい。
お土産にチーズとチーズタルトを買って、その後は広い牧場をお散歩。
牧場なのでもちろん牛さんもいるし、ヤギや羊もいる。
野っ原に使われなくなったトラクターがあり、息子は早くもそちらに目が釘付け。
「あれ!あれ!」
と指をさしながら突進しトラクターに乗車。


DSC_7321minDSC_7292min



周囲を見ると、同じようなお子様が多数。やっぱり車は男の子に大人気なのね。
動かない計器をガチャガチャ動かしながら息子ご満悦。
入園料もかからないし、ここもオススメです。
なにより子供がのびのびしているのが良い。

とこんな感じで今年の長野旅行は終了。
振り返ってみるとなかなか盛り沢山な3泊4日でした。
今年の冬はスキーに来られないので次来るとしたら来年の夏かな。
その時は家族が1人増えて4人か。
それはそれで色んなハプニングが起こりそうだな~

余談。
最終日の夕食は一度で良いから作ってみたかった巨大オムライス。
タイミング良く巨大なホットプレートがあったのでご飯3合(!)卵6個で夫婦二人がかりで作成しました。
サイズ分かるかな?
すごい巨大なのよこれ。
まず最初にチキンライスを作って~

DSC_7399min

別な容器にチキンライスを一時退避させて卵を焼くでしょ~
で、その上にチキンライスを戻すでしょ~
包むでしょ~(ここでにっちもさっちもいかなくなり旦那の救済が入る)


DSC_7403minDSC_7404min

出来上がり!

DSC_7406minDSC_7407min



とっても美味しかったです。
旦那に
「炊き出しみたいだね・・・」とボソッと言われましたがなにか?(笑)


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ