迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2012年04月

母の愛


訳あって長男の為に手提げバック大小2個を作らなきゃいけないというノルマができた。

しかも、締め切りはGW明け(泣)

早く終わらせないと楽しい楽しいGWが楽しめない!
・・・というわけで連休初日に生地を買いに行きました。
折角なのでお天気も良いし家族みんなでみなとみらいに遊びに行って生地はチャチャッと買っちゃおう!
と以前何度か行ったユザワヤへ。
しかし私、記憶の引き出しをどう間違えたのかユザワヤをコレットマーレにあると勘違いしていて何も知らない旦那さん(と子供達)を連れてコレットマーレまで行き「ユザワヤって何階だっけ~?」とのたまう始末。
しばしフロア案内板を眺めた後、旦那さんの一言が胸に突き刺さる。
「ユザワヤって確か、ベイクォーターの隣に出来た別館になかったっけ?」
・・・そうだった気がしてきた(汗)
何で私コレットマーレにあると信じて疑わなかったんだろう。自分の思い込みがコワイ。
その頃には機嫌が急降下してきた長男さん。
これからみなとみらい→ベイクォーターに戻ってユザワヤで生地買いに付き合わせるのはあまりにも不憫なので旦那さんと長男とはそれから別行動に。その後、二人はお茶をして時間を潰したそうです。
赤子だけは旦那さんではどうにもならんので母と一緒に向かうは横浜。
電車に乗って横浜へ引き返してユザワヤへ急ぐ急ぐ。
ベイクォーター到着、やっぱりユザワヤはここにあった。


仕切りなおして生地選び。
手提げバックを指定されていたので記事は中綿入りのフワフワのが良かろう、と判断してキャラクター生地売り場へ。
そしたらあるわあるわ。
この際、母の趣味はかなぐり捨てて長男の好きなトーマスに決定。
赤子を抱っこしながら重量級の生地の束を持ってレジに行くと、散々待った挙句に「生地は別カウンターで裁断してもらってからレジに来てくださーい」と言われ凹む。
来た道をまた戻りまたもや長蛇の列に並んで生地を裁断してもらってようやく会計。
その他にも名前シールやらマジックテープやら小物も購入。
ユザワヤってあまりにも多くの物があり過ぎて、探したい物を探すのに一苦労。あっち行ったりこっち行ったりすごく疲れる。


自宅に戻り、その日の夜。
家族皆が寝静まったのを見計らい、お隣さんから借りたミシンをリビングに置いて「さあ、どうしたもんか」
前に書いたかもしれないけど、実は私お裁縫が苦手。本当に苦手。
確か高校の時に技術家庭でスカートを作った時なんか殆どお情けで単位もらったもんね。
最後まで作れなかったもんね!
といういきさつがある為、今回のこの手提げバックを作らなきゃいけないというのを知った時には「うそー!」と叫んでしまったよ。。
呼び覚まされる高校の嫌な記憶。
とりあえず。
下手は下手なりに丁寧にやろう。そうすれば下手なりに愛情はこもった物になるはず。

b3fb8430.jpgfe5db856.jpg


真面目にやる気あるのかないのか傍らにはほろよいが。
そういえばお隣さんにミシンを借りた時、私本当に使い方に自信がなくて「取り扱い説明書欲しい。。」と聞いたら
「あれー?あったっけ?大丈夫大丈夫!本当簡単だから」と笑い飛ばされました。
泣きたくなりました。。
私の出来なさっぷりをお分かりでない。
どうかどうか今ボビンに残っている糸が無くなる前に作業が無事終わりますように・・・(祈)
遠い昔の記憶を辿ったってボビンの糸巻きなんて出来ませんから!

作業開始。
まずはチャコペン(合ってる?)で規定のサイズ+縫い代分を定規できっちり計り、チョッキンチョッキン。
そんでもってその後はマチバリで合わせ目を閉じてしつけ糸で波縫い。
有り得ない程慎重にやってますよ。
その次はいよいよミシンがけ。
お借りしたミシンは最新型のようで、学生の時に使っていた足踏みミシンとは違い手元のスイッチ一つでONOFFが出来る模様。おおー、進化しとる。
でもついつい足でやっていた頃のクセか?手元のスイッチを入れた途端動き出した針を見て慌てて足で止めようとして止まらない針。
軽くパニックになりつつあらぬ方向に何センチか縫い進んだ後、手元のスイッチでOFF出来た。ふー。。。

前途多難。

出だしから斜めに縫ってしまったので一旦全ての糸を抜く作業。地味だ。
お時間、夜の22時。
21時に始めて1時間経ってるのにまだこんな事やってる私って。。。
また振り出し。はい、ミシンをかけて。。ミシンの縫う速度、一番遅くやってるんだけどね、これでも。
とりあえず両脇縫い完了。
お次は口部分。
一つ折りにするのか二つ折りにするのか悩んだんだけど、なんか昔、スカート作った時に生地は二つ折りにして縫った記憶が。正しいのかわかんないけどいいや。二つ折りで縫ってしまえ。
およそまっすぐとは言い難い縫い目だったけど全ての作業が完了。
何回か洗ったら分解しそうな予感大。
全部終わって時計を見たら夜中の3時。
二つの手提げ作るのに6時間もかかってるって・・・

翌日。
息子に見せたら大喜びしてくれました。

e45c2959.jpg


それだけが救い。その笑顔だけで昨日の苦行が報われるよ。
もう二度とやりたくないけど、来年またやる事になるんだろうな。
本音をいうとネットで誰かにやってもらいたいよ、本当。
せめてもの親心がこの苦行に対してヤル気を起こさせてくれるんだね。

息子に対する愛ってすごいわー






4/27の風景


本日はGW前最後となるコビトヤ。
折角のお教室なのに朝からあいにくの雨模様。
それでもお客様がいらっしゃると家の中は賑やかで外の雨が嘘のよう。
本日は3名様。
2組は1歳のママ達で、もうお一方はお子様が大きいのでママのみのご参加です。
メニューは
・ウィークエンドシトロン
・スフレフロマージュ
・焼きドーナツ(黒ゴマきなこ)



おお、シトロン久しぶり。
再オープンしてからというもの新メニュを選択される方が殆どだったので以前からあるメニューを選択されるとなんだか新鮮。
シトロンを選択されたこちらのお客様。
とってもお菓子作りがお上手なんです。きちんとしたお教室にも通われていたようなのですが、わざわざこんな適当を地でいくお菓子教室に来られなくても良さそうな物を。。
本日は大変ありがたい事に産休明けのお教室に来て頂きました。
作業中、お仕事の事やお菓子作りのお話に華が咲き終始楽しくお付き合いさせて頂きました。
しかも私、こちらのお客様がお子様連れでないのを良い事に、次男の抱っこやらおむつ替えをお願いする始末で。。。ご好意に甘え過ぎてしまい今更大後悔であります(汗)
本当にありがとうございました!
お客様に息子のおむつ替えだなんてあってはならない。。いかんいかん。これから注意しよう。
シトロン、とっても上手に焼けて仕上げのグラスアローもピカピカ。

DSC_1568




シトロンをオーブンに入れた所でお次はスフレの方。
こちらのお客様もお菓子作りのキャリアをお持ちとの事でしたが成人されてからはめっきり作られなくなったそうです。実家にいた頃は作ったら家族が食べてくれたりするけど一人暮らししたりすると消費に困ったりして作る機会ってなくなりますよね。
そういう私も社会人になって一人暮らしをしていた頃はあんまり作らなかったな~
結婚してからまた作り始めた気がする。
そして普通は子供が出来るとまた作らなくなるのに私の場合は子供が出来てからの方が本格的に作り始めた感じ。子供がいたってお菓子は作れるのさ。
ちょっとペースを整えるまでは大変だけど子供の一日のリズムさえ把握できたら、ちょっとした空き時間やお昼寝タイムにチャチャっと作れるもんです案外。
要は「やろう!」という気持ちだけ。
なのでみなさん、無理して難しい物作ろうと思わないでまずは簡単なマフィンとか作ってみてください。
焼きたてのお菓子を美味しそうにほおばる我が子の姿って本当に癒されますよ。
日頃イライラしている私が言うんだからこれホント。
長男の「おいしーねー」の一言に毎日ホッコリさせられてる一人です。


作業は順調に進み、最後は焼きドーナツの方。
今日は午後から義理のお母様がご自宅に遊びに見えるとの事でそのお茶菓子にと張り切って参戦です。
焼きドーナツでも黒ゴマ&きなこは年配の方にも受けが良さそうだしね!
あっという間に焼きドーナツの完成~


DSC_1565


さて。
お昼です。

メニューは。。。

・ズッキーニと茄子のスカペーチェ
・豚バラ肉とジャガイモの粒マスタード炒め
・サツマイモのスパイスポタージュ
・黒ゴマとライ麦のツイストブレッド
・ファッジブラウニーのパルフェ

です。


DSC_1562



DSC_1566

お皿に盛り付けながら「なんか今日のおかずって地味」と気付いた頃にはもう遅い。
やっぱ御飯の色味って大切だね。
茶系でまとめるとあんまり美味しそうに見えないわ。
日頃、お客様にお出ししているパンは自宅でうんせこらせやりながら作っているのですが、今日のパンは初の試み。試作を一度もしないでお客様にお出ししようとするあたりが私らしいというか。無謀というか。
試作したことないので焼きあがるまでは一体どんな味のパンなのか皆目検討つかず。
なんとか無事パンの形になったので焼きたてをモグモグ。

DSC_1556

おっ、意外に美味しいじゃないの。
ライ麦の生地と黒ゴマの生地をネジネジしてパウンド型にポイッと放りこんで焼くこのパン。
もちろん自分のレシピではなく本のレシピで作っておりますとも。
切ると断面が「黒ゴマ」と「ライ麦」のツートンカラー(合ってる?この使い方)になっていて見た目も良し。
ただ、二本の内の1本(写真奥)の生地を、「さあこれから焼くぞー」という時にうっかり手が滑ってキッチンの台の上に落下!というアクシデントが。
せっかく二次発酵をしっかりやってツイスト部分がふっくら出たのに落下(泣)
悲しいかなふっくら部分は見るも無残なぺしゃんこに。
写真で見るとあんまり分からないから良いか。
そそっかしいのも私の特技です。
このパンですが、ランチの付け合せにももちろん良いですがサンドイッチにしても合う気がします。
残ったパンは明日の我が家の朝食に使おうかな~

デザートは、市販のバニラアイスに、適当に作ったブラウニー&チョコムースを山程持った超ハイカロリーな代物。
盛り方を全くイメージしないまま乗せたので、ムースが落ちそう。
みなさん、食べる時に「あー!ムースが落ちそう!」と叫びながら食べられていました。

明日からながーいお休み。
みなさんそれぞれが楽しいお休みになりますように。
またのご来店をお待ちしております~


























小さな贈り物

月曜日の後の3連休!ヒャッホウ



■一日目■
→お天気良かったので買出し&久々に駅方面に行って図書館で本を物色。

図書館、本当久しぶりに来た。やっぱり図書館楽しい~♪
でも、長男が「亀さん見たい亀さんの所に行ってくるね!」と脱走を試みるので本探しに時間をかける事は叶わず適当に本棚から手に取った本を5冊程借りました。
GWに旅行などの大きなイベントのない我が家なので、借りた本でも読みながらまったり過ごすんだ~
そんな狙いの人で図書館は大盛況。みんな、休み前に沢山借りてました。
この調子だとツタヤも休み前日には目ぼしい物は借りられてるんだろうな。
長男の為に新しいトーマスのDVDでも借りてあげようかなと思ってるけど多分明日には根こそぎないだろうな。

■二日目■
→近所のお友達と積もる話が山程あったのでお昼時に召集。
お友達という事でここぞとばかりに試作品のオンパレード。しょっぱかったりデコレーションしてなかったりとやりたい放題。
話題はお裁縫の話へ。。
訳あって長男にお手製バックを作らなければならなくなった母としては今一番の悩み。
GW明けには仕上がってなきゃいけないのに縫うどころか布を買ってもいない。
とりあえずお隣さんに泣きついてミシンだけは貸してもらったんだけどお裁縫苦手な母としてはどうもヤル気が起きない。
苦手だからこそもっと早めに準備しなきゃいけないのにどうしよう。吞気に図書館で本なんか借りてる場合じゃなかったのかも。下手するとGW、読書どころか裁縫で終わるかも。
裁縫奮闘記は後日。


■三日目■
→朝から雨だけど次男の予防接種の為、歩いて近所の小児科へ。
どうでもいいけど私の変なこだわり。
・ベスト→「チョッキ」
・レインコート→「雨ガッパ」

と長男に教えてます。
さすがに「ハンガー」を「えもんかけ」とまでは教えないけど、良いの!何でも横文字にする事ないの!
ひねくれてると思われようが良いんだこれで。
長男はTVの「ハナカッパ」=「雨ガッパ」と思っているフシがあるようですが(謎)
そして小児科の帰り道。
丁度雨が少し止んだので傘を畳んでテクテク歩いていた時の事。
長男が「ママー」と呼ぶので振り返ったら

6bfadaa7.jpg

見頃も終盤を迎えた八重桜が散って道端に降り積もっていたのを手に握ってハラハラと落とすのを楽しんでいる模様。桜の季節も終わりだね。
その後、手の平いっぱいに花びらを持ってテクテクと母の元へ駆け寄る長男。
「ママー、アイスクリームどうぞ」
こういうのって母として嬉しいね~
いつも怒ってばかりの母でごめんよ。

そういえば余談ですが、先日スーパーでこんな物を長男に買わされました。

424a403e.jpg

写真ではお味噌汁にプカプカ浮いている物体がそれなのですが、これ高野豆腐なの。
アンパンマンのキャラクターの焼き印が押されている高野豆腐。
もちろん割高。
長男は別に高野豆腐が嫌いでもなんでもないんだけど、たまたま通りがかったコーナーで目が釘付けになったらしくこれを買うといってきかない。
ふーむ。
やなせひろしに幾分か金が入るのは不本意だったが大した額でもないし、お菓子でもないので購入。
その日の夕食にお味噌汁の具として入れたら長男大喜び。
「これはなあに?」と一つ一つ顔を確認して口の中へ。

たまには良いか。
そんな3日の休日でした。








4/23の風景


早くしないと~1週間が終わる~
ブログもあっという間にまた溜まってきた~


はい。
今週月曜日の風景を木曜日の夜中に書いている有様です。
本日は二名様。
メニューは
・クランベリーマフィン
・森の恵みのスコーン

です。

おっ!今気付いたけどお二人共クランベリーのお菓子だったのですね。
クランベリー好きな私としては嬉しい限り。
マフィン、今まで数える位しか作って頂けてない不人気メニューなだけに選択してくださると嬉しい。
スコーンもマフィンも作るの簡単♪
てなわけでおしゃべりしながらでもサクサク作業が進み、なんと最速11:00にはお昼。

本日のランチメニューは。。。

DSC_1538




DSC_1546


・蒸し鶏と梅のチーズクリームパスタ
・パプリカのスープ
・ポテトのホットドレッシングサラダ
・旬のイチゴのクープ

です。

今日の一押しメニューは(今までそんな事書いたことないくせに)パプリカのスープ。
このスープ、超簡単なのに食べてみるとすごく美味しい。
多分、みなさんが想像している以上に美味しい&簡単。見た目も鮮やかだし最近良く作るスープの一つです。
こちらの狙い通り、お客様にも好評でした。
パスタについては適当に作った代物だったので味も適当。。な感じに仕上がってしまいお客様には大変失礼を致しました(汗)
パフェは、もうすぐイチゴの季節も終わるし一度位はイチゴのデザートしたかったのでギリギリセーフでなんとかお出しできました。中に入っているのはバニラアイス(もちろん市販)、イチゴのソルベとスポンジだけは頑張って自作。

デザートを食べ終わった頃には作られたお菓子達も粗熱が取れて袋詰め。
あっ、スコーン撮り忘れてた。

DSC_1543


マフィンは軽く温め直すと焼きたてのフンワリ感が再現されますです。

またのお越しをお待ちしております~♪
それにしても13:00にはお客様をお見送りできるなんて夢のようだわ~
別に私の作業性がupしたわけではなくて単に二名様&お手軽メニューだったからだけなんだけどね。
目指せ記録更新!









ズーラシアへgo!

長男念願のズーラシアに行ってきました。


動物園は以前に1回だけ連れて行った事があったんだけど、それも1年以上も前の話。
確か野毛山動物園に行った気がする。
あの時はまだ一人で歩けない時期だったし、動物を見て「楽しい」とかそういう感情がまだまだだったので多分本人は楽しくなかったと思う。
母の「動物を見せてあげたい」という気持ちだけで行ったのです。


そんな長男ももうすぐ3歳。
動物の種類も以前に比べると沢山覚え、動物に対しての興味も沸いてきた模様。そして最近「動物園行きたい」と言う様に。
これは連れて行ってあげたい、とすぐに思ったのですが最近の週末の雨模様に邪魔をされ先週末ようやく念願叶ってズーラシアデビューしてきました。
ズーラシアって実は母の実家の近くだったりして。でも今まで一度も行った事がないのさ!
だってズーラシア出来た時にはもう成人してからだったし、良い大人がズーラシアにわざわざ行く理由もなかったのであります。

ズーラシアは上野動物園より子連れで行きやすいかも。
特に車で行くなら。駐車場難民になる事もないし園内も広くて歩きやすい。
動物園らしくないのがいたるところにトーテムポールとか、その動物が生息する地域の民芸品とかが至る所に置いてあったりしてなんだかディズニーランドみたい。
園内に入るとすぐに象さんがお出迎え。
やはり象さんはいつの時代も子供達の人気者なんですね~
ご他聞に漏れずうちの長男さんもかじりつくように見ておりました。「象さ~ん、来たよ~」と自分の到着を象さんにアピール。
ちなみに象さんエリアの前に記念写真を撮れる所がありましてそこは無料で記念撮影してもらえます。自分のカメラ&プロのカメラマン。
プロのカメラマンが撮った写真はその場で購入出来るのでジジババへのプレゼントなどには丁度良いかも。
我が家も、家族全員写っている写真って滅多にないので、値段も高くないし(1,000円)一枚購入しました。しかし良い商売だな~写真1枚1,000円か


その後はいきなりお昼御飯を食べる我が家(汗)
その日はちょっと予定より遅く起きてしまったので長男だけしかまともな御飯を食べていなかったのと、お昼の良い時間になったらお昼御飯処が混むかと予想しての早めの御飯。
なんとズーラシア、動物園なのに「フレッシュネスバーガー」がある!すごい!恩賜公園である上野動物園とは違い、民間の動物園なのかな?
スポンサーにベネッセや他の企業も入っているようだし。
いろんな意味で子連れで行きやすいな~と、つくづく感じました。


さて。
フレッシュネスバーガーで腹ごしらえした後は本格的に行動開始。
イベントも盛りだくさんで、動物の餌やりやバックヤードツアーなど。
私達はライオンの餌付けを見れましたが、なかなか楽しい。それまでだるそうにゴロリと寝そべっていたライオンが、飼育員さんが骨付肉を持って柵内に入ると耳がピクッと動いて急に生き生きとしたり。
休日のお父さん化しているカンガルーとか。

DSC_1483


ちなみにうちの長男が一番喜んでいたのは「ペンギン」

DSC_1446

DSC_1459


ペンギン好きって親から子に遺伝するんでしょうか・・・?旦那さんは無類のペンギン好きで、携帯も待受け画面にペンギンがいる、という理由だ

けでカシオにしたりする位。そんな父親の血を色濃く受け継いだのか「ペンギンちゃん!ペンギンちゃん!」とペンギンコーナーに数十分滞在。
でもペンギンって見ていて飽きないね。
あの、なんともいえないマイペースでもっさりしているところが大好き。
余談ですが、日本ってペンギン飼育数が世界で一番らしいですよ。
そんでもって世界一ペンギンを愛している国民なんだって~(旦那さんからの情報)

歩きまわる事、2時間半経過。。。
疲れてきた。
そりゃそうだ、ベビーカー持ってきてないのでみんな自力でテクテク歩いてるんだもん。(赤子除く)
妻と旦那さんは交代で赤子を抱っこ紐してるし。それまで元気に歩いていた長男もさすがに「疲れた・・・」とポツリ。
そういうわけで「無理して全部制覇しなくても良い」と判断し、とりあえずズーラシアといえばオカピ。
オカピの丘にはなんとか辿りついたのでオカピを見て、その後はオカピの丘から出ている園内バスに乗って入場口までピューンとひとっ飛び。その名も「オカピバス」

DSC_1524


動物をまんべんなく見ながらオカピの丘まで行くとゆうに2時間コース。
これからズーラシアへ行くご予定がある方が、帰りの事も考慮して計画するのが宜しいかと思います。
そういや、オカピで終了にしたのでキリンさん見なかったな。。
キリン、見ておけば良かった(泣)

帰りは入り口近くのカフェテリアで「オカピサンデー」なるものを食す息子。

DSC_1530

これで500円。
オカピに見えるか?と言われれば見えるような見えないような。。

でも、長男は今日一日とっても楽しそうだったので良しとするか。

DSC_1424


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ