迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2012年05月

いろいろまとめてつぶやきます

最近思った事を書いてみよう。そうしよう。


まず、長男のお話。
三歳を目前にして成長目覚しい長男なんですが最近ちょっと考えさせられる言動が。
おもちゃにしても嗜好品にしてもそうなんだけど以前に比べるとあげる頻度が多くなってきた。
それに伴い長男も「お菓子(おもちゃ)は特別な物」という認識が薄れてきた模様。
ジュースにしてもアイスにしてもそう。
スーパーに行くといつも何か買ってもらえるもんだと思って「アイス買ってジュース買って」。
以前は、病院に行った時に良い子で待っていられたから、お買い物の間良い子でいてくれたから、との理由でご褒美に小さなジュースを買ってあげていたんだけど最近は買い物の度にご褒美をねだられる始末。
母として買い物の度に嗜好品を与えるのはよくないと思い「毎回毎回ジュースは買ってあげられないよ」と言い聞かせるのですが知恵が発達した長男さん「じゃあ今度買ってね」「良い子にしてたら買ってね」と言うの。
めげないというか知能犯というか。
次回お買い物との時に買ってもらう約束を取り付けようとする辺りに母としては「うーむ。。。」と唸ってしまうのです。
これでよいのか?
でも、少し考えると長男がそうなるのも無理はない。
だってことある毎にジュースを与えていたのは紛れもない母。
それを今になって「これからは買ってあげないからね」とは長男にとっては理不尽だよなー。
そんなこんなでこれからどう対応すべきかちょっと悩み中。
とりあえず、日々のお散歩の時は出先で飲み物を買うのはやめて水筒持参でいこうと思います。
ついつい二人の子連れ、というのを理由に自分が身軽でいたいが為に出先でジュースを飲ませたりしていた事を深く反省。

あとは、おもちゃ。
もうすぐ三歳の誕生日を迎えるわけなのですがプレゼントをどうするか。
ガラクタを含めて我が家のおもちゃ箱もう溢れそうなのね。
収納ケースを増やしてもまだ増えるのね。
もう長男には幼すぎるかな?と思うおもちゃであっても次男が使うし。。とか言ってるともうすごい事に。
おもちゃが少なかった時は少ない中で楽しく遊んでいたのが今となっては大事なおもちゃがコロコロ変わる始末。
「あれ?このおもちゃ昨日まで一番大事って言ってなかった?」みたいな。
テレビで新しいおもちゃのCMがやっていれば「今度これ買ってね」と言うし。
そこで今年の誕生日はおもちゃのプレゼントは無し!と夫婦相談の末決定。
物より思い出!どこかのコピーだったな。
思い出をどこでどう作るか、というのはまだ何も考えていないのですがとりあえずおもちゃは無し。
この間長男に「お誕生日何が欲しい?」と聞いたら「ぶどう!」と言っていたしな(笑)

真面目な話はこんなもんにして。
これから暑くなる季節はコーヒーはやっぱりアイスコーヒー飲みたくなるよね!
疲れてる体には糖分も必要だよね、でもガムシロ買うまでもないね。
というわけでガムシロ作りました。

88a7b01e.jpg

手前のピッチャーは元々家にあるものなんだけど奥にあるハニーディスペンサーは本日100均で購入した物。
使う前に洗おう、と解体していたら注意書きがあってフムフムと見ていたら「瓶に書いてある目盛は飾りです、目安にしないで下さい」
じゃあ目盛書かなければ良いのでは?
と思っちゃった。目安にならない目盛なんぞいらんわ(笑)
でも別にガムシロ入れるのに目盛は重要ではないので問題無し。
お砂糖と水を煮詰めて粗熱を取ったら出来上がり。

これでこれからのコーヒータイムが快適になるわー。
あ、そうそう。我が家のミニトマトですが今の所順調に育っております、が、どうやら生育途中に「わき芽」というのを取ってあげないと実付きが悪くなるらしい。
先日、そのわき芽(らしき)物を取ったんだけど本当にこれで良かったのか?もしかしたらいずれ実がつくであろうい茎を取ってしまったのではないか。。という不安に駆られております。
長男が楽しみにしているミニトマトさん。
どうか無事に育ちますように(祈)





5/28の風景

最近、突然の豪雨が多いね。
そんな予報もなんのその絶賛開店中です。

本日は3名様。
前回に引き続きもうすぐ3歳になるチビッ子のママさん達です。
メニューは・・・

・ウィークエンドシトロン
・レモンタルト
・スフレフロマージュ

です。

最近になってようやく新メニュー以外の物がチラホラ出始めた感じ。
リニューアルオープン当初は新メニューだけの日々だったので従来のおメニューが出るとなんだか懐かしい。
そしてちょっと緊張する。
何故かというとお客様が選ばないメニューは私も敢えてメニューのおさらいなんてしないから(汗)
今度一度一通りメニューの復習をしたほうが良いな、、と思いつつ重い腰が上がらない。

今回は爽やか系のお菓子が二つも。
これから梅雨、夏と季節が移ろう中、爽やかなお菓子でテンションを上げて頂きましょう。
というわけでまずはスフレから。
なんだかんだ手間のかかるスフレは何より先に作業開始。
オーブンに入れてしまえばあとはお任せなので安心安心。お子様の妨害も入らず順調に進みました。
お次はレモンタルト。
タルトは前回も書いた気がするけど作業工程が何回かに分かれていて結構面倒。
ちょっとやっては休憩し、また呼ばれてちょこっと作業しては休憩の繰り返し。
それでも予定を大幅にオーバーする事もなくなんとかクリア。
合間合間の時間でウィークエンドシトロンの生地をちゃっちゃっと作ってしまってこちらもオーブンへポイっ。
今回とっても印象的だったのが、お母さんの作業中に「手伝いたい!」と積極的にキッチンへ入ってきたお子様。でも残念ながらお子様でもOK!な作業はとうの昔に終わってしまって後は繊細な作業のみ。。
しょんぼりしているお子様の口にお母さん、ゴムべらについた生地を少しすくってお口へ。
するとたちまち「美味しい」と満面の笑み。
まだ焼いてない生地だしあんまりお腹には良さそうじゃないけど、こういう顔を見るとなんだか嬉しくなっちゃうね。
その光景を見ながら、つい先日水あめを計量した後にスプーンに残った水あめを長男を読んで口の中に放り込んだ事を思い出した。
あの笑顔とおんなじ。
あのなんともいえない幸せに満ち溢れた笑顔って良いね。


と、ここまで背中の次男、不穏な動きなし。ヨシヨシ
もうちょっといけそうなのでついでにお昼の準備もしちゃおう。
という事で次男が寝ている間にお昼もお出しできました。

本日のメニューは

・グリルチキン、バジルソース添え
・キドニービーンズのミネストローネ
・イングリッシュマフィン
・春雨サラダ
・プリンアラモード

です。

DSC_2920

DSC_2924

まー、今回も色味の悪いプレートだこと。
赤が足りないね。トマトでも添えれば良かったかな。
今回はマフィンを焼いてみたんだけど本当はメインのグリルチキンを挟んで食べて頂こうと思ってマフィンの生地はごくごくシンプルな甘みにしたのだけれどお子様受けが意外に良く、哀れな事にお母さん、お子様にむしりとられていました。
特にフワフワでもなければ甘いパンでも無かったので不思議。
個人的にはもう少し焼き色がつけば良かったな。しかし本の指示を無視して焼き時間を増やして固く焼きあがったら怖いのでやめておいた。
デザートはシンプルなカスタードプリンに、ありあわせのフルーツを乗せてプリンアラモード。
この間買ったガラスの器に盛ってみたんだけどなかなか良い感じ。
ガラスの器が大活躍する季節になってきたね!
そういえばプリンを食べながら「カラメルの苦さはどの程度が好みか?」という話題に。
今回はうちの旦那さんの好みであまり煮詰めず甘めにしたんだけど個人的にはもう少し苦めな方が好きなんだな。その方がプリン本体とのバランスが良い気がする。
でもお客様の好みを事前に知っているわけではないので一応万人受けしそうな甘めで作ってみたんだけど。
みんなどの位が好みなんだろうね。


みなさんが食後のコーヒーを飲んでいる間に作品の撮影。

DSC_2922

そうそう、レモンタルトですが型を変えてみました。
以前までは舟型だったんだけどちょっと扱いづらいのとクリームの入る容量が微妙だったので今回は小さめなタルト型にしてみた。
結果としてはこちらの方が良い。クリームも沢山入るし型から外す時もスムーズ。
お客様から特に指定が無ければこれからはこの型で行こうかな。
デコレーションもニューバージョン。葉っぱ乗せただけだけど。

DSC_2925

あー!シトロン撮り忘れた・・
今回は3作品共バッチリ撮ったと思っていたのに(泣)申し訳ございません。
しかもスフレの一部分、焼き色つき過ぎた。これは私のミス。
重ね重ね申し訳ございません。

お味の方は満足して頂けたら良いな。
本日もとっても楽しいひと時になりました。
またのお越しをお待ちしております。







しばし母を忘れて

「乙女の金沢展のDMが来たから一緒に行かない?」と友人からお誘いを受けたのはつい最近の事。


二人も子供がいるとこういった展示会からはほぼ完全撤退状態の母としては今回も諦めモードだったんだけど、無理を承知で旦那さんにお伺いを立てたら「いいよ、行ってきたら。たまには女性二人で羽をのばしてくるが良い」
と、なんとも嬉しい返事。
長男を見てくれるのはたまにあったけど赤子の次男を含めてのお世話を快諾してくれるなんて想定外。
気分はもう独身。
前日から浮き足だっちゃってもう大変。
一緒に行く友人も子持ちのママなので、あちらも当日は旦那さんがお子様のお世話を担当する事になったよう。

「乙女の金沢展」とは何ぞや?
多分みなさんご存知かと思いますが私、お皿とかコップが大好きなのね。
器屋さんに行ったら一日中いても飽きないのね。
そんな私と同じく器が好きな友人が「金沢の美味しい物や器を一挙に集めたよ!」という趣旨の展示会に誘ってくれたのです。
場所は二子玉川の高島屋内にある「福光屋」
本店は金沢にある老舗の日本酒のお店です。
今回はそのお店の一角に金沢の美味しい物が所狭しと並んでた。
これがまた全てが可愛いんだなー、そして美味しそう。
金沢って小京都と言われるだけあってちょっとした物でもとってもセンスが良いと思う。
なのでついつい手に取ってしまうんだな。
店内を舐めるように見たあとに買ったのは長男用に取っ手のついた陶器のカップ。
陶器の器は壊されるから、と敬遠しがちだけど私からしてみればプラスチックの器の方が軽すぎて長男は扱いにくように見えるのです。
そこで以前実家にいた時に取っ手付きのカップで食べさせたら自分で器用に取っ手を持ちながら食べていたのでそれ以来良いのがないかなーと探していたので調度良かった。
柄も可愛かったし大満足。

95464975.jpg

お互いホクホクしながらお店を出た後は早めのお昼御飯。
今回は全てあなたについていきますわ、という事で友人チョイスのオシャレな川沿いカフェへ。
食事をしてたらどんどんお客さんが来てすぐに満席になっていたので人気のカフェなんだね。
友人はドライカレー、私はえーと、鰆のゆかり揚げ定食を食べました。

2ff25b32.jpg

今日は子連れではないのでしばし母という事を忘れ女二人しゃべるしゃべる。
ご飯を待っている間も食後も尽きる事のない話。
話題はお留守番組の話に。
我が家の残り三名は「こどもの国」、友人の他の家族は「よみうりランド」に行ってるんだって。
さて、旦那さん子供相手にどこまで頑張れるかな?
とか実に様々な話をしました。


腹ごしらえした後はまた駅の方に戻って、さあこれから各々の物欲を満たす為にお店の行脚。
偶然にもお互いの行きたいお店がすぐ近くという事が判明。
友人は綺麗な包装紙(で合ってるのかしら)や箱を扱うお店。

b10d0726.jpg


こんな素敵なお店に今まで気付かなかった私。
すぐ隣のお店には良く行ってたのにこのお店の存在に全く気付かなかった。。初めて入ったそのお店はとっても素敵で良い目の保養になりました。
特に使う予定がないのについ買ってしまいたくなる程可愛い箱ばかり。
そしてそのお店で今まで欲しかったアイテムを偶然発見。
実は私、冷蔵庫にマグネットで貼り付ける物入れが欲しかったの。メモ帳とペンが入るようなやつ。
それが探してもなかなかなくて仕方ないので食器棚の一角に置いてたんだけど、買い物リストを書く時とかすぐメモしたい時にいちいち引き出し開けて出すのが結構煩わしかったんだよね。
そんな時に今回こちらに出会ったのがこちら。

b3d491c6.jpg

形としてはなんてことないんだけど探そうとするとなかなかないんだよね。あってもアスクルのザ!事務用品的な物しかないし。お値段もすごい手頃で包装紙の柄も実に多様で迷う。
これ、使い勝手良いからまた今度買いたいわ~。
最近、物忘れがひどい私にとってはメモとペンは必須アイテムなのです。もう脳内で記憶するのが本当難しくなってきてさ。難儀だね。

箱のお店の後はそのすぐ隣の器屋さんへ。ハイ、私の趣味の世界です。
水を得た魚のようにピチピチと跳ねながら店内を見る私。
これからの季節ちょっとレトロなガラスの器があれが良いな~と思ってたらあった!
冷たいデザートを盛り付けても良いしちょっとした和え物を入れても良さそうな器を二種類購入。
ウシシ・・

器を買ってふと時計を見ると楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまい気付けば15時。
その後は来た道を戻りお留守番組へのお土産も忘れずに帰路についたのでありました。
二子玉川に来ると気付けば足が向いてしまう糖朝。
マンゴープリンが美味なるお店。
中華料理のお店なのにマンゴープリン以外はまだ食べた事がないという。。
こちらのマンゴープリンとても美味しいのです。マンゴー好きな人なら是非。

856cf1df.jpg


充実した一日であった。

5/25の風景

今日は天気がイマイチだったねー。
どうもお天気が悪いと大人も体調崩す人が多いが子供にとってもあんまりよろしくないみたい。

と、本日は久々のコビトヤ。
もうすぐ3歳になられるお子様連れのママ達であります。
メニューは・・・

・メープルシフォンケーキ
・アプリコットタルト×2

です。

メープルシフォン、コビトヤオープン以来2人目かも。というくらいレアキャラ。
週末にお客様がいらっしゃるとの事でおもてなしのデザートとしてお選び頂きました。
作業としては結構手間のかかるタルト組から。
お二人共同じタルトなので計量も二倍にして作業効率をアップ!のつもりが分量を二倍にすると結構大変だった。
バターも二倍なら粉も二倍。大きいボウルから溢れるかと思ったわ(汗)
お母さん達が作業している間、年長組はすぐに打ち解けキャーキャー言いながら遊んでおりました。
今回は珍しく男の子が多いお教室となったので我が家の長男も嬉しそう。
男子3人で電車の本を囲みながらあーでもないこーでもない、と談話したり。いいね、男子の会話って。新鮮だわ~
紅一点となった女の子も負けじと男子組に入って遊ぼうとするのですがいかんせん体力差があるのかたまに泣き声が。キッチンでやりとりを聞きながら作業をしていたのですが、女の子、それでもめげずに遊んでいました。
今回、ちょっと可哀相だったのが年少組。
お客様のお子様で一人まだ赤ちゃんがいたのですが、この赤ちゃん。年長組のハイテンションさに眠りを妨害されシクシク。
元気一杯2歳児VS赤ちゃん、では勝てるわけもなく手の空いたママ達に交互にあやされながら最後は別室に避難してようやく眠りにつきました。今日は雨だったから赤ちゃんには何か調子がイマイチだったのかもね。
そういう私もお天気が悪いと体調がイマイチ。

それにしても二人目って本当逞しくなるね、つくづく思う。
我が家もそうだけど泣いてても放置だもん。母の手は二つしかないので同時にはお世話は出来ないので大体は上の子の世話に追われて次男は後回し。
最初はそんなでもなかったなのにあんまり放置するもんだから最後の方には怒っちゃって怒っちゃって、もう大変。
ようやく抱き上げられた時には可哀相に泣きはらした目で母をジッと見つめ、それでも嬉しそうにニコっと笑うのです。
その時ばかりはさすがに不憫に思う母。ひどいでしょ。
ここまで放置するのはうちだけかも。


話が反れた。
タルト組が一旦休憩になったところでメープルシフォンを一気に焼きまで進める。
明日のパーティーの為に頑張って作られました。お子様も途中お手伝いしてくれたのですがこれが結構戦力になる!お子様のお手伝いもあってかあっという間にオーブンに入れる事が出来ました。

一段落した所でお昼。

本日のメニューは

DSC_2805


・豆乳チャウダー
・ガーリックブレッドのタンドリーチキンサンド
・ブロッコリーとおじゃこのサラダ
・自家製ヨーグルトのレアチーズケーキ

です。

お客様には多分バレてないと思うけど、実は私大失敗をしでかした。
写真右のブロッコリーのサラダなのですが、これ本当は朝下準備をしてたのね。まずブロッコリー茹でてマリネ液でマリネして冷蔵庫に入れてたの。
で、お客様に出す時になって冷蔵庫から出したらびっくり!あんなに色鮮やかだったブロッコリーが無残にもくすんだ緑色に。。
キャー!と、心で叫びながら顔は平常を装い、たまたま家用にと予備で買っておいたブロッコリーを出して慌てて茹でてサラダを作りなおしたのでありました。
予備があって良かった。くすんだブロッコリーなんか出せないよ。本当困るって。
しかし何で変色したんだろう?
まだ温かいブロッコリーにお酢でマリネして時間が経つと変色するのかしら。
まあ、今回が良い教訓になったので今後はこの手の失敗はないだろう。

お昼を食べ終わった頃にはシフォンケーキも焼き上がり型外し。
お子様が見つめる中、生地が削げるという失敗もなく綺麗に型抜き完了!

DSC_2810

そしてデコレーション、といいたい所なんだけどHPでは全面に生クリームでデコレーションしているのね、それをすると一気に賞味期限が短くなるのね。
なのでメープルシフォンを選択された方には敢えてデコレーションはしないで、お家に戻ってから持ち帰った生クリームをご自分で泡立てて頂いて添えて召し上がって頂くのをお勧めしているのです。
それに全面生クリームでデコレーションしちゃうと自転車で来てるお客様だと家に着いたら悲惨な事になるかもしれないし。
一応予防線として生クリームはお持ち帰りでお家でデコレーションしてね、という感じになってます。

すみません、HPが詐欺っぽくて(汗)
どうしてもデコって持ち帰りたいんじゃい!という方がいらっしゃいましたらもう全然構いませんので。

お昼の後はデザート。
毎度おなじみのレアチーズケーキです。

DSC_2812

みなさんが食後のコーヒーを飲まれている間にタルトを本焼き。

DSC_2808

今までアプリコットタルトを同時に2名様が選ばれた事がなかったのでこの絵面が新鮮。
杏は上にちょこんと乗せるだけ。決して押し込まないように。
押し込んじゃうと焼き上がりは杏いなくなっちゃうよ。

焼き上がり~

DSC_2814

杏、押し込まなくてもこのくらいしか顔を覗かせてくれないのです。
中に入れるアーモンドクリームが膨らむのでこうなるのです。
次の日が一番美味しいこのタルト。
杏がなけえば洋梨でも桃缶でもよろし。
サクサクサブレ生地を楽しんで下さい~

みなさんの作品が仕上がる頃にはさっきまで降っていた雨も上がり良かった良かった。
またのお越しをお待ちしております。




くまなのか?ぶたなのか?

つい最近作った柏餅の余ったこし餡でアンパンを焼いてみた。


そこで何の気まぐれか「キャラクターパンにしよう」と思いついてしまったんだな。
これが今思えば浅はかだった。

キャラクターパン。
いつも大変お世話になっているパン教室のメニューにもあるのだがまだ作った事は一度もない自分。
友人が作っているのを後ろから見ただけなのに今思うとどうして自分で作ろうとなんか思ったんだろう?謎。
まあ、ただ単に「普通に餡子を包むのも面白くないのでキャラクターにしてみよう」ぐらいの軽い気持ちだったんだよね。
何のキャラクターにしようか?長男の愛するトーマスはまず不可能なので次に好きなリラックマにしよう。
キャラ決定は即決。熊ならパーツもそんなに複雑じゃなさそうだしなんとかなるだろう。
レシピは通常6個出来る所を5個に減らし、余った生地をパーツ部分に割り当てる事に。
1次発酵後、分割。
とりあえず6分割した後、1個分を10g切り刻む・・・細かい。
それをチマチマ丸めてベンチタイム。
それが終わったらいよいよ成型。ここが肝心!
なのに、生来の適当な性格が災いしてパーツ部分をかなり適当につけてしまった。。
一応家にあったリラックマ本体を持ってきて見ながらやったんだけどなんか違う。
しかもその後2次発酵させたものを見たら「こりゃダメだな」と早々に諦めモード。

ca993b5a.jpg


だって全然リラックマじゃないんだもん。。想像してたのと全然違うんだもん(泣)
そういえばパンは発酵するんだった。。もう少しパーツ部分を薄めの生地にして配置しないと膨れる分おかしくなるのか。
特にリラックマってなんだか平面的なキャラなのに私のってば超立体的クマ。
パーツは耳だけにしておいて、口部分は後でチョコで描けば良かったな。
そうしたらここまで立体的にならなかっただろう。
このパン、朝作業していたので出勤前の旦那さんが一言。
「何これ、御茶ノ水博士だよね?もしくは火の鳥に出てくる我王でしょ」
リラックマだと伝えると「うそ!」と驚愕した後、去って行きました。シクシク・・
そんな中、長男だけは「クマちゃんのパンまだかなー♪」と焼きあがりを楽しみにしてくれていました。

焼きあがり。そしてホワイトチョコで細部を描いてみた。

DSC_2802

違うな。

しかもクマというかブタにも似ている。
あ、目はチョコです。熱に強いやつ。
もういいよどうでも(泣)
こういう才能ないんだよ。
偽リラックマあんパンは全部で5体出来たのですが、このあんこたっぷり入っているパンを家族全員で食べるのは無理だと思ったので友人に連絡して買い物がてら引き取ってもらう事に。
里子に出すわけですな。
5体の中でも器量良しなのを2体選んで進呈。


a8bf7855.jpg

味が良かったのだけが救い。
余った餡子をこれでもか!という位詰めてやったのでさぞや食べ応えのある一品になったであろう。

パンを作った後は、近所の公園でお友達と裸足で泥んこになりながら遊んで至極ご満悦な長男でありました。

7383004e.jpg


遊んだ後の昼食でリラックマあんパンを食べた長男は「これブタでしょ?」と母に突っ込むのを忘れてはいませんでしたが。
長男の突っ込み凹むわー。


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ