迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2012年12月

夜更けのつぶやき

今年も残すところあと1日。
一年が経つのはあっという間だね。
そんな中、地味に風邪を引いておりますゴホゴホ・・・
咳が止まんなくて辛いよー(泣)

今日は一日雨降りだったので今年一年の事を振り返ってみた。
今年は春にコビトヤ再オープンしたのが一番大きいイベントだったな。
子供が二人に増えてどうなることかと思ったけど心優しいお客様のサポートもあり、なんとか無事一年を終える事が出来ました。
お客様には本当に感謝しても感謝しきれません。
本当にありがとうございました。
こんな母ですが来年もどうぞよろしくお願い致します。

来年は長男が幼稚園入園と今年とはまた違った忙しい年になりそう。
次男も来年には歩くようになるだろうし、今より増々目が離せなくなるだろうなー。
でも、忙しいなりに今より子供達とのんびり出来る時間を取りたい。
なんだか最近子供の成長の速さに少しばかり淋しさを感じてきているので、母としてこの可愛い盛りを十分に満喫したいのです。
夜寝る時に「ママ、大~好きだから一緒にお手てつないで寝よう?」とか言われると「良いから早く寝なさい」と言いながらも心では小躍りしていたり。

そして最後に旦那さんへ。
お菓子教室を始めたいと切り出した時から今まで色んな形で協力してくれてありがとう。
全てにおいてアナログな妻な為、何をやるにも旦那さんの助けなしではここまでこれなかったよ。本当。
あと、テンパった時にいつも暴言の捌け口にしてごめんよ。
来年もよろしく!

明日は例年通りみんなで紅白見て酒飲んで年が明けたら近所の神社に初詣でに行くんだ。
毎年同じだけどその同じ事をする事が重要なのです、母の中では。

ではまた!











お正月の準備着々と

本日は28日。
実家ではこの日に毎年お正月用のお餅をつく事になっております。
なんでも28日は漢字で書くと「二十八」で末広がりで縁起が良い。明日になると29で9=「苦しい」につながるので縁起が良くないという考え方らしい。
お正月用のお餅、今までは宮城の祖父母が毎年ついてくれ、年末に送ってくれていてそれをみんなで食べておりました。
しかし祖父母も歳という事で一念発起した実家の母が餅つきマシーンを購入し昨年からついているのです。
餅つき機って何処で売ってるの??と疑問符を投げかける母に「農協で買った」とな。
なるほど。
都会では餅をわざわざつくなんて事はしないんだろうけど田舎ではまだ普通につくらしい。
もち米を蒸す所からつく所まで最近の家電は便利なもんだ。

今年はどうやら知人の家族の分も頼まれているらしくなんと餅米6升!
一度につくのはもちろん無理なので2升づつ位に分けてつくんだけどそれでも朝から始めて終わったのが夕方。
我が家の面々も安穏としていいわけはなく当然働き手として駆り出されました。
長男&母→胡麻餅のゴマすり&つき上がった餅を丸める役。
を仰せつかり待機。
母も長男も胡麻餅が大の好物。あのねっとりとした甘さが美味しいよね~
でも手間がかかるからあんまり食べる機会がないんだよね~

胡麻を擦る長男、味見をするの図。
この後、幾度となく味見をし母に怒られる。最後には役得のすりこぎについた胡麻ダレをベロベロなめまわしておりました。

DSC_1884 (2)

お餅がつき上がったら片栗粉を敷いたテーブルの上で丸める。
つきたてのお餅はみんなできなこや餡子餅、胡麻餅にして食べたのでいざ丸める時には少し冷めていて丸めづらかった。。。
それを実家の母に言うと「仕方ないでしょ!自分の家で食べるんだから形なんか気にしない!」と鬼の様な形相でお叱りを受ける。アワワ・・・藪蛇だった(汗)
今日の餅つきの主導権は実家の母なので朝からなにやらピリピリ。これは大人しく従った方が良さそう。

DSC_1903 (2)

丸めても丸めても岩石のような形にしかならない餅。
しかしそれでも楽しそうに丸める長男。

なんか正月前に餅をたらふく食ったので本番の正月にはもう見たくもない母。
でも今日の餅つきはとっても楽しかったのでありました。

お知らせ

うー、寒い。
子供らの風邪がついに母に感染し喉が痛い体が重い。
早めのパブロンで気合で治す!
風邪で寝正月なんて嫌じゃ。
そんな今日は午前中長男と近所の公園で久々に遊び倒してご満足して頂き、その後は2時間程書斎にこもって年賀状書き。
ようやく明日投函できそう(既に大分遅いけど)。
皆様はもう年賀状書かれましたか?

さて。
ちょっと前にチラリと書いたカフェへのお菓子の納品話ですが、クッキーの販売という形でスタートを切ることになりました。
場所は元住吉はidacafe。
レジ横の片隅にひっそりと置かせて頂いてます。
今の所は1種類、コビトヤの型抜きクッキーです。

DSC_2129

実際はこの写真より多く入って1袋300円。
分かりづらいですが店頭に並んだ写真はこちら。

DSC_2340

この間まではクリスマスを意識して雪だるまなどで抜いてみました。
今後は母の気まぐれの型になりますです。
お教室をしながらの納品なのでコンスタンスにお店に並ぶかどうかは微妙なのですが可能な限り頑張ります。
idacafe近くにお寄りの際は冷やかしでちょろっと覗いてみてくださいな。
お客様が今のクッキーに飽きたら別なクッキーになるやもしれません。
そしてもしかしたらコビトヤのメニューにないクッキーが並ぶかも~。
あくまで可能性の話です。

コビトヤのクッキーを作った事のない&食べた事のない方!
シンプルなお菓子ですがあるとつい手がのびてしまうという飽きのこない味です。
是非ご賞味下さい。



次回納品は年明け1/8予定です。

まさかの・・・・

今日は厄日だ。

今日から一足お先に母子だけ実家に行く予定だったのですがさて準備もしたし車に荷物も積みこんだ。
あとは子供達を乗せて出発!と車に乗り込んだ後に事件が。
エンジンがかからない・・・・あれ?
何度か試みるがうんともすんとも言わない車。
ふと母の頭によぎる「バッテリー上がり」の文字。まさかね、心当たりないし。
我が家の車はキーを差さずボタンを押すだけでエンジンがかかるんだけどそのボタンでエンジンがかからないので最終手段のキーを差しこみ口に差してみるがそれでもかからない。
試す事15分程。とにかく動かない車に業を煮やしとりあえず旦那さんに電話。
「エンジンがかからない、バッテリー上がったかも。どうすんのー!(泣)とりあえず車放置してタクシーで実家行っていい?」と聞くと旦那さん。
「いやいや、ちゃんと直してよ」
えー!母、車の事全く分からないよ。そういうのは男の仕事でしょー(心の叫び)
しかしそういわれては仕方ない。。。年末年始に車使えないとそれはそれで困るし。
とりあえずダッシュボードから保険証書を取り出しロードサービスを要請。この書類が役に立つ時が来るとは思わなかったよ、しかも母がそれを使うとは。
オペレーターの話では到着するのに40分程かかるという事だったのでその間エンジンもかからないので車内は暖房もつかないのでひとまず家に引き上げる事に。
しばらくして到着したロードサービスの方にエンジンをかけてもらったはいいがバッテリーの残量が4Vしかないらしい。ピンと来ない母に「減り過ぎです、これじゃまたエンジン切ったらかからなくなります。」
しかもバッテリー自体の寿命もあるらしく、この際だからバッテリー交換した方が良いと。
何ー!?
説明されても良く分からないのにその処理を全て母がやるのか!ディーラーまで行ってバッテリー交換するのかー!
母一人ならともかく二人の子連れで・・・
メラメラと旦那さんに腹を立てる母。
言いたくはないが最後に車を使ったのは旦那さん、半ドアだか車内灯のつけっ放しだか知らんが最後に確認すべきだろうがー!
そして最近の長男の行動を思い出す母。そういえば最近、車の中が暗いと言ってたまに車内灯をつけたりしてたな・・・母はその都度消してたけどもしや先日車使った時も長男、つけたのか?
我が家の駐車場は地下にある為、昼夜問わず電気がついているので例え車内灯がついていても分かりづらい。
・・・多分それだ(汗)
もういちいち旦那さんに怒号の電話をするのも面倒なので全て終わってからだ血祭りは。
「このままエンジンかかった状態でディーラーに行くのが良いと思います。一度エンジン切るとまたかからないなると思うので」とのロードサービスの方の言葉によりディーラーに電話しバッテリーの在庫を確認した上で再度子供達を乗せて出発。
運転中もいつエンジン止まるかと生きた心地のしない母。
幸いにもディーラーまでは2駅程度の距離なのであっという間に到着。
バッテリーの在庫があった事を神に感謝しつつ作業に小一時間程かかるというので近くの回転寿司屋さんでお昼食べながら待つ事に。
このディーラー。近くに時間を潰す場所がセブンイレブンかその回転寿司屋しかない辺鄙な場所にあるのでいつも来る度この回転寿司屋に来ているのであります。
初めてだよ、母一人で子供二人連れて回転寿司に来るのなんて。そして今後も一生来る事がないだろう。
母、人生初の子連れ回転寿司。
いや大変だね。もうしっちゃかめっちゃか。長男は目の前を通り過ぎる寿司レーンに線路を彷彿とするのか異常にテンション高く、大好きな玉子も穴子もムラ食い。一方の次男は食べられそうなうどんを欲しがり暴れる。
母、片手で次男を抱っこしながらうどんを食べさせもう片方の手で長男の寿司の介助。次男、次の一口を求めて暴れる。
そしてものの5分も経たないうちに長男「うんち!」
マジか!勘弁してくださいよ旦那!
母、次男をおんぶし貴重品も持ちトイレへ。
そしてまた戻って食事再開。
今日はこんなに寒い日なのに汗ビッショリ。

食事も終わり、ディーラーに戻ると完全復帰の愛車くんが待っておりました。
請求書を見て母ショック!バッテリー交換で5万か。。それでも良心的な担当者の方が値引きをしてくれ少し安くなりました。あ、頭がクラクラする。年末によもやこんな出費があるとは思わなんだ。
バッテリーの寿命ですが大体2~3年らしい。
母はてっきり10年位持つもんだと思ってたよ。まあ、今回のようなアクシデントがなければ騙し騙し使えるのかもしれませんが。
原因はやはり長男の室内灯付け。
車をお持ちでお子様がいるご家庭の方はご注意ください。
そんなこんなで午前中に着くはずだった実家に15時頃到着。

さーて、今頃飲み会に行ってる旦那よ。
束の間の安息に浸るが良い。
母の実家に来た時が最期の時じゃ。






サンタさんからの贈り物2012

夜が明けた早朝。
長男の「あれ!?」との叫び声を母は寝たふりをしながら長男に背を向けほくそ笑んでおりました。
そう。サンタさんからのプレゼントが来たのであります。

昨夜は「早く寝ないとサンタさん来ないよ!」と脅して21時には長男を寝かせたのでありますがうちの長男さん、夜中に夢うつつながら何度か起きるのでその時に発見されて「開ける!」と騒がれたらたまらん(眠い)。
ので、早朝5時位に一足早く起きた母の手により枕元に置かれたのでありました。

みなさんのお子さんの所にも無事サンタさんは来ましたか?
サンタさんって夢があって良いね~
長男の起床してすぐのあの驚きの声。なんだか嬉しくなっちゃったよ。
本当にサンタさん信じてるんだな~と。その純真さに母はジーンときてしまいました。
その心、いつまでも持ち続けておくれ。

さて。
肝心の中身はといいますと。
再三「何を頼むの?」と聞いたのに長男さん「新幹線の音の出る本が良い」というのでそれになりました。
しかしそれ1冊というのも忍びないのでもう一つ購入。
最近、歌やピアノの鍵盤に興味があるようなので。

DSC_1871

喜びの図。

で、次男はといいますと。
物を言えない赤子でありますので親の独断によりレゴ。こちらは旦那さんアドバイス。

DSC_1866

なんだか弟の方が兄より大きいそして高価なプレゼントとなったんだけどいいのか??
親の心配をよそに本人は至って大満足らしいのでいいか。
子供はお金の価値なんてまだ分からないしね。それでよいのだ。

良かったね。良い子にしてたからサンタさん来たんだよ。
また来年サンタさんが来るまで良い子でいるように(祈)
しかし、サンタ神通力もこれにておしまいか・・・ガク



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ