迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2013年02月

2/28の風景

多分、うちの近所の人しか共感してくれなさそうだけど、我が家の前のコンビニが明日をもって閉店するらしい。
え~!と夫婦で落胆。。
目の前にコンビニがあるとこんなに便利なもんかと思って早5年。
粗大ごみ処理券や宅急便、小腹が空いた時の食糧調達として。お酒もあるので深夜に良く買いに行ったりしたな。
無念でならぬー。
どうか後継もコンビニになってほしいと切に願う母であります。

そんな2月最後の木曜日。
本日は3組様、お子様は幼稚園組の為、お帰り時間厳守でございます。緊張。
メニューは
・森の恵みのスコーン×2
・型抜きクッキー

です。
型抜きクッキー久々だわ~。地味故に不人気な一品です。しかし母はかなり好き。
レシピ開発にあたっては理想とする味の為に色んな粉を試したり配合を変えた結果満足のいくレシピになったのです。こういうシンプルなお菓子こそ素材の味が出ると思うのです。
今日は2歳になるお子様と一緒に型抜きして頂きました。微笑ましい光景だったので写真におさめておけば良かったな。女の子らしくキャンディとアイスクリームの型をチョイス。お母さんはきのこ、ドングリ、小鳥さんを選んでせっせと励んでおられました。
作品はこちら。

DSC_2830

厚さもバッチリ。今回は小さ目な型で抜いたので数が多く出来て食べ応え満点。
小さなお子様がいるご家庭だったら小さな型で抜いた方がお口に入りやすい上に食べられる回数も増えるってもんで。

残りお二方はスコーン。
お二方同時進行で作業したのですがまたやってしまった(汗)
ラップで成形する段階で嫌な存在に気付いてしまった。そう、いつぞやしたホワイトチョコの入れ忘れ。
なんで忘れるんだ?しかも最後の投入素材ホワイトチョコ。
カウンターにひっそりと残されたホワイトチョコに気付いた母は大慌てで作業を中断しラップに広げた生地を再度ボウルに戻してホワイトチョコを投入。ふー。
なんとか修正出来て良かった。
いつかとりかえしのつかない失敗をしそうだ。
冷蔵庫で30分程寝かせた後はオーブンへポイッ。
甘い香りがしてきたら完成です。

DSC_2824

このスコーンは成形にそんなに神経質になることはありません。
厚みさえきちんとしていれば形はアバウトで大丈夫。焼いている間に生地が広がって薄い部分が他の部分に比べてカリカリになるのが母は好み。
中心にいくに従ってふんわり、そして外に行くに従ってカリカリ。それが黄金比率。

退出時間を気にしつつ時計を見るとまだ11時過ぎ。良し、良いペース。
お昼です。
本日のメニューは

・鶏肉のトマトクリームシチュー
・テーブルロール
・春色サラダ
・グレープフルーツのジュレ&ムース

です。

DSC_2820

DSC_2821

DSC_2828

今日は暖かかったそうな(友人からのメールで知った)。
お教室後、所要で駅まで行ったけど本当にポカポカ陽気で気持ち良かった~。16時になっても日が高いのが嬉しい。真冬だと16時の段階で暗いもんね。
テーブルロールは現在母がむきになって作っているパン。テーブルロールへの苦手意識が克服されたらとりあえずやめます(笑)。
そういえばパンで思い出した。今日のお客様方はパン作りについて熱く語られていました。
母もお世話になっているパン教室に通われていらっしゃるようで、そこで作ったパンの復習を5回!もしているそうな。(盗み聞きしてしまった)
でも先生の作った味が再現できないと嘆いておられました。その探求心すごい。。と母は思ってしまった。
母は見た目が同じであればあまり細かい事は探求しないタイプ。パンだから?お菓子だったらそうじゃないのか?
そんなわけで、テーブルでそんな熱いパン談義を交わしているど真ん中に母の作ったてきと~なテーブルロールが鎮座しているのが本当に申し訳なかったのでありました。。。トホホ
サラダはもうすぐ春だな。ちょっと春らしい野菜を使ってみようかね。というわけでアスパラや春キャベツを使ったサラダにしてみた。
春キャベツは柔らかくて美味しいよね。スナップエンドウも春らしいので添えてみました。あくまで見た目重視。
そしてデザートは春を通り越して初夏。
去年の夏の限定メニューだったグレープフルーツのジュレ&ムースです。
これはうちの旦那さんが大好きな品。さっぱりしていて食後のデザートには最適です。
しかし子供受けはイマイチかも。何でも食べる我が家の長男は別ですが。

そんな感じで時間が過ぎ、あっという間にお迎えタイム。
笑顔を残されてお子様のお迎えに向かわれたのでありました。

さ~て。
今週の仕事も終わったので出先で買った上生菓子食べるんだ♪
うぐいすをかたどった練りきりを買ったのだ。ウッシッシ





価値観の違い

いや、別に旦那さんと喧嘩したわけじゃないんですよ(笑)
ふと思いついたので書き留めておこうと思っただけです。

夫婦間での価値観の違い。
我が家は結構ある方。しかも母の方にかなり偏っているという。
まあ当然といっちゃあ当然なんだけどお互い育ってきた環境が違うので生活面でも性格面でも食い違うところあるよね。

でもお互い譲れない所もある。
我が家ではというと。
旦那さんは殆どの事に関して穏やかなんだけど、二つ程母と相容れないところがあって。
それはトイレの用足し後の便座について。そして布団の毛布の敷き方?。
前者はどんな事かというと、トイレで用を足した後、特に男性は便座自体を上に上げてするよね。
その後、その便座を戻す?戻さない?
旦那さん的には「別に便座を戻さなくても次に入る人が気付いて戻せば良いんじゃない?」という派。
一方、母は「トイレは便座を下ろして蓋を閉めた状態が正常位置のはずなので、便座を上げて用を足した本人が責任を持って元に戻すべき」という派。
この意見の食い違いの為、昔派手な口論になった事がある。今思えばなんて馬鹿な・・・と思うんだけど。その時はお互い一歩も引かなかったんだな(笑)
理論武装の旦那さん、感情的な妻。
結局、口論の末「アホらし」という結論になってその件はうやむやに。
白熱しすぎてお互い疲れた。
あとはまあ布団の毛布の敷き方なんだけど。
旦那さんは首元から足先までピンと張ってないと気持ちが悪いタイプ。母はぐしゃぐしゃ嫌だけど特にピンと張っていないくても大丈夫なタイプ。
昔、布団を敷いた母に向かって「きちんと敷いてよね」と言われてカチンときて喧嘩になった事がある。
こちらとしては「敷いてあげたのになんだその言いぐさは」という意見。
旦那さんは「敷くならきちんと敷け」という意見。
どっちもどっちなんだけどその時は自分こそ正しいと引かないんだよね。
こういう時ってみなさんどうしてるんですかね。
温和な妻であるべきなんでしょうか。母の気が強いだけなんでしょうか。多分そうなんだろうな。

あ、あと母のこだわりは色々強いのでありますが、気に食わないのが1つある。
それはゴミ出しをした後のゴミ箱(まだ袋を入れ直していない)に平然と紙くずなんかをポイっと捨てられる事。
さすがにムカッと来て
「ゴミ捨てるなら新しいゴミ袋を入れてからゴミ捨ててよね」と妻。
そしたら「ゴミ出ししたらすぐゴミ袋を入れろ」と旦那さん。
・・・妻は朝からゴミ出しの用意したりその他色々雑用してるんじゃ。少し位ゴミ箱に袋入れるのが遅くなったからといって袋を入れていないゴミ箱にそのままゴミを入れるな!その手間を惜しむな!
と言ったら「その言葉そのまま返す」とやり返された。つまり「ゴミ出しをしたらすぐさま新しいゴミ袋を入れておけ。その手間を惜しむな」と旦那さんは言いたいようで。
なにおう?
自分の事を棚に上げてー!と思ったけどそれは自分も同じ?
それ以来、上記の様な事があったら気付いた方が無言でビニールを入れるようになりました。
ま、気になったら言ってみるもんだよ。夫婦なんだし多少口論になったとしても思っていた事を伝えた方が解決すること多いしね。

まー、とかく我が家は母のこだわりの強さから口論が多発するのでありますが、今の所友好関係を築けております。




春の息吹

今日はお日様が当たるとポカポカして気持ち良かったね。
我が家のベランダの植物達も春に向けて着々と準備しているようです。
DSC_2807

ラベンダーももうすぐ咲きそうだし。でもラベンダーって夏の花な気がするんだけどこれは四季咲きなのか?
花が咲くとラベンダー特有の良い香りがするのです。色も綺麗だしね。
洋服の紫はあまり好きじゃないけど花の紫は好きな母です。
そして花の少ないこの時期、貴重な存在。クリスマスローズ。

DSC_2810

俯き加減に咲くこの花は派手さはないけど山野草的な素朴さで好き。
葉は常緑なので冬の枯れススキの様な我が家のベランダでも彩りを添えてくれるので大活躍。
そして日中おひさまの照る時間が長くなってきたからかミントも新芽を出してきた。

DSC_2813

これがあるとデザートの見栄えが断然違うんだ。でも買うと高いし「これが198円!?」とおいそれとは手に取れない。年中茂っていて欲しい。
これから日に日に暖かくなってきて桜の蕾も膨らむんだろうな~
春が待ち遠しい。
以上、ベランダ掃除をしながらふと思ったのでありました。

そうそう。
昨日、小杉の自宅に戻ってきたんだけど友人から可愛らしい物を頂きました。

DSC_2543

DSC_2541

イチゴ大福&落雁。
最近、和菓子屋を舞台にした本を読んでいたので無性に和菓子が食べたかった母。
それを分かっていたかのようなサプライズ。小躍りして箱を開けちゃったもんね。
見るからに柔らかそうな白いお餅に包まれたイチゴが2個と甘さ控えめな粒あん。
思えばイチゴ大福食べるのって何年ぶりだろう?多分10年以上食べてない。
美味しかったな~、粒あんの甘さとイチゴの酸っぱさが絶妙。
このお菓子に関してだけはイチゴが酸っぱい方が絶対合う。
家族3人、お餅をみょーんと伸ばしながら食しました。ご馳走様でした。
落雁はお雛様をかたどった物。
こちらは夜、子供達が寝た後に母一人で濃茶で食べるんだー♪
あ、和菓子で思い出した。3月限定の柏餅を一度自分で作っておさらいしとかないと。
去年作って以来、一度も作ってないからな(汗)

和菓子が美味しい季節になりましたな~
3月はデザートも和でいってみようかしら。

幸せの恵み

連日ブログ更新が止まってしまった・・・!ガーン
今まで比較的コンスタントにアップロードしてたんだけど昨日だけはそれが出来なかった(泣)
何故なら帰宅が深夜一歩手前だった為に帰るなり倒れるように寝てしまったから。

昨日は幼馴染の結婚式。

DSC_2611

色んな意味で思い入れの強い友人だったのでこの日を迎える事が出来て母は本当に嬉しい。
今回は同じ小学校仲間が他に3人呼ばれていたので久しぶりに会う旧友と式の前から大盛り上がり。
お互い仕事とか子育てしてるとなかなか会う機会ないもんね。
結婚式という場でまた会う事が出来るのはとっても嬉しい。

場所は新横浜のホテル。
式はチャペルで厳かにとり行われたんだけど、今回は花嫁の手を引くお父さんにやられた・・・
何とも苦渋に満ちた顔とでもいいましょうか?渋い顔?
今日この日に巣立っていってしまう娘を手離したくないという父親としての気持ちがいっぱいの顔で、それを見てまた感極まる母(汗)。
とりあえず今回は決して泣くまいと心に決めたのでなんとか堪えた。
当の新郎新婦達は終始笑顔で緊張を感じさせず、幸せいっぱい。

DSC_2543


どうでもいいけど花嫁入場の時ってベタな「結婚行進曲」が一番良い気がする。
チャーンチャッチャチャーンん♪ってやつ(分かる?)
綺麗だったな~、と同時になんだか少し寂しい気がしたのは何でだろう。

式が終わると係の人にうながされながら披露宴会場の支度が整うまでウェイティングルームにてカクテルタイム。
待ってました!
いそいそと酒を取りに行く母(写真左側の着物姿)。

DSC_2587

式前に軽く梅酒ソーダを飲んでいざ宴へgo!
受付には新郎新婦の似顔絵なんかあったりして。しかも新郎の顔の出来がすごい。似すぎている。。。
こういうの、母は自分の結婚式にしなかったので今更「こういうのもありだったなー」と思ったり。
良い思い出になるよね。
DSC_2585

当日は2月23日。「富士山の日」なんだって。
それにあやかってウェディングケーキもこんな感じ。初めて見たよウェディングケーキに富士山がそびえ立ってるの。

DSC_2621

宴が始まってからはトントン拍子で進行しケーキカット。
新郎新婦の粋なはからいでお互いの両親にもファーストバイトをしてもらう場面も。
良い歳をして・・・と恥ずかしまくりだったけれどなんだか嬉しそうなお母さんお父さん。
小さい頃から見ている幼馴染のおじさんおばさんだけに母もほんわかしちゃった。

DSC_2648

DSC_2696

それにしてもおじさん、歳とったなー。。しみじみ。

お食事は和洋折衷な感じ。前菜、スープは中華。メインは洋な感じでご飯物は和。
珍しいと思ったけど色々な味を楽しめてこれはこれでありだな。お決まりのフランス料理フルコースばかりじゃ飽きちゃうもんね。ナイスチョイス。
とっても美味でした。ただし、ありがちだけど量がすごすぎて着物着てる身としては苦しかった。
そうそう。

会場には披露宴会場に入る前に新婦友人からインスタントカメラで写真を撮られたんだけど、それは後にこんな形となっていました。
自分達の写真に新郎新婦に向けて一言メッセージを添えるという物。これなかなか良いね。

DSC_2713

宴の途中、新婦がお色直しの為に席を外している間に新婦のお父さんとみんなで写真をパチリ。
なんだか大人気だね。おじさん(笑)
母はこのおじさんが大好きなのです。昔、家に上がり込んで二人で飲んだ仲なのです。
幼馴染が先に潰れて寝てる横でおじさんと母で晩酌をしたのが懐かしい。また是非やりたい。

DSC_2714

一人娘の晴れ姿。嬉しいんだけど淋しいんだろうな。
ついおじさん側の立場で考えてしまう母でありました。

宴半ば。
とうとう母の出番が来た。
が、今回は手紙形式でカンペ完璧だったので言葉に詰まる事もなくつつがなく終了。
ただ、今回は3人で一緒にスピーチしたんだけど残り2名が読みながら泣いてみんな感動の嵐だったのに、母だけ泣かずにポツーン。
しまった。そこは泣くべきだったか!
前回の醜態があったために泣くまい泣くまいと念じた結果泣かなかったけど、会場的には泣いた方が良かったかも。難しいね~・・・。
まあいいや。気持ちはしっかり伝えられたし。
お兄ちゃんの分まで幸せになっておくれよ。その笑顔見てたら心配も吹き飛んだけどね。

DSC_2803

サチへ。
今まで心配しっぱなしだったけど、これからは名前の通り幸せの恵みが沢山くるよ。
本当に素敵な一日をありがとう。
夫婦仲良くね。



折り紙の難しさ

どうもどうも。
連日、朝9時まで惰眠を貪っている母です。
来週明けには小杉に帰宅するというのにいつもの生活に戻れるのか不安。。

幼馴染の結婚式を明日に控えて、今日は子供達と折り紙なんぞをして遊んでおりました。
折り紙。
久しぶりに作ったけど本見ないで折れるのって鶴位しかない事に気付いた母。
しかし長男はそんな母に「うさぎさん作って~、小鳥さん作って~」と要望する。
仕方なく本を見ながらえっちらおっちら折ってなんとか完成。

DSC_2521

DSC_2522

最近は折り紙とはいってもハサミを入れたりするのもあるんだね。折り紙ってそもそも定義は切ったりしないんじゃないの?と素朴な疑問が。
折っていくにつれ「そういえば風船とかってこんな作り方だったな~」と昔を思い出してみたり。
小学生の時とかは色んな種類を作れたのに今となってはそれも忘却の彼方。

最近は毎日慌ただしく過ぎていくのでこういう時間がとれなくていつも子供達には後ろめたい気持ちでいっぱいの母。4月は丸々お休みを頂いているのでこの間は幼稚園帰りの長男とじっくり向き合う事にしようと考えております。

明日は結婚式。
幸せムードをおすそ分けしてもらって元気になるのだ!
あの非日常的な空間&雰囲気って嫌いじゃないわー。但し、スピーチなんぞの役目を仰せつかっていなければね(泣)
泣いても笑っても明日が本番。
また大号泣のスピーチにならないよう頑張ります。

記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ