迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2013年08月

子ども夢パークへ行く、の巻

いよいよ夏休みもあと二日。
最後の最後まで目一杯遊んで来ました。

場所は「川崎市子ども夢パーク」
南武線津田山駅から数分の所にある市が運営している無料の遊び場です。

DSC_8901

先日、たまたま見ていたニュースのひとコマでこちらの泥遊びが紹介されていたのを見逃さなかった母、またもや友人家族を誘って行ってきました。
こちらは「子どもの権利」というのをとても重要視していて、普段は危ないからとか、汚れるとか親が気にしてしまう事をぜーんぶ気にせず子供が自由に遊べる場なのです。
こんな感じで手作り感満載のボードで子供の権利を高々と主張しております。

DSC_9011

スタッフの方もエリア内にはいるけど基本的に子どもは何をしても自由。水をじゃんじゃん使っても良いし(井戸水をくみ上げているらしい)そこらへんにある木材で釘やカナヅチなどを使って何かを作っても良い、そして火起こしまでできちゃうのです。
施設内には三輪車や自転車、屋内でも遊べるおもちゃ、そしてまだあんよが出来ない赤ちゃん向けの室内プレイルームも完備されています。施設二階には貸しスタジオなんかもあったりして大人も楽しめるようです。

DSC_8909

DSC_9024

営利目的ではない為に街中の綺麗なそれとは違い本なども年期が入っていますが、近隣の赤ちゃん連れや小さな子供を持つお母さん達にとってはなくてはならない場所みたい。

さてさて、到着するやいなや子供達は水が流れる滑り台に夢中。

DSC_8942

全ての遊具が手作りのようで様々な色でペインティングされていて楽しい。滑り台の座面にはビニールシートが敷いてあってその上からこれまた井戸水がホースで流されていて子供達はキャーキャー言いながら楽しんでいました。
最初は普通に滑っていた子供達、なにやら池にプカプカ浮いているウレタンマットを見つけ何だろう・・?と思いながらそれに乗って滑ってみるとなんとさっきとは比べものにならない程の超スピードに!
最初はその速さに喜んでいた子供達も滑り台半ばにさしかかるにつれて加速がすごくなり着水する頃には笑顔が引きつっていて下にいた母達、大爆笑。笑顔が段々ひきつっていくのを見てるのは結構楽しい。
これはウレタンマットを尻に敷いてないバージョン。

DSC_8969

次男も楽しんでおりました。

DSC_8973

その他、洞窟のようなトンネルが縦横無尽に繋がっていたりして子供は色んな事をしながら楽しんでおりました。
これがそのトンネル。先には地上と繋がる井戸もあったりしてそこから地上に登れたり。
高さは大人はちときついかも。

DSC_8935

探検隊がゆく!

DSC_8936

アスレチックやターザンのような事ができるエリアもありました。
誰も教えなくても子供って自由に遊ぶんだなー。。と子供の想像力の豊かさにびっくりな親達。

DSC_8946

そして極めつけの泥遊び。
これがメインといっても過言ではない、これは普段の生活ではさせてあげられない遊びだもんねー。
親も子も着替え一式持ってきさえすれば何も躊躇もなく遊べます。
小高い泥山の上でホースを持ち、何やら掘削を始める子供達。

DSC_9003

各自、黙々と作業に没頭しております(笑)

DSC_9026

もはや笑いのない図。楽しいのか・・・?
子どもってあまりにも楽しくて没頭すると顔から表情が消えるのね。
二人共、何か大きな目的があるのでしょう。

DSC_9031

一方では小学生らしきお兄ちゃんが火起こし中。

DSC_9012

施設内にはトイレもいたるところにあり、シャワーもあるので泥んこになった後は綺麗に体を洗って帰れます。(水だけど)。
お勧めは夏。
冬は寒いので泥遊びしても着替えが大変。冬場はたき火なんかすると楽しいかも。
焼きイモとかも出来そうよ。

こちらには開園9時からいて、大人の「そろそろ帰ろうか~?」の提案に対し 、華麗に「もうちょっと、まだ遊ぶ!」を繰り返し13時ちょい手前まで思いっきり遊びました。
施設内にはお金を払う物はないのでジュースでさえも少し歩いた外の自動販売機で買わなければいけませんがそれだって事前に用意しておけば何も問題もないし、とにかくこれだけ子供に好きな事をさせられる施設は川崎市にはない気がするのでとってもお勧め。
特に普段、思いっきり遊ばせられないとお悩みの方(母ですが)、是非ご家族で来てみては如何でしょうか?

ちなみに友達親子同士で来るのも良いけどご主人がいた方が色んな面で頼りになりますよ♪
是非、まだ暑いうちにどうぞ~









おにぎり屋さんをする、の巻

今日は久々の猛暑で体がついていかず参った。。
だってさー、つい一昨日あたりまでは秋らしい気候だったのにこりゃないッすよ。

そんなわけで洗濯干しにベランダに出る以外は母子三人、家に引きこもりな一日でありました。
次男の猛烈なラブコール(号泣)を背に水槽掃除を終え、夕食も作った、風呂も洗った。。
と、休憩しようとしたらそれを待ち構えていたかのような長男の「もう終わった?遊ぼうよ~」
とりあえずおやつでごまかし、その後は次男のお昼寝タイムに移行したのでしばし母も横になったのでありました。
しかし長男は元気いっぱい。
次男も寝た事だし、母に相手にしてもらえない長男も不憫なので「お昼はおにぎり屋さんしよっか?」と提案。
するとごっこ遊びが大好きな長男、嬉々としてそれに乗っかって自室からエプロンを持ち出しヤル気満々!
母としてもお昼ご飯をきちんと作るのが面倒だったので双方利益のある提案だったのです。
とりあえず昨日炊いたご飯が冷蔵庫にあるし具はツナマヨとシャケとふりかけ数種類、あとはクリームチーズなどをお皿に乗せてみました。

DSC_8870

すっごい手抜きも良いところなんだけど子供達は大いに喜んでくれました。見よこの真剣な顔。
お皿にラップを敷いてご飯を広げ、あとは好きな具を好きなだけ。
所謂、手巻き方式。
子供ってこういう自分で好きに盛れる料理が大好きだよね。バイキングとかもこれに通ずるところがある気がする。
「まずシャケと~ふりかけと~」と楽しそうに具を乗せた後はラップで包み小さな手でギュッギュッと握ったら完成。
自分で作ったおにぎりは格別のようで最近少食気味の長男がご飯茶碗山盛り1杯分食べました。
意外におにぎりと相性が良かったのたのがクリームチーズ。写真では我が家で良く買うベルキューブ。
これはお弁当に入れても子供が開けやすいしパッケージがカラフルなのでお弁当の彩りになって重宝するのです。
クリームチーズなので温かいご飯で包むと程よく柔らかくなり長男次男共に食いついておりました。オススメ。
とにかく食にまっしぐらな次男。

DSC_8880

デザートは冷やした白桃をモグモグ。
桃ももうすぐシーズンが終わるのか大きいサイズだったのにも関わらず安くて、なのにすごく美味しかった。
大半は子供達に食べられ、母は種の回りをしゃぶるのが常ですが・・・・それでも十分美味しかったよ。

DSC_8887

そういえばフルーツで思い出した。
昨日のベランダプールをした友人ともこの話で盛り上がったんだけど、最近生協で長男に「緑のブドウが食べたい!」と言われて買わされた「シャインマスカット」

shine07

フルーツ売り場には緑のブドウはこれ1種類しかなく「高っ!」と思いながら1/3房程度の小ぶりな物を600円程で購入したのです。高いよね??
で、家に帰ってその日のデザートに出そうと下処理しようとしたら種無し、皮も食べられる優れもの。
そして何より美味しい!
見た目透明度のない緑の皮に包まれたやや固めの大粒なマスカット、という感じなんだけど、柔らかすぎるブドウが苦手な母にとってこのしっかりした果肉感はすごく好感度高い。
そんな話を友人にしたら「知ってる!すごい高いやつだよね。美味しいからネットで買おうとしたら2房で4,000円とかで諦めた~」と言うではありませんか。
そ、そんなに高いブドウだったのかー!
確かに600円であの少なさはそういう事だったのか・・・・でも美味しい。
もし生協に行く事がありましたら是非お試し下さいな。

シーズン中にあと数回、あの味を味わいたいな・・と思ってしまうのでありました。
母も2粒位しかもらえてないし旦那さんに至っては1粒も口に入ってないしな。。不憫だ。


ベランダプール

結局、我が家では今年もベランダプールを実現できずに夏が終わろうとしております。
ベランダでいつでも水遊びが出来る環境を整えてあげたい・・と思いながら早や3年程。
多分来年もダメそうな気がしますよ・・・(泣)
それもこれも狭いベランダがいけないんだ。

というわけでお友達宅へ押しかけてベランダプールを満喫して参りました。
子供達は異なる幼稚園に通っているので夏休みが終わればなかなか会えなくなるので最後に水遊びでもしながら親交を深めるが良い。
暑いのでアイスを買っていくね~!と手土産を買ったのはお馴染み元住吉は「Mrs.freeze」
すぐ来れる距離なのに最近半径500mの範囲しか行動しない母はしばらく足が遠ざかってしまっていて来るのは多分2年ぶり位。低糖低脂肪のさっぱりとしたアイスクリームがとても人気のお店です。

DSC_3734

数日前までは秋らしい陽気だったのに今日はまた湿度の高い暑さ。アイスでも食べないとやってられん。
ショーケースを見ながら美味しそうなソルベを中心に購入。
友人イチオシ「マンゴーピーチソルベ」もしっかり購入。

買ったその足で友人宅へ行きしばらくお部屋でごっこ遊びに夢中な子供達。
この間も思ったんだけどどうやらうちの長男、「おかあさんごっこ」が好きらしい・・・
お母さん役、お父さん役に分かれて日常生活を再現するあれね。
主に女の子の遊びなわけですが嬉々としてやっている。今日はケーキの配達員らしい仕事を担っていたようです。
自分の家にはないおままごとセットがあるから余計に楽しいんだろうね~。
現在、男の子とも女の子とも平等に遊べているようなので特に心配はしておりませんが、これが男の子とは遊べないとなれば話は違ってくるよね。
そんなわけで楽し気に遊んでおりました。
その後は暑くなってきたのが服を脱ぎ捨てベランダへ。
次男も一緒にお水遊び。

DSC_3736

お友達の大事なメルちゃん、あわや水死寸前。

DSC_3741

ベランダにあるテーブルで優雅にアイスを食べるお二人。
仲良さ気ね~。
そういえばアイスは抹茶が好きな長男。子供にしては珍しくありません?
母も旦那さんも特に抹茶がとりたてて大好物なわけでもないのに。。と思ったらどうやら実母が好きだったのを思い出した。多分、ジジババ宅に行った時に抹茶アイスを食べて美味しかったんだろうね。
そんな渋い長男です。

DSC_3746

調子に乗って買い過ぎたアイス達。
ソルベ好きな母はグレープフルーツのソルベを食べましたが素晴らしく美味しかった。あの特有の苦みがたまらなく好き。友人はカプチーノクリーム。
暑い日差しの中で食べるアイスは格別だね。

DSC_3742

夏の終わりに楽しいひと時を過ごしたのでありました。

懐かしい出会い


今日はスイミングの日。

いつもの如く観覧席にあぶれた母と次男は公園を求めてふらふらと歩いておりました。
新城アカデミーの近くって公園がないのか??
今まで色々歩いたけど川沿いの遊歩道以外にそれらしい物は無かったぞ。
公園でもあれば小一時間程時間を潰せるのに。。
あとはあの近くに願わくばスタバが出来て欲しい。日中限定だけど繁盛すると思うんだけどなー・・・・

そんなわけで公園は見つからず、抱っこされている次男もジタバタし始めたので放牧できそうな新城高校脇の道端に腰を下しておやつを食べていたのです。ここなら車は入ってこないし比較的道も広いので次男も自由に遊ばせられる。
今までで一番寛げる空間。
しばし日陰で涼んだ後、さてスイミングも終わりそうだし帰るか。。。と道路を渡ると何やら一つの民家に子供達が何人か出たり入ったりしているではありませんか。
「もしやここは駄菓子屋?」
以前にスイミングの観覧席で子連れのお父さんが「そこの駄菓子屋でお菓子買っちゃった~」と手に駄菓子の詰め合わせをもっていたのを覚えていた母。しかしその後近隣を探しても見つけられず。
どうやら母が探していた方面とは逆の方にあったらしい。
藤棚の奥にあるその駄菓子屋は店前に自動販売機があるだけで一見、駄菓子屋には見えない。

DSC_3732

母も小学生の出入りを見なければスルーしていたと思う。
入るとそこは母の幼い頃の時代にタイムスリップした様な空間。
おじいちゃんが店番をしていて店の奥には茶の間らしき空間があってテレビの音がしてて、客が来ない時は茶の間でテレビでも見てるんだろうと容易に想像がつく感じ。
店内は6人程の小学生が駄菓子を物色。
時間があったので母もじっくりと店内を物色、すると懐かしい駄菓子があるわあるわ。
目にも鮮やかなチューブに入った飲料?とか冷やし飴とか、甘いか太郎とか!(好きだった)。
得体の知れないこのモロッコヨーグル、実はヨーグルトもモロッコも全く関係がないと知ったのはつい最近。
あの頃、自分が駄菓子を買いに行くのを好ましく思わなかった親の気持ちが今はすごく良く分かる。
だって今、我が子がこんなお菓子買いたいって言ったら絶対反対しそうだもん。
しかし今はそんな事はしばし忘れて童心に帰る母。楽しい、楽し過ぎる。
これであと指輪型の巨大なキャンディがあったら完璧なのに!(これ)
知ってる人いるよね?ね?

o0300022510549326821

あとこれも良く食べた。「さくらんぼの詩」

5913930

そんな事に思いを馳せながら会計の時についついおじいちゃんと立ち話をしてしまいました。
「いまどき駄菓子屋だけじゃ食っていけないんだよね~」とぽつりと言うおじいちゃんに、「是非いつまでも続けて下さい!」的な無責任発言を残し去って行ったのでありました。
今回買ったのはこちら。いずれも懐かしいお菓子ばかり。

DSC_3733

特に袋に入ったこの粉末飲料。本当に良く飲んだわ。。
これを買って近くの公園の水道で水を入れて飲むんですよ。今じゃ絶対にしない(笑)
このコーラガムも良く買ったし味はさくらんぼだったけどこの求肥みたいなのも楊枝で食べたわー。
甘いか太郎は今でも酒のつまみでイケると思います。
世の、添加物ダメ絶対!のお母様方が見たら卒倒しそうだわい。

明日のおやつの時間に、昔話をしながらちょっぴり長男にもその思い出の味を食べさせようと思います。
どんな反応をするかな。





元気の源

それは母にとっては我が子と鳥と魚と器と植物。
今回は植物のお話。

昨夜、土砂降りが一晩中降ったおかげで今朝はまぶしい程の朝日で目覚めた母。
加えてこの湿度の無さ、誠に清々しい!
いよいよ季節は秋へと移ろいでいっているようです。
長男の「自転車はー?いつ行くのー?」の声に急かされながら家事を超特急で済ませ、今日は一日のんびりしておりました。
真夏は自転車乗りなんて自殺行為なのでなかなか希望を叶えてあげられなかったので今日は午前中目一杯自転車乗りに付き合いました。
しかし補助輪付の自転車に付き合うので必然的に母は次男を抱っこしての徒歩。
大分暑さが緩んでいたとはいえ次男抱っこはじっとりと汗ばみますよ・・・
そんな母を知ってか知らずか楽しそうな長男。
秋らしい空の下、絶好調で元住オズ通りまでかっ飛ばしていきました。

DSC_3726

帰宅してからはお昼を済ませ、子供達は二人で遊んでいるようなのでその隙に母はベランダの植物のお手入れ。
先日遊びに来てくれた友人家族から頂いた花苗を植え付けたり、夏の暑さで弱ってしまった株を整理したり。

DSC_8838

そして先日の二子玉川で購入したヒューケラの苗を植え替えようとして苗のタグを見て今までの疑問が解決した。
実は我が家の大鉢に植えているヒューケラ(これね)

top_heuchera_300

常緑植物という性質上、冬場の寂しい鉢に彩りを添えてくれる名脇役なんだけどどうも毎年夏を越せない。
あまりにも暑いのとベランダに置いてあるが故に強力な照り返しを受けてダメになっているんだと思っていたらタグを見ると夏の日差しに長く置いておくと葉焼けを起こすらしい。
そういえば夏に入ってから徐々に葉の縁が茶色になってきて最後には株がダメになるという末路を辿っていたな。。。と振り返る母。
春にはこんなに可愛らしい花を咲かせるヒューケラ。これからは夏場は別な鉢に植えて避難させようかなー。

その他、多肉さん達も日陰で元気に育っております。
多肉=サボテンの仲間だから真夏の直射日光が大好きと思っているアナタ、それは違う。
真夏は出来れば明るい日陰が良いらしいよ。
マメな母の手によって次々と挿し木をされて着々と増産されております。
家にあった蓋の取れた香炉などに植えてみたら案外しっくり。こういう器にも多肉って映えるね~

DSC_8815

DSC_8821

一番最初に植えたこちらも元気です。

DSC_8823

梅雨時に切り戻しをしたラベンダーセージもまた綺麗な花を咲かせてくれております。

DSC_8830

植物のお世話をした後はこの間買った器などの整理。
今回は小さなお菓子を盛り付ける小皿。
適当なお菓子がなかった為にアポロになっちゃったけど・・・・
そろそろ本当に器の仕舞い場所に困るようになってきたのでどうにかしないと(汗)
ああ、でも本当器って素敵。

DSC_8866

そして小さなお菓子続きで誰かにお菓子をプレゼントしたりする時に活用しそうな化粧箱も。
こういう小さくて細々した物が好きなのは女性特有なんでしょうね。
旦那さんに言わせると全てが無駄、無駄、ムダアアアー!だそうです。

DSC_8848

毎日、植物の世話と器を愛でて日々暮らしていきたいわ~、なんて夢想してしまった一日でした。
明日は怒涛のスイミングだ。。

記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ