迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2013年12月

大晦日

大晦日。

一年ってこんなに早いものだったかしら。
しかし自分は変わらないつもりでも子供達はちゃーんと大きくなっていて日々その成長ぶりに驚かされる一年でした。
今年は長男の幼稚園入園という大きな節目がありジジババも一緒に家族全員でお祝いできました。
そしてコビトヤでは新しいお客様との出会い。
通常の教室に加えて初の試みであるお料理教室やクリスマスイベントなどなど、今まで以上にやりがいのある一年でした。
来年は更にお客様に喜んで頂けるよう精進していく所存ですのでどうぞコビトヤを宜しくお願い致します。

さてさて。
堅苦しいご挨拶は終わり~。
本日はババは朝から大忙し!
大晦日の夕餉には毛ガニと茶碗蒸し、お刺身と献立が決まってる実家。
長男もお手伝いロボとして茶碗蒸しに入れるユリ根を剥き剥きしてくれました。

DSC_4522

母は部屋に飾る正月用の花を生けるよう仰せつかりまして、庭の花々を採取。

DSC_4526

実母の「自由に生けよ」という仰せのままに生けてみた。
母作。

DSC_3328

そしたら後に手直しされた(笑)
これが師匠作。母はまだまだ修行が足りないようです。

DSC_3332

夕方には一家の家長である父からお風呂に入りその後次々と他の家族も入浴。
一年の汚れを落としてからさあ夕食~♪あっまだ茶碗蒸し出来上がってなかった(汗)

DSC_3340

今年も家族みんなで過ごせる年末に感謝。
来年もどうぞよろしくお願い致します。





心地よいもの

先日、横浜にふらりと立ち寄った時の話。
おしぼり用のアロマオイルが切れたので買おうと思ってたまたま目についたお店「sozai LAUREL(ソザイローレル)」
「食べても美味しい安心食材」をコスメにしているお店らしく店内を見ると化粧品にはあまり見かけない「酒粕」やら「よもぎ」「ごま」など多数。
そんな中、一際母の目を惹いたのが「ゆず」の精油。

03011430_51303cdeb608e

高知県産の柚子から精製したアロマオイルらしく、嗅ぐと柚子そのもの。
人工合成された変な匂いではないのが何より気に入ったので即購入。
そして今回は食事時に使うおしぼり用の精油を探していたのでまさに柚子の香りはうってつけ。
今まで使っていたミントも良かったけどこれからはこの柚子が大活躍しそうですわー。
年明けに使うのが楽しみ。
ちなみに店頭で試してみた柚子のハンドクリームもとても良い香りだったので気になるところ。
しかし、日々手荒れに悩む母としては香りを楽しむより早く手荒れが治るのが一番の条件なので今回はやめておいた。
気になった方は横浜散策のついでにどうぞ。

あとあと、今日知人のブログを見ていたら「これだー!」と思ったのがこちら。
最近Eテレの「みんなのうた」でやっている吉田山田の「日々」という曲。

images

この曲を耳にした時になんだかじんわり胸にしみる良い曲だなー、と思ったんだけど母と同じ気持ちの人が他にもいたとは。
言葉ではうまく表現できないので気になった方はyoutubeかなにかで聴いてみてくださいな。
家族とか夫婦、というものを改めて大切にしたくなるとても良い曲です。

ではまた。









新居へ行く、の巻

帰省3日目。
夜は19時過ぎに子供達ととりあえず寝て、23時過ぎにむっくりと起きて未だ忙しく働いている実母の横で優雅に読書なんぞをしている娘であります。
そして深夜に寝て朝は子供達に早朝6時に起こされ一日スタート、といった具合。
健康なのか不健康なのか良く分からない感じ。

さて。
大晦日近づく29日の本日は母の実家近くに新居を構えた幼馴染のお宅訪問に行ってきました。
今年の2月に結婚式を挙げたこの幼馴染、夏以降からなにやら新居を探していたようで。
最初はマンションで探していたらしいんだけどあまり良いのがなく戸建にターゲットを絞ってからは夫婦で意欲的に物件見学に行っていたようです。
そして11月に母が久しぶりに「元気~?」と近況伺いのメールをしたら「1週間前に購入契約しちゃった~」と衝撃的な返答が!
家って結構大きいお買いものなのでもう少し時間かかるかな?と思ってたら意外に決断が早かったようでびっくり。でもこういうのって沢山見れば見るほど良い、というわけでもないのでインスピレーションで「イイ!」と思ったら買うのが一番の買い時なのかもね~。
母は今の家を買う時は全て旦那さん任せだったので何ともいえませんが。
なにはともあれご夫婦で気に入った家を買えたようです。

引っ越しは12月頭に終了。
しかしここが幼馴染らしいというか、普通はカーテンやら照明、クーラー関係は引っ越し前に終えておくものなのにそれらの受注が間に合わず引っ越しが終わっても「カーテン無し、暖房なし」という最悪な環境に。
この師走の寒さの中「うららちゃーん、寒いよー。カーテンは26日までないし暖房も今週末までないんだよー」と涙ながらのメールが。
しかしそれでもなんとか日々を過ごしていたらしく今回、母の帰省と合わせて新居訪問をさせて頂いたのでした。

新居の場所は母の実家と同じ沿線。駅の数でいえば5駅程度。
電車で行くとちょっと遠回りになるので多分車で行った方が早い感じ。
駅までは幼馴染が迎えに来てくれていて歩く事20分程。
程なくして新居のある一画に到着。
周りは昔ながらの住宅地で落ち着いていて住みやすく、その奥に真新しい戸建が20軒程建つエリアが。
見覚えのある車が置いてある戸建てが幼馴染の新居でありました。

DSC_4501

表札も真新しくて何もかもピカピカ!

DSC_4496

どうでも良いけど結婚したので当然幼馴染の名字は変わってるんだけど未だにそれが覚えられない母。
この間も年賀状の宛名で悩み、うっかり旧姓で出しそうになって焦った(汗)。
赤ちゃんの時からの付き合いなので下の名前で呼ぶ事しかないのでこういう時「あれ?新しい名字ってなんだっけ?」となってしまうんだよねー。

家に入ると何故かリビングの隅っこに直立不動している旦那さん。
「何でそんなところで突っ立ってるの・・?」という母の問いにどうやら嫁の幼馴染(=年上な上に高圧的)が怖いらしい。
多分、旦那さん的に「これからどんなチェックをされるんだろう」という不安でいっぱいなのかなという推測。
今回の訪問にあたり幼馴染に「本当に何も揃ってないよー」と念を押されたけど本当にそうだった(笑)
家具などはこれから買い揃えるようで引っ越してからは毎週末色々な家具屋さんへ行って見ているんだって。
現在の様子はこんな感じ。
床暖房がないので床に直に座ると超絶寒いらしく、銀色の断熱シートを敷いた上にウレタンマットを敷いておりました。

DSC_4497

キッチンはオープンキッチンで開放的♪
羨ましいのはキッチン横に広いパントリーがあるのと換気扇がオールステンレスで最新式な事。
我が家は古いマンションなのでそれらは全て旧式なのでやっぱり最新のマンションとか戸建って良いね~。
パントリーは心底羨ましい。
こんだけキッチン横に収納があれば家とお教室関連の材料全て入るもん。
いつか戸建を買う事がもしあれば絶対パントリー作るんだ。ついでにいえば地下の収納庫も欲しい(←どんだけ収納欲しいんだ)。
家の間取りは4LDK。リビングの隣に和室があり二階に3室の洋室。
何せまだ夫婦二人暮らしなので部屋が余りまくっていて上の階は「主寝室(いまはただの物置)」「洋室①(今はオカメインコの部屋)」「洋室②(とりあえず何の用途にも使われず)」と言った具合。
主寝室もベッドをまだ買っていないので現在寝るのはリビング横の和室で寝てるんだそうな。
母もそうだったけど急に1Kとかの狭い空間から4LDKなどの広い空間に住めと言われてもそんなに人間ってすぐには順応できずしばらくの間は広い空間の中に6畳程の快適なエリアを作って住んでいた気がする。
子供でもできれば残りの部屋も使いようがあるんだけどね。
そんなわけで我が家も数年の間はカーテンもない照明もない、といった部屋が何部屋かありました。
照明もカーテンも結構高いし選ぶのにも時間かかるのでゆっくり選ぶのが良いと思います。
これから家を買おうとしている方がいたらご参考まで。

一通り家の中を探検した後は持参したケーキでみんなで歓談~。
来る途中、そごうで買い物してから来たんだけどたまたま行列していた「FOUNDRY」というケーキ屋さんで購入。
見た感じグラマシーニューヨークとそっくりな形態のお店だったけど姉妹店なのかしら?
明らかに日本サイズではない巨大なケーキ(そして巨大故に値段も高い)なところもそっくり。

DSC_4499

苺系2種とモンブラン系2種の4個買ったんだけどどれも半分食べる頃には甘さとクリームの多さに胃もたれしてきた。。二人で1個で丁度良い感じ。
まだ苺の方がフルーツの酸味があるので食べやすい。
味は美味しかったんだけどね~、この2/3の大きさで値段も2/3に抑えてくれると嬉しいわー。
ま、何事も経験。

談笑しながらふとリビングの隅を見るとスチームオーブンの箱が。

DSC_4498

あれ?新しいオーブンレンジ買ったんだー、と母の問いに「そうなのー、でも大きくて前の部屋から持ってきたレンジ台の上に乗らないからまだ解包してないんだー」
母「じゃあ新しいレンジ台買うまで古いレンジ使えば?」
幼馴染「引っ越しの時に捨てちゃったんだー、だからご飯も温められないのー」
母(心の声)・・・新しいレンジ買うならレンジ台に乗るか乗らないか確認してから買えばよいのに。しかも分からないならとりあえず古いレンジを残しておいてあとで捨てればこんな時使えるのにね。。
と、思いましたがそんなお茶目な所が彼女の良い所なのでそんなことは言わず。(本当は言ったけど)
その後の話でも似た様な感じのネタがいくつもあったけど、旦那さんがそれを優しく受け入れる人柄のようでそんな不自由な生活も二人楽しく満喫しているようでした。
新婚って良いね~。母と旦那さんだったらそんなヘマしたら旦那さんから罵声が飛ぶよ・・逆もしかりだけど。

二人の当面の目標は「ダイニングテーブルとソファを買う事」だそうです。
しかしまー、聞けば聞くほど無意味な事をしていてIKEAに家具を見に行ったのに買ったのは鍋とか。
すかさず母の「そんな鍋なんてネットで買えるし一番最後に買えばよろしい!」と怒号が。
そしてどうやら幼馴染は紫が好きらしくどこぞのインテリアショップでド紫のソファを買う買わないで夫婦喧嘩をしたそうな。。
ちなみにリビングのカーテンは落ち着いたピンク系ベージュ。そして床は白木。
それに合わせたいのがダークブラウンのダイニングテーブル&ド紫のソファなんだそうな。
こればかりは幼馴染に同意するわけにはいかず100%旦那さんの肩を持ち、「とりあえず部屋のバランスを考えて家具を決めるように・・」と意見して退散しました。

でも、夫婦で色々あーだこーだ言いながら家を作り上げていく時期が一番楽しいよねー。
今度はまた家具が揃った頃に突撃するとしますかね。




お餅つき

今年も年の瀬がやってきました。
そして我が家で年の瀬にやる事といえば「餅つき」

母の実家では毎年、お正月用のお餅を餅米を蒸かすところからやります。とはいっても機械任せだけどね~
そして餅をつく日は決まっていて28日。
29日は「9」=苦、なのでハレの日であるお正月にはふさわしくないとして餅つきNG。
そんなわけで今日は朝から大忙しでした。

今回は合計5升の餅米を餅にするんだそうな。
内訳としては家族の分と知人に頼まれた分。
つきあげたお餅はお供え用の鏡餅と食べる用ののし餅にします。
餅つき機がフル稼働している間に子供たちは胡麻すり担当。
今年からは次男も助っ人出来るように。

DSC_4469

胡麻餅が大好きな母と子供たち、美味しい胡麻餅の為なら苦労も何のその。程なくして滑らかな胡麻ダレ完成~。
餅つき機の中では餅米が蒸し上がり、いよいよ餅になるべく捏ねられていきます。

DSC_4477

次第にキメの細かい肌になってきた餅。
状態をチェックしているババの横には子供たちの姿が(笑)
この後ちゃっかり味見させてもらってました。
つきたてのお餅は余程美味しかったようで二人とも何度もおかわり。
DSC_4482

つき上がったお餅は専用箱に入れられ。

DSC_4487

ババの手によって小さく分けられ我ら鏡餅隊の元へ。
ここでは母と長男によって鏡餅に成型されます。

DSC_4488

この鏡餅の成型、意外なところでパン教室の成果が表れたようでババから称賛の嵐。
「本当に惚れ惚れするくらい上手だわー」とお褒めの言葉を頂きました。こんなところで才能が開花するとは思わなんだ。

DSC_4490

お役目が終わったあとはみんなでお餅でお昼。
先程作った胡麻ダレを絡めて胡麻餅~。
大変美味しゅうございました。

DSC_4489


年の瀬にみんなでお餅をつく。
ワイワイ楽しい1日でありました。

スマホに変える、の話

母ではありません。
実母の話です。

ちょっと前から「スマホに替えたいから付き合って」と言われていた母。
今回の帰省は1週間程滞在するので実母としてはその間に機種変更して使い方を教えてもらおうという算段のようで。
そんなわけで開店時間に合わせて母子三人+ババでドコモショップへ行ってきました。
10時開店で一番乗りして早速店員さんに「年寄りでも使えるスマホに機種変更したいんです」と申し出る。
そこで何故スマホなのか?と疑問に思う母。ガラケー→ガラケーの機種変更でも良いのでは?それを聞いたところ「やっぱり時代はスマホでしょ!」との回答。
やれやれ・・

すると店員さん、ガラケー→スマホへの機種変更は料金形態もガラリと変わる事など説明してくれたんだけど還暦過ぎた実母にとってはその説明が分からない。更には説明している内容に使われている単語がまた分からず分からない事だらけ。
しかも、店員さん。なるべく金額的に安く機種変更できるような提案をしてくれたんだけどそれというのが携帯を2台買って1台は使わないでそのまま家に置いておく、というものだからさあ大変。
「普通に機種変更したいだけなのに何故2台も契約しなきゃいけないんだ」と店員さんに噛みつく勢い。
そんなわけで途中から店員さんとの対応は母がやってようやく機種変更できました。

しかし携帯の手続きって何でこんなに時間かかるのかね~。
開店と同時に入ったのに店出たの12時前だよ?超疲れた・・・。

【余談】
今日のデザートは苺ミルク。
なんとなく昔を思い出して苺に砂糖とミルクをかけて食べてみた。
あんまり綺麗な食べ方じゃないけどこれ、美味しいんだよねー。
苺に砂糖をかけて潰して食べるんだけど潰した苺から出た果汁で牛乳がほんのりピンク色に。
長男に食べさせてみたら案の定大喜び。
懐かしいデザートなのでありました。

DSC_4463

ほんのりピンク色。
最後のお楽しみのイチゴミルクを美味しそうに飲み干しておりました。

DSC_4464








記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ