迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2014年01月

1/31の風景

1月も今日で終わり。
明日からは2月ですな~。
今日は幼稚園帰りの長男が「明日と明日の次の日が終わったら幼稚園に鬼が来るんだよ」と申しましてそこでようやく2/3が節分だという事に気付いた母であります。
母が小学生の時は学校で大豆ならぬ殻つきピーナツで豆まきしたっけ。
拾った後に食べるピーナツが、普段は給食以外の物を口にする事が禁じられている学校だけになんだか特別な気持ちになったものです。
幼稚園では炒り大豆食べるのかな?
家でも豆まきしてね、という意味あいなのか本日は塗り絵調の鬼の面を持って帰ってきたので明日にでも長男と作ろうと思います。
3日の月曜日は鬼に早く帰ってきてもらわなきゃね!

さて。
週の最後の金曜日は3名様。
昨日からなんだか春みたいな気温で家に入るなり「外は暖かいですよ~!汗かいちゃった」とお客様。
そんなわけで久々に暖房無しで教室スタート。
本日は
・ベルギーワッフル
・ファッジブラウニー×2

です。

今日のお客さまは方面は違えど電車組なのでお子様連れだと朝の電車は大変そう。。
平日の9時前後はまだまだ通勤時間と被るので赤ちゃんとお出かけするお母さんは大変。
特に子供が小さいと荷物も多いからついついベビーカーにお世話グッズを詰めていくもんだからいざ混雑を前にしてベビーカーを畳もうとしても畳んだは良いけど積載していた荷物のやり場に困る、というのはありがち。
子供が大きくなれば次第にお世話グッズも減るけど、電車内で背後から白い目を向けられてるかも・・・と思いながら耐えるのって辛いよね。
「子を持つ母なんだから堂々としていて大丈夫!」と思える人は良いけど大概は肩身が狭い思いをしているのです。なんとかならんもんかね~。
うるさがるおばちゃん達もあなたも昔は幼子を持つ母であったでしょうに。と思ってしまうのです。
年を重ねると昔の事なんて忘れてしまうのかね。
しょっぱなから愚痴ってしまって申し訳ない。

作業の手順としてはまずは発酵が必要なベルギーワッフルから。
お子様がワッフル好きとの事で良くスーパーで買うんだって。でも大分前に流行りが廃れてしまったベルギーワッフル、最近ではワッフル屋さんって殆ど見かけなくなったね。
母が知っている一番近いお店は元住吉駅にあるワッフル屋さんしかないな~。
そんなわけで食べたい時は作るしかないのです。
材料や型が特殊な物を使うので「これからも焼いていきたい!」と思う方以外は型の購入はお勧めしませんがあると便利です。ワッフル以外は焼けないけどね(笑)
そんな本日のお客様は今後家で作る気は毛頭ないという潔い方でありました。
教室に来た時しか作れないお菓子を作る、というのでも良いと思うのですよ、母は。
お店みたいなワッフルが出来るとそれだけでもテンションあがるしね。
しばしワッフル談義に話を咲かせつつ生地が完成した後は30分程発酵~。
その後は一気に焼いていきます。
焼いている間キッチンからは甘い良い香り、お客様も「美味しそう~」と待ちきれない様子。
焼きたてを早速お召し上がり頂きました。

DSC_3970

その後はブラウニーお二人組。
最近、3人の内2人がブラウニーっていうパターンが続いている気がする。
母としても一気に作れるので楽♪
しかし今回はお二人のお子様のご機嫌が悪かった・・・お母さんももうお手上げ状態(泣)
「もう、泣きたいのはこっちの方よ~」と相当困っておられましたが今回のブラウニーに関してはポイントというポイントは大してないので母のデモでも全然大丈夫。
作業をご自身で出来なかった悔いは是非お家で復習してくださいね~。
あっという間に生地が出来上がりオーブンへ。
焼き上がり後はしっかり熱を冷ました後ホワイトチョコレートでおめかししたら完成~。
「思ったよりどっしりしてるんですね」と驚かれておられましたがそう、ずっしりハイカロリーな物なんですよ(笑)
週末のおやつに食べて下さいな。1個食べたらその摂取カロリーを消費すべくバリバリ家事をこなしましょう!

DSC_3979

作業が終わって11時過ぎ。
今日も早いお昼~。
本日は・・・・
・つやつや照り焼きチキンサンド
・コールスローサラダ
・豚肉とニラの温かとろみスープ
・ガレット・デ・ロア

です。

DSC_3968

DSC_3969

DSC_3976

今回は久しぶりに作ったハンバーガー系。
その中でも人気の高い照り焼きチキンサンド、みんな大好き、甘辛い味付けです。
チキンの下にルッコラ、上にはゆで卵を乗せて食べるとルッコラの香りとチキンの甘さが絶妙なおいしさです。
ルッコラ好きな母は専らレタスよりルッコラを挟んで食べたい派です。
美味しいけど食べづらいのが難点だね。でも母が食べるわけじゃないから気にしないけどね~(←ヒドイ)
スープは豚肉を生姜でじっくり炒め野菜をたっぷり入れた冬にぴったりなスープ。
母が実家にいた時によく実母が作ってくれたものです。懐かしい味。
しかしニラって切る前は大して匂わないのにどうして切るとあんな殺人的な匂いを放つんだろうね~。
前回の経験から、今回は切った物をジップロックに入れて更に使う直前まではベランダに放置しておきました。
そうでもしないと家中がニラくさくてたまらん。
デザートは今月最後のガレット・デ・ロア。
最後のデザート、お楽しみ頂けましたでしょうか。

そんなこんなで今週も終わり。
無事お客様をお見送りする事が出来てホッとしている母なのでありました。
それと、近々みなさまにご報告がございますので近日中にメルマガにてお知らせしますね~。

では良い週末を。


お店やさんごっこ

今日はなんだか暖かいね。
しかしこの一週間、風が強い日が多くてベランダが砂だらけで参った参った・・・。
母は躍起になって窓の桟をその都度雑巾がけしてやりました。
そしてその翌日、また砂だらけになっているという(泣)。
こんな事では屈しませんよ!

さて。
本日は長男の幼稚園では「お店やさんごっこ」をしたんだそうな。
その為に今まで家から卵のパックやらいらないビーズやらを幼稚園にもっていっていたのか。
廃材が集まった後は年少~年長さんまで各クラスでお店やさんで売る物を作り溜めたようで、ようやく売れるだけ作れたので今回のお店やさん開店となったようです。
ここまではあくまで母の推測。
だって幼稚園での出来事ってそんなに詳しく分からないんだもん・・・
基本「廃材を集めておいてくださ~い」とお手紙があり、その後しばらく音沙汰なく「〇/〇にお店やさんごっこしまーす」とまたもや突然お手紙がくる感じ。何を作る為に廃材が必要だったのかとかは当日まで不明なのです。
そんな事まで親に報告してる暇なんてないか。

今回の「お店屋さん」はなかなか手が込んでおりまして、数日前に園からこんなチラシが。
これを見て、事前に何を買うか決めておいてね♪という事らしい。
セール品の内容は女の子ならアクセサリーとか男の子なら変身お面や刀とか。
あとはケーキやアイス、おもちゃの様な物まで実に様々。

DSC_4628

持参金(紙で作ったやつ)30円で買える数は2個までらしいので、熟慮の結果「刀」と「ぴょんぴょんうさぎ」というおもちゃに決めた模様。

当日。
降園時に「良いの買えた~?」と聞いたらば「買えたよ!」と嬉しそうに園バスから降りてきた長男。
早速見せてもらいました。
ちなみにお店やさんごっこでは年少さんは年長さんとペアになってお買い物のサポートをしてもらったようです。長男いわく「おかあさんとおとうさんみたいに守ってくれるんだよ!」なんだそうな。こういうの聞くとなんだか嬉しいね~。
確かにお買い物の仕組みとかはまだ年少さんには分からなそうだから年長さんの助けがなければ金も払わず持ち去る輩もいそうだ(笑)
そこらへんを年長さんに見てもらうとは先生ナイス。
お金はちゃんと名前入りのお財布に入れてたみたい。
これ、お財布ね。首から下げております。赤いのがお金。

DSC_3939

で、買ったのはこちら。
刀は買えたらしいけどぴょんぴょんうさぎは途中で気が変わったのか人気商品故に買えなかったのか不明だけど「変身お面」を買ったようです。写真左が変身お面。」
二つの構成素材としては
・刀→ラップの芯に銀紙を貼りつけたもの。
・お面→卵パックの中に色紙を詰めて頭回りはプチプチで作ってありました。


DSC_3943

長男的には最高にカッコいいアイテムを買えたようでホクホク。
早速装着して「忍者マーン!」とぶんぶん刀を振り回しております。
子供の想像力って豊かだね、きちんとした変身グッズを買わなくてもこういうので勇者になれるんだから。

でも、これをきっかけに勇者物に目覚めたらどうしよう・・・と一抹の不安を隠せない母なのでありました。
差し当たっては2月から始まる「トッキュージャー」をいかなるタイミングでも見せないようにするのが母の使命だと感じております。

1/29の風景

本日は水曜日。
本来なら幼稚園があるはずの長男が家におります。。
それは幼稚園の職員研修があるらしく多分ここら一帯の幼稚園はみんなお休みだから(汗)

次男一人がいるだけでもお教室ではやかましくて敵わんのにこれが二人となるとどうしよう・・・
でも大丈夫。
そんな事があろうかと今日は事前に打診して我が家のチビッ子の扱いに慣れているお客様に来て頂きました。
そして飛び入りでもうお一方ご参加で計3名様での開催です。
メニューは

・マフィン(クランベリー)
・フィナンシェ
・なめらかプリン

です。

おっ、最近のブラウニー攻撃から少し離れたご選択になりましたね。
なめらかプリン、最近どなたも作ってないので母も良い復習になりそう(←コラ)。
段取りとしましてはフィナンシェ生地→なめらかプリン→一番簡単なマフィンの順。
こちらのお客様は母と同じ先生の元にパンを習いに行かれているのですが、パン作りの際にどうしても卵白が余ってしまう・・というのがお悩みなんだそうな。
そういえば先生も「何とか卵白を消費出来るお菓子はないものか」とご相談されてうちで作ったんだっけな。
パン作りでは卵白が余る事ってあまりないイメージだったけど、艶出しとして卵黄に水を溶いた物を良く使うんだそうな。ちなみに母は横着なので全卵に水を溶いて使っていたよ・・言う事を聞け、ダメ生徒よ(汗)。
そんなわけで卵白消費を狙っているのですね。
そんなお悩みを解決するのがこのフィナンシェ。
もったいな~い、と無駄に卵白を捨てる事もなく更に美味しいし簡単に出来るし誰にあげても大体喜んでもらえる。
こんな万能選手いないのでは?
生地作りのポイントはやはり味の決め手の焦がしバター。色をじっくりと見極めてから火から下します。
生地自体は混ぜるだけ。あとは生地を出来るだけ長く寝かせるのもポイントかな。
寝かせた生地は一気に焼き上げます。
毎度毎度書いてるけど焼きたては本当に美味しい!端っこのところがカリカリでお店では絶対に味わえない作り手しか味わえない役得です。
今回もその衝撃の美味しさに喜んで頂けて嬉しい母なのでありました。
と、調子に乗っていたらフィナンシェの写真撮り忘れてた・・・
こんな感じになりました。

DSC_3562

お次は本日一番の難関、なめらかプリン。
何が難しいって火加減の調節が難しい。それを母なりに試行錯誤した結果、最適な時間を算出したのがこちら。
プリンって要は甘い茶碗蒸しでしょ?(笑)茶碗蒸しがうまく出来る人は成功率高いよ。
良くある失敗が火が強すぎて生地に穴が開いてしまう「す」の状態。
だからといって消えるような弱火でやったら良いかというとそうでもなくてそこらへんの調節が難しいお菓子です。
でもでも、ちゃんと出来た時は本当に嬉しい。その苦労が報われるお菓子だと思います。
あのお店で売っているようななめらかな舌触りのプリンがお家で簡単に出来んだからこれは一度作ってみるっきゃないでしょ。
生地自体はごくごくシンプル。卵と砂糖と牛乳、そしてコクを出す為の生クリーム。
今回はほろ苦のカラメルをご希望だったので気持ち長めに煮詰めました。
フライパンに湯を張って湯煎焼きすること15分程。
手でゆすって表面が柔らかく揺れたら成功の印。
良く冷やしてお召し上がり下さいな。

DSC_3931

最後はクランベリーマフィン。
こちらのお客様は酸味のあるお菓子がお好みのようでコビトヤの中でそれらしいお菓子は制覇済。
今回は簡単に作れるマフィン、そしてクランベリーの酸味に惹かれてのご選択だったようです。
それにしても今日はいつもに増してしゃべり過ぎたわー。
次から次へと色んなネタを引き出してはお客様と無駄話をしてしまって今更後悔です(汗)
そんなわけで白い巨塔話をしていたら(←笑)あっという間に終わってしまいました。
綺麗に膨らんだ姿にお客様も「すごーい!こんなに膨らむんだ!」とびっくり。
翌日になると多少固くなるのでその時はチンかトースターで温め直すと焼きたての食感に戻ります。

DSC_3933

みなさまのお菓子が無事完成した所でお昼です。
本日のメニューは

・サバの温か香味マリネ
・胡麻角食パン
・ダイス野菜のヨーグルトサラダ
・トマトと卵のとろみ中華スープ
・ガレット・デ・ロア

です。

DSC_3926

DSC_3923

DSC_3935

今回、初登場のサバのマリネ。
なんだかサラダみたいですがちゃんとしたおかずになる一品です。
作ってから思ったけどそういえばサバって好き嫌いのある魚だよね・・・今回は幸いにもサバ嫌いの方がいなくて良かったわー。慌てて事前にお客様台帳を見直してしまったもん。
ちなみにどうでも良い事ですが本日のお客様の嫌いな食材は→しいたけ、にょろにょろした魚(うなぎ、あなご)、ししゃも、だそうです。
ししゃもが若干サバに近い気がしたけどまあししゃもはししゃもでも「子持ちししゃも」が嫌いなのかも。。と都合よく解釈しました。
本当はサバ嫌いだったらごめんなさい!
話は戻ってサバなんですよ、今日のメインは。
我が家は夫婦で青魚が大好きなんですがその中でもシメサバは大好き。
今回は真サバを使いましたが骨を丁寧に取って一口大に切った後、塩を振って余分な水分を取り竜田揚げにしました。
で、揚げたてを香味野菜たっぷりのマリネ液に一晩漬け込んだのです。
今回は彩りにししとうを素揚げしてみたんだけど一晩マリネしたら綺麗な黄緑色が茶ばんじゃった。。
というわけでベビーリーフで彩りを加えてみました。なんとかなるもんだ。
魚だけだと重くなりがちなのをししとうが良い味出してます。
パンと合うかは分かりませんが白飯にはバッチリなメニューです。
揚げる、というひと手間はありますが美味しいので是非~。
メインに時間を割いたので他の品はかなりお手軽な物に。
パンだけは母の一番好きな胡麻角食にしました~。うま~い。
今更ながらにこのパンを習って良かった。誰に出しても美味しいって言ってもらえるもんね。

デザートのガレット・デ・ロアは今月はあと1回だけ。
このお菓子もあと1年後まで作らないかと思うと名残惜しいですな。
4月か5月は端午の節句だから柏餅にするんだ~。それだけは母の中で決まってるんだ~♪
洋菓子が良いとかいう注文は受け付けませんよ(笑)

今日は子供達が勢ぞろいだったのにも関わらずお客様のおかげで母の作業は滞りなく終える事が出来ました。
お昼時はみなさまと同じテーブルに同席させてもらった長男。
お弁当を広げてみんなにチヤホヤされて終始ご満悦でした。
このままだとうちの長男は年上の女性に居心地の良さを感じてしまいそうだ・・・(笑)
いつもより違った感じに賑やかな一日でしたがみなさまの笑顔が見れて良かった良かった。
今週はあと1日、頑張りたいと思います。

ではまた~。
白い巨塔終わっちゃったし母はもう楽しみがないですわ(泣)







元気になるおやつ

どうもどうも。
隙間埋めとしてこんなネタで書こうと思います。

母の教室でごく稀にですがお出しするこのお菓子。
写真左ね。きちんとした写真がなくてレーズンウィッチと一緒で申し訳ない(汗)
きちんとした名前もない我が家のおやつなのですが
「胡麻クッキー」です。

DSC_0757

きっかけはいつも好きで食べているギンビスアスパラが家に無かったのでどうしても食べたかった母は適当なレシピで作ったのが始まり。
それが意外にお客様に好評だったようで個人的にレシピを教えていたんだけど折角なので今回書いてみたいと思います。

【胡麻クッキー】30枚程
(材料)
・薄力粉    200g
・ベーキングパウダー   小さじ1
・バター(無塩)   100g
・ブラウンシュガー    80g
・卵黄    1個分
・牛乳    大さじ1
・黒ゴマ(炒った物)   35g
・塩(天然塩)    2g

(準備)
・薄力粉とベーキングパウダーは一つの容器に合わせておく。
・バターは室温に戻して柔らかくしておく。

(作り方)
①室温に戻したバターをクリーム状になるまで泡だて器で混ぜ、ブラウンシュガーを入れてふんわりするまで混ぜる。
②卵黄、塩を加えて更に混ぜる。
③薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら入れ、ゴムべらで混ぜる。粉っぽさが無くなったら牛乳を入れて更に混ぜる。
④最後に胡麻を入れて混ぜたら生地を2分割してラップの上に生地を乗せて包み、縦が7㎝になるように成型する。(赤い部分が7㎝)
そこさえ決まれば厚さと横部分は決まるのであとは麺棒の横部分を側面に当てながら全ての面を垂直にして形を整える。

BlogPaint

⑤成型が終わったら30分程冷凍庫に入れて固まらせる。
⑥切れる位の固さになったら厚さ5~7ミリに切る。

DSC_3961

DSC_3966

⑦オーブンを200℃に予熱する。
⑧天板に等間隔に並べたら180℃に温度を下げて8分焼く。
※クッキーの端っこに綺麗な焼き目がついたら焼き上がりの目安。まだ焼き色がついていない場合は+2分追加で焼く。
⑨焼き上がり後は天板に乗せたまま冷めるまでおいておく。余熱でもじっくり火を通すので焼き上がり後は必ず天板に乗せたままにしておくこと。

※焼き上がり直後は崩れやすいので完全に冷めてから頂く事。
当日より翌日以降の方が格段に美味しいですよ~。

地味なお菓子ですが元気になるお菓子です。
お砂糖にブラウンシュガーを使っているのでなんとなーく普通の上白糖より栄養がありそう・・と思わせてくれるお菓子です。我が家の子供達も大好きなこのゴマクッキー。
お散歩にもっていくと喜ばれる事請け合い♪

寒い日にお家でおやつ作りなんてのも良いですよー。






1/27の風景

頭にきた。

それは本日の教室が始まってすぐの事。
珍しく母の携帯がメール以外で鳴ったので「誰だろ?」と思ったら旦那さんから。
普段はメールでやりとりしているので電話をかけてくるとは余程の事、と思って出たのです。
そしたら「コビトヤ何時に終わる?終わったら会社までスーツ届けてくんない?」とほざきやがった。
・・・・何だと?
しかしお客さまがすぐ側にいるのに詳しく聞く事は出来るとりあえず作業が終わり次第届けると約束して一旦電話を切ったのです。
その後、母の中でメラメラと旦那さんへの怒りが湧いてきまして。
その様子はお客様にも伝わっていたようで「先生、旦那さんとしゃべる時はワントーン声の調子が下がるんですね~」と言われました(汗)
いや・・・怒っていたのですよ。
だってね、つい数か月前にも同じ事があったんですよあなた。
その時は会社に社長が来るのを知っていながら普段着のまま出掛けて、いざ社長が来るとなったら自分以外みんなスーツ姿なのを見て慌てて母に届けさせたのです。
それで今回ですよ。
どうせまたお偉いさんが来るんだろうけど、そんなの急に来るわけないし分かってれば普通スーツで行くだろうが!
それを「大丈夫~」なんて能天気に構えてるからこんな事になるのだ。
しかし生まれてこのかた、苦労というものをしたことのない旦那さん、窮地に陥っても何処かで誰かが助けてくれる星の元に生まれたらしく前回も今回も母に届けてもらえたのです。
これはあれだね、会社が家から近いのが原因だね。なまじっか車で届けられる距離だから甘えるのです。
もう、府中にでも飛ばされてしまえ。プンプン
そんなわけで会社前に突っ立ってる旦那さんにスーツ&靴が入った袋をポイッと投げ捨てて帰宅したのでありました。
長男のお迎えにもギリギリだったしなんて事させるんだ全く・・・。

話は前後しますが本日は週の始めの月曜日。
最近、本当にインフルエンザが流行っているようでお客様のキャンセルが出始めております。
そんな本日は3名様。
メニューは

・ファッジブラウニー×2
・焼きドーナツ(黒ゴマきなこ)

です。

先週に引き続き、ブラウニー人気ですなー。
この時期、製菓材料を扱うお店では特別な材料が売り切れになったりするので先日のcuocaでもヒヤヒヤしたよ。特にブラウニーに必須のカカオマスが切れるとあの味が出せないのです。
なので季節物のお菓子を作る時はちょっぴり早めに買うのがお勧め。
秋にモンブランを作りたいと思ったら秋が来るちょっと前にとかね。
特にそんなに大量に使う事のない個人だったらcuocaはロットが小さいので良いかと思います。
他のサイトだと、あるにはあるけど5キロ~とか到底個人相手じゃない量になっているのでご注意を。
さてさて、今回のブラウニーもたまたまお二人にご選択頂いていたので同時進行です。
混ぜるだけのこのお菓子はお客さまも「あっという間に出来ちゃうんですね~」と驚く程の手軽さ。
今回ブラウニーをご選択されたお客さまの内のお一人はお子様が3人いて「通常の4等分だと取り合いになっちゃうわ~」とお悩みのようでした。
なので今回はお家に帰ってからご家族の意見を聞きながらカットするという事に相成りました。
お一人さまはホールで、もうお一方は4カットで。

DSC_3912

DSC_3913

子供3+大人2で、このブラウニー、どうやって等分するのか見ものですな(笑)
完全に子供達に多く奪われそう。

ブラウニーが焼けた所で間髪入れずに焼きドーナツの生地を投入~。
こちらのお客様はなんと2週間後に第2子が誕生するんだそうな!
たしか以前いらした時に妊娠したと聞いていたけどもう生まれるとは。
そしてそして偶然にも第1子が母と同じ帝王切開だったようで第2子もそのまま帝王切開。
故に2週間後には必ず生まれる事が決定しているので安心してのご来店だったようです。
たまたま出たキャンセル席に入って頂けたので母も久しぶりにお会いする事が出来て嬉しい日でございました。

DSC_3911

その後はスーツを届ける時間を気にしつつお昼の準備。
全く、今日こんなに簡単なお菓子じゃなかったら絶対に13時過ぎに届けるなんて不可能だったぞ。
旦那さんよ、お客さま方に感謝しなさい。
本日のお昼は・・・・

・鶏肉のハチミツ粒マスタードソテー
・半干しキュウリと厚揚げのマリネ
・サツマイモのスパイスポタージュ
・パン・ド・ミ
・ガレット・デ・ロア

です。

DSC_3908

DSC_3905

DSC_3914

最近、同じメニューが続いているのは母の怠慢です(汗)
でも1ヶ月に2回来て頂けるお客さまは稀なので同じメニューってやっぱり楽だわー。この楽さに身を委ねてしまいそう・・・
ガレットデロアも今週で終わりの予定です。
今日はお客さまがお帰りになった後に母も残りの1/4を食べたけどホロホロとした折りパイって美味しいね。
そんでもってシンプルなクレームザマンドも美味しい。

教室がお開きになったのは12時過ぎ。早っ。
お取り頂くメニューが簡単な物ばかりだとこういう日もあります。
これがタルト、シュークリーム、ショソンポンムとかだったら完全に14時は過ぎそう。
母に気を遣って頂いたのか早々とお客様が退出され、本当に申し訳ございませんでした。
あの後、無事スーツを届ける事が出来まして、当の本人から「ありがと~!帰りにラゾーナで何か買って帰ろうか?」とメールが来たので華麗に「じゃあ焼き鳥100本買ってきて」と要求しておきました。

全く・・・
妻をなんだと思ってるんじゃ。運び屋じゃないんだぞ!

ではまた~
焼き鳥100本、楽しみに待つとしますわ。

【後日談】
夕方、旦那さんが買ってきてくれました焼き鳥。
100本には程遠いけど節約家な旦那さんにしてはかなりの大盤振る舞い!
しかし8本食べたところで胃もたれによりギブ・・・・
残りは明日のお昼にでも食べますわー。
食い気はあっても食べれる量ってやはり限界があるのか・・・。

DSC_4625








記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ