迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2014年06月

楽器発表会へ行く、の巻

6月最後の日である月曜日は幼稚園の楽器演奏会でした。

年少さんの時は幼稚園にしっかり慣れた翌年だったけど年中さんからはもうこんなに早く発表会なんだね~。
1歳違うだけでやれる事もどんどん増えて成長目覚ましい。
今回は旦那さんと次男の3人で観に行こうと思ってたんだけど直前に旦那さんがどうしても仕事で休めないとの事だったので急遽ジジババを招集しての観覧と相成りました。
最近、ジジババ大活躍。娘に良いように使われております。

幼稚園に着いたのは10時過ぎ。
年少さんの時は小さな教室で各クラス毎にやったけど今回は年中さん全てのクラスで発表する合同発表会らしい。
というわけで会場も一番大きいホールでやるようです。
席取り合戦防止の為か席はくじ引きになっていたので別に時間前から長蛇の列に並ぶという不毛な事もしなくて良かったので精神衛生上誠に宜しい。
母の当たったクジは107番。
かなり後方の席でしたが今回の母のミッションはカメラ&ビデオ撮影なので悠長に席になど座っておれないのでその席は実母に明け渡し、一人撮影ポイントを探す。

しかーし。
長男は鉄琴をやる、とは教えてくれたが鉄琴さん10人程いるようでどこの位置の鉄琴さんなのか分からん!
例えば母が一番左端に陣取ったとして、長男が右端だったらビデオはまあ良いけどカメラが・・・
そんなときに限って明るさ優先のレンズしかもってきてなくて望遠を忘れてしまうという痛いミス・・

DSC_8659

保護者がホールに全部入ったらもう始まったら移動は不可能なので、長男が左端に来ますように・・・!と願いながら左端を確保。
しばし待機。
ちなみに放浪癖のある次男はジジイに早くも抱っこされて身動き取れず。その後、演奏開始と共に早々に騒いで退場したそうな。

程なくして先生の司会と共に園児入場~。
舞台後方には大太鼓、小太鼓、そして鈴やタンバリン、トライアングル組が並び前方に鉄琴、木琴組が並びます。
そういえば今回長男が鉄琴やると言ってきた時、母も昔小学生の時に鉄琴の役割を仰せつかった事があったな~となんだか懐かしかった。
それ以来、なんだか木琴より響きの良い鉄琴が好きな母です。
あのポワーンとした音色が好き。
演奏前に一番近くにある木琴の鍵盤を見てみると園児達が練習しやすいようにシールやら「ド」とか「ミ」とか書いてありました。
それでかー、最近長男が降園すると「ド、ソソソファソラ~♪」とか何事か言っていたのは。
自分のパートを反芻していたんだね。

最後の方に鉄琴隊として登場した長男、期待を裏切らない緊張の面持ち(笑)
母にも、そして後方のジジババの存在にも明らかに気付いている風だったけどこれから自分のパートをちゃんと弾きこなせるか不安で不安で仕方ないといった感じ。プププ・・・
本番に弱い所は母にそっくり、旦那さんは何も練習してなくても本番で妙な自信を見せ成功するタイプ。
反対に母は充分に練習して本番で失敗するタイプ。
この両極端の夫婦の息子である長男はどうやら母に似たようですわー。お気の毒。

発表会はピーターパンのお話になぞらえて進行してゆきます。
「鈴を鳴らそう~♪」シャンシャンシャン
「カスタネット鳴らそう~」カタンカタン♪
「タンバリン鳴らそう~」パンパンパン♪
的な感じでみんなのパートを紹介。
みんなが微妙にズレてるのが誠に可愛らしい。

BlogPaint

ちなみに長男は母の期待を裏切り、右側が定位置。。
左端にいる母からは遠いー(泣)
まあ、ビデオでズーム出来るから良いか。
しかも前方にいる木琴さん達によって長男の手元が見えん・・・

演奏は15分程で終了。
最後にみんなでドラえもんの歌を元気いっぱい歌ってくれて母ジーン・・・(涙)
いつぞやの「シャラララン~♪」も泣けたけど今回の「青いそら、白い雲~。勇気を持って踏み出そう~」っていう歌も良いね!
音程無視の園児達が歌うと何故か泣けてきてしまう母でありました。
そしてお役目を無事終えた長男、退場の間際に母と目が合うと最後の最後ではにかみながら去っていったのでありました。

良く頑張った!
おつかれさん。



実食!

なんだか最近、冷たい物に目が行くようになって久々にスタバのフラペチーノを飲んでみました。

前回のバナナのはすごい勢いで完売したんだってね。
それまではスタバは利用すれど、普通のラテばかり飲んで割高なフラペチーノは殆ど飲んだ事なかった母。
しかし暑くなってきたしなんだか気になるのでこの日曜日に買ってみました。
今は「コーヒージェリーフラペチーノ」なんだそうな。
小杉の東急スクエア店では二種類あるうちのマーブルキャラメルのはもう完売しているらしくあったのはダブルチョコレートコーヒージェリーフラペチーノだけ。
でも母はキャラメルよりチョコの方が好みなのでかえって好都合。
いつも思うんだけどフラペチーノってデザート感覚なコーヒー?だからかすごく高いよね。値段もカロリーも。

4524785248144_1

そしてフラペチーノと一緒に頼んだこちらもたまたまネットで見かけて夏向きな見た目に知的探求心が芽生え購入、レモンケーキだそうです。

4524785244818_1

フラペチーノの方はすぐ飲まないと薄まったりするのでその場で立ち飲み。いつもながらスタバは席が空いてないので持ち帰り派な母です。
美味しい。
美味しい、が、一度でいいや。
飲む前に混ぜ方が足りなかったのか飲み干したと思ったらコーヒーゼリーが下に溜まってて最後の最後でコーヒーゼリーだけ掻き出して食べるという面倒な事態に。
そしてフラペチーノを飲んでこんな事を言うのもなんだが、リッチな味なので飲み終わった後に「あー、アイスラテで口の中スッキリさせてええ・・」と思ってしまいました(汗)
本末転倒。
普段→いつものラテをグビグビ飲む。
おやつ感覚→十分に喉を潤っていて、かつ体もほてってない時にフラペチーノ

を飲むのが個人的には宜しいかと思いました。

持ち帰ったレモンケーキは冷やして食べたんだけどこちらはまた買いたいと思う程美味しかった~
このシリーズは他にカフェモカとキャラメルもあるんだけど今まではカフェモカ一辺倒だったけどこれからはこのレモンケーキも一緒に買ってしまいそう。
サクサクのクランブルっぽいのが冷蔵庫で冷やされるとカリカリ復活して誠に宜しい。美味しい。
そしてレモンケーキの方が特に夏らしい爽やかな味で冷やすとより美味しかったです。

スタバで悩んだときは季節限定の「レモンケーキ」お勧めですわよー。





花の会~水無月の巻~

今週末は怒涛の二日間だった。。

明日からまた一週間が始まろうとしているのにもう体力ゼロー。。
そんな明日は長男の幼稚園で楽器発表会。
這ってでも行かねば!

さて。
話は戻りますが今週土曜日は「花の会」の発表会。
花の会を始めて10年の節目である今年、先生が企画したこの生徒さん達のお披露目会に、何故か新参者の母も参加する事になりました。
朝9時にお店入りすると既に先生含め8人程の生徒さんが慌ただしく作業をしてました。
生けこむ花材たち、今回も那須から届いた山の野花が沢山。
この季節らしく、ヤマアジサイやカシワバアジサイなどしっとりと濡れた草花がズラリと並びます。

DSC_8618

生け込みは金曜夜から出来たんだけど子持ちの母はそんな時間帯にお店入りできるわけもなく当日の生け込み。
でも大丈夫、先生がついてるからどんな下手くそに生けたって修正してくれる!この安心感大切ネ。

展示会場はお教室の場所であるカフェ「イカニカ」
お店の中の様々な場所に生徒さんの作品をしつらえ、お茶をしにきたお客さんに楽しんでもらうという趣向です。
母が来ると先生「うららちゃ~ん、とりあえず持ってきた器を棚に並べてセッティングしておいて!」と言い放ち、他の生徒さんの生け込みのお手伝い。
白いお洋服の女性が先生。

DSC_8619

今回、発表会をするにあたって先生に「テーマ」を決めるように言われまして。
そんな母は「今までと、これから」という、結婚前と出産後に関連した物たちを集めての展示にしました。
結婚前は海に関する事が好きでダイビングで行った場所の砂など、そして産後は家族が増えて「料理」をする機会が増え、それと共に料理をより楽しむ「器」に目がゆき、といった具合。
茶色の大きい花瓶以外は全て私物でございます。

DSC_8610

慌ただしい生け込みの時間の合間で撮ったのでピントもボケボケだけど母の作品棚はこんな感じ。
もちろん先生のテコ入れ後(笑)

誰かの差し入れの手作りドーナツがあったけど、先生の「とりあえずみんな生け込みが終わってからよ!食べるのはその後!」の言葉により誰も手をつけられない可哀想なドーナツ・・・

DSC_8620

自分の生け込みが終わったら他の生徒さんの作品を見て回ったり。
押し花が好きな人は本の間に挟んだ押し花と、その傍らに同じ品種の生のお花を生けたりと、みんな同じ花材を使ってても表情は様々。

DSC_8634

美大出の人は昔使ったキャンパスを白く塗って、展示場所が入口付近という事でウエルカムボード的に使ったり。

DSC_8628

9時から始めた生け込みもなんとかお店のオープン時間である12時にギリギリ?間に合い、オープンと共に続々とお客さんが。
そんなに広いお店ではないのですぐにいっぱいになり残った我ら生徒達は期間中の水替え当番の申し送りなどをしてその日は各々解散したのでありました。
しかしその日は旦那さんが長男を連れて見にきてくれるとの事だったので母はそのまま待機。
すると程なくしてカラフルなカッパを着た5歳児と40間際の男性が到着~
落ち着いたカフェにそぐわない幼子が来たとあってしばし女性陣の黄色い歓声を浴びる長男、もちろん嬉し恥ずかし有頂天。
モジモジしながらもカウンターに座り、クッキーを食べておりました。

DSC_8644

母の作品を見た後は他のお客さんも控えているので早々に退散し我らは帰宅。
その後は実母が友人と一緒に来店したようです(後で応対した生徒さんに聞いた)。

花の会発表会「カフェで愉しむ花しつらい」は6/28~7/3まで。
もしお近くにお寄りの際は花を愛でつつお茶など如何でしょうか?





6/27の風景

ここ最近、暇さえあれば寝ようとしている妊婦です。
こんにちは。
いやー、夜の寝られなさっぷりはすごいわ、夜23時に寝て寝ついたのが深夜3時とかだと連日寝不足。
なので日中、細切れでも30分程ソファに横になると大分楽です。
それを旦那さんに話したら「徹夜3日位したらさすがに寝られるんじゃない?」とか言いやがった(怒)
全く、妊婦を何だと思ってるんだ。3日も徹夜したら死ぬわ!

そんなわけで週の終わりの金曜日。
お教室準備がいつもより早く終わったのでお客様がいらっしゃる前に30分程仮眠してパワーチャージ。
本日は3名様。
メニューは

・レモンカードのマフィン(5.6月限定)
・フロランタン
・シュークリーム

です。

フロランタン。
誰も取ってくれないな~、じゃあスライスアーモンドの在庫抱えてるのももったいないから買う量を控えようかな~と思った途端何故かお客様のご選択を受けるというこの摩訶不思議な現象。
ナッツ類というのは常温で置いておくと油が染み出て品質が劣化してくるので基本冷蔵保存なんだけどそれでもそんなに置いてはおけない。
今までは500g袋を買ってたんだけどなかなか掃けないので100g袋を2袋程度常備しておいたらここ数回フロランタンが出ただけで足りなくなるという事態に。
まー、スライスアーモンド位はそこらへんで手に入るので慌てる事はないんですがこのメニューの偏りはなんなんでしょ?
母的にはフロランタン=秋っぽいお菓子という認識なのでこのジメジメした季節には閑古鳥かと思ったのに。
未だにお客様の気持ちが分からないでおります。
不人気なメニューが日の目を見るのは嬉しいので良しとしましょう。

そんなわけでまずは来た順からレモンカードのマフィン。
こちらのお客さまは随分前からいらして下さっている常連さんなのですが、もう上のお子さんは幼稚園、本日は今年の2月に生まれたばかりの下の子の初お披露目に来て頂きました~。
生後4ヶ月の女の子。可愛い~!まだ寝返りもしない赤ちゃんなんて久しぶりに見るわ~。
抱っこしたり色々したい気持ちをどうにか抑え、作業開始。
今回はご主人様が爽やか系のお菓子がお好きとの事でのご選択です。ちなみにお客様ご自身はチョコ好きという全く嗜好が正反対なご夫婦のようです。
あらかじめ作っておいたレモンカードをバニラ生地に混ぜ込み、最後にワッフルシュガーをトッピングしたこちらのマフィンは食べた時のカリっとした食感と中のレモンの爽やかな香りいっぱいの初夏らしいお菓子です。
焼き上がり後すぐにオーブンから出すと家中がレモンの香りでいっぱい。
10個出来たので是非沢山食べて下さいね~。

DSC_8593

お次はフロランタン。
作業工程が多いのでザッと一通りの流れをお話した後は怒涛の作業開始~。
今回、ご新規のこちらのお客様。お菓子作りなどに慣れていらっしゃったのでさくさくと進みます。
生地を寝かせた後は型に敷き込み、空焼き。
お子様がキャラメル系のお菓子がお好きとの事なので喜んでくれると良いですね。
今回は他のお菓子の作業効率が結構良かったからか?時間内にカットまで出来てバー状にした物を個包装してお持ち帰り頂きました。

DSC_8607

最後はシュークリーム。
まずはカスタードを作ります。
ひたすら練る事数十分、滑らかなカスタードクリームが出来たら粗熱を取りその間にシュー生地を作ります。
母のシュークリームは皮が厚めで表面がちょっぴり甘じょっぱいのが特徴。
その皮と中のクリームとの相性が抜群のこのシュークリームは手間がかかってその上日持ちもしないけど一度は作って頂きたいお菓子です。
懸念事項の「シューが膨らまない」もポイントをお話しながら作業は進みます。
その後7個絞られたシュー生地は無事オーブンの中に入れられ、30分後にはぷっくり綺麗な真ん丸に。
これを見るといつもホッと胸をなでおろす母でありました。
シュー生地は膨らまないと本当どうしようもないのでこの光景を見れると一安心。
生地が冷めたら作っておいたカスタードにホイップした生クリームを合わせたクリームパティシエールを詰めたら完成!
良く冷やして思いっきりかぶりついて下さいな。

DSC_8604

みなさんの作業が終わるのを見計らってお昼の準備~。
本日のランチは先日に引き続きニョッキです。

・フレッシュトマトソースのバジルニョッキ
・ホテル風ブレッド
・サツマイモとセロリの冷製スープ
・ダイス野菜のヨーグルトサラダ
・ファッジブラウニーサンデー

です。

DSC_8600

DSC_8599

DSC_8598

DSC_8596

DSC_7837

ニョッキ作りも本日が最後かな?
7月に入ったらランチメニューとデザートをどうしよう~。
デザートはとりあえずバター不使用のお菓子にしようと思っております。暑くなってくるので冷菓かな。
候補としてはマンゴープリンやフレーズムースになるかも、お楽しみに♪あとは、個人的に好きなカルピスジェラートになるかも~。
今年もあれを作りたくなる季節になってきましたわ。

今日はランチ時にお客さまと色んなネタで大盛り上がり。
作業がひと段落した母も図々しくお話の仲間入りさせて頂き、家電ネタで大いに盛り上がりました。
そういえばうちにいらっしゃった方の大多数の方がキッチンに鎮座している土鍋に食いつきます。
「土鍋でご飯って大変じゃないですか?」という質問から始まり「いやいや、実は炊飯器より土鍋の方がすぐ炊けるし美味しいので絶対お勧めですよ」とお答えしております。
母が結婚した時のお祝いに実母からもらったこの土鍋。
名を「かまどさん」と申しまして(そういう名称で売られている。別に母がつけた名前ではないので悪しからず)外蓋、中蓋、釜本体と例え壊れても各パーツ毎に買えるのでとっても重宝しております。
そんな母も一度、洗い物の最中に外蓋をうっかり落として欠けさせてしまい落胆したけどパーツ買いで事なきを得ました。今では我が家になくてはならない大事な物です。
うちは3合炊きを使っているけど炊飯器にはあって土鍋にはない「保温機能」もその日に炊いた残りのご飯はご飯専用タッパーに分けて冷蔵庫に入れておけば翌日には家族の弁当&朝食やらですぐに無くなります。
特に土鍋を使っていて「保温機能があったらなー」的な不満は抱いた事がないので別に必要ないと思います。
でも、実は最近の炊飯器のハイテクさを実体験してみたい、という興味本位はあるけどね!(笑)
だって10万もする炊飯器なんて一体どんだけ美味しく炊きあがるんだろう?って興味ありませんかね?母だけ?

家電では他に洗濯機ネタでも盛り上がり、お客様が「ドラム式を買ったけど本当買わなきゃ良かった・・・!」と嘆いておられました。。
うちも1年程前に洗濯機を買い替えたんだけど買うに当たっては電化製品に滅法強い旦那さんの意見に従うだけの母なので特に迷いもせず普通の洗濯機を購入したんだけどドラム式って色々まだ問題があるみたいだね~。量販店に行っても良い事は沢山教えてくれるけどデメリットは教えてくれないもんね。当然か。。
そういう意味では電化製品に詳しい旦那さんを持つ母は幸せなんですな。
たまに詳しすぎて「あと半年待てばモデルチェンジするからそれまで待ったら?」とか「来年になったら〇〇っていう機能が標準装備になるからそれまで待ったら?」的な玄人ネタをブッ込んでくるのでイラっとする時がありますがね。
そういう時は「今、今、欲しいんだけど!!」と短気らしい母の発言と相成ります。
でも大体は最終的には旦那さんの意見に従うけどね。。
そうそう。
最近、母が欲しい物。それは「扇風機」
2台あるうちの扇風機、長男か次男のどちらかが扇風機が首振りしてる最中に真逆の方向に手で押さえつけた為が最近首振る毎にキーキー妙な音を立てて非常に不愉快。
更に首振り機能がおかしくなってある一定の角度になると首がガクっと横に倒れこみ、その後復活しないという・・・
風を送る、という意味ではまだ大丈夫なんだけどそれに加えて子供部屋にも1台置きっぱなしにしておきたいという欲求の為に欲しいなーと思っているのですが扇風機もピンからキリまであるよね。
我が家にあるのは一般的な扇風機で別に高価でもないのですが、気になるのがダイソンの羽根無し扇風機。
4万以上するあれですよ。
扇風機に4万??と、まあ今までもこれからも検討範囲には入りもしないと思うんだけど「一体どんな感じの風でどれくらいの拡散範囲があるのか」に興味があります。
羽根がないので子供がいるうちの様な家庭には便利だしね~。
しかしダイソン様はあらゆる物が高いので有名。どんなに高機能でハイセンスでもそんなにおいそれとはお金は出せませんわ。
どなたかダイソンの扇風機使っている方がいましたら使い心地を教えて~。
宝くじが当たったら買うわ。

そんな感じでお菓子教室なはずなのに家電ネタで盛り上がる我が家。
まだまだ話は尽きませんでしたが時間に限りもあるので14時前にお開きと相成りました。
今日は雨にも降られずなんとか無事お客さまをお見送りできたし良かった良かった。
明日はいよいよ母の「花の会」の発表会初日です。
朝早くに現地に行って生け込みせねばー。
なんだか親類縁者が続々と来てくれるのがかなりのプレッシャーな母であります。。。

とりあえず頑張りますわ。
それではみなさま良い週末を!

【余談】
さっき、待ちに待ったバターが来た~!
3個しか買えなかったので無駄使いせずお教室で使いたいと思います。
早く10個とか買えるようになってくれー!

DSC_5511



パン教室~6月の巻~

今日は月に一度のパン教室の日。

メニューは随分前から取ろう取ろう・・と思いつつ、毎回限定メニューに心奪われたりして取れなかった「リュスティック」
いつもは10時にお教室入りさせてもらってるんだけど本日はその前に妊婦検診があったので母だけ11時入り。
先月習ったホテル風ブレッドは母のド真ん中にハマり、ここ数回の教室ランチで立て続けに作っております。
開封した生クリームを使いきるには立て続けに作らないともったいない、というのもあるんだけどそれにも増してこのホテルブレッドは美味しい。
最後のクープに乗せる有塩バターのほんのりとしたしょっぱさがまだ絶妙。
・・・・と、今回はホテルブレッドの話ではなかった(汗)
リュスティックだった。
リュスティックはフランスパンの部類に入るらしく、まだフランスパンを作った事のない母は今回が初。
先生が言う事には「フランスパン入門編」であるこちらのパン、頑張って覚えて最終的には母のお教室のランチで出したい。
レシピを見ると今まで使った事のない「モルトパウダー」という物が。
フランスパン作りには必要不可欠な材料らしく、それと水、イーストなどを入れて混ぜその後粉も投入して軽く混ぜます。
その後の発酵の仕方もこれまた今までのパンとは違い、冷蔵庫で一晩じっくりと低温発酵させるようです。
12時間以上寝かせるので今日のお教室では先生が前日に仕込んでくれたものを使い、母はその前の作業を先生のデモで見せてもらったのでした。
とにかくメモらないと覚えきれん!(汗)
帰ったら覚えているうちに復習しないとなー。あ、でもモルトパウダーなんて絶対買っても消費しきれないから先生に分けてもらおうと思ったのに忘れた・・・。

そしてこのリュスティックの生地の柔らかいのなんの。
手でうっかり触ろうもんならダラ~とだれてきてしまうので扱いは基本カード。
先生の教えてくれるパンは打ち粉は殆どしないけどこのリュスティックは打ち粉しまくり。そーっとそーっと扱ってパンマットの上に乗せたら最終発酵。
なんか先生「慣れればすぐ出来るわよ~」といっておられましたが母的には今まで習ったどのパンよりも難しい気がするよ?(汗)
最後に霧吹きをかけてなんと300℃のオーブンで焼成。
焼き上がりは綺麗にクープも開き、いかにもフランスパン!といった具合。
こんなのが自分で作れるだなんてすごいわー。早く自分の物にしてランチの付け合わせとして出したい。

DSC_5494

ちなみに一緒に参加した友人はバター&砂糖たっぷりの「レーズンシュガーパン」を作ってました。
これがまた美味しそうなんだわ。
グランドメニューに入っているので焦らずいつか取ろう。

みなさんの作業がひと段落した後はお楽しみのランチ♪
今日のメニューは
・スペインオムレツ
・ロールキャベツ
・フーガス(バジル入り)

です。

DSC_5495

DSC_5496

フーガス、とはパンの名称です。
ちなみに7.8月の限定メニューのパン。そして母は7月はそれを取ろうと決めております。
いつもの如くまだまだ日中の食事には要注意な母なので大丈夫そうなフーガスだけ頂き、スペインオムレツなどはお持ち帰りにして頂きました。
フーガスはもちろん、スペインオムレツがすごく美味しかった!(あとで家で食べた)
イモ好きな母にはこのシンプルな味付けが本当に美味しく感じました。
まだまだ長男のイモがあるのでこの週末にでも作ってみようかな~。
さすがスペイン在住歴のある先生、お料理も本場そのもの。
そして今日はなんとデザート?も。

DSC_5497

ご実家で採れた立派なビワ、「遠慮なく持って帰って~」とおっしゃっていただいたので我が家のフルーツ好き兄弟の為に図々しくも数個頂いちゃいました。
ビワって母も今まで食べた経験が殆どないんだけどこんなに立派なビワあるんだね~。
早速今日の夕食後のデザートに長男にあげましたが、美味しい美味しいと無我夢中でほおばっておりました。
料亭に卸す位の立派なビワですもの、そりゃ折り紙付きでしょうよー。
タダで頂けて本当にありがたい。
ご馳走様でした。

DSC_5509

あー、楽しかった!
さて、明日は母がお客様をおもてなしする番です。



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ