迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2015年06月

今頃ランドセル考察、の巻

ここ数日で母と次男が髪を切りに行き、すぐまた長男も伸びてきた髪を切らねばならないという出費の嵐。
髪を切るタイミングが重なるとお財布が痛む今日この頃です。

そんな美容院でのお話。
いつものように小話をしながら髪を切ってくれていた美容師さん、おもむろに
「そういえば、もう〇くんのランドセルって買いました?」
母「あ~、周りでは下見に行ったとか聞きますけど、うちは男の子なんで選択肢も少ないしまだ下見すらしてません」とあっけらかん。
そしたら「なんか夏位までに買わないと希望の物が売り切れたりするらしいですよ」と驚愕のお言葉。
・・そういえば昨日のお客さまにも「ランドセルってどうしました?」と聞かれたけどこんな母みたいに安穏としてはいけなかったのか。。
既に戦いは始まってる?(汗)
夏までにどうこう、っていうのは種類が多様な女の子に限定されると思ってたけど性別関係なくそうなの??
内心焦る母。
しかし、毎月長男が園からもらってくる様々な冊子の中に掲載されているランドセル広告の山を見ると
「・・・メーカーだけでこんなにあるのか」と食傷気味。
これは親の方で大体の見当をつけておかないと大変な事になりそう。
数あるカタログの中から子供に「さあ、どれにする?」なんて選ばせたら延々に終わらなさそうだ。
そもそもどんなメーカーがランドセルを作ってるのかを母は知らない。
多分、母が愛用しているショルダーバックを作ってる土屋鞄はランドセルありそうだけど。
調べたらあったあった。

img_cowhide001

そして値段の幅にびっくり。
6万~10万とかなりの金額差があるんですね(汗)。
お母さん方の話では"軽いのが良いのか""耐久性に優れたのが良いのか"で悩むらしいけど、6年間使うものだからな~。
悩むところです。
しかしランドセルってのは良く出来てるもんだ、あんなに乱雑に使われても6年間壊れないんだからな。
それを考えると6万という金額はそう高過ぎる値段ではないのかも。

とにもかくにも我が家のランドセル考察は始まったばかり。
とりあえず手近な所から現物を見に行ってきますかね~。
・・・しかし土屋鞄の軽井澤限定モデルの14万って金額は一体どういう事なんだ・・・?
男の子だし、質実剛健な物で結構。

【本日の一コマ】
用事を済ませた後、久々に粥菜房さんでお昼。
ここらでは一番美味しい中華料理屋さんであります。
大好きな人参餃子と青菜の炒め物に大満足なのでありました。
次男は唐揚げにかぶりついておりました。

DSC_8081

DSC_8083


6/29の風景

もうすぐ夏休み。

そんな先日、長男からこんな書類を手渡されました。

BlogPaint

そう、園生活最後の"お泊り保育"
いつもは14時過ぎまでしかいられない幼稚園にみんなで夕食を食べお風呂に入り楽しく過ごした後は一緒に一晩過ごす。
なんて楽しいイベント!
長男、今から楽しみで仕方ないようです。
最近「も~えろよもえろ~よ~♪」とキャンプファイヤーの歌を歌ってるけどもしや園庭でキャンプファイヤーでもするのか?
そしてお泊り保育の様子は業者が撮影してくれDVD購入できるようなのですが3,000円出すからにはちゃんと我が子が写ってるんだろうな?と疑惑の念を隠し切れない母。
特に"ご家族との再会まで思いを込めて撮影します。おかえりなさい!感動のラストシーンを大切な思い出に!」とかなり期待値高めに書いてあるけど、これ信じて良いの?
いざDVD見てみたら最後の感動のシーン、全然自分の子が写ってなかったとかない?
しかしどう文句を言ったところで買う、以外の選択肢はないので渋々3,000円を封筒に入れて長男に手渡したのでありました。

さて。
週明け月曜日。
火曜日はちょいと所用がある為、久々の月曜開催であります。
本日のお客様は3名様。
お久しぶりにお会いする方あり初めましてのお客様あり。
メニューは

・バナナシフォンケーキ
・生ロールケーキ
・レモンタルト

です。

週明け早々、タイトな時間割になりそうだ・・(汗)

まずはレモンタルトから。
サブレ生地を作り冷蔵庫で寝かせます。
しかしこちらのお客さま、とても手際が宜しいのでサクサクと作業が進みます。
生地を寝かせている間、バナナシフォンケーキに移行。
作業しながら「ここに最初に来た時はまだ小学一年生だったのにもう4年生!?早い!」と時の流れに驚きつつお客様の近況を聞けて嬉しい母。
上のお子さんが進学したお話とか、教室をしているとお客様のご家族の事なども話題になるので会った事ないのになんだか親近感が湧いてしまうわ~
進学と同時に家から出てしまったとの事なのでお母さん、寂しそうでしたがまた夏休みに帰ってくるとの事なのでその時には是非今回作ったバナナシフォンをお子さまに作ってあげて下さい。
とっても美味しそうに焼き上がりました。

DSC_5649

最後は生ロールケーキ。
昨今のバター不足でありますが、このロールケーキはバター不使用。結構経済的なお菓子であります。
今回は生クリームのみですが季節のフルーツを入れればバリエーションが無限に広がります。
フワフワ生地が焼き上がった後はシロップをたっぷり打ち、クリームを挟んだら一気に巻き込みます。
しっかり冷やしたら完成~。

DSC_5651

作業がひと段落した後はお昼。
今日は緊張しながら作業を進めたのでそこまで遅いお昼になりませんでした、ホッ
本日のメニューは

・グリルチキンのシーザーサラダ
・トマトとチキンのポタージュ
・フォカッチャ
・ファッジブラウニーサンデー

です。

DSC_5633

DSC_5636

DSC_5637

DSC_5645

なんか今日、写真撮りながら「なんかいつもより霞んで写るな・・」と不思議に思ってたらあとでレンズを見たら手垢がびっしりついてた(汗)
次男か三男の仕業だな・・・アイツめ。
今日のお昼のメニューは見ての通り手抜き(汗)。
というのも昨日の大井川鐵道で体力を使い果たし、凝った料理を考える気力が湧かなかったから。
というわけでとりあえず鶏肉を焼いて野菜の中にばらまいた感じになりました・・ごめんなさい。
スープは最近常に冷蔵庫にあるジジイ畑のトマトをたっぷり使ったポタージュ。
人参の甘さとトマトの爽やかな酸味がとても良く合うポタージュです。
合わせるのは先生のフォカッチャ。
こちらもバター不足のこの時期に大活躍のパンです、経済的&美味しいだなんて100点満点!
ちなみにうちのお父さんもこのフォカッチャ大好き。
デザートは久しぶりのファッジブラウニーサンデー。
こう暑いと冷たいデザートの方が良いかな~?と冷菓ばかり作っております。
と思ったら気まぐれで焼き菓子焼いたりするのであまり期待しないようにお願いします。
トッピングはこの間cuocaで試し買いしてみたアーモンドクランチ。
アーモンド風味のクッキークランチなんだけど、新メニュー考察の役に立つかな?と思ったけどまだそれ程活用されず、結局パフェのトッピングになりました。
これを使ったメニューとか出来ないかな~。
濃厚なブラウニーと冷たいアイスが相性抜群のデザートです。

デザートのお時間にはレモンタルトもようやく完成。
タルトはやっぱり時間がかかるわ~。鮮やかなレモン色のタルト、美味しそう。
キンキンに冷やしてお召し上がり下さいな。

DSC_5653

そしてその頃には母の背中から起き出した三男、お互いの熱で暑がり、解放要求されたのでキッチンに置いてみました。
母が少しでも別部屋に行こうもんなら後追い泣きするので、こりゃ面倒な時期に突入してきたわ・・・
側にいればこの通り、ニコニコなんですがね。
とりあえず暇つぶしにキッチンマットで遊ぶ、の図。

DSC_5642

それにしても今日はしゃべり過ぎた。
ついついお客様とのおしゃべりが楽しすぎてしゃべり過ぎてしまう癖があるな~。反省。
もう少し主宰者としての節度を持たないと。
という訳で本日の反省、今後に生かします。

今週は始まったばかり、でも明日には6月も終わり。
7月は長い夏休み前の最後のお仕事月なのでどうか母含め家族が病気になりませんように!
ではまた。

トーマス号に乗る、の巻

 日曜日。

結局、お父さんに押し切られて出掛ける事になりまして(泣)。
行先は静岡は大井川鐡道。
勘の良い方は大体の予想がつくかと思いますが、本物のトーマスに乗りに来たのであります。
確か去年からだったけな?このトーマス号。
本物のSLのトーマスに乗れるとニュースになったものです。走り出した最初の年はそれはそれはチケットを取るのが大変だったらしいけど、今年はそれよりはまだマシだったのかな。
それでも1ヶ月前位には申込みしておかないと希望の日にちは取れないかも。
そもそも我が家は直前までそんな予定がなかったので前々日位にお父さんから「日曜日、トーマス号に乗りたいから切符予約して!」と言われてHPを見ると、1週間前までは満席だったのが直前でキャンセルになった席などがあって再申込み受付中に。
そんなわけで幸運にも直前に切符を取る事が出来て当日の運びとなったのでありました。

大井川鐡道があるのは静岡県。
そしてトーマスの運行は週に1度、週末のみ。1台しかないので行きと帰りの2回しか運行しません。
なので切符獲得が難しいのですね。
10:38発の新金谷駅発のトーマスに乗る為に10時前に現地に到着した我が家。

DSC_5283

どうやら駅舎奥に見学ツアーがあるようなのでそこを見がてら時間を潰します。
転車台もあったりして大迫力!おもちゃじゃなくて本当に使われてる転車台だと思うとすごいね~



DSC_5319

奥にはトーマスではないSLが整備中。
この顔の部分(なんて言うのか知らない・・)の蓋って開くのね。

DSC_5334

そして更に奥にはジェームスらしき塗装をされたSLが!
今回はジェームス号は運行してなかったけど予約カレンダーを見たら7月には運行するらしいので現在準備中っぽい。
さてはトーマスで味を占めたのでジェームス号も出そうって事ね。
個人的にはキャラクターで客寄せするのは好きじゃないので母は普通のSLにロマンを感じるわ~

DSC_5337

と、一旦外に出るとそこには発車前の最終整備中のトーマス発見。
食い入るように見つめる兄弟達。
おおー、うそっこじゃない煙を出しておる。

DSC_5323

見学ツアー者は更に近くまで行けます。
走るトーマスと記念撮影。

BlogPaint

間近で見ると結構この顔、怖いんですけど・・・
なんつーかこう、何も映し出していない目が怖い。しかもこの目、動くし。

DSC_5379

その後、乗車時刻が近づいてきたので駅舎に戻り、改札を抜けてホームへ。
そしたら相変わらずの発車前の写真撮影。群がる人々、立ち位置を求めて親達は闘争心むき出し。
母達は先程済ませたのでここでは戦力喪失して早々と乗車。

DSC_5427

車内はこんな感じ。
トーマス一色であります。ここまで来るともやは富士急のトーマスランドに来たのとなんら変わりがない気がするのは母だけでしょうかね。

DSC_5529

BlogPaint

発車すると車窓からの景色は静岡らしいこんな綺麗な景色が。
茶畑の緑が本当に綺麗だった!
車窓からはトーマス号に手を振ってくれる人が沢山!
そりゃ週に一度、一往復しかしないSLは珍しいわな~。
そこここに親子連れや家の中や外からみんなが手を振ってくれて、同じく手を振るのが大好きな次男が大喜びで手を振り返しておりました。

DSC_5515

しばらくするとお腹が空いてきたので途中の沼津SAで買ったお弁当でお昼。
ちなみに新金谷で売っているトーマス弁当とやらは箱だけで、中身は別にトーマスでもなんでもなく、味も不評のようなのでここは敢えて味で勝負。
駿河湾のしらす&マグロ丼&富士のなんとか豚の甘辛弁当。
美味でありました~。しらす丼、旨かった。

DSC_5475

DSC_5474

車窓からは透き通るような水の大井川も愉しめます。
河原も広くて川遊びとかしたら気持ち良いだろうな~。
河原のあちこちに鮎釣りらしき人の姿が見えました。

DSC_5493

1時間程すると終点、千頭駅に到着。

DSC_8058

帰りのトーマス号は大分後なので、我が家は普通列車で元来た道を戻り、新金谷まで。
車で来てるしね、SLに乗るとこれが面倒なのが残念。乗ってまた戻るという。
帰りの電車まで1時間程あったのでお父さんと上二人は千頭駅に特別展示されている"トーマスフェア"へ。
ここには実際には運行してないけど実物大?のヒロやパーシーがいます。
こちらもこんなデカいと怖さを感じる・・・

BlogPaint

BlogPaint

母は三男と二人、駅舎でお留守番。
なんてったってこの日は暑かったのよ、炎天下赤子連れて歩いたら倒れちゃうわ。
お父さん組はミニトーマスに乗ったり帰りの転車台を見たりしたようです。

BlogPaint

トーマスが転車台に乗って向きを変えるところではまたもや人だかり。

DSC_5588

そして転車台、人が動かすのね!知らなかった。
大人3人程でうんせこらせと動かします。

DSC_5591

その頃、母と三男。
帰りの普通列車に乗り込みお父さん達を待ちます。
帰りは普通列車だったんだけど外見はトーマスのラッピング車だったので長男ラッキー。

DSC_5613

DSC_8056

兄達を待つ三男。
本日、ついては来たけど三男には何も良い事はありませんでした。
それなのに文句も言わず健気なやつめ。

DSC_8060

そしてお父さん達、転車台を見ていたら発車時間にあわや間に合わなくなり、次男を担いで大慌てで乗り込んできたのでありました。
出がけに「行く行かない」で夫婦ですったもんだありましたが、子供達が喜んでくれたのでまあ良しとしますか。
帰ってからは翌日の教室準備に追われた母、「それもこれもお父さんの我が儘でこうなったんだからね!」と当り散らしたのは言うまでもありません。

夏休み、本物のトーマスに会いたい方は是非どうぞ♪

花の会~水無月の巻~

梅雨らしいシトシト雨が降る土曜日。
今月も花の会へ行ってきました。

DSC_8029

月に一度の母の道楽の為に実家から今日もジジイがやってきてくれました。
赤子含めた子供3人を置いて「じゃ、よろしく!」と逃げるように家を後にした母。
その後起こるであろうハプニングを想像すると申し訳ない気持ちでいっぱいでありましたがここはひとつ忘れる事に。
6月の草花はしっとり濡れた緑が鮮やかな葉物がメイン。

DSC_8025

花材は・・・
・グミ
・マタタビ
・スモークツリー
・ボタンヅル
・ディアボロ
・ギボウシ
・シモツケ
・ペリシカリヤ
・ヤマアジサイ
・フロックス
・ペンステモン
・オレガノ
・トリアシショーマ
・ボタルブクロ
・ヒューケラ

母も自分で花の名前を良く知ってる方かと思っていたけど世の中沢山あるのね~。
ペリシカリヤとか初めて聞いたわ。
そんな中、グミは母にとって懐かしい植物。
昔、祖母から箱一杯にグミが送られてきた事があってその美味しそうな見た目に歓声をあげたもんです。
しかしさくらんぼみたいな可愛らしい見た目とは裏腹に、実際食べてみるとその酸っぱさに口が痺れる程。
グミの実はこんな感じ。美味しそうでしょ~?すごく酸っぱいのです。

無題

今回は実付きではなく葉のみの枝を使いました。
マタタビとかも初めて手にとったけど白くて可愛い花が咲くのね。
そして、今回先生から素敵な言葉を教えてもらいました。
それは"雨降り花"という言葉。
今回使ったホタルブクロは昔から雨降り花と言われているんだそうです。
雨降り花を摘むと、雨が降ると伝えられているんだそうな。
その他にも夕顔や一輪草、ツユクサ、ギボウシなんかも雨降り花と呼ばれているみたい。
そんな素敵なお話を聞いた後は早速みんなで生け込みです。
今回、母が選んだ器は深いすり鉢状の器。

DSC_8026

枝の処理をしたらササッと生け込み。
今回は前回よりも迷いなく生けられたので水も汚さず、多分初めて先生に「うん、上手になったね!」と褒められて有頂天な母。
下手の横好きも何度も花を生ければそれなりに見られるようになるんでしょうか。

DSC_8027

生け込みが終わった後はどうしてもジジイの事が気がかりだったのでお茶も失礼してそのまま帰路へ。
それでも数時間、一人だけの時間を満喫できたので感謝であります。
家に帰ると丁度お昼ご飯の真っ只中だったようで3人の子供相手にジジイが奮闘しておりました。
長男はサッサと食べ終えて既に自室で折り紙遊びをしていて、リビングにいたのは次男と三男、それとジジイのみ。
次男は大好きなジジイ相手に「もういっちゃん、たべられな~い」と甘えっぷり全開でタラタラ食べているし、三男はベビーチェアに座らせられジジイの手から離乳食をもらっておりました。
厳格だった在りし日のジジイの姿を知る母としては、孫達のお世話をしているジジイは随分丸くなったもんだな・・・と実に感慨深げ。

帰宅して小一時間程休憩した後は今度は長男のスイミングへ。
いつぞやの振替を今日にしていたので一日フル稼働でございます。
そして長男、先日のテストでようやく念願叶って進級~
前の進級がいつだったか調べたら去年の7月だった・・・1個進級するのに約1年もかかってるのか・・遅すぎるだろ。
同じクラスの子にどんどん追い越されているというのに本人、大して気にしてないようです。
ま、良かったね。これでようやく赤帽子最後の級です。頑張れ~!オレンジ帽になるのはあと1年後かな。

BlogPaint

そんなこんなであっという間に土曜日が終了したのでありました。
明日は母は何処にも行かない!と決めております。
しかしお父さんは何やら企んでいるようで、断固として「行かない!」と言う母に対して業を煮やしたのかこんな嫌がらせをされました。。
・・・ぜってぇー行かないからな!(怒)
ふざけた事しやがって・・・しかも油性マジックだし
(写真文面)↓
ヒザです
体重を支えてつらいです。
助けて下さい。

DSC_8032





6/26の風景

「あー、やっぱ男子って期待を裏切らないな」と思った瞬間。

昨日、生協に買い出しに行った帰りの事。
買い物を済ませて帰ろうと自転車置き場に戻った母、6歳位の男の子を連れた親子連れを見かけまして。
何気なく会話を聞いてたらその男の子「ねえねえママ~、鼻クソほじったまま息って出来るのかな?」だって。
その質問に、一体どういう回答をするのか聞き耳を立てていたらお母さん「え~、知らな~い」とてんで相手にしてない(笑)。
鼻クソほじったまま息できるのか?だなんてなんと低レベルな質問よ・・・我が子にこんな質問されたらあまりのアホさ加減に泣けるわ。
いやでも待てよ。
意外にこういう事に着目する子の方が将来大物になるかもしれん。
日頃、母がお父さんに「本当お父さんってどうでも良い事に目をつけるよね」となじっているけど、そんなどうでも良い事に目を付けていたから今の研究者としてのお父さんがいるのかもしれないし。
しかし、この年齢の男女の精神年齢の差ってすごいよね。
方や、女の子は小学1年生で既に下校時に家の前で井戸端会議らしきものをしてクラスの男子の話やら長々と話に興じているし。
女の子のお母さんだったら母とは反対に我が子の精神年齢の高さに驚くのでしょうかね。
齢6歳にしてクラスの男子の話なんかされたらそれはそれで母として「まだ早すぎやしないか?」とドキドキしそうだけど。

さて。
本日は週最後のお教室でした。
本日も3名様、そういえば最近赤ちゃん連れのお客さまが多くて2~3歳児位のお子様はあまり来ない気がする。
一番やりたい放題の年齢の子があまり来ないので今日も静かなもんです。
本日も0~1歳児のお子様連れ。
メニューは

・ファッジブラウニー
・フィナンシェ
・レモンカードマフィン

です。
まずはブラウニーから。
今回は濃厚なチョコがお好きというご主人の為にとのご選択です。チョコの温度管理だけ気を付ければあとは混ぜるだけ~。
あっという間に完成です。
こちらのお客様は現在育休中との事で、早速昨日仕入れたばかりの所沢の育休訴訟について談義したりして楽しく作業させて頂きました。
二人目出産で育休取ってるからっていって上の子の保育園退園させるってなんかおかしい気がするんだよね~。
赤ちゃんと上の子の世話、大変だろうに。元々保育園に入れてないお母さんは仕方ないにしても今入れてる上の子を退園させるってのはとりあえずその場しのぎで待機児童を減らしてるだけに過ぎない気がするんだけどなー。
あくまでも個人的な意見だけどつくづく行政って子育て世代の事分かってないな。

DSC_5281

はい、次。
お次はフィナンシェです。こちらは生地を寝かせる必要があるので少し早めの仕込みです。
こちらのお客様、お友達への手土産にしたいとの事で型を買う気満々でのご参加。
型を買うからには是非家で作って下さいね~、と作業も真剣そのもの。
ポイントだけ押さえればこのお菓子はとっても楽なのでお勧めです。
1時間程寝かせたら一気に焼いていきます。
今日は全部で15枚出来ました。

DSC_5278

最後はレモンカードマフィン。
コビトヤのメニューにはレモン系のお菓子が3つ程ありそのどれもが一定の人気があります。
昔はウィークエンドシトロンがすごく人気だったけど新メニューでレモンカードマフィンを出してからは最近はこっちの方が断然多い。
単純に昔シトロン作ったお客様が次のレモン系のお菓子、という事でマフィン選んだだけかもしれないけど(笑)
それにしてもメニュー考察は毎度思うけど難しいわ。
母が一押し!と思ってもなかなかご選択頂けなかったりするし。そしてまだクッキーシューはレシピ考察が終わっていないという・・・いや、したいんだけど検証焼きすると処理に困るんです。捨てるに忍びないしかといって毎回家族で食べるわけにもいかないし。
もうこうなったら夏休み中に最後のひと踏ん張りをしてレシピを完成させたいと思います。
秋になったらまた秋のメニューを考えないといけないし・・・常に何かに追われている(汗)。
そうこうしているうちにマフィンの完成~。
今回は幼稚園のお友達にプレゼントされるとの事で1個ずつ包装されました。
お友達に喜んでもらえると良いですね。

DSC_5275

みなさんのお菓子が焼き上がってお昼の支度~♪とふと時計を見たらまだ11時!はやっ
今日はお手軽なお菓子が多かったのでこんな早い時間にお昼の準備が出来るんだな。
本日のメニューは

・ソレント風ニョッキ
・モヤシと豆腐のさっぱりスープ
・大根とハムのマリネ
・完熟マンゴープリン

です。

今年初めてのソレント風ニョッキ。
蒸かしたジャガイモを潰して粉と混ぜて一口大に切るこの芋団子。
我が家では子供達が大好きなメニューです。
合わせるのはジジイ畑で獲れた大量のトマトで作ったトマトソース。
茹であがったニョッキとバジル、トマトソース、モツァレラチーズを合わせて器に入れたらオーブンへ。

DSC_5268

上のチーズが溶けた頃が出来上がりのサイン。
旬の夏トマトが出回る時期に是非作ってみて下さいな、ホールトマトにはないみずみずしさがあってとっても美味しいです。

DSC_5269

メインがこってり系なのでスープとサラダはさっぱりした物に。
スープはもやしと豆腐という家計に優しい具、そして最後にお酢を垂らしてさっぱり仕上げました。
そしてデザートはまたこってり系に戻る、と。
夏を意識して本日のデザートはマンゴープリンにしました。
入れてる器は随分前に香港に行った時に買ったエセ青磁(笑)
胡散臭い土産物屋で買った物なので絶対に青磁ではない気がするけど・・その時は器をじっくり見れるような旅ではなかったので致し方あるまい。
奥はお父さんがベトナムで買ってきてくれたバッチャン焼き。青磁の方もどちらも湯飲みなんだけどこんな物にデザートを入れても映えるもんですね。

DSC_5279

そんなこんなで食後も楽しくご歓談頂き、それが終わっても12:30!
早い、早すぎる・・・。
今週末は生憎のお天気のようですが、お手製のお菓子で美味しいティータイムをお過ごし下さい。

今週もご来店ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。
ではまた~


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ