迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2015年09月

おかあさんは心配性?

昨日のこと。

幼稚園から帰ってきたあと、いつものようにのんびりお着替えの次男。
一方の長男は素早く着替えて一足お先におやつタイム。
そしておやつも終わって、習い事の用意も出来「もう行くよ!」と母を急かします。
ところが母は次男がひと段落しないと家を空けられないのでつい「ちょっと待って。それか一人で行ってみたら?」とハッパをかけてみたのです。もちろん慎重派の長男が絶対に「ヤダ」と言うのを見越した発言(笑)。
長男なら「え~、ママが終わるの待ってる~」と言うはず。
しかしその時の長男は違っていた。
まさかの「うん!じゃあ行ってくる!」とリュックを背負い家を出てしまったのです。

驚いたのは母の方。
「えっえっ??」と慌てふためき、玄関を飛び出して外を見ると目の前の横断歩道をみぎひだり見て意気揚々と横断している長男が見えました。そして小さな背中はすぐに母の視界から消え・・・
どうしよう・・ここからでも声を掛けて追いかけるか。。いや、でも今までも「一人で行く練習をしようか?」と提案しては「ママがいないとヤダ」と言われ続け「じゃあ一年生になったら一人で行けるようにしよう」と約束したばかり。
本人が一人で行く気になった今こそ、母は背中を押してあげるべきではないか?
そんな思いが交錯し、結局追いかける事は止めました。
が!無事現地についているかどうかはまた別問題。
携帯を持たせていないので到着確認が取れない。
もう居ても立っても居られなくなった母、丁度昼寝から起きた三男と支度を終えた次男を急かして自転車を飛ばして長男の元へ。
そして教室のドアをソッ・・と開けて無事長男の姿を確認してようやく安堵の溜息をついたのでありました。

そしてその日の夜。
帰ってきたお父さんに今回のいきさつを話し「ねー、どうしよう?やっぱり次の習い事の時はまた元通り行きも帰りも付き添った方が良いかな?」と全くもっておどおどしっ放しの母。
そんな母に対しお父さんは「本人が行く気になったんだから行かせてみたら?心配し過ぎだよ」
そう、子供はいつか親元から巣立っていくもの。
長男の成長の為にも、元に戻さない方が良さそう。。でも、目の前の通りは事故が多いのが心配。
そして一人で通わせる為にはいくつか約束事もしないといけない。
そんな事を考えてたら昨日は全然寝られなかったわ・・・(汗)
今はまだ行きだけ一人で行くと言ってるけど、これが帰りも一人で帰ると言われたら一体どうすれば良いんだ。
子供携帯でも持たせて、到着コールと帰るコールをさせるかな~。
うーん、悩む。
本当"お父さんは心配性"ならぬ"お母さんは心配性"だわ。。
(※昔、少女雑誌で"お父さんは心配性"という漫画があった)

話は変わり火曜日。
本日は兄弟二人共幼稚園を欠席。
病人を景気付けにこんなところまで馳せ参じました。

DSC_8599

去年の3月以来のがんセンター。
またここに来るとはね。最近、癌についての報道が多いのと、ここにくると癌患者しかいないので気分も滅入るわ。
こんな時、子供たちの笑顔に救われます。
当の病人は「また出来ちゃったら取るしかないよね~」みたいな感じで達観してましたが家族はそうもいかない。
そして長男はもう6歳。色々分かる歳だけにいつもと違う姿&手術室の異様な雰囲気にかなり顔がこわばっておりました。
手術中、主不在のベッドで徘徊する三男。

DSC_8602

手術は1時間程。
「ただいま~」と病室に戻ってきてからは子供達も安心したらしく、いつものようにふざけて母に怒られ、あまりにもうるさいので売店でトミカを買い与えられて満足そうでありました。
まーねー、子供に病院で静かにしろってのがそもそもの間違い。

DSC_8603

その後、手術も終わったので母子4人はひとまず引き揚げることに。
2人に1人は癌になるという現代日本。
健やかに老いるというのは難しいものなんだなー・・とぼんやり車中で思う母なのでありました。

【お知らせ】
10/19(月)の「ブラムリージャムの会」に1席空きが出ました。
ご希望の方はメールにてお問い合わせください。→募集締め切りました。


秋風とガラスとてぬぐいと

9月から我が家一帯の住所表記が変わりました。

色んな理由があるらしいけどお役所的に都合の良いように変わったらしい。
我が家の場合は町名はそのままで番地以降が全然違うものに変更~
最初「ふーん」程度にしか思っていなかった母、しかしよくよく考えてみるとやる事が山程あるではないか!
考え付くだけでも銀行の住所変更手続き、免許の住所変更手続き。そういえばカードの変更手続きもか。
そして子供たち全員の口座もあるのでそれらの住所変更も!
・・・なんつー面倒な事をしてくれたんだ(泣)。
しかもこれ系の手続きはみな平日しか出来ないので必然的に子連れ。
そんな本日、ぽっかりと空いたこの日を逃すまいと三男を連れて銀行数か所をはしごしてきました。
月曜日だからか窓口激混み。
すぐに三男は騒ぎ出すし、ようやく本日のノルマを終えた後はお昼過ぎてたわ。
まだ免許の手続きが終わってないけど、それはまた今度にしよう。もう疲れた。

夕方。
長男が習い事に行ってる隙間時間に、思い立って下二人を連れて元住吉はLoquatさんに行ってきました。
目的はこちら。
ガラスとてぬぐいの個展であります。
子連れではなかなか遠出できない母にとって、Loquatさんの存在はとても大きいのです。
ガラスにてぬぐい、母の大好物ばかり。

DSC_8597

三男もお昼寝から起きたばかりでご機嫌よろしく、次男は園帰りにまたお外に出掛けられるとこちらも上機嫌。
早速、持前フレンドリーさ全開で店主さんに話しかけ、何やら頂いておりましたわ。

BlogPaint

その隙に母はギャラリー内をうろうろ。
沈みかけの夕日がてぬぐいに射してすごく綺麗。

DSC_8595

今回出展されたのはzucuさんという作家さんらしく、色合いも母の好みのものばかり。

DSC_8592

DSC_8596

次男に「ママに似合いそうなてぬぐい選んで~」と頼んだら「これ!」と迷わず選んでくれました。
お主、母の好みを直感的に知ってるな。。。母もこれが良いなと思っていたわ。

そしてガラスの方は石川あすかさんという作家さん。
まるで果物のようなフォルムの箸置きなど。
店主さんに伺うと双子のママをしながら作家業をされているそうで、子供が2人もいてこんな繊細な仕事が出来るのねー!とただただ驚くばかり。

DSC_8589

お魚さんのペーパーウェイトなんかもありました。

DSC_8588

そして見つけてしまいましたよ(笑)
こ・ち・ら。
まるでチマキがそこにいるかのような可愛いお皿。これは母に買われる為に来たとしか思えん。

DSC_8590

その後、隙さえあればガラス作品に手を伸ばす次男を叱りつけながら15分程店主さんと立ち話をし、帰路へ。
今回の個展は行けないだろうなーと諦めていただけに、行けて良かった。
ちなみに次男チョイスのてぬいぐいはこちら。

DSC_0297

そして来るべきところに来た"カムバックちまき"
しかし買ったは良いけど食べ物を盛る皿には見えないし・・・はてさて、どうやって飾ろうかね。
それにしてもこのちまき、可愛すぎる。ハートにズキュン♡

DSC_0298

次の個展も楽しみな母なのでありました。
絶対行くんだ~♪

DSC_0299

【本日の三男】
最近、鏡台がお気に入り。
「鏡よ鏡、世界で一番イケメンなのはだ~れ?」

DSC_8584

その後、母の視線に気づきドヤ顔。

DSC_8585

【お知らせ】
10/19(月)の「ブラムリージャムの会」に1席空きが出ました。
ご希望の方はメールにてお問い合わせください。



お月見団子を作る、の巻

本日は中秋の名月なり。

日曜朝はニンニンジャー&仮面ライダーの二本立てがあるので朝も早ようから起きてくる子供達。
そして三男も兄達が騒ぐので起き出し、そうなると母も起きないわけにもいかず起床。
お父さんはこんなに騒々しいのにビクともせず。
これが日曜の我が家の日常であります。

母子4人でいつもより遅めの朝食を取り、一仕事終えたあとは「今日はお月見だからお団子を作ろうか」と提案した母。
レシピは幼稚園からの園便りに書いてあったし今日はこれで暇つぶしができるわい。
と、レシピを良く見たら豆腐が必要と書いてある。・・・冷蔵庫を見ると無い。
じゃあ買い出しに行こうかね?と、暇そうにしていた次男を誘い、ついでに三男も連れてのんびり豆腐を買いにいきました。
そして帰るといつの間にかお父さんが起きていて、長男と二人でスターウォーズなんて観ているではないですか。
ふーん・・と若干白けた目で見つつ、本当は長男も一緒に作ろうと思っていたけど多分、団子作り<スターウォーズだろうから今回のお月見団子は次男と二人で作る事にしました。
用意するのは

・白玉粉
・絹豆腐
・カボチャ

これだけ。
カボチャはてっぺんの黄色いお団子用であります。
次男、今回は邪魔な兄がいないので至極ご満悦。ヤル気充分。

BlogPaint

まずはスケールでカボチャを必要量計量。
母「数字が30になったら教えてね~」
次男、デジタル数字を真剣に見ながら「3と0がある!」と報告。

BlogPaint

その後はラップで包みレンジでチン。柔らかくなったら潰します。
次男め、なかなか役に立つようになったな~
これを兄弟でやらせると、すぐに長男が仕切りたがり嫌になった次男が「もういい!」とふてくされてしまうのです。
一人だと何でも自分にやらせてもらえるので嬉しそう。

DSC_0224

カボチャを潰したあとは白玉粉と豆腐と一緒に捏ねます。大体、耳たぶ位の柔らかさになったらオッケー。

BlogPaint

黄色いお団子生地が出来たらお次は白いお団子生地。同じように作り、その後は次男お得意お団子状に丸めていきます。

BlogPaint

次男「これはりょうちゃんのね♪」と極小のお団子を作り、三男用のお団子を特別に作ってくれておりました。
お団子を丸めるのは殆ど次男にやってもらい、仕上げを母がやる感じ。
なかなか上手に出来ていてびっくり。

DSC_0234

全部の生地をお団子にしたあとは熱湯で茹でて冷水で冷やします。
艶やかなその姿に耐えきれず次男「食べていい?」
本日の功労者だ、存分にお味見するが良い。
あーん。

BlogPaint

「美味しい~」

BlogPaint

ひとしきり試食した後は本来の目的、お月見団子をきちんと並べます。

BlogPaint

その頃になるとスターウォーズが終わったらしく、長男登場。
「なになに~?お団子~?」
次男「ニイニイも食べる?」
長男、二つ返事でキッチンに入り二人で黙々と団子を喰らう。
そしてザルの中の団子がどんどん減り、とうとうお父さんに怒られると(笑)
「お月見団子なのにオマエ達だけで食い尽くしてどうする!」

BlogPaint

団子を作るだけでこの騒ぎですから。。
もうこの時点で団子がお月さまが出る頃まで存在しない事を悟った母、ひとまず写真だけでも・・・とススキと一緒に撮影。
そして背後にはその団子を狙う赤子が・・

DSC_0288

結局、半分以上子供達にお味見として食べられたお月見団子。
残りは昼過ぎにみたらし団子として完全消費されましたとさ。

DSC_0294

今日はお月さま、出てきてくれるかな?



花の会~長月の巻~

最近の次男の口癖「やめてくれる~?」

どうやらそれが母の口癖から派生しているという事に気付きました(汗)
ああ、もう子供ってのは本当に親の所作を良く見てる事・・・
普段、母がお父さんをネチネチなじる時に良く使うこの言葉、実に巧みに次男が使っております。
人の振りみて我が振り直せとは良く言ったもんだ。

9月に入りまた週末学生になったお父さんですが、先日の宿題のテーマが「心動かされる写真を撮る」だったそうで。
提出期限は1週間。
そして提出した後はみんなでどの写真が一番心に残ったかを投票したらしいのですがなんとお父さん1位だったそうな。
それは素晴らしい。で、どんな写真かね?とお父さんから送られてきたみんなの票数が書かれた写真を見ると・・
ん?「息子と金太」?まさか・・・

写真_8

これか!これを提出したのか!?
つーか、これ母が撮った写真!盗作!

DSC_9724

宿題は「自分で撮る」という条件があったはず。オマエは宿題をなめてんのか(怒)
妻が撮った写真を無断で提出し、しかも1位になってみんなに褒められおって・・・
更に聞くところによると、以前某テレビ局のカメラマンをしていた人がその授業にいたらしく「ん~、あの写真なかなか良いですね~。撮ろうと思って撮れませんよ~。かなり枚数撮ったでしょ」と褒められ、お父さんさも自分が努力して撮ったかのような褒められよう。
・・この嘘つき!母が撮ったの!この写真撮る為に100枚程連写したり光の調整とかしたの!
と、帰ってきたお父さんに散々文句を言ったら「ん~ありがとうね~、だからご褒美あげる」と差し出されたのは昼食の残りらしきコンビニドーナツ1個。
・・・ヒドイ。
お父さんの栄光の影に母の報われない努力有り。

前置きが長くなりましたが、本日は実に3ヶ月ぶりとなる「花の会」へ行ってきました。

DSC_8577

最後に行ったのは6月。その後7月は手足口病で行けず、8月は花の会自体が夏休みでお休み。
イカニカへの道中、久々に触れる草花に胸がときめきます。

初秋の今回のテーマは"ダリア"
しかし最近の長雨でダリアの蕾のつきが悪く、同じ月の花の会でもダリアを生けられたのは今日だけなんだとか。
そして今日は珍しく生徒さんが4人だけ。咲きこぼれるダリアをみんなで贅沢に生けられることに。
てっきり母は「初秋だから落ち着いた小菊とか使うのかな」と思っていたので艶やかなダリアにびっくり。

DSC_8555

ダリアって、もっと派手なイメージだったけどこうして見るとすごく可愛い。
色合いもアプリコット色やグラデーションがかったピンクとかがあってダリアのイメージがかなり変わりました。
今回の花材は・・・

・ダリア
・水引き
・ガマツミ
・マートル
・ユーパトリウム
・タデ
・ススキ
・カゼクサ
・ムラサキエノコログサ

DSC_8556

その後は先生のお話。
お花の説明の中で、マートルは英国王室では結婚式で必ず使われるのだとか、ススキは神様の依代という意味あいがあるのだとか今回も勉強になることばかり。
そしてススキ繋がりでは中秋の名月が必ずしも満月ではないという事にびっくり。
去年は確か中秋の名月がちょうど満月だったんだけど、今年は一日ずれて28日が満月なんだって。
それでも中秋の名月は9月27日なんですね。
ちなみに次、中秋の名月が満月になるのは2021年らしい、長いなー。
中秋の名月が必ずしも満月とは限らない、という事を初めて知った母なのでありました。

お話の後はデモと続き、その後は各自生け込み。
ハサミを持つ手もなんだか楽しくて、今回は迷いなく生ける事ができました。
先生「うららちゃ~ん、すごく楽しいってのが良く分かるわ~、楽しいって気持ちが溢れてる」と奇跡的に何のお直しもされず一発オッケー。
そう。すごく楽しかった。作品を見て、母がどんな気持ちで生けたが分かるなんて先生、すごい。

DSC_8557


DSC_8566

最後は他の生徒さんの作品と並べて撮影。
みんな素材も大きさも異なる器を使って生けるのですが、そのどれもが違った趣で素敵。
同じ花材を使っているのにこうも違うものなのかと再認識。

DSC_8571

お片付けをしたあとは楽しみのお茶タイム。
今日はちょっと過ぎてしまったけどお彼岸にちなんでおはぎ。
様々な色のおはぎが勢揃い。

DSC_8572

母は胡麻を頂きました。
和菓子なのにアイスコーヒーを頼むというミスチョイスをしてしまった母、しかし案外合ってた(笑)

DSC_8574

今日の花の会に来れたのはジジババが子守りに来てくれたからなんだけど、月に1回だからと「ゆっくりお茶菓子頂いてきたら」と有り難いお言葉を頂き、おかげでみんなとおしゃべりをしながら余韻に浸る事ができました。

お花もお菓子も必ずしも生活に必須ではないけれど、あると日々の生活がより生き生きしてくると思うのです。
人が生き生きしてるのってとても大事。
そんなわけで今月もお花に元気をもらった母でありました。

また来月来れる事を祈って。

DSC_8562

9/25の風景

ここ数日、歩けば何処からともなく漂う甘い香り。

秋を告げる金木犀でございます。
この香りを嗅ぐと秋を感じるね~

最近、思うところあって日記を始めた母。

DSC_8545

電子的な日記というところではブログを書いておりますがそれとはまた別~
表向きにはちょいと書きづらい事などを記しておこうと思ったんですね。
別に大した事じゃなくて育児での気付いた事とかなんだけど、子育てしていてふと思った事を記憶にとどめておくのがもはや母には無理。
というわけで一日の終わりに数行したためる事にしたわけです。
いつまで続くか分からないけどいつかこの日記が役立つ日が来るのを祈って。

さてさて。
本日は週終わりのお教室。
冷たい雨が降る中今日も3組のお客さまにおいで頂きました。
メニューは

・シュークリーム
・森の恵みのスコーン
・ウィークエンドシトロン

です。

今日は1歳と2歳の女の子が来てくれました。唯一男子な三男、モジモジしながらみんなに混ぜてもらっておりました。
その間に母は作業作業。
最近、母にべったり気味な三男。機嫌が良いうちに作業を一通り終わらせないと足にすがって大泣きなんですわ(汗)
まずはシトロンとスコーンの並行作業。
シトロンに使うレモンの皮を削って頂いている間にスコーンの生地を完成させ、スコーン生地を寝かせている間にシトロンの生地を作ると。
シトロンに使う型は筋の入ったカマボコ型なのですが、この型は複雑な形状をしているので型紙が敷けません。
なので型処理は油脂を塗った後、粉をはたいて使うのですが、毎回焼き上がりにきちんと型から外れるか内心ドキドキの母。
今回は結構ギリギリな感じでヒヤリとしたわー・・あわや型に生地が残った状態で外れるかと思った(汗)
なんとか無事ケーキを取り出せた後は自家製杏ジャムを表面にたっぷり塗ってしばし置きます。
そしてシロップを吸ってしっとりしたケーキの上に甘酸っぱいレモンアイシングをかけたら完成~

DSC_0213

お次はシュークリーム。
メニューの中でも生ロールケーキと並び、安定の人気ぶりでございます。
シュークリームは大人も子供も大好きだからかな?
しかしその可愛い見た目とは裏腹に結構な重労働を強いられるのをご存じない方が多い(笑)
お客様「シュークリームってこんな力が必要だなんて知りませんでしたー・・明日は筋肉痛だわ」と半泣きで作業されておられましたわ。
そう、母も家族のおやつになんて決して作らないシュークリーム。日持ちがしないのも理由だけどその面倒臭さが一番の理由。
シュー生地もカスタードもひたすら練る!
でも頑張ったご褒美にはこんなぷっくりとしたお姿に会えるのです。
カスタード炊きも丁寧にして頂きとってもなめらかなクリームになりました。
最後にシューにクリームをたっぷり詰めたら完成。今回は7個出来ました。

DSC_0206

最後は本日一番お手軽なスコーン。
寝かせていた生地を4分割して天板に乗せればあとはオーブンまかせ。仕上げも粉糖をかけるだけというこの手軽さ。
こんな簡単なお菓子ですが味は保証付き。クランベリーの甘酸っぱさとホワイトチョコの甘さが抜群に美味しいのです。

DSC_0218

作業がひと段落したのは12時前。今日もなんとか12時前にはひと段落できたわい。
11時過ぎると母の目は時計と手元を行ったり来たり。10時開始のお教室ですが11時までの1時間でどれだけ作業を進められるかが頑張りどころなのです。
なんてったって14時過ぎにはうちのチビッコ共が帰ってくるのでなんとかそれまでにはお客様をお見送りしたい。
うちの子がお客さまの前でどんな失態をするか想像しただけでも恐ろしい母なのでありました。

さて、お昼です。
本日のメニューは

・鶏肉のコンフィ 粒マスタードソース添え
・フォカッチャ
・塩豚のミネストローネ
・コールスローサラダ
・和栗のパイ包み

です。

DSC_0200

DSC_0192

DSC_0194

DSC_0209

またにしてもコンフィ(汗)。
もう9月はコンフィづくめでしたな。。さて10月はお昼のメインを何にしよう?
さすがに2ヶ月続けてコンフィにするわけにもいかないので簡単で見栄えのするおかずを考えねば。
ちなみにお客様にお出ししたあとの残りのコンフィはうちのチビッコ達に優先的に出されます。
というのは大好物だから。
鶏肉のホロホロした柔らかさと甘めのソースが大好きなんだそうです。ザ、肉食男子。
パンは先生レシピのフォカッチャ。
今日はいつもよりちょっと丁寧にしてパンチ入れをしたのでふっくら感が倍増。
やっぱり丁寧に作るとパンはそれに応えてくれるのね~
焼き上がりのフカフカな姿に一人ご満悦な母なのでありました。
スープは今日のこの肌寒さにはうってつけの野菜たっぷりのミネストローネ。
この為に豚バラブロックをじっくり塩漬けして熟成しておいたのです。
デザートはもう説明不要の和栗のパイ包み。
10月になったらデザートも別なのにしようかな~。何になるかはお楽しみ。

そんなこんなで今週も無事大きな失敗をする事なくお客さまをお見送りできました。
来週は幼稚園の運動会やら所用が盛り沢山なのでお教室もしばしお休み。
次はブラムリージャムの会かな。
ご予約頂いたお客様には近々詳細メールをお送り致しますのでしばしお待ちください。

それではみなさま良い週末を!








記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ