迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2016年03月

春爛漫と

昨日のジジイの一言。
「お前たちが来てから食費がボディブローみたいに効いてくるのな(笑)」

確かに・・(笑)
60歳過ぎの夫婦しかいない所に母子4人が加わり、しかも2人は食べ盛り。そんな孫たちにと少しでも良い食材でご飯を作ってあげようと思ってくれているのが災いして食費は増すばかり。
そんなことを知ってか知らずか子供達は元気いっぱいでございます。

そんな本日は上二人を連れて近くの大池公園へ行ってきました。
横浜ではそこそこ有名な公園なのかな?広大な敷地に小さなふれあい動物園あり田んぼあり、キャンプ施設ありとここらに住む子供達なら必ずお世話になる施設です。
先日の宮城滞在で広い遊び場を体験してからというものどうも家の中では体力持て余し気味の兄弟。
それならば思いっきり発散させようではないかというわけでてくてく歩いて行ってきました。
一昨日まではまだ3分咲きだった桜も昨日からのお天気続きで今日には8,9分咲きまでに。
平日だというのに公園内は沢山の人であふれていました。
桜綺麗だね~

DSC_5769

そういや母、10年前のこの日に結婚式挙げたんだった。満開の桜の下で結婚式を挙げたいと決めたその日から当日まで開花状況にやきもきしたっけ。今となっては懐かしいね。10年前の3/31も今日みたいな満開の桜でした。

DSC_5836

さて。花より団子派の次男の「おやつは~?おやつは何処で食べるの~?」の声を華麗にスルーしながらようやく目的地のアスレチックへ。
こちらは子供達で大賑わい。

DSC_5803

母は芝生の上に座り「ここで見てるから存分に遊んでおいで~」と声を掛けて久々ののんびりタイム。
今日は暖かい通り越して暑い位。持参したお茶もすぐになくなってしまいました。
適度に遊んだあとはお待ちかねのおやつ。

BlogPaint

普段の母子生活では子供達にこんなに時間を割いてあげられないのでこの帰省では貴重な時間。
おしゃべりな長男に食欲旺盛な次男。
3人で仲良くおやつを食べる時間は至福でありました。

アスレチックで遊んだあとは次なる目的地の「ちびっこ動物園」へ。
所謂、小動物と触れ合える施設なんだけど我が家が行った時はたまたま団体さんがいてモルモットを抱っこするのにすごい行列。
この炎天下の中、とっかえひっかえ触られるモルモットさんを哀れに思いながら5分程膝に乗せて終了~
この頃には次男、疲れた&腹減って不機嫌。

BlogPaint

帰りは母と長男の後を20m程遅れてノロノロついてきて14時過ぎにようやく帰路についたのでありました。
最近、暇さえあれば「お腹すいた~」連発の次男だったので今日の大池公園行きでは沢山歩いてもらって良い運動になったわい。

帰省生活も残すところ1日。
明日は母がリフレッシュさせてもらうんだ。
ではまた。

入学準備追記

昨日の「入学式用の服が着れるかどうか」問題が夢にまで出てきたので心配になって本日一時帰宅。

どうでも良いけど我が家の三兄弟引率レベル。
楽な方から上から順に
・三男(抱っこ紐)
・長男単独
・次男単独
・長男+三男(抱っこ紐)
・長男+次男
・次男+三男
そして一番最悪なのが
・三兄弟勢揃い。これマジ地獄ね。

今回は長男の服がちゃんと着れるかどうかが最重要課題だったので長男引率は必須。
しかし残り二人を実家に残すとジジババの負担が大きいので三男も連れていくことに。

帰宅するなりまずはクローゼットから入学式用の服を出しサイズ確認。
実はこの服、2年前の七五三の時に新調したものであれから2年、長男がどの程度成長しているかドキドキ・・
見た感じブレザーもYシャツも大丈夫そう。着せてみるとジャストフィット!ふー・・
ズボンも大丈夫、あとは靴!これは・・・全然ダメだった。
2年前は18㎝だった足のサイズも今や19㎝。これは新しいスニーカーを買うか革靴を買うか悩む所。
とりあえず学校指定の通学帽子を買う必要があったので母子3人で駅前まで出て通学帽子と体操着を購入~
学校指定店の洋服屋さんを探すのに一苦労したけどなんといつも通ってる商店街にあった。
いつもこのお店の前を通る度「この婦人服屋さん、お客さんが入ってるの見た事ないけど何で営業出来るんだろう」と不思議に思ってたけどそういう事なのね~。
店内に入ると店主らしきおばちゃんとお茶飲み話をしているご婦人に囲まれる長男。
「入学式の時には桜が満開ね~。ピカピカの一年生ね~。帽子はこの位のサイズがいいわよ!」とグイグイ話しかけられ母の出番無しで買い物終了。

その後、場所を移してグランツリーへ。
長男の靴、良く見るとつま先が擦り切れて大分履き尽くした感じ。この機会に新調するか。
と、スニーカーを見ていると同じフロアに正装エリアが。黒い靴もある・・・値段を見ると2,400円。安っ。
もちろん革靴のわけはなくビニール製だけどこんな1回位しか履かない靴、高いの買ったところで下の兄弟達が履けるかどうかも分からないし安くて結構。
上だけきちんと正装してて靴がスニーカーていうのも間が抜けてる感じがするので買うか。
革靴をカゴに入れた後は長男、ウキウキでスニーカーエリアへ。
スニーカーエリア、見事に瞬足だらけ(笑)今の主流は瞬足なのね~
幼稚園時代、頑なに瞬足を買い与えなかった母ですがさすがに小学校に入ったらある程度は長男の好みも聞き入れなければな~・・・
と、長男に選ばせたらまあ時間のかかること。超がつくほど優柔不断な性格の長男、悩みに悩み20分程行ったり来たり。
結局母が誘導してなんとか2種類までに絞りそこから決めてもらいました。
最終的にはこちらのベースが赤で紐が青いスリムタイプにしたようです。はー疲れた。

DSC_0768

瞬足の何が嫌ってあのテカテカしたエナメルっぽいのが嫌なのよね。
筆箱も気に入ったものを買ってもらえ靴も新調してもらって気分は最高潮の長男でありました。
そしてこれを見た次男が「いっちゃんもいっちゃんも~!」と騒ぐのが目に見えているのでそれが憂鬱な母でありました。

用足しした後はまたもや実家へ戻り、あと数日の帰省生活を満喫するとします。
ではまた。





入学準備、着々と

宮城から帰宅して一日。
みな疲れがドッと出て今朝は遅くまで寝ておりました。

しかし子供達だけは別。朝食後は昼過ぎまで公園で遊び倒し、それでも有り余るパワーを持て余しております。
そんな本日は入学準備品を確認していたのですが「そういえば筆箱買ってない!」と焦った母。
今使っている物は落とすとすごいうるさい音がする金属製なので入学を機に買い替えないと・・
で、今さっき長男と一緒に見てこちらに決定。

mer0001_3

今も昔も小学生はソフトビニール製の筆箱が主流なのね~。
もうここは好きなものを選ばせたので新幹線が全面に出るものになったけどま、いいや。

あとは入学式に着る服がちゃんと今の長男が着れるかどうかも確認しないと(←まだしてなかった)。
なんだかうかうかしてるとあっという間に入学式になるな。
ギリギリになって焦る母でした。


ピーばぁに会いに⑤

4泊5日の宮城滞在も本日が最終日。

思えば祖父母のところには幼い時から何度も来てるけどみんなで来るのは今回が最後。
この旅の計画が持ち上がった時から実母からそう聞かされてきた母は旅の終わりが近づくにつれてなんとも淋しい気持ちになりました。
小さい頃は学校が休みになる度1ヶ月程滞在して遊び尽くし、別れの新幹線のホームでは泣き、帰ってすぐに次の休みに行く準備をして実母に怒られ。それほど母にとっては祖父母のところに行くのは特別な事でした。
大きくなってからは一人で遊びに行き、結婚してからは夫婦で行き子供が生まれてからは子供と一緒に行き。
しかし行く度老いていく祖父母を見ていると「あと何回来れるのかな~」とぼんやり思っていました。
祖母は89歳。祖父は91歳。

最後の朝は庭でひなたぼっこをするピーばぁの隣に座り、のんびりおしゃべり。
ここ数年はあんまり笑う事がなくなったピーばぁですがキンタ効果かこの笑顔!
キンタもピーばぁが大好きみたいでブラッシングをしてもらいながら体をピタッとくっつけて甘えまくり。

DSC_5609

最後はみんなで記念撮影。
慌て過ぎて斜めになってたりしてるけどま、いっか。
仙台の叔父も最後に来てくれたので祖父母家族も勢揃い。また元気なピーばぁとピーじぃに会えるのを祈って。

BlogPaint

【余談】
今回のお父さんお土産の柏屋の薄皮饅頭。
お父さん、これが大好きなのよね~。


usukawa_pkg
そしてもうひとつ、こちらも柏屋の「もちずり」
東北銘菓のゆべしですが、ゆべしも数多くあれどこの柏屋のはやっぱり期待を裏切らなくて美味しい。
パッケージも可愛いのでお勧めです。

19_px240








ピーばぁに会いに④

番外編。
「お役立ち犬キンタ」の巻

実家の飼い犬キンタはゴールデンレトリーバーの雄、10歳。
性格はとても温厚で人が大好き。
そんなキンタですが、10年前は家族の誰より可愛がってもらっていたのに6年前に長男が生まれてからはその地位も失墜しちょっとしたストレス状態(笑)
今までキンタの日常にいなかった赤ちゃんが来たことによって朝から晩までソワソワ・・・
長男が泣けば心配ですっ飛んできて「どうしたどうした!?」と言わんばかりの窓から心配顔。
挙句の果てには心配し過ぎてワンワン吠えて家族に知らせる位。
そんなキンタですが、次男三男と新たな家族が増えるに従ってそんな生活にも慣れ今や子供たちを温かく見守る優しいじいさん犬になりました。

今回の祖父母宅でも広い敷地内を自由に遊ぶ子供達の周りをつかず離れずいてくれ、三男が道路に出ようとするとササッと先回りして、母の方を見て教えてくれます。

DSC_5699

三男が転べば即座に側に行って安否を確認し。

DSC_5626

次男がふざけて側溝に落ちてやしないかと確認したり、キンタは色々忙しそうです。

DSC_5720

そんなキンタが身近にいるうちの三兄弟は幸せものだね。
随分歳を取り、声もちょっと枯れてしまったけどまだまだ元気。
このまま健やかに過ごしてほしいものです。

それにしてもこの籠に入るには大きくなり過ぎたな~。。。三男(笑)

DSC_5450



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ