迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2016年04月

連休2日目の過ごし方

GW2日目。

連休といえども土曜日は大学なお父さん、朝7時過ぎには大学に行ってしまったので本日は終日三男と二人きり。
まずは本日のノルマである長男の寝具類を全部洗い、ついでにベランダ草花の手入れなどして一息。
と、気付くと三男が鏡台の引き出しから抱っこ紐を取り出し「出掛けよう」と催促。
最近、出掛けたくなるとこの抱っこ紐持参でお出かけアピールするのよね・・・賢くなってきたこと。
昨日の夜「明日は何をしようかな~?」とぼんやり考えていた母、三男と二人きり、というフットワークの軽い今こそ周りの素敵ママさん達が行っているようなみなとみらいや二子玉川に行こうではないか!と思い立ちまして。
思えばそんな素敵スポット、子連れで行ったのなんて子供がまだ長男だけの時以来かも。
次男が生まれてからはそんなスポットからも遠ざかり三男が生まれてからなんて行こうとも思わなかったな。
思い立ったら吉日、特に何も買いたいものはないけど雰囲気だけでも味わいたい!

・・しかし家事を終えてから自分の身支度やら三男のお世話セットを準備してたら意外と時間がかかり気付けば10時過ぎてる・・。慣れてないから手際の悪い事(汗)。
とりあえず今日は電車に乗る必要があるのでベビーカーは必須。そして抱っこ紐も必須と。
あとはオムツセットにおやつにマグに多めのてぬぐいなどを入れてたら既に大荷物。
母の教室に来るお客さんはいつもこんな大荷物を抱えて来てくれてるんだなー・・・
そう思うと本当に頭が下がります。こんなに大変なのに帰りはお菓子という荷物まで増えてごめんなさいね。

ひとまず武蔵小杉駅まではトラブル無し。三男もベビーカーに乗っているので景色が開けて楽しそう。
が、電車に乗った時点で母後悔。これから横浜に進むにつれて乗客が増えていくというのにベビーカーに乗せたままで乗ってしまった(汗)流れる嫌な汗・・・
周りを見ると小杉乗車時点でベビーカーの親子が母を入れて2組。日吉でもう1組・・・段々耐えられなくなる母。
いつからか子連れで電車に乗る事がすごく億劫になってしまって、必要に迫られて乗る時は必ず抱っこ紐で乗っていた母。それは世間で言われるベビーカー問題を耳にしていたのもあると思うけど、どんどん増えていく乗客に謝りっぱなしなのが辛い。
そして「あの人、ベビーカー畳めよって思ってるんだろうな~」と妄想が妄想を呼び更に苦痛に。
結局、三男が暴れ出したのをきっかけに綱島あたりで急遽ベビーカーを畳み抱っこ紐に装着。
怒った三男、母をポカスカ殴る。痛い。
あー・・早くみなとみらい着かないかな。ていうかいっそこのまま引き返したい。
そんな弱気になりながらなんとかみなとみらい到着。

GWのみなとみらい、想像通り混雑してました。
トイレに行くにも広い多目的トイレは使用中だし普通のトイレも長蛇の列だし。
駅についてまずした事といえば改札出たばかりなのに三男におやつをあげてご機嫌とり。 
その後、クイーンズスクエア方面に行くかMARKIS方面に行くかでしばし悩み
「そういえば横浜美術館前に噴水があったな。あそこは広めだから三男を自由にしても大丈夫そう」
というわけでエレベーターで地上へ。
今日はお天気がとっても良くて気持ちいい!広~い敷地に立ち尽くす三男。
思えば三男を連れてお洒落スポット的な所に行った事がないのでお出かけ着がなく、直前に箪笥をひっくり返してなんとか兄達のお下がりのYシャツを発見。というわけでコーディネイトもへったくれもない感じですが許して。

DSC_0879
 
 横浜美術館前には噴水エリアがあり、リズミカルに出る噴水を楽しむ子供達でとても賑わっていました。
気温も汗ばむ位だったので今日は気持ち良かっただろうな~
 
DSC_0904
 
とりあえずズボンの裾をまくって放牧してみたら恐る恐る中に入りチャパチャパ

DSC_0902
 
その後、周りのお姉ちゃんたちのアグレッシブさに感化されたのか楽しそうに遊び始めたので服を脱がせて下着だけで。ノッシノッシ三男がゆく!

DSC_0890

で、噴水が何の前触れもなく出てきてアワワ・・・

DSC_0903

 すぐさま母の元に戻ってきて安全エリアであるベビーカーに乗ろうとする始末。

DSC_0886
 
けど結局また遊びたくなったらしく突撃していきました。
最終的には下着も顔もビショビショ。
ショボーン、なお顔。

DSC_0905

この時点で12時過ぎ。到着して40分位。
人はどんどん増えていきます。
ふと後方を見るとMARKISがある。ウインドウショッピングも魅力的だけど三男が我慢出来るとは思えないしなー、それに特に欲しい物がないというのがイマイチ行動に出にくい。
・・帰るか。
ひとしきり遊んだ三男はこれから寝るだろうし、帰りに地下で美味しそうな惣菜でも買って帰ろう。
今日は夜もお父さんは飲み会なので遅いし夕食も手抜きしよう。
その後は三男を着替えさせて抱っこ紐に装着し、ベビーカーを地下へ。
惣菜を買った後、たまたま寄った手ぬぐい屋「濱文様」で可愛い鳥手ぬぐいを見つけたので購入。
あとは以前無くしてしまったたこ焼きピックを買ったり、お菓子をカットする用のカッティングボードを買ったり。
当初予定していなかったけどこういうところに来るとついつい買ってしまうね。
インコ柄のティッシュケースに子供用のティッシュケース(予備用)

DSC_6777

上二人へのお土産はミニタイプの液体糊。
アラビックヤマトと濱文様がコラボした文具なんだって。可愛い~

DSC_6783

帰り道。
誰も乗っていないベビーカーをカラカラ押しながら帰路を歩いているとクチュールベイクさんの前を通りかかりまして。
手作りクッキー食べたいな~。でも作るのは面倒だな~。
・・買うか。
みなとみらいでは当然お昼なんて食べていないのでお腹が減っていた母、欲望の赴くまま買い家で貪り食いましたとさ。
今月でオープン1周年というクチュールベイクさん、1,000円以上買うとノベルティクッキー(写真下のアイシングクッキー)をつけてくれてなんだか得した感じ。

DSC_6770

 撮影してたら早速クッキー泥棒に食べられました。

DSC_6775
 
今日は子供が一人だった頃の日常を再体験できた一日でした。
さて、明日はいよいよ怪獣たちをお迎えに行かないとね。
束の間の休息も今日でひとまず終わりとなりそうです。

【本日の長男次男】
ジジババとお庭BBQ。
ジジイと兄が焼いている中・・・

BlogPaint

終始、食べる事に徹する次男。

BlogPaint

それぞれの休日でした。
ではまた。



 

GW初日

大型連休が始まりました。
みなさま如何お過ごしでしょうか?

我が家の面々は暦通りのお休み、そして土曜日はお父さんが大学という事もあって遠出の計画はなくのんびり。
しかし休みといえども母は家の事をしたいのでとりあえず一番面倒な上二人をジジババの所へお泊りに行かせその間に寝具類を全部ひっぺがし大洗濯大会!それでも1日につき一人の寝具しか干せないのよね~ベランダの広さに限りがあるのよね~。今日は次男の寝具。この際なので連休中に羽根の掛布団を地下に仕舞ってしまおう。
あとは衣替えなどもしないとね。
母が家の事をしている中、お父さんは明日の〆切りを前にレポート地獄。
さて、家事が終わったら何をしようかな~?と思っていたところに友人から「お昼でも食べにおいで~」とお誘いが。
今年の初めに晴れて新居を構えたこちらの友人、引っ越しをしてから数か月、大量の荷物と格闘した末ようやく最近落ち着いた模様。
行くなら身軽な今のうちしかない!と、三男だけ連れて遊びに行ってきました。

新居と言っても最寄り駅はそのまま。新しいお家は駅の反対側に出来た素敵なマンション。
家に上がると無垢材のフローリングがドーン。友人、このマンションを決めた最大のポイントがこの「無垢材のフローリング」なんだそうな。
確かに我が家みたいな木目調のフローリングに比べると無垢材は重厚感があるしなにより本物の木の質感がすごく良い。羨ましい~
が、友人「でもこれ後悔してるのよ~」
訳を聞くとなんでも無垢材のフローリングは素材が無垢材な故に雑巾掛けやクイックルワイパー(ウエットタイプ)などが一切使えないらしい。
無垢材=生きている木、ということが理由らしいんだけど友人
「でもさ!床は基本雑巾がけっていうアタシらにしてみれば雑巾がけ出来ないって死ぬ程辛くない??」
・・アタシらっていうのは友人と母の意(笑)。
確かに素足で歩いた時にキュッキュと言う位磨かれている床が何より好きな母にとっては掃除機だけっていうのは辛い。それは三男がヨダレ垂らしても乾拭きしか出来ないって事でしょ?有り得ん。
しかも年に1回はワックスをかけてメンテナンスしないといけないらしく諸々を考えると「木目調の床暖房付きのフローリングにしとけばよかった」んだそうです。
ま、全て満足いくなんて早々ないので諦めたまえ。その代わり素敵な床が手に入ったんだからさ。
相変わらず綺麗なお家。

DSC_6728

一人娘であるKちゃんのお部屋もすごい可愛い~。友人の好みが炸裂しているな(笑)
学習机もうちのALL IKEA製とは大違い。こちらも無垢材使用の一生物の机。要らなくなったらくれ。

DSC_6733

 机周りも可愛いよ~。

DSC_6736
 
で、こんな素敵なお部屋でDSをするKちゃん。そしてKちゃんにつきまとう三男。

DSC_6755
 
Kちゃんのお部屋を見せてもらっていたら「これ、1年生の時の夏の自由研究~」と見せてくれた1冊のノート。

DSC_6746

何でも、「分からない言葉を辞書で調べる」というテーマにしたそうなんだけどこれが本当に良く出来てて感心しきり。そして友人に「良くこんなテーマ考えついたね!すごい」と褒めちぎったら友人
「如何に私が手伝わなくて済むかっていうのを考え抜いた結果それにした」だって(笑)
まあ友人らしいといえば友人らしいけど、結果的には拍手喝采。素晴らしい。
子供にとっても、辞書の引き方を覚えるし、言葉を覚えるし良い事づくめ。
この手、頂きます。
写真を見ると"こらしめる"を引いてその説明の中で出てきた"いましめる"が分からなくなり芋づる式に調べるというのが可笑しかったけどそうやって言葉を覚えるのはすごいね。
長男も卒園記念に国語辞書をもらったけどまだ開いてもいないのでもう少ししたら辞書の使い方を教えてみようかな。
余談だけどこのノートを見ていて爆笑してしまったのが何故か"ないじょ"(内助の功ね)が検索ワードとして書かれていたこと。
"内助"なんて何処で聞いた(見た)の??とKちゃんに聞きたい。
説明には"ないぶからのえんじょ。とくにつまがかていないにおいておっとのはたらきをたすけること"と書いてあって更に大爆笑。
これを見たKちゃんのお父さんも大爆笑だったんだそうな。
子供が疑問に思うワードって大人が想像もつかない言葉だったりして面白いね。是非このノート、永久保存版にしてほしい。

子供たちが思い思い過ごしている間、母は用意してくれた寿司を食べつつ友人とおしゃべりタイム。
お互い毎日忙しいので久々の逢瀬でトークが弾む弾む。 
あっという間に夕方になってしまいました。
しかし今日は帰ってもお父さんだけ、いつもなら早く帰って夕食の支度もしないと、子供達を風呂に入れて寝かせないと・・等々が脳裏をかすめるのですが今日はそんな事一切気にしなくて良い!
素晴らしい。
すると友人が「うららちゃんが喜びそうな花屋があるから今から行こう!」と向かうは港北ニュータウン。
この友人のフットワークの軽さにはいつもながら舌を巻くわ。
友人ご推薦の花屋「ワールドフラワー」は近隣の人に絶大な支持を得ているらしく、駐車場も第4駐車場まであってすごい人気。
母達が行ったのは17時過ぎだったのもあってか奇跡的にスムーズに入れました。
このワールドフラワー、何が人気ってすごく安い。
今は時期的にカーネーションが幅を効かせていたけど花苗あり切り花ありとそのどれもが「えっ?」と思う程安い。
友人は大好きなブルースターを、母はこの季節のお気に入りである芍薬、あと同じブルースターを購入。
芍薬なんて10本入って500円位なの。安過ぎ。しかも生きも良いのでこれがもっと近くなら通うのにな~。
咲き誇るのが今から楽しみです。

DSC_6757

その後は家まで送ってもらい帰宅。
家に帰ると無事レポートを終えたお父さんがお腹を空かせながら「おかえり~」と迎えてくれたのであとはのんびり風呂に入って一日が終わったのでありました。

GW初日。
上二人がいないだけでこんなにも穏やかな一日が過ごせるのかと思うと改めて母の日常は慌ただしいんだな、と実感したのでありました。

【本日の一コマ】
寛ぎ過ぎだ、お前は。

DSC_6748


4/28の風景

自宅前の中庭で遊ぶのを許してからというもの、毎日のように遊びに行く兄弟。

勝手に遊んでくれる事の楽さをしみじみと感じております。 
それにしても子供の体力ってすごいね!学校で4時間みっちり勉強した後、学童でまた遊び、更にその後習い事へ行き帰ってきて中庭遊び。
門限17時までキャーキャー言いながら遊んでおります。連日中庭で遊ぶもんだから同じように中庭で遊ぶ面々とすぐに仲良くなり実に楽しそう。
そして外から母を呼べばベランダから顔を覗かせてくれる、という好条件も重なり親子共々時間を有効活用できているのでありました。
改めて2階にして良かった。

さてさて。
今日は連休前の最後、そして4月最後のお教室でした。
メニューは

・NYチーズケーキ
・レモンカードマフィン
・レーズンウィッチ

です。

3名様の内、お一人は今日がお仕事復帰前のコビトヤ。
「卒業制作ということで色々悩んだんですが主人と相談した結果チーズケーキにします!」とお客様。
・・卒業制作ね。言われてみればそういえない事もないか。でもなんだかそう言われるといつも大した物を教えてないのに恐縮しちゃうわ~
復帰したら毎日満員電車の中通勤というお客さま。今日もたまたま混雑した電車に乗って来られたとあって
「これがこれから毎日続くと思うと憂鬱です~・・・」
そうだよね~、子連れには満員電車って縁遠いもんね。救いなのは現在慣らし保育の赤ちゃんがすんなり慣れてくれた事なんだそうな。
連休明けからのお仕事、頑張って下さいね。そして疲れた時にはまたストレス発散に是非いらして下さい。
お待ちしております。
そんなこんなで楽しくおしゃべりをしながら完成~
キンキンに冷やしてお召し上がり下さい。

DSC_6724
 
お次はレーズンウィッチ。
レーズンウィッチ、今回で今シーズン最後です。5月からはお取り頂けませんのでご了承下さい。
気温が高くなってきてね~、バターをたっぷり使うこのお菓子は扱うのが大半なのでございますよ。
サンドするバタークリームも気温が高いと帰り道で溶けたりしそうだし。
そんな理由ですので「レーズンウィッチを取り損ねた!」という方は是非来シーズン作って下さいね。
そんなお客様「以前、作られていた方が結構作業が多くて大変そうだったので出来るかしら・・」と不安そう。
大丈夫。1個1個の作業は別に簡単です、ただ何回か母に呼ばれて作業をしないといけないのが大変なだけ。
苦労が報われるお菓子だと皆さまに太鼓判を押して頂いているので是非頑張って~
そして早速型抜き作業では「これは形が歪みすぎ!」だの「これは薄過ぎ!」だの母にクレームをつけられて型抜きし直すお客様。フフフ・・・
でも最後にこの姿を見たら「出来たー!」と大喜び。大変良く頑張りました!

DSC_6725

最後はレモンカードマフィンです。
春が終わり初夏を思わせるような気温が続くとこういった爽やか系のお菓子が良く出るようになります。
マフィンは持ち運びにも最適だし見た目もボリュームがあるので1個1個包んでプレゼントしたりするととても喜ばれます。
コツは食べた時に甘いバニラ生地と甘酸っぱいレモンカードが交互にくるようにマーブル状に混ぜる事。
作業しながらお客さま「先生のブログを見て私も断乳しようと思うんですけどどうしたら良いですか?」と断乳相談。
母、今までの経験から旦那さんの協力がないと結構大変な旨を伝えると「でも先生!うちの旦那デブなので抱っこ紐の腰紐が胴体に回らないんです~・・抱っこ紐出来ないんです~(泣)」
泣いた時に旦那さんが抱っこ紐で抱っこしてユラユラ、というのは望めないそうで(笑)
その後もお客さま、旦那さまの事を「あのデブが」「このデブが」と散々ないいよう。思わず笑ってしまうのはそのお客さま、いつもとっても可愛らしくて言葉遣いも丁寧なのに旦那さんの事を言う時だけは「デブ」連発。
それがツボにハマッた母、可笑しくて仕方がないのでありました。
そんなこんなでレモンカードマフィン完成です。はてさて、ご主人さまのお口には入るのでしょうか。
まさか「デブだから食うな」とは言わないよね(笑)

DSC_6713

みなさんのお菓子がひと段落したところでお昼です。
本日のメニューは

・レモンマリネのグリルチキンサラダプレート
・モヤシと豆腐のさっぱりスープ
・ゴマ角食パン
・ファッジブラウニーサンデー

です。

DSC_6700

DSC_6701

 DSC_6696

今日のサラダプレートはいつもの具材に加えてなんとなく買ったアボカドも追加。更にボニューミーとなっております。
パンは母のお気に入り、ゴマ角食パン。
これを先生のお教室で試食で食べた時はなんて美味しいんだ!と感激したっけ。
それから教えてもらって一体何度作ったかな。先生のパンにしては水分量が多い部類なので捏ねている時は結構べたついて面倒なんだけどこのしっとりふわふわなパンを食べた時にはその苦労を忘れてしまいます。
そんなゴマ角食パン、お客さまがお帰りになった後に三男にあげたら無心に食べておりました。
赤子をも夢中にさせる先生のパン、恐るべし。
スープはお酢を最後にひと垂らししたさっぱりとしたスープです。実は見た目に反して面倒なこのスープ。
何が面倒ってもやしの上下を1本1本プチプチ手で取っているのです。
これをするとしないのでは口当たりが違ってくるので止む無く毎回しております。
そしてデザートはみんな大好きファッジブラウニーを使ったパフェ。
メニューボードを見たお客さまがこれを「私、これ大好き~!」と嬉しいお言葉を言って下さいました。
チョコは大人も子供も大好きだもんね~。その後、夜にお父さんがコンビニで似たようなブラウニーパフェを買ってきてくれたのですがさすがの母とお父さん、「断然うちのブラウニーが美味しいね」とポツリ。
良い材料を使うという事は大事なんだねと実感。
グラスの中にバナナとブラウニーを乗せチョコソースをかけ、アーモンドクランチ(市販)をふりかけてバニラアイスを乗せ、更にブラウニーとバナナを乗せて最後にとどめのアーモンドクランチとチョコソースというデブ推奨のデザート。

DSC_6717

お教室が終わって13時過ぎ。
みなさんそれぞれ楽しいGWの計画がおありのようで明日から楽しみですね!
我が家は上二人がジジババの所にお泊りに行く位であとはその日の天気を見ながら近場をうろつく感じになりそうです。
今月は一人マラソン状態だったので同じくレポート地獄のお父さんとしばしの休息を楽しみたいと思います。

それではみなさま、良いGWを!


 

PTA定例会へ行く、の巻

なんかまだ入学して1ヶ月も経ってないというのに学校からのお手紙関係でファイルが満杯。
更にPTA関連の書類まで入れてたら訳分かんなくなったので分ける事に。

ファイル本棚に新たに仲間入りした「PTA関連」ファイル。
母みたいなすぐ混乱する人間にはファイリングが一番。

DSC_0873

整理するのは良いとして、問題なのは毎日何らかのお手紙を兄弟で持って帰ってくる事。読むだけで非常に苦労する今日この頃でございます。さっきも書斎に籠って集中して読もうとしたら子供たちが集結して結局邪魔されて全然内容が脳内に入ってこなかった。
そして早速、次男の進級写真撮りの日に白ハイソックス&ズボンにサスペンダーという正装スタイルだというのをすっかり確認し忘れそのままズボン&真っ赤な靴下で登園させてしまったのでした・・・。

今日はPTA各委員の定例会でした。
決まったのが1週間前だったので欠席もちらほら、しょうがないよね。
会議室に入るとそれまでなんとか大人しくしていた三男もジタバタし床に降ろせと猛抗議。仕方なく降ろすと嬉々として徘徊しておりました。
定例会が始まればドアが閉まるのでとりあえず他の教室に行く、という事はなさそうなのでまあ致し方あるまい。
開始時間は事前に配られた紙で知っていたけど一体どの程度の時間かかるのだろう。。。どうか次男のお迎え時間までに終わりますように。

まずは先立って行われた運営委員会の報告などを聞き、その後は実際母達が担う委員のお仕事の説明&部門決めという流れ。
いやもう、なんていうか大荒れでしたわ。
初回ということで今年度の委員長さん達も初仕事。一応前任の方が後方で補佐にはついてくれてるんだけど1つ何かを決めるのにすごい時間がかかるわ、やっと決まったと思ったら欠席の人の分を忘れて数が合わず再調整、みたいな事が多発。
そして、係を決める段階で「ん?」という事例が。
とある係のエリア決めで希望者が定員より多く出たのでジャンケンになったのですが委員長さんが「定員は4人なんですが希望者が5人います。ジャンケンして4人選出してください。あ、でも今回欠席してる方がここのエリアじゃないとどうしても無理って言っていたのでその方を既に係に入れているのであと3人、そちらで選出してください」
一同、一旦は頷くもしばらくして「・・・・・ん?」と首をかしげる。なんかおかしくないか??
PTA役員といえども止む無い事情で欠席しなければならないのはとっても分かる。分かるがそれにはそれなりのリスクを覚悟しないといけない気がする。
それを「私どうしても出席できないので休みます、私抜きで会議進めてね。あ、でも私〇のエリアしかできませんごめんね!」というのはおかしい。
結局、その係では残り3人をジャンケンで決め、敢え無く母は負けて別なエリアに。
このエリアというのは別にすごく広範囲なわけではなく要は小学校の学区内なので何処になろうとそこまで問題にはならないんだけどそこは自分の家の近くのエリアになりたいよねみんな。
なんかなー・・・おかしいよな。と思いつつ次の係決めへ。
と、そこでも同様の事例が出てまた「欠席者の希望と被るのでジャンケンで~」
もう面倒になった母、さっさと他の不人気の係に落ち着いたのですが別な役員の方がまるで母の代弁者のように不服申し立てをしてくれまして。
「欠席した人の希望がまず先に通り、出席してる人間が残席をジャンケンするのはおかしい。それなら私も今日用事があったので欠席しました」と。

ざわつく会議室。
たまたまその人が知人だったので母も「欠席した人は代理の人を立ててその人が代わりにジャンケンに参加すれば公平なのでは?」と乗っかる。
委員長さん達、たじろぎながらも「でもそれは個人の意見を尊重しないと・・・」云々。いやいや、おかしいからそれ。そもそも欠席する人は欠席連絡の時点で全てを委員会に任せるべきでは?
おかしいですかねこの考え方。
ちなみに母のモットーは
「何か自分の主張を通すには何らかのリスクを負うのを覚悟すべし」
結局、なんらかのやりとりが行われた後、その後の係決めは欠席者は代理を立ててジャンケン、という方法で落ち着きました。
その後も係の中のリーダー決めにえらい時間がかかったり。
母のいるグループだけみな即断解決人間だったみたいで速攻決まり、その後の分担表まで決まってしまい手持無沙汰。

今回初めて定例会というのに参加して思ったけど、ある程度マニュアル化してシステマティックにしないと全くスムーズに決まらないんだね。良く分かりました。
と同時に進行を担う委員長さんというのは本当に荷が重いんだなと。こういうことに慣れている人ならいいけど人が良くてなんでも意見を聞いてしまう人とかだと苦労するんだろうな。ある意味、ダメなものはダメ!と言える人じゃないとこういう事態になりかねないのね。
と、他人事ながらつい思ってしまったのでした。

色々まだモヤモヤするところはあるけどこれ以上意見すると確実に危険人物になりそうなので大人しく帰宅したのでありました。
思った以上に大変そうですPTA。
そしてようやく終わり、さて帰ろうかねと校門へ行ったら施錠されていてどう開けたら良いのか分からずオロオロするというオチ(汗)
最近の校門ってオートロックなのね~。力ずくで開けようとして職員室から慌てて先生が飛び出してきましたわ(汗)

ではまた。
あ、そうだ。そんなこんなで翌月分の定例会日時も決まったので、母的定例会予測日としてとっておいた日が空きましたのでご希望の方は下記をご参照下さい。

【お知らせ】
コビトヤ5月分の予約は既に終了致しましたが下記日程を追加募集します。
ご希望の方は予約フォームよりお申込みください。
・5/31(火) 10:00~ 3名様→満席
・5/27(金) 10:00~    2名様→満席



4/26の風景

昨日のお教室でのこと。

ランチタイムにお客様と小学校ネタで盛り上がっていて、話題が給食になった時にお客さまが
「うちの子は給食が大好きで、この間なんて先生に"〇くんがいつも余ったおかずとかを食べるのを手伝ってくれるので助かってるんです"って言われてすごく恥ずかしかったです」と言っていて全く他人事に思えなかった母。
何でも学校では各学年、各クラスで自分のクラスに供されたおかず類をみんなで完食しよう!という目標を掲げているらしくクラスメイトに配り終えた後の鍋に残ったおかずなどは食べたい人を募って処理してもらうらしい。
それを聞きながら母「・・・それって次男が嬉々として手を挙げそうだな」とすぐに思いまして。
おそらく数年後、次男が入学した際には先生に同じ事を言われるでしょう・・・その時に今回のお客さまの言葉を思い出しそう(笑)

さて。
今日は昨日に引き続きお教室です。今週からようやく次男が通常保育になったので働かなければね。
本日も3名様での開催です。
メニューは

・バナナシフォンケーキ
・バニラサブレ
・フィナンシェ

です。

シフォンケーキ久し振りだわ~、これが来ると本当緊張する。というのもシフォンケーキは失敗しやすいお菓子の筆頭で毎回お客さまの横でドキドキしながら見守っているのです。
そんなバナナシフォンケーキをご選択頂いたのはもうじきお仕事復帰のママさん。下の子も無事保育園に入園し晴れてお一人での参加となりました。これが最後のお教室。
「今回は自分が食べたいお菓子を選びました!」と意気込みながらひとつひとつの作業を実に丁寧にして頂きました。
お仕事が始まったらしばらくは息つく暇もない程忙しいと思うので今日は存分に楽しんで頂きたい。
そんな思いが先走り、ついしゃべり過ぎる母。
でもでもシフォンケーキは無事焼き上がりましたよ。甘いバナナの香りが香る、しっとりふわふわなシフォンケーキは誰もが大好きな味です。
ピース毎にカットして包めばお店屋さんみたいですね。

DSC_6689

お次はフィナンシェ。
バナナシフォンケーキに続きこちらも久しぶりの登場。
コビトヤのお菓子の中で手土産にして喜ばれるお菓子断トツ1位のこちら。何が1位の理由って
1に「その美味しさ」
2に「作りやすさ」
ですかね。
美味しくてもコストがかかったり手間がかかると子持ちのお母さん方にはちとハードルが高いようで。
でもこのフィナンシェは生地もただ混ぜるだけだし作った生地を一晩寝かせておけるので「とりあえず生地だけ作って焼くのは明日にしよう」みたいな分業ができるのが良いところ。
最初から最後までぶっ通しでやろうとすると結構大変だもんね。
今回は以前にフィナンシェを作られた方がいたのですが「これ本当に何処に持っても喜ばれるよ!」と母の代わりに大絶賛して頂きました。
というわけでお勧めなフィナンシェ。とっても上手に出来上がりました~

DSC_6683

焼きたての一番美味しいところをパクリ♪のお姉ちゃん。
ママ頑張ったからね~、その役得は君にあるぞ~。「美味しい美味しい」と2個も食べてくれました。

BlogPaint

最後はバニラサブレ。
こちらのお客様は毎回習ったお菓子をこれでもか!という程復習して下さる有り難いお客様。
過去にも白桃のジュレを10回程作ったりフィナンシェも7回は作ったって言ってたかな。
母だってそんなに頻繁には作らないというのに、嬉しい限りです。
そんな今回も「手土産に出来るお菓子をまた開拓したいと思って」とバニラサブレをチョイスされたみたい。
このお菓子の良いところは型が必要ないので材料だけ揃えればすぐ作れるところ。
フィナンシェは美味しいけど型が必要なのが難点なのよね~・・・でもこちらのお客様は既に母と同じ型を購入してガンガン焼いているそうなので問題ないか。
バニラサブレはそのシンプルな姿故に軽視されがちですが、食べると止まらないお菓子です。
発酵バターの香りを楽しみつつサクサクと口の中でほぐれる食感、フィナンシェに負けず劣らずの優秀な手土産候補になることでしょう。
生地をひとまとめにしたら棒状にし、海苔巻き宜しくスライスしたらオーブンへ。

DSC_6687

 ようやくみなさんのお菓子が焼き上がったところで本日のお昼です。
本日は

・レモンマリネのチキンシーザーサラダ
・フォカッチャ
・サツマイモと塩豚のミルクチャウダー
・ババロア

です。

DSC_6676
 
DSC_6670

DSC_6677
 
DSC_6686
 
 フォカッチャ、手間はかかるけどやっぱりパンチ入れした方が絶対美味しいわ~。そんな母ですが今日は目覚ましを止めてからまさかの二度寝をしてしまい気付いたら4:45!ギョエー!!
必死こいて作業してなんとか帳尻をつけた次第であります。
スープは直前まで何も考えていなくて家にある材料で作った感じ。お子様受けは良かったみたいでホッ。

今日は三男のご機嫌も良くて比較的作業し易くて助かったな。
これがおんぶしてる状態でいつまでも寝てくれなくて暴れられたり、とかされると本当地獄。
とりあえずまだこのおんぶに甘んじていてくれていますが重量的にもそろそろ限界が近づいてきているので早くお客様に慣れて、そしてお客様の赤ちゃんと一緒に遊んで欲しいと切に願うばかりであります。
さて、明日はPTAの定例会とやらがあるそうなので頑張ってくるとします。

ではまた。

 
記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ