迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2016年10月

Precious Time展に行く、の巻

月曜日。

11月初旬は色々予定があってお教室はしばしお休み。 
そして気が緩むと途端にガタガタと体調を崩す母、なんだか寒いし鼻詰まりが酷くて辛いー。
やっぱあれかな。昨日のハロウィンで寒空の中出歩いたからかね。
とりあえず早目のパブロンと栄養ドリンクを飲んだら大分楽になってきたので三男と公園へ。

三男てば目ぼしいEテレ番組が終わると母の後をついて回って「いっくー!(行く)」と外出を猛アピール。
しまいには靴を持ってきたり帽子や靴下まで持ってきてそれが母を大いに急かすのです。
今日も昨日に負けずと寒い一日でしたね。そろそろ我が家の冬の必需品「ねころんぼ」の出番かな。
公園の滑り台でラムネを一気喰いする人。

DSC_2051

しばし公園で遊んだ後は元住吉はLoquatさんへ。
先週末から始まった「Precious Time」展を覗いてみたかったのです。

DSC_2059

週末はバタバタしていたので今回は行けないかな~と思っていたのですが偶然店主さんから「ハロウィン用に用意してたお菓子がまだあるからおいで~」とお誘いを受けたので、ならばこちらも余ったお菓子を持参します~と尻尾振って向かったわけです。
週明け月曜日はみんなどことなく忙しそうなんだけどLoquatさんだけはいつも通りゆったりとした時間が流れています。
川沿いの桜並木が色づくのももうすぐかな。
今回は木工のNUBさん、陶芸の蟻川誠さん、そしてガラス作家の鄭 継深さんの3人の作家さんの合同展示。

DSC_2058

お店の中はガラスと陶器と木工という母の大好物ばかり~
季節は秋。やっぱり温かみのある陶器に惹かれてしまう母は蟻川さんの器の棚へ吸い込まれていきます・・・

DSC_2054

うっかり抱っこ紐を持たずに出てきてしまったので写真を撮るのにも片手で三男を捕まえながらだったのできちんと撮れませんでしたがどれもとっても素敵でした。
器については全く無知なのでどんな釉薬を使っているのか分からないんだけど深緑色のカップやマットな白い花器など。白い大鉢も良いよね~。おかずが映えそう。
片口も既に別な物を持っていてもまだ欲しくなるのよねー・・・

DSC_2055

ガラスの方はこんな感じ。
複雑な模様が入り組んでいて一体どうやって作ってるんだろう?と作家さんに聞きたくなっちゃいました。
今日は在廊されてなかったので聞けず、残念。

DSC_2053

ピアスやブローチなんかもありました。
三男が手に取るたびドキドキ・・・しかし注意するとぶん投げる性癖があるので慎重に。。

DSC_2057

DSC_2056

悩みに悩んだ結果、こちらの2つに絞りました。
今回は花器が欲しいなと思っていたので余計な雑念が入らなくて助かった(汗)。
手持ちがついたものとピッチャー。更に悩んだあと、生け易そうな手持ちのついた花器を購入。

DSC_2052
 
秋らしいこちらの花器には野に咲く花々が似合いそう。
明日にでも近所を散策して摘んでこようかな。

DSC_4591
 
さて、今宵も冷えそうなので暖かくして早目に休むとします。
ではまた。

 

もとすみハロウィンのちドクターイエロー!

日曜日。

今週末は子供特化週間ですね。昨日のフリーマーケットに続き今日はもとすみハロウィン。
最近長男が「昔行ったハロウィンって今度いつやるの?また行きたいな~」と言っていたので週末特に予定もないので行こうかなと思っていたのです。
そしたらお父さん、その話を聞くなり「えー、お父さんはあの飴ひとつもらうのにすげー並ぶのヤダ!それより北陸新幹線乗りに行こうよ~」と長男を懐柔しにかかる。
長男、ハロウィンも行きたいけど新幹線も捨てがたいと悩みに悩み結論出ず。
そこで母の「新幹線はまたいつでも乗れるけどもとすみのハロウィンは前から行きたいって言ってたんじゃないの?それにハロウィンはこの日曜逃したら来年までないよ」の一言により長男
「ハロウィンに行きたい」
お父さん、長男の懐柔に失敗。大体子供が行きたいって言ってる物を自分都合で変更しようなんて親のやる事か!ま、それほどお父さんにとってはもとすみハロウィンは苦痛なんでしょうけど。

当日の朝。
のんびり起きた母に向かってお父さん「そういえばハロウィンでお友達に会った時に渡すお菓子って用意したの?」
えっ・・?そんなのいるんだっけ?(汗)何もないよ。めぼしいお菓子ない。
時計を見ると10時。ハロウィン開始の13時までまだ時間がある・・・簡単なお菓子でも作って間に合わせるか。
そんなわけで開封済みのコーンフレークとチョコチップでいつものチョコチップクッキーを作り、あとは冷凍していた卵白を急速解凍してフィナンシェを作成。
ギリギリ12:30までに間に合った・・・
袋詰めは長男にお願い。

DSC_2039
 
DSC_2040

もとすみハロウィンは元住吉界隈の商店街がタッグを組んで開催するお祭りで、各お店で配られるお菓子お目当てに仮装した子供達で賑わいそれはそれは盛大なのです。
前来た時は何年前だったかな~長男が年少さんの時だったから3年前?
今日はとっても寒い日だったので完全防備でいざ出陣!
タンスをひっくり返してみたら以前に使ったハロウィングッズ(ダイソー)がまだあったので次男と三男に着せてみました。

BlogPaint

ちなみに商店街でお菓子をくれるお店はあらかじめ決まっており、そのお菓子目当てにすごい行列なのです。
飴ひとつに20分以上並ぶのはざらで、付き合う親はもうヘトヘト・・・母は覚悟して来ていたのでどんな行列だろうが耐えられたのですが隣にいるお父さんは終始イライラ。
もらったお菓子をすぐさま食べようとして床に落とした次男を叱ってみたり列から外れる長男を叱ってみたり。
まあイライラする気持ちも分からんでもないが今日は子供の為の日なんだからあまり怒りなさんな・・

BlogPaint

お菓子をもらう時の魔法の呪文「トリックオアトリート!」
この呪文が次男には難しかったようで最初は「トリックアート」で最終的には「どんぐりアート!」という奇妙な呪文に変わり、それでもお店の人はニコニコ笑顔でお菓子をくれました。みんな良い人達だ~
しかしなんだよどんぐりアートって・・・
そして次男、もらったら即座に食べるので写真には食ってる姿ばかり(笑)
そんなわけで折角持参したお菓子入れも全く溜まる暇なく常にゴミ箱状態。。。

BlogPaint

三男も「チョーダイ!」と手を差し出しお菓子を要求。

DSC_2045
 
それにしてもすごい人出だったー。
今年こそ、なかなか良い品をくれるという噂のクレープ屋さんに行ってみたかったけど結局着いた頃には既に「終わりました~」の貼り紙。 
それでもお菓子袋の中には沢山の飴やらラムネが入り子供達大満足でした。
途中で幼稚園のお友達や小学校のお友達にも会え、来た甲斐あったかな。

BlogPaint
 
朝食が遅かった我が家、お昼を食べ損ねたのでお腹が空いてきた。飴やラムネでは全く満たされない。
結局1時間程行列並びを頑張ったけど「寒くなってきたしそろそろ引き揚げようか」という話になり駅前のなんとか水産でお昼。
ここは店内も広いしこんな変な時間に行っても入りやすいので助かるわ~
既に出来上がってるオジサンに「おうっ。パレードの帰りかい?」と声を掛けられたりして外の喧騒とはかけ離れたお店になんだか妙に落ち着いたり。
遅めのお昼。というか早めの夕食。

DSC_2048
 
腹ごしらえをした後はまたテクテク歩いて帰り、更にお菓子をもらおうと前もって知らせていたご近所さんにお菓子をもらいに行ったりしてようやく家に着いたのが16時ちょっと前。
「さて、散々歩きまわって体も冷えたしお風呂に入ろうか」と言う母にお父さんのちょっと待ったコール。
何?と聞く母に「あと30分でドクターイエローが小杉を通過するんだって!今新富士通過だって!急げ!今ならまだ間に合う!」と家族を追い立て今度は車で駅へ。
別にうちのお父さん鉄道好きでもなんでもなくて、今回の件も長男の為に調べてくれたんだろうけどそれに家族全員を付き合わせるのが母的にしんどい・・・疲れたよー。

夕暮れ差し迫る16時過ぎ。中丸子付近の陸橋で来るかどうかも分からないドクターイエローを待つ家族5人。
ドクターイエローの走行ダイヤは非公開なので誰もきちんとした通過時刻は知らないのでたまたま通過したのを見た人がtwitterなどで「今新富士通過しました~!」とつぶやけば「おっ、予想ダイヤより大分早まったな!急げ~!」とその後の進路先の鉄っちゃん達がざわめくわけですね。
長男の血を受け継いだのか三男、鉄道大好きです。
ワクワクしながらつま先立ちでドクターイエローを待ちます。

DSC_4554

母はカメラ担当、お父さんは携帯で動画担当。
面倒臭い面倒臭いと言いながらもきっちり仕事はこなす母。
直前まで「あのtwitterだって誰かのガセかもしれないじゃん、ネットの住民の言う事なんて信用できないよね~」と思っていたけど本当に来ました。
黄色い車体に青いライン。

DSC_4578

DSC_4579

長男がいうにはドクターイエローは700系新幹線に黄色いペイントをしてるんだって。点検車両なので通常の新幹線より車両数は大幅に少ないので通過時間も短い。狙わないと見れない貴重な新幹線なのです。
過ぎ去った後も長男興奮冷めやらず。「すごいすごい!お父さん見せてくれてありがとう!」

その日の長男の絵日記にはハロウィンの事がちょっぴり、そしてデカデカと描かれたドクターイエローとその説明(笑)。
あの寒空行列に耐えた母達は何だったのか・・・
ま、でも良かったね。あとは風邪引かない事を祈るのみ!

【余談】
ドクターイエローを見た後、付近に住んでる友人に余り物のお菓子(結局、みんなお菓子をもらいに来てるだけでお友達同士で会って渡すなんて習慣はなかった。お父さんの嘘つき~!作り損)を渡せたらなと思って帰り際にお父さん達には友人宅の近くで車中待機してもらったのです。
そしたら玄関先でようやく手渡せたと思ったらお父さんから「お前何くっちゃべってるんだよ!早く帰ってきてくれない?」と帰れコールが。
なんなんですかねこの1分たりとも待てないこの人の性格・・・さっきドクターイエローを見に行った時は散々人に付き合わせたくせにちょっと母が友人のところに菓子届けに行った位で怒るって。ハロウィンでも行列の最中ずっとブツブツ言いっぱなしだったし。ヤダヤダ・・





 

一日駄菓子屋さん、の巻

夕食時の事。

その後の家事が控えていた為、手早くカレーをかっ込んだ母に向かって長男が一言。
「ママってジャイアンみたい」
・・・何故にジャイアン?
聞くと「ジャイアンってちょっと怖いし、食べるのもすごく早いんだよ。だからママに似てる」だそうな。
つい1時間程前にドラえもんの映画を観たせいもあるけど母をジャイアンとは(笑)
ま、でも音痴なところも含めてジャイアンに似てるかもな。長男の例えは言い得て妙なのでした。

土曜日。
今日は長男の学校でPTA主催のフリーマーケットがある為母は朝から大わらわ。
PTAの各部門別に様々な出店を出す事になっており母の属する委員会では駄菓子屋さんをする事になっているのです。みな時間を区切ってシフトを組み、母はトップバッターだったので開店前の準備などをしておりました。
駄菓子屋は子供達に人気がありそうだ・・・しかも母はレジ担当なので無秩序状態のレジがどうなるのか怖くて仕方ない。
学校へ着くと、当初の設置場所から大幅に変わり体育館になったのでみんなでテーブルを移動して仕切り直し。
なんとか開店30分前までには商品を並べる事ができました。

BlogPaint

並べながら「これ懐かしいね~!」とか「今は駄菓子でもこんな可愛いのがあるんだね~!」など結構準備も楽しい。
が、モロッコヨーグルトを並べながらある事に気付きました。
これって付属のスプーンがついてるけどセルフでもっていってもらったら数が足りなくなったりしそうじゃない?
スプーンの数には全く余裕がなく、きっちり商品分の数しか入っていなかったのです。
かといって母達がレジ対応をしながらスプーンを入れてあげるなんて事は多分無理そう。
というわけで「じゃあスプーンを貼った状態で売ろう!」となりペタペタ貼ってみました。
うーん、みんなが集まると色んな意見が集まって良いね!

DSC_2025

10時。開店です。
ドキドキしながら待つ母達。。。すると洪水のように子供達がなだれこんできたー!
多分正門が開く前から行列してたんだろうな・・・と容易に想像出来るすごい人数でした。
そして殆どの子供達が母達の元へ。あっという間に大行列(汗)
ちなみに今日の本番前に「レジを1個だけ設置してそこでだけ会計するか子供達から差し出されるお菓子を次々と捌いていくか」など色んな案が出されたんだけど結局「ま。。。当日ぶっつけ本番でやらないと分からない事もあるよね」的な意見に落ち着きました。
そしたらお手伝いで入ってくれた先生達が体育準備室から三角コーンをもって来てくれて列を整理してくれ、そのおかげで列が大分スムーズに。
やっぱ小学生に秩序なんて事を期待してはダメだね。先生達のおかげでとても助かりました。
その後も、商品が入った籠を渡されたので袋に入れ先にその袋を渡したらいつまでたっても代金を払ってくれなくて「あれ?さっきの子は何処に行った?」と焦ったら当の本人は既に支払ったと勘違いしてその場を離れてしまっていたり。
すぐに気付いたので「お金まだだよー!」と呼んで事なきを得ましたがその後「商品を渡すのは代金をもらってから」というのを徹底した次第でございます。
レジをしていて興味深かったのは子供達の好きな駄菓子の傾向が結構ハッキリしている事。
会計をしながら「なんかやけにこの10円のガムばっかりみんな買うな~」と思っていたらあとで見たらそのガムは噛むと赤だの青だの口の中が気持ち悪い色になる代物でした。なるほどね。
あとはハイチュウとかグミなんかが人気でしたかね。
大切な軍資金を握りしめた子供達が商品棚で一生懸命計算しながら買うのはとても微笑ましい光景でした。

気付けば次のシフトの人が来てくれていて、あっという間の1時間半でした。
母のお仕事これにて終了~
と、ふと店を見ると長男がお友達のお兄ちゃんと一緒にお店に来てくれているではないですか。
「ママのお店行くからね!」と言っていたけど来てくれたのね。嬉しいね~母はもうお仕事終わったけどお兄ちゃんと仲良く楽しんでくれい。
何やらきなこ棒を買った模様。地味なお菓子を買うもんですね・・・

BlogPaint

その後母は子守役のジジババと合流して次男三男と共にフリーマーケットを楽しみました。
まずは何はともあれ次男の「綿あめ!ポップコーン!」要求に応えるべく列に並んで購入~
三男も一丁前に1個食べておりました。この後次男も三男も綿菓子追加で1本ずつ。ポップコーンも食べて磯部餅も食べて団子も食べジジババもびっくり仰天な量を食べておりました。

BlogPaint
 
今日は結構寒かったので熱々の磯部餅が美味しかったな~。焼きそばもあったのでお昼用に何個か買い大満足。
ちなみに食い物関係の話しかしておりませんが、今回の名目は「フリーマーケット」
出店も大賑わいだけど保護者が出店するフリーマーケットもそれはそれは大盛況でした。

BlogPaint

見ると、使わなくなったトミカの立体駐車場とか、大きなブルドーザーとか。男子には垂涎の品が沢山。
多分あれは早い段階で売れるだろうな~・・と開店準備段階で思っていたらやっぱり早々に売れていたようです。
あとは洋裁が得意なお母さんがぬいぐるみの着せ替え用お洋服を売っていてそこがすごく賑わっていました。
知人に聞いたら毎年出店されているみたいでこれを目当てに来る人達も多いみたい。
これがまた完成度高いのよ!こんなに手が込んでて500円とか有り得ない。普通にお店で売ったら3,000円はしそう。
着せたらこんな感じよ、という写真付で買う方もみんな超真剣。

DSC_2027

ちなみに母は三男の秋冬物が欲しいな~と思っていたので(次男で子供は終わりだと思っていたので全部捨てた)物色。
そしたらまーフリーマーケットって楽しいのね。
ブランド物が400円で買えるの??と目を丸くしながら何点か購入~。
サイズが合うのが見つかればこんなお買い得な事ってないよね。別に母そこらへんに戸惑いはないので「こんな安く手に入るなら有り難い事です~」とお店の人と世間話をしながら楽しくお買い物をしました。
ちなみに買ったのはこちら。殆ど三男のものだけど次男に合いそうなウィンドブレーカーを見つけたのでそちらも購入。
母、初購入のオーバーオール。2歳で可愛い盛りの三男なら似合いそう。
あとはダウン生地のベストなどなど。運動系の三男には手が自由に動かせるのは最適ね。
これだけ買って1,000円ってフリマ最高!
母もコビトヤ廃業する時、製菓関連道具ここで売ろうかしらん(笑)。

DSC_2037
 
家に戻ると程なくして長男も帰宅。
子供同士で出掛けるのは新鮮だったようで今まで貯めに貯めたお手伝い貯金を軍資金として全部もっていったらしくまー沢山買ってきましたわ。

BlogPaint
 
トッキュージャーの変身ベルト(200円)、それにつける交換パーツ?5種(各50円)
あとは輪投げをしたりヨーヨーもしたり。
食べ物系では駄菓子にジュースに焼き鳥に磯部餅に、あとは綿菓子。
残った財布を見たらまだ100円玉が1,000円分程あったので軍資金一体いくらあったんだ・・?
でも、今までは貯める一方で使い方を知らなかっただけに自分の稼いだ小遣いで買い物をするというのは貴重だったかも。
でも良かった。金にものを言わせて件のトミカの駐車場(←超巨大)を持って帰ってきたらどうしようかと思ったわ。。

この時期近隣の小学校でも似たようなイベントをやってたりするのでご近所の方は学区の小学校の雰囲気を見に遊びに行くもの楽しいかも。
今日はとっても楽しい一日でした。

【本日の三男】
朝からスーパーハイテンションの三男。フリーマーケットの後昼寝もせずにそのまま兄達のスイミングへ付き添いその待ち時間でも大いに遊び風呂に入ったらドラえもんを観て。。
これは早くに撃沈するな。という母の読み通り18時には夕食を食べながら夢の中。
お疲れさん。

DSC_2038

 

10/28の風景

三男の悪事に対して母も大分知恵がついてきまして。

それはお教室当日の朝、家中の引き出しから三男の被害に合いそうな物品を避難させること。
敵が賢いならばこちらはその上を行けば良いというもの。
ただ、三男が毎回意表をついてくるので母の独り相撲なところが多いんだけどさ・・・(泣)

そんな本日は週最後のお教室でした。
今日はお一人がお子様の体調不良で欠席されたのですがタイミング良くキャンセル待ちの方にお入り頂けたので無事3名様での開催となりました。
秋になって乾燥してくると風邪が流行ってきますね。本日お越し頂けなかったお客様、お子様が元気になったらまた是非いらして下さい。
今日は5ヶ月と6歳のお子様がきてくれました。
メニューは

・リンゴのタルト(冬季限定)
・ピーカンナッツのサブレ(リクエスト)
・ウィークエンドシトロン

です。

まずはピーカンナッツのサブレから。
実はこちらのお菓子はメニューはまだなく、いつぞやのブログで「近いうちメニューに加えま~す」と告知していていながらHPには載っていないという(汗)。
別に載せないわけじゃないんだけど実際希望する人いるかな~?とか躊躇してたら突然
「あの時ブログに書いてたピーカンナッツのサブレって作れますか?」と聞かれ正直ビビッた。
それから慌ててレシピを書き上げなんとか無事当日お客さまをお迎えできたのでした。
こちらのサブレはサブレというよりガレットに近いかな。発酵バターをふんだんに使い、粉もこだわった自信のお菓子です。
何故メニューに載せるのを躊躇していたかというと理由のひとつとしては「型にお金がかかる」事。
このお菓子はバターがとても多い生地のため、型抜きした生地をそのまま焼くと綺麗なガレットの形にならないのです。
その為、生地をセルクルで型抜きした後そのままセルクルをつけたまま焼いて型崩れを防いでいるのです。
そうするとセルクル型が大量に必要になるんですね~・・復習しづらいよね~。
例え半分の数のセルクルを買ったとしても焼いた直後の型は熱くてしばらく使えないし。
ま、そんな理由からお蔵入りになっていたのですが常連のお客様は見逃さなかった(笑)
こちらのお客さま、帰省の際によく焼き菓子を焼かれるとの事で過去に習ったフィナンシェやマドレーヌの他にもう一つ何か焼き菓子を、と思ったそうなのです。
ピーカンナッツのサブレ、その名の通りピーカンナッツがたっぷり入った実に贅沢な焼き菓子です。
空炒りしたピーカンナッツを細かく刻む、という手間がかかるけど量も沢山出来るので喜びはひとしお。
焼き上がりの断面がザクザク感に溢れているのがお分かりになりますでしょうか?
生地が厚いので歯で噛んだ時にザクッという食感がしてその後ピーカンナッツの油分と発酵バターの香りが広がり幸せ一杯。お裾分けに他のお客さまにご試食用としてくださったのですが、大好評でした。
母も1枚頂けて有り難くいただきました。ご馳走様でした!
セルクル型に入れたまま焼いたので形もとっても綺麗ですね。
ちなみにこちらのお菓子は別に裏メニューでもなんでもないので作りたい方はその旨おっしゃって頂ければ作れますよー。
20枚+チビサイズ6枚程で5,000円です。

DSC_4503

お次はリンゴのタルト。
こちらのお客様は今回初めてご来店頂いたお客様だったのですが聞いてびっくり。なんと小杉では知らない人はいないという程有名なお店のご主人さまだったのです。
それを聞いた母「ヒョエー!!」とたまげてびっくり仰天。
そんな方が何故こんなしがない菓子教室へ??と疑問が沢山だったのですがいらして頂いたのも何かのご縁。
母なりに精一杯おもてなしをせねば。
お料理はするけどお菓子作りはあまり・・とおっしゃられていましたが手先が器用なのは傍で見ていても良く分かりました。今日は手が荒れていて・・とおっしゃられていたのでベース部分は母のデモにさせて頂きましたが他の作業は全てして頂きました。
最後に紅玉を丸々1個スライスして乗せたらオーブンへ。
とっても美味しそう!

DSC_4510

最後はウィークエンドシトロン。
こちらのお客様も本日が初ご来店♪5ヶ月の赤ちゃんと6歳のお姉ちゃんと一緒にお足元の悪い中お越し頂きました。
現在育休中で復帰までに自由時間を謳歌したいんです!と意気込んでおられました(笑)
そうだよね~お仕事復帰したらこういう時間はなくなりますもんね。しばらくは仕事と子育てに忙殺されてヘトヘトになるだろうし。是非是非今の内に英気を養ってくださいまし。
そんなお母さんを気遣ってか5ヶ月の赤ちゃんもとってもお利口さん、そして6歳のお姉ちゃんが年長さんとは思えない程のしっかりぶりで一同びっくり。
来年一年生との事だけどもう既に3年生位のしっかりさ。お母さまの育て方が良いんでしょうね~・・
と暴れまくる三男を見ながらついつい卑屈になってしまう母。
今日はご新規さまが2名いらっしゃったので最初から邪魔をされては敵わん!と教室開始から三男をおんぶした母。
しかーし。背中で大人しく寝ていてくれたのはたった40分で、すぐに起きてしまいその後は降ろせ降ろせとわめいて敢え無くリビングへ放牧。でも背中で寝ていた時間は貴重だった。。この時間があったからこそ今日乗り切れたと言っても過言ではなかったな。
そういえば昨日の段階でシトロンにしますというご連絡を頂いたのですが「さてじゃあ材料を計量しようかね」と諸々準備していたらシトロンで使うゼスター(皮削り器)がない!
この前三男に大根おろし器を何処かにもっていかれて探すのに苦労したけどもしやゼスターまで何処かに持って行った??
ヤバイヤバイ。教室は明日なのにゼスターがないと仕事にならん。と慌てふためいた母、とりあえず半日かけて捜索したけど見つからず仕方ないので駅前まで行ってめぼしいキッチン道具店を探しまくりなんとか買う事ができたのでした。
でもゼスターって需要がないのかな。頼みの綱の212キッチンストアでもなくて仕方ないので万能おろし器を買いました。
シトロン、コビトヤ立ち上げ時からのメニューですが安定の人気ぶりですね。
このメニューはレシピ開発に苦労した記憶があるので今でも皆様からの支持があるのは嬉しい事です。
焼きたてに自家製杏ジャムをたっぷり塗って染みこませ、最後にレモンアイシングでおめかししたら完成。
最後のアイシング作りはお姉ちゃんがやってくれたのですが「楽しい~こういうの好き!」と楽しんでやってくれました。とっても上手にアイシングをかけてくれました。

DSC_4507

皆様のお菓子がひと段落したところでお昼です。
ここまで来ればあとは三男もお弁当タイムなので母もランチの準備に時間を割ける~。
今日は予報が早まり昼前には冷たい雨が降ってきてしまい寒い一日になりましたがお家で温かい食事を食べるには格好の気温ですね。
そんな本日のメニューは

・サツマイモと豚肉のセージ風味グラタン 
・ベーコンとトマトのコンソメスープ
・ホテル風ブレッド
・サーモンのロミロミサラダ
・タルトタタン

です。

DSC_4498

DSC_4494

DSC_4500

DSC_4497

今週のメインは火曜日に続きサツマイモと豚肉のグラタンです。
ホクホクサツマイモが美味しい季節ですね。
そういえば今日次男も幼稚園でスイートポテト作りをしたんだって。
帰ってきてから「お芋をみんなで潰してたあとに牛乳を入れてまた潰すんだよ~。それからバターとお砂糖を入れてお団子みたいにしたの」と次男にしては珍しく工程を完璧に言えて「へー」とびっくり。
次男は食べるのも好きだけど作るのも好きなのかもなー。と親バカが炸裂(汗)
「いっちゃんもう一人でスイートポテト作れるよ!」と言っていたので今週末でも作ってもらおうかな。
このグラタンは我が家の子供達が大好きなメニューです。
食べる度に「いっちゃんのお芋美味しいでしょ~?」としつこく謝辞を求めてくるのが若干面倒臭いけど
「美味しいね~いっちゃんのお芋美味しいね~」と言うと満面の笑みで満足するのです。
付け合わせは今日はホテル風ブレッド。
生クリームが余った時にはこのパンを作るに限る。お客様にも毎回好評のパンでございます。
スープはトマトとベーコン、ほうれん草を入れたコンソメスープ。最後に少しお酢を入れる事によってさっぱり味に仕立てました。
サラダは火曜日のダイス野菜のサラダと似てるけど全く異なるものです。
ロミロミサラダっていうのはハワイの物なのかな?ニンニクを効かせたドレッシングにダイス状に切った野菜とサーモンを合わせたサッパリしたサラダです。
単体で食べても良いしバゲットなどに乗せてブルスケッタみたいにして食べても美味しいですよ。

デザートは今シーズン初お目見え「タルトタタン」
リンゴを8個も使った贅沢なお菓子です。
そしてタルトタタンと言えば下のパイ生地。この為に先日パイ生地を1年ぶりに作ったけど初めてはやっぱり緊張するね~。オーブンの中できちんと層になって焼けているのを見てようやくホッとします。
トルテ型にカラメルを敷き詰め、その上にソテーしたリンゴをギッチギチに詰めしばしオーブンへ。
最後に焼いたパイ生地を乗せてひっくりかえしたらあの形になるんですね~。
リンゴを味わい尽くす秋のお菓子でございます。
一緒に添えたのはバニラアイス。リンゴの甘酸っぱさを甘いバニラアイスがほんのりと中和してくれます。
生クリームも相性良いですよ。
タルトタタン、また気が向けば作りたいと思うのでお好きな方は当たれば良いな~程度に期待しててくださいね。

DSC_4501

和やかにデザートタイムが進行している中、事件は突然勃発しました。
お客様がちょっと離席している間に席に忍び寄った三男がなんとお客様のコーヒーカップに手を出しそれに気付いた母はキッチンで見てしまいました。カップに入ったコーヒーがテーブルに流れてびっしょびしょに。
いやー、こういう時ってスローモーションで見えるもんなんですね。
「ああー・・・」と叫ぶ間もなく三男の手によってコップがひっくり返され結局まだお客様がいるというのにテーブルクロスをひっ剥がして洗濯機へ。
みんな口を揃えて「三男くんのイタズラっぷりは噂に違わないですねー・・・」と感心するやら呆れるやら。
・・・ね?分かるでしょ。母が休業したい気持ちが(泣)

それでも今日もみなさまのおかげで三男の悪事はほぼ半分に減り母は大変助かりました。
これからもご迷惑をおかけするかと思いますが何卒温かい目で見てやって下さい。
今週もご来店ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

さて週末。
明日は母はPTA主催のフリーマーケットがあるので休日返上で働かねば。
その前に今宵はほろよいタイム♪楽しむとします。
それではみなさま良い週末を!


 

たよりになるもの

週に数回程、母子家庭になる我が家。

40歳を過ぎたあたりから大学の他に月に数回は飲み会で夕食が不要になるうちのお父さん。
いつもケチョンケチョンにけなしている妻ですが決して旦那様を虐げているわけではございませんでして、旦那様がお帰りになるならば夕食はきちんとしなくちゃね位の常識は備えているわけです。
しかし「今日飲み会だから~」と連絡をもらったらこれ幸い、手抜きが出来る!と小躍り。
そんな時に大活躍なのがこちら。
「ヒガシマルのうどんスープ」

510Q0ywjOSL

蕎麦は茶色い醤油味でもうどんはやっぱり関西風に限る。
昆布と鰹の出汁が効いていて、これをお湯に溶かすだけで美味しいおうどんスープが出来る優れもの。
母、いまいち自分で納得のいく出汁が取れないので便利な物は使うに限るね。
そして子供は麺類が好きなもの。
我が家の子供達も例にもれず大好きなので、うどんならほうれん草を茹でたのを入れたり伊達巻やなるとを入れたら見た目も豪華だし具を変えれば栄養バランスも良さそう。
そんなわけで月に2回はこのうどんスープの素が大活躍しております。
母が好きなのは"煮込んでもコシが残る"というのを謳い文句にしている茹でうどんを買って、ヒガシマルのうどんスープで少し煮込んだ味がしみしみになったのが好き~。

寒くなってくると汁物が恋しくなるしヒガシマル、これからも大活躍しそう。
なんかヒガシマルのHPを見たら普通のうどん以外にも色んなアレンジレシピがあるみたいなので今度試してみようかな。

ではまた。



 
記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ