迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2016年12月

今年も一年ありがとうございました

一年が終わるのはあっという間ですね。
今年も今日でおしまい。

年末まで色々忙しかったお父さんも集合し、一家7人犬1匹勢揃い。
実母がご馳走の用意をしている間、母はお正月の飾り付け担当。
庭の万両を摘んできてお箸置きや生け込みなどをしておりました。
これやってると「大晦日だわ~」としみじみ・・
今年の万両はとっても出来が良く、実も赤くてツヤツヤ。

DSC_7232

人数分のお箸置きを作ります。

DSC_7238

生け込み。

DSC_7224

女性陣が台所仕事をしている間、子供達とお父さんは公園遊び。
もう日も暮れかかっているというのに元気だこと。何年か前に長男がねだって買ってもらって忘れ去られていたラジコンを今は次男と三男が楽しく使っております。

1483171038132

この笑顔!
この後、寒くなってきたので撤収となった時、床にひっくりかえって大泣きしたそうな。

1483171029886

次男は持参したストライダーで横浜の坂を猛スピードで下り、この間買ったばかりの靴に早くも穴が。。

BlogPaint

そんな賑やかな我が家ですが今年もこれといった病気をすることなく家族みな元気に終える事が出来ました。
今日は早めのお風呂に入って紅白歌合戦を見ながらご飯を食べるんだ~
今年も一年の終わりに温かい部屋で家族みんなが集える事に感謝。
来年もどうか良い年でありますように。
皆様もどうぞ良いお年を!
それではまた。

DSC_7182



掃除納め

いよいよ年内最後で最大の難関であるワックスがけの日がきました。

早朝6時に実家を出発し自宅に着いたのが7時前。
去年と違うのは長男も同行しているという事。小学生になって色々戦力になってきたので自分の部屋位は自分でやってもらおうという母の算段。
自宅に着くと丁度お父さんも起きたとこ、さあ早速やりますよ~!
とはいえすぐにはワックスがけは出来ない。まずは家具類の移動から。
移動できる家具は全て別室に移動するか棚の上に置くかしてワックスがけするスペースを確保。
このようにリビングの家具は和室へ。照明も取り外されます。
特に辛いのが石のテーブルとソファ・・・年々腰にくるわー・・(汗)

DSC_7141

最後にジョイントマットも剥がし雑巾で拭くんだけど、これがまた「何故こんなところに汚れが??」と思うようなところが汚れていたりしてせっせと拭きます。
子供っていうのは本当汚すもんね~どうせおおかた三男がジュースでもこぼしたんだろう。
拭いた後は元の位置に戻せるよう(石のテーブルを上に置くと脚の部分だけ強烈に凹むので以降、その部分にしか石のテーブルを置けない)ジョイントマットのパーツを全部記憶しながら切り離し。
過去に母が無計画に切り離した為、その後元に戻すのにえらい大変だったお父さん「もう触らないで!」とお触れが。。

家具を移動した後は掃除機をかけ、雑巾がけ。ここぞとばかりに普段掃除できない幅木あたりを拭いたりして綺麗さっぱり。
AVボード裏を拭くのに夢中になってたら撮られる、の図(汗)

DSC_7146

一方、子供部屋では長男主体となって進められます。
まだ掃除初心者な長男、机の上から拭き始め、その後棚の上のホコリを取るもんだから母に
「掃除は上からが基本!最初に下からやるとその後上からのホコリが落ちてくるでしょ」と掃除の極意を叩き込まれる。
その後、お父さんにワックスがけのノウハウを教えてもらい。
「薄~くつけて何度も往復するのが上手に塗るコツだよ」
長男、真剣に見入っております。

DSC_7156

いざ、自分でやる番になると緊張。
でも持前の几帳面さとバイタリティーで飽きずに子供部屋を塗りきりました!

DSC_7165

リビングもピッカピカ!
がらんとしたリビングを見た長男「リビングってこんなに広かったんだー!声がすごい響く!」とおおはしゃぎ。

DSC_7172

オーブン部屋→リビング→子供部屋→書斎→最後に廊下、の順にワックスがけをして、いよいよ逃げ場がなくなってきたところで3人で家を脱出し遅いお昼ご飯を食べに駅前へ。
朝8時から始めたワックスがけ、終わったのは13時でした。今年もみんなご苦労さん。

今日はワックスがけの為だけに帰ってきた母、酷い身なりだったのにグランツリーのピザ屋まで連れていかされ化粧もしない姿でフルコースをご馳走してもらいました。
美味しかったけどなんか恥ずかしかったな。。
長男は母とお父さんのご飯を取り分けてもらいながら窓から見える新幹線に釘付けでした。

BlogPaint

我が家のワックスがけも今年で10年目。
10年も経つと床だけでなく壁もかなり傷んできてるけど愛しい我が家。
これからも手を入れながら大切に住んでいきたいとおもいます。
長男とお父さんにはお手伝いしてくれて本当に感謝!
来年は次男も戦力になるかな~

ではまた。お疲れ様でした。

【今日の一コマ】
子供達が就寝後、リビングで日記をつけてる母の元にキンタが。
甘えてくるのは良いけど日記、その舌でビッショビショなんですけど・・(笑)
キンタ10歳、爺さんになっても可愛い家族です。

BlogPaint



ふたりはなかよし

母の朝は9時から始まります。

顔を洗ってダイニングに座ると朝食が出てきて食べ、その後は子供達の宿題を見てあとは公園で縄跳びの練習に付き合ったり。
おやつを食べてひと遊びした後はお昼ご飯に呼ばれ、昼食後は二階で読書しながらいつの間にか夢の中へ。
こういうのを至福というのでしょう。これよこれ、この為に一年頑張って働いてたのよ。

突然の母子4人の来襲に戸惑ってるのはキンタ。
のんびり老後ライフを過ごしていたところにこのうるさい子供達。しかも自分の家なのに「キンタあっちいって」と邪魔にされ可哀想。。
そんなキンタの心の拠り所は三男。現在一番の仲良しさんです。
今日も午前中の暖かい日差しの中、二人でおままごと。
拾ってきた土団子で「おににり、いぱーい!(おにぎりいっぱい)」

DSC_7092

キンタ「あら、じゃあこれをもらおうかな」
三男「それはまだだめー」
こんな風にとっても仲良しさん。

DSC_7110

「ママもどうぞー」

DSC_7113

実家の狭い庭も三男にとっては無限に広がる世界。
通りを走る車が来ては柵から身を乗り出し声をかけ、そんな三男のあとをついていくキンタ。

DSC_7119

今日もキンタは三男のおもり役を喜んで買ってくれるのでありました。
歳をとって足腰も大分弱ってきたけどまだまだ元気でいて欲しいものです。


母独身に戻る、の巻

火曜日。

休みモードに入るとどうも曜日の感覚がなくなっていかんね。
そんな本日は帰省名物、幼馴染と会ってきました。
今日のこの日を楽しみにしていた母、実母からイヤリングを借りてルンルンで横浜へ。
母と娘だからできるアクセサリーの貸し借り。
母の姿を見て「アンタ、みみっちい恰好してるから少し明るい色のやつにしなさい」とガーネットがついたアンティークのイヤリングを貸してくれました。
みみっちいって・・どうせなら「その服にはこのイヤリングが似合うよ」とか言えんのか。

DSC_2382

帰省中、一人で出かけられるのは大変貴重な時間。
ここぞとばかりに、購入リストを作りコーヒーを買ったり出汁を買ったり。ついでに実母からのおつかいものも買ってたらあっという間に待ち合わせ時間に。
今回は「たまには素敵な空間でおしゃべりしようよ!」と意気投合し、みなとみらいにある横浜ベイホテル東急でのランチ。予約を幼馴染に一任していた母、ホテル名にいまいちピンと来なかったけどパンパシフィックホテルね。いつの間にか経営母体が変わってたわ。
11時半から90分のランチビュッフェはおばさま方で大賑わい。周りのテーブルを見るとおばさま方が「私はおかず担当ね、あなたはデザート担当ね」と皿に山のように盛り付けてて見てて実に興味深い。
母と幼馴染は各々好きなものを取って食べておりました。
いや~、誰にも邪魔されずにご飯が食べれる幸せ!最高だわー。

DSC_2375

現在妊娠5ヶ月の彼女、これまで悪阻といった悪阻もなく順調みたい。
しかし「今まで赤ちゃんが出来たらもう飛び跳ねる位嬉しいもんだと思ってたけどそれは本当一瞬で、その後は心配事が次々と出てきて・・」となにやら憂い顔。
小さい頃から幼馴染の性格を知ってる母としては「またいつもの心配癖が・・」と思ったけど今は時間が有り余る妊婦。心配事が出来る度によせば良いのにネットで調べてしまい不安要素を見つけては落ち込むといった具合なんだそうな。
ネットって便利なようでこういう時余計な事まで知っちゃうから不便よね。。
どうせ「気にするな」と言ったところで不安は拭い去れないだろうから「程ほどにね」とだけ言っておきました。
あとは出産までに用意するものとか、母があげられる育児用品の話などなど。
ちなみにランチバイキングで一番美味しかったのは名物のカルボナーラ。美味しすぎて3皿も食ってしまった。
メインでかなり満腹になってしまったけどさすが女性、デザートは別腹でケーキにプリンとこちらもてんこ盛り。

DSC_2380

あっという間の90分でした。
横浜ベイホテル東急「カフェトスカ」のランチバイキング。お値段4,000円程ですが席もゆったりしてるし眺めも良いのでお勧めです。あー贅沢してしまった。
色々悩みはあれどこの笑顔なので大丈夫だろう、多分。

BlogPaint

食後は久しぶりにランドマークをうろついて、たまたま見つけた鉄道模型のお店で幼馴染がお留守番組の子供達にお土産を買ってくれました。
これ、ダンボーの鉄道版ガチャポンなんだけど可愛いと子供達に大好評でした。JR貨物コンテナのダンボー。
今日母が出かける時にも「サチお姉ちゃんに会いたい!」と大騒ぎの子供達だったので、帰省中に会わせてあげるかな。

DSC_2384

その後、幼馴染と別れた後は母は残りのミッションをコンプリートすべく横浜駅を走り回り本屋で本を買い込んだりアロマを買ったり。普段、あまり賑やかな場所に行かないせいか半日のお出かけでも帰りはぐったりでしたわ。
そして最後にお留守番組に恒例の魚久の粕漬けを買い本日のおでかけ終了~。
今日は幼馴染と沢山おしゃべりして楽しい一日でした。

家に帰ると子供達の「おかえりー!」のお出迎え。
自分の帰りを待っていてくれる家族というのは何物にも替え難いものですね。
さて、お風呂も入ったしみんなでご飯を食べるとしますか。

ではまた。

クリスマスの贈り物

まずはお礼から。

昨日のコビトヤ1月分の予約に際しましては早々に満席を頂きありがとうございました。
これも一重にお客様方のおかげでございます。本当にありがとうございました。
尚、キャンセル待ちにつきましては随時受け付けておりますのでご希望の方はお知らせください。

さて。
クリスマスの贈り物はサンタさんだけに限らず親やジジババからももらった子供達。
長男は3冊の本。

DSC_2359

前から欲しがっていた「ぺちゃんこスタンレー」「ちいさなスプーンおばさん」「チョコレート戦争」
長い冬休み、沢山本を読んで想像の世界を広げてくれい。
ジジババからは動物の図鑑、次男は「まめまめくん」という絵本。

DSC_2371

いつも帰省の度に母の兄の持っていた図鑑を熱心に読んでいた長男。
今回初の贈り物となる図鑑をそれはそれは熱心に読み、図鑑から得た知識を「ねえねえ知ってる?」と得意気に話してくれております。現在はコアラの生体を力説中。
次男への贈り物である「まめまめくん」は誰よりも小さく生まれたまめまめくん、外の世界に出た時にみんなと同じ事が出来ない事に気付き悩むんだけどその後自分だけしか出来ない何かを見つける、という素晴らしさを描いているお話でした。
次男は一般的に良いと言われている本ではない何かに惹かれるようで、この「まめまめくん」もそうらしく、とっても気に入ったみたい。

母も子供に習ってこの冬、何か本を読もうかな。




記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ