迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2017年04月

花の会~卯月の巻~

ツツジが満開ですね。

最近長男が「ツツジの蜜って甘くて美味しいんだよ~。特に白い花の蜜のが甘いんだ」と教えてくれました。
ツツジの蜜を吸うの懐かしいな~、昔良く舐めたわ。
そんな光景が今も子供達の間で繰り広げられているかと思うと時代は変わっても子供の世界は変わってないんだなと嬉しくなった出来事でした。

この季節はお天気も良いし外はお花が満開だし外に出るのが楽しくなっちゃいますね。
そんな本日は月に一度の花の会に行ってきました。 
お店の入り口には白いダリアが凛として佇んでいました。

DSC_3193

この日は今年初めての夏日とあって陽射しがもはや初夏のよう。
お教室前のヤツデの葉の影がこんなにくっきり出る程強い日差しでした。

DSC_3195

花の会は2月のチューリップの回以来だった母、なんだかすっかりボケていて乗るバスを間違え慌てて次の停留所で降りて元の都立大前まで走るという・・何やってんだか。
この前も似たような事をしたというのに・・まだ40歳にもなってないというのに己のボケ具合に不安を感じる今日この頃です。
今日は"春の野花"
使う花材は

・水仙(八重咲き、ラッパ)
・コンロン草
・ナズナ
・ショカッサイ(ムラサキハナナ)
・カモミール
・クリスマスローズ
・ギョイコウ
・キイチゴ
・コデマリ
・コゴメウツギ
・アケビ
・コナラ
・ウワズミザクラ

です。

今回使う器は背の高いものを先生が用意してくれました。
日本の作家ものやフランスのアンティークものなど。長い器といっても表情は様々。
今回は桑原典子さんの新作の器があったのですが他の方が選ばれていたのでいつか使ってみたいな~

DSC_3190

母が選んだのはガラスの器。
これから夏に向けて足元が透けて見えるガラスの器は涼し気で良いですね。

DSC_3194

生け込みの前のお話は今回は「花バサミについて」
先生が使っている鋏は京都は安重さんというお店で扱っているものらしいのですが、母からしてみれば鋏1本でこんな値段??とびっくりしてしまうようなそんな敷居の高いお店なのですが先生も駆け出しの頃清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったそうです。
花を生ける仕事をされている人は鋏さえあれば仕事が出来る。だからこそ値段ではなく自分に一番合う鋏を選ぶんですね。
母もいつかこの2,000円の鋏からステップアップする日がくるのかな。来ると良いな。

お話の後は各自生け込みをします。
この、誰とも話さない花と自分だけの時間がすごく好き。母にとって数少ない無心になれる時間なのです。
日頃限られた時間で家で生けてるからかはたまた性格なのか、母の生け込みにかける時間は他の生徒さんと比べて短いらしい。ものの20分程で生けられました。
那須の大自然の中で育った花々達は枝ぶりがのびのびとしていて、それが生けづらい時もあるんだけど今回は久しぶりの花の会だったのでとにかく生けるのが楽しく全く苦になりませんでした。
そして先生からのお直しも奇跡的に無く嬉しい~!

DSC_3197

こちらは背の低い器に生けるとこんな感じね~と先生が生けてくれたもの。
我が家には比較的背の低い器が多いのでこういう応用は非常に助かります。

DSC_3198

お教室の後はなんだかお留守番組の事が気になり、結局お茶をせずに帰宅。
お父さんは「ランチでもしてくれば良いよ~」と言ってくれたのすがお父さんがチビッコ相手ににわか主婦してると思うとなんだか自分だけ遊びまくる事に罪悪感を覚えて・・(汗)いつもはあんまりそんな事思わないのになんなんでしょ?

花の会、来月も来れると良いな。
ではまた。


 

新しい家族

いよいよGWが始まりましたね。

そんな本日はいよいよワンコをお迎えに行く日!
2週間前に見学に行った時から長男が指折り数えていたその日が来たのです。
新しい家族を迎える時は家族みんなで、がモットーな我が家。総勢7人2台の車での大層賑やかなお迎えとなりました。

いたいた25号(まだ名はない)。
2週間前よりもまた更に大きくなったな~。仔犬の2週間って早いなー。
そしてこの間よりもより活発になったような。。

DSC_0280

ブリーダーの方と最終引き渡し事項をしている間、仔犬は母犬と最後のお別れ。
その場にいる一同、何とも言えない罪深さを感じながら「大事に飼うからね!」と約束しお店を後にしました。

DSC_0371

もうお乳は出ないと分かってはいてもやっぱり仔犬はおっぱいへ。
自分が母親の立場だけにこの光景は辛いな。

DSC_0351
 
とはいっても母犬も既に何度目かの出産なのでこちらが思ったよりもあっさりしていてその後は外に遊びに行ってしまいました。・・・あれ?(笑)

帰りは少しでも仔犬と長くいたい長男はジジババの車に同乗しワンコと一緒♪
なにやら高速に乗る前に段ボールから抜け出しトランクまで脱走して大騒ぎだったらしいのですが数時間後無事新しいお家に到着。
実家で飼っていた歴代の犬達は一日中外で飼われていたのですがジジババも歳を取り夜は家に入れて一緒に過ごしたいと考えが変化したらしく今回はケージを用意。
夜はこちらで寝かせるみたい。
大型犬用のケージなのでさすがにデカい。うちの子達がなんか悪さをしたらお仕置き用に入れられそうだな。特に三男。

BlogPaint

長旅で疲れていると思ったらいやいや仔犬のパワーを侮っておりました。
家中を探検しまくりまずはおしっこでご挨拶(笑)

DSC_0386
 
その後は走る走る!

DSC_0404
 
そして隙あらば噛む。
この時期の仔犬は歯が生えてきて痒いらしく良く噛むのです。それがまた地味に痛いんだわ。
執拗に噛むので噛んだ跡がみみず腫れに。
襲われるお父さん「ギャー!!」

BlogPaint
 
仔犬のイタズラはとどまる事を知りません。
早速目をつけた角っこをガジガジ・・あーこの伸び切った足懐かしい。仔犬の時しかやらないからこの体勢ってすごく貴重なのよね。

DSC_0578
 
長男よ、この日をずっと待ち望んでたんだろう。気持ちはどうかね。

BlogPaint
 
ジジイも新しい家族に終始顔が緩みっぱなし。
これでおちおち病気にもなってられんな。あまりに体力差のある家族だが頑張って育ててくれい。

BlogPaint
 
ちなみにお家に迎えたというのに未だ名前を決めていなかった実母。
子供達に色々候補を挙げさせたくせに最終決定は自分ではできないとうだうだ言い、止む無く挙手制により多く手が挙がった名前に決めるという事に。
そしたら長男が推していた名前にならず長男泣きながら2階に閉じこもってしまいました。
まだ7歳だからなー、自分の犬ではないと頭では分かってはいても実際思うようにならないとヘソを曲げるのは仕方ないか。
とはいえ長男推しの名前に変更する気はさらさらない母とお父さん。
そして一番人気だった「アルフ」という名前で最終決定したと思ったらなんと母とお父さんがケーキ屋でお祝いケーキを買っていたら実母から「やっぱり長男案のコロ助にしてあげた~」と電話が。
・・まあ大体予想は出来てたけどね。アイツは今まで何でも思い通りに事が進んできたので今回は人生そう思い通りにならないということを学ぶ良い機会だったんだが。。まあ良いや。
これ以上犬の名前でどうこういう気もない。
そういやこの「コロ助」と言う名、本当に偶然なんだけど母のお腹の中にいた時の長男の胎児名でした。
随分懐かしい名前だなー。こんな7年の時を経て犬の名前として使われるなんてね。
とにもかくにもこれから宜しくね、コロ助!

DSC_0668

さすがに疲れて寝るコロ助。
太い足がこの先の成長を物語っております。それにしても肉球がまだすべすべしてて可愛いのう・・

 DSC_0665

我が家のチビッコ達はキンタに見守られ、コロ助はチビッコ達に見守られて成長するんだね。
そして偶然にも今日はキンタの11歳の誕生日だったので今までありがとうの意味を込めてケーキでお祝をしました。

DSC_0669
 
キンタ、今までお疲れさま。そしてコロ助、長生きしてね。

BlogPaint
 
今日は記念すべき一日となりました。
コロ助が10歳になったら長男は17歳、次男は15歳、三男は12歳か。
その頃には散歩位子供達に任せられそうだな。

 

4/28の風景

昨日の事。

ゲーム一切を禁止にしている我が家ですが唯一「天才てれびくん」の対戦ゲームだけは黙認しておりまして。
月~水曜まではトレーニング期間でせっせとゲームをしてライフを貯め、来たる木曜の決戦の日に備えるのです。
長男との取り決めは"風呂も食事も終わり、かつ学校の宿題、準備が終わった時に限りやって良い"という相当難易度の高い条件を出しているのですが目的が明確だとまー素早い事。
いつもこうであれば良いのにな・・という位脇目も振らず宿題等を済ませテレビの前へ。
母は良く知らないのですがこのゲームはリモコンのデータボタンを押して参加するしくみのようで子供らしくすぐにそのやり方を覚えたのですが昨日はいざ対戦!となった後リモコン操作に不具合が出たらしい。
「ママー、ゲームの参加ボタンが押せない~」と焦る長男。
この間はバグって大騒ぎしたが今回は一体何??ようやく訪れた母の夕食タイムを邪魔され若干不機嫌な母、どれどれ・・と長男に代わりリモコン操作をするも確かに操作出来ない。
・・・これは電池が切れてるな。と判断しストックしている電池ボックスを開けどリモコン用の単4電池がない。隣ではまだかまだかとせっつく長男。
結局、我が家のエネループ単4電池は全て出払っていたので急遽別なリモコンから単4電池を拝借してその日は乗り切ったのでありました。
そしてその日の晩。
丁度会社帰りのお父さんが何か買ってくるものはないか?とメールしてきたので「じゃあ炭酸ジュースと単4電池買ってきて~」と頼んだ母。
そしたらお父さん、炭酸を単3と脳内変換したらしく買ってきたのはスプライトと単3電池でしたとさ。
その後母にこっぴどく怒られたのはいうまでもありません。
単4電池って言っただろうがー!
ボタン電池を100個も買って無用の長物化させたくせに(以前、子供のおもちゃ用にネットで大量購入した)単4電池ひとつも買えないのかー!
あのボタン電池あとまだ98個もあるぞ!どうやって使い切るんだオマエは。

さて、金曜日です。
明日からGWという方も多いみたいですね。間も全部お休みだと9連休?すごいね~
そんな我が家は特にこれといった大きな予定はなく、さてどうしよう?
5/1と2は学校もあるしね、さすがに幼稚園の時のように安易に休ませるわけにもいかんし。
近場で遊ぶ事になりそうです。
そんな本日は急遽1席キャンセルが出たのですが幸いな事に空いたお席にお入り頂けたので3名様での開催が出来ました。
メニューは

・ポー・ドゥ・ショコラ
・森の恵みのスコーン
・ファッジブラウニー

です。
ポー・ドゥ・ショコラは今月でひとまずおしまい。備蓄していたココットも底をついたしまた来年お待ちしております~。
今日は3名様との来月から復帰のママ達。お子様は既に慣らし保育が始まり珍しくお子様が一人もいない中でのお教室です。そんな中、ママ達を独占できると一人大喜びの三男。
子供部屋から画用紙と鉛筆を持ちだし「おえかきしようよ~」と執拗につきまとい、沢山遊んでもらっておりました。
ポー・ドゥ・ショコラは平たく言えばチョコプリンです。しかしその濃厚さとチョコの香り高さはこんな小さなココットなのに?と思う程の満足感なのです。
チョコ好きなご主人が気に入ってくれると良いですね♪

DSC_0236

お次はブラウニー。ポー・ドゥ・ショコラに続きチョコ攻めです。
ブラウニーもコビトヤでは不動の人気ですね。お教室開始当時、バレンタインイベントとして用意したメニューなのですがここまで愛されるとは思いもしませんでした。
人気はやはり作りやすさと美味しさなんでしょうね。材料の一つにカカオマスというなかなか手近では手に入らないのがあるのにわざわざ製菓材料店まで出向いてまで作って下さるのですもの。ありがたいことです。

DSC_0239

最後はスコーン。
こちらはもう説明するまでもないコビトヤ看板メニューです。
いつぞやスコーン嫌いな母がとあるお店で食べたスコーンが衝撃的に美味くてそれ以来己の記憶を頼りに試作を重ねて誕生したお菓子なのです。
それまではスコーンって焼きたてはともかく冷めると途端にモソモソして美味しいと思えなかったよね。母のスコーンはどちらかというとおやつ系スコーン。
そしてワンボウルで出来るのがこれまたお客さまのハートを掴み、普段は復習をされないお客さまでも「これはすぐに出来るしお友達にあげるとすごく喜ばれます!」と十八番メニューにして下さったり。
忙しいけどたまには市販のお菓子じゃなくて手作りお菓子を食べたい時あるよね。それが簡単で美味しかったら言う事なし。
常連のお客様は殆ど取られたので最近はあまりリクエスト頂かないスコーンですが初めてさんには是非お勧めしたいメニューです。
今日も美味しそうに焼き上がりました。

DSC_0240

皆様のお菓子がひと段落した所でお昼です。
本日のお昼は

・ガルバンソーのチリビーンズ
・カボチャのスパイスポタージュ
・ライ麦パン
・切り干し大根のソムタム
・フレーズムース&新作ビスコッティ

です。

DSC_0234
 
DSC_0230
 
DSC_0235
  
料理とは関係ないのですが我が家でパン入れとして使っているお櫃は祖母の物なのですが、長い事祖母宅の戸棚で使われずに眠っていたのでタガがすぐに緩み日々の手入れが欠かせません。
手入れといっても使わない時でもタガが外れそうになったらお櫃ごと水に浸けて木部を膨張させてタガとしっかり密着させるだけなんだけど。
そうしないと特に乾燥する冬場なんかストーンとタガが滑り落ちて最悪木部が崩壊する。
そうなるとおそらく修復不可能なので梅雨入り前までは念入りにお手入れをしております。
祖母はまだ健在ですが亡くなった後、お櫃を引き継げるのは孫としてとっても光栄だと思ってます。
お櫃は買うと高いからね~、炊いたご飯も熱いうちに土鍋からお櫃に移すと木の良い香りが移って本当に美味しいんだから。
もしお家にお櫃があったらお試しあれ。
話は反れましたが今日のメインはお豆。本当はフムスという中東発祥のお豆のディップを作る予定で水に戻したガルバンソーでしたがそれだけだとおかずとして物足りないなと思い直し急遽挽肉と炒めてチリビーンズにしちゃいました。
チリビーンズはキドニービーンズで作るのが本当なのですが大豆やガルバンソーでも美味しく出来ます。
子供にも食べさせたかったら煮込みの途中で小さな鍋に少し分け、大人用にはパプリカやクミンを入れてスパイシーに、子供には程々にしてあげると「この変な匂い何?」と拒否されるのを防げます。
我が家では大量に作って初日はパンと一緒に、次の日はショートパスタに和えて。そしてそれでも余ったら日を改めてグラタンにしちゃいます。
これにすると豆嫌いのお父さんも美味しいと言ってくれるので「旦那が豆嫌いで」という方、お勧めです。合挽肉がたっぷり入っているので豆の多さがさほど気にならないようです。
チリビーンズに添えるのは素朴なライ麦パン。このおかずに添えるのはパンドミなどの綺麗めのパンよりも田舎風のパンの方が合う気がする。
サラダは今回初お目見えの切り干し大根のソムタム。
アジアをこよなく愛する母が特に大好きなアジア飯ソムタム。まだ熟れる前のパパイヤを千切りにして石臼でピーナツ、人参などと共に軽く潰し混ぜしながら作るタイなどの料理なのですがこれを始めて食べた時は衝撃的だったなー。
現地では普通に道端でお母さんが作って売ってたりしてそれだけポピュラーなのですがナンプラーと甘酢の程良い加減と日本にはない青パパイヤの食感が最高に美味しい。ボウルいっぱい食べられるな(笑)
そんな大好きなソムタムですが関東では青パパイヤがなかなか手に入らないので切り干し大根で似たものを作れると知り作ってみました。
作り方はまずは乾燥した状態の切り干し大根を水で戻し、その後昆布を入れた甘酢に一晩漬けたものを人参、ピーナツ、ナンプラーなどと和えれば完成。
本場とは少し違うけどこれはこれでなかなか美味しかったです。パンに挟んでアクセントにしても良いかも。
ソムタム好きだけど材料調達に苦戦している方がいたらこのソムタムお勧め~。

デザートはフレーズムースと来月からメニュー入りする(予定)のビスコッティ。
今回初めてお客さまにご試食頂きましたがなかなか好評だったようで一安心。

DSC_0237

イチゴの季節ももう終わりですね。最近イチゴを買った時にあまりに味がしない物に出会いシーズンの終わりを感じました。6月は長男の誕生日なんだけど毎年イチゴがギリギリ使えるか使えないかで作るケーキを悩むのよね。
イチゴはやっぱりバースデーケーキの王道だもんね!

そんなこんなで今週も無事お客さまをお見送りする事が出来ました。
手にはママの手作りお菓子。素敵なGWをお過ごしください。
今週もご来店ありがとうございました。

それではまた。
良い週末&GWを!


 

次男の成長

次男の口癖について。

昨日、外遊びから帰った次男が家に入るなり思いっきり芝居がかった顔をしながら「ママ、本っ当~~に本っ当~~に申し訳ないんだけど・・」と眉毛を八の字にしながら母の元にやってきまして。
最近このフレーズの前置き多いな(笑)と思いながらも
「何?言ってごらん」と聞いてみた。
そしたら次男「・・・管理人さんにお菓子もらっちゃった」
ズコーッと肩透かしをくらう母。そんな大層な前置き言う程の事か?
我が家のマンションではたまに管理人さんが子供達にお菓子をくれていて、うちの子達もその恩恵に預かっているのですが「あげるよと言われたら1回に限りもらって良い、但しおねだりはご法度」というお触れを出していたのです。
おそらく今回はねだってはいないんだろうけど管理人室の前でニコニコ佇んでいたんだろうね・・そしてもらったはいいが母との約束がある手前、前述の「ママ、本っ当~~に・・」となったわけ。
大体この「ママ、本っ当~~に」のフレーズを使う場合は下らない事が多いので大したお咎めにはならないのですが次男らしい可愛い言い訳でした。
あー面白い。

そんな今日は次男の成長について。
去年始めた習い事がもうすぐ1年になろうとする次男、その進みは長男の時よりも大分のんびりでそれが母の心配でもあったのですがゆっくりながらもちゃんと成長していました。
昨夜の事。
年長さんになってから朝のお歌が変わったと報告してくれた次男、そのお歌が母には分からないと分かると「じゃあ歌詞を書いてあげるからそれを見ながら一緒に歌おう!」と自室に籠りせっせと画用紙に書きしたためておりました。
一文字ずつ思い出しながら書いたのか二日がかりだったけどその仕上がりは母を驚かせました。

DSC_3163

"おはよう おはよう はみがきじょうずにできたかな
 おはよう おはよう ようふくきれいにきれたかな
はい はい はい はい はははいはい
いちにのさんでまどあけて しごろくでおひさまに
しちはちきゅうじゅうでおはようさん おはよう"

こんなお歌なのですが、書いた後母の前で振り付きで歌ってくれました。
最初は鉛筆の持ち方からして怪しい感じで、それが直ったと思ったら今度は字を書く手首の角度を修正するのに1か月。
その後はお手本を見ながら模写するという作業でつまづき数か月。
付き合う母とお父さんも辛かったが本人はもっと辛かっただろう。
それが今や字を自分の物にしている。これは本当にすごい。
世間から見たら大した事でないかもしれませんが次男の今までの努力を見てきたらこれはすごい事。
いや~、子育てってこういう喜びがあるから次の日も頑張ろうと思えるのねー。

そういや次男のこの絵を見てたら何かに似てるな・・と思い、考えた結果これに似てた。
良くネットショッピングの最後の方で出てくる文字認証画面。これだー!
歪んだ文字が波打つあたりがそっくり(笑)
ユーザーがコンピューターでないかのセキュリティ機能のひとつらしいのですがこれに似てるんだ。
こんなのね。見たことあるでしょ。
どうでも良いけどあれムカつくんだよね。早く決済画面に進みたいのに何度も入力させられてキレそうになった事がある(笑)

middle_1323276907

そんな次男、今は書斎でパソコン打ちをしている母の後ろで今日も熱心に家族アルバムを見ております。
何が楽しいのか飽きずにアルバム見てるのよね~。
さて明日は金曜日。もうひと頑張りしますか。
ではまた。





水曜日のつぶやき

水曜日。
今にも雨が降りそうなお天気ですね。

今日は午前保育の次男が帰るまではのんびり~。
最近、お教室の度にお客さまの作られたお菓子を自分の為の貢ぎ物だと勘違いする三男。
「それは違うんだよ」と言うも納得せずにキーッとなるのをなだめるのが大変な事・・
そりゃそうか。まだ2歳の子どもに母の仕事の都合なんて理解出来るはずもない。
そんな「客のお菓子はオレの物」と豪語する三男を不憫に思い今日は家族の為におやつを作る事に。

冷凍庫で眠っていたいつぞやのレモンカードを使ってプチサイズのレモンタルトを作ってみました。
母にしてはいつもの18㎝タルト型よりも繊細な作業が求められるマトファ社製のミラソン型。
最初、この型の敷き込み型を通常のタルト型と同じようにやったら大失敗し、それ以降底の部分だけを最初に丸型で抜いてその後側面の部分を包丁でカットして型に添わせると上手く出来る事を発見。
何でも自力でスキルを身につけるとなると失敗も人より多いのう・・・ 

お教室のタルトレシピでは6個のミラソン型にしか敷けずレモンカードがやや余り気味だったので表面張力限界までレモンカードを詰めてみました。
粗熱を取った後は冷蔵庫でキンキンに冷やし、夕食のデザートに。

DSC_0226

これで子供達の日頃のストレスが少しは解消できると良いんだが。。
お天気は下り坂ですが気持ちはレモンのように爽やかに行きましょう~

ではまた。


 
記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ