迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2017年07月

チャレンジタッチが来た!

親子で物議を醸し出した"チャレンジタッチ事件"

99%やる事になるだろうとは思っておりましたが見事約束を果たした長男。
申し込みをしたら広島にいる間にとっくに届いておりました。
ご好評につき締め切りを31日まで延長とか書いてあるけどあれ絶対嘘だな。。あー忌々しい!

1501501382781

「お子さまのやる気を引き出す特別なパッケージでお届けします」とか書いてあったけどこの宝箱仕様がそれか?下らない。フン
届くと早速お父さんにタブレットの設定をせがむ長男。そして設定が終わるや否やまだ旅行の疲れが残っているだろうに熱心にタブレットを使って問題を解いておりました。
そんな兄を黙って見ている弟達ではございません。早速三男がタブレットに喰いつき、横入り。

DSC_4352

そしてまだ来たばっかりのおもちゃに熱中する子供のように長男、片っ端からカリキュラムをこなしそれと連携してその日の長男の取り組み連絡が逐一母のアドレスに届いて誠に煩わしい。
まだ来たばっかりだというのにもう今月分終わりそうですけど・・
ま、熱心なのは最初だけだと思うのでこれからどうなるかだなー。

そんな本日は特に予定もないので家の事をしていた母、その日のノルマを終えた子供達が大人しくしているはずもなくリビングから子供部屋と大暴れ。
大体が子供部屋で何かしていた長男次男が机上をやりっぱなしにして、それに目をつけた三男が机上を荒らしてあとで戻った長男にしばかれるというエンドレスバトル。
そして自分じゃどうにもならないと思うと「ママー」と助けを求めてきて、何度も仲裁に入っては元に戻すのですが、やれやれ・・と仕事に取り掛かるとまた同じ事を繰り返すのでいい加減頭に来た。
しかも何か朝から体調が優れないなー、いつもより怒りの沸点が低いな~と思っていたら毎度お馴染みホルモンくんがバランスを崩す時期らしく早くもピークに達し母の雷が落ちました。
子供達にしてみればいつもはそこまで怒られる事でもないのに今までに見た事もないような形相で母が怒ってる・・と言われた通り子供部屋へ。(リビングに来るな、と言った)
その後も怒りは収まらず、午後から下二人を連れて用があったのにも関わらず長男に何も言わずに置手紙だけ残して家を出てしまいました。

そして車中でようやく怒りが収まり始めた母の携帯に何やらメール。
開いてみると送信元はチャレンジタッチ。母に怒られた後もチャレンジタッチで暇潰しをしていたんだな。
そう思ってメールを閉じようとしたら、ん?なんか長男からメールがあると書いてあるではないか。
チャレンジタッチってメールの送受信も出来るの?
そう思いながら添付ファイルを開いてみるとこんな絵と共に謝罪文が書かれておりました。

BlogPaint

それを見た途端、今までの怒りは何処へやら。大笑いしてしまいました。
母に部屋から出てくるなと言われて暇だった長男、タブレットを今まで以上に使いこなせるようになったみたい。。それにしてもこのウサギがごめんなさいと言っているスタンプ?とか虹色に光るペンやらを駆使して・・まあ驚いたわ。
しかし内容は、家にいる時は直接母に謝っても許してもらえなかったので(怒ってすぐだったのでまだ怒りまくってた)時間を置いて手紙で謝罪を求めたという誠に健気な姿勢。
それを見た母、あー自分も子供の時に怒られた時すぐ謝っても許してもらえなかったな~・・
時間を置いて何度も謝ってようやく許してもらえたっけ。。
あの時は自分が親になったら子供にこんな事はすまいと誓ったのに、全く同じ事をしている自分に嫌気が差した。
子供はどんな時でも親に嫌われたくない一心なのにね。

その後、またもやメールが。

BlogPaint

今日は自分の体調の悪さがあったとはいえ、それは子供には関係のないこと。
これからはキレそうになると思ったら環境を変えよう。
夏休みという特殊な環境、そして母にとっては一日中逃げ場のない状況を少しでも改善しないとなー。

とにかく家に居続けると何かしらトラブルが勃発するのでこれからは意識的に外に出るよう心がけたいと思います。
あ、帰宅した時には長男とも仲直り。やっぱり家族は笑顔が一番ですね。
やれやれ・・・


夏休み親子工作教室2017

日曜日。

旅の疲れでバテているのは母だけのようで子供達は朝から元気一杯。
そんな本日は長男の学校で親子工作教室なるものが開催されました。
去年は母と一緒にタイル工作をした長男、今年はお父さんと木工を作る事にしたようです。
タイルは女子、木工は男子の比率が断然多かったかな~。そして付き添いの親も木工はお父さんが多い。

参加者宛てに事前にもらったお手紙によると木材は近隣の大工さんの好意で集められたものなので希望のサイズがない場合が多い。なのでそこら辺を臨機応変に対応できるようあまり難易度の高い物は作れませんよ~とやんわり書いてありました。
そんな中、1週間前から何やらせっせと設計図をしたためていた長男。
何を作るのかな~?と覗いてみるとどうやら船を作りたいらしい・・・
初めての木工なんだから本棚とか四角い物入れとかにすればよいものを。。高望みな奴め。

まずは自分達の作業場となる板をブルーシートに運びます。
体育館はクーラーが効いていないのでとっても暑い。みんな水筒タオル持参で作業に挑みます。

BlogPaint

その後は木材を取りに大工さんの元へ行った長男、大工さんの「何を作りたいのかな?」の質問に「船」と答え大工さん苦笑い。
これが作りたいらしい。見た目タンカーみたいだけど(笑)

BlogPaint

というのも長男の設計図を見ると船の側面に使う板を斜めにカットしないといけなかったりして電動のこぎりなどの特殊な機械のない今回の場ではちと難しいらしいのです。
基本ノコギリでギコギコ直線切りで出来るもの、というわけですね~。
その後、大工さんとお父さんそして長男の3人で協議がなされ折衷案として板を斜めに切らなくても済むように板を組み「船に見えなくもない物入れ」を作る事になったようです。

作る物が決まればお次は木材に定規を当てて木材をカットします。
ここら辺は慎重な長男、お父さんの手助けを全く借りずに真剣そのもの。

1501398520321

その後、ノコギリを使う時だけは危ないのでお父さんが最初の切り出し部分だけギコギコし、あとは長男が切ったみたい。
母も小学校の図工の時にノコギリ使った事あるけど真っ直ぐ刃を引かないと途中でベコーンと刃がひしゃげたりしてすごいムカついた記憶がある(笑)。少しでも斜めになるとすぐに刃が曲がるよね。
あれムカつくよね。

BlogPaint

全てのパーツをサイズ通りに切った後は今度は釘とトンカチで組み立てていきます。
ここらでお父さんも本格的に出番となったのですが体育館の暑さと不慣れな日曜大工に悪戦苦闘しお父さん汗だく。
それでもなんとか形になってきたようです。

BlogPaint

最後は持参したサンドペーパーで角を滑らかにしたら完成!
ヤスリ職人(笑)こういう細かい作業が好きみたい。

1501398499466

当初の予定の「船」から「船型物置き」になったけどまあ初めてにしては上出来じゃないですか。

BlogPaint

BlogPaint

「さいしょは ふねをつくろうとしたけど、うまくできなくてものおきぶねにしました」
・・率直な感想だな(笑)。

最後はタイル組と木工組みんなで記念撮影!
この親子工作教室。夏の自由研究にカウントされるとあって参加率が高かった。
やっぱり学校主催だと一般家庭では費用も準備もかかるものを近隣の協力などでやってくれるので親としては助かるよね。
色々アドバイスをくれた大工さん達には本当に感謝であります。

BlogPaint

BlogPaint

その後夕方には先週に引き続きまたもや別な町内会のお祭りに行った長男。
お友達と過ごす夏休みが楽しい年頃なんですね~
そして帰りには妙な音がなるピストルやら風船型の剣などの戦利品(ガラクタ)をホクホク顔で持ち帰ってきたのでありました。

BlogPaint

もう7月も終わり。
夏はあっという間だね~



広島旅行⑤

いよいよ最終日。

子供達は今日も早く起き、上の子達は漫画を読みふけりぐうたらの極意。
長男は今まで漫画というものを殆ど読んだ事がないので早くもその魅力に憑りつかれておりました。
Kが所持しているドクタースランプがいたく気に入ったご様子。懐かしい~アラレちゃん!

1501318007304

一方の母はというと疲れ果てて一番最後まで寝ておりました。
Kに一番恥ずかしい姿を激写された(汗)
朝は前夜に買ったパンやウィンナーで朝食。
料理は嫌い嫌いと言いながらも客人の為に一生懸命作ってくれたKに本当に感謝。
本当、コンビニおにぎりで良いのにー。

BlogPaint

食事の後はしばしのんびり。
今回の旅では最後にKの自宅に1泊したのが体力回復にとても役立ち、前回のボロ雑巾のような体で帰宅するのとはかなり違いました。
飛行機は15:20。
しかし最後の最後で離陸直前に巨大な雷雲が発生し、離陸が1時間遅れるというオチが。
ま、我が家らしいといえば我が家らしいのですが滞在中誰も怪我や事故に巻き込まれる事なく笑顔で過ごせて本当に良かった。(島に行く途中、車酔いした次男がゲロ吐いたけど・・)
呉の友人たちには感謝してもし尽くせない程お世話になり、おかげで今年の夏も楽しい思い出を残す事ができました。
ではではまた会う日まで!

BlogPaint

BlogPaint

【余談】
今回の旅のお土産。

DSC_4996

大好きなもみじ饅頭にカープ仕様のペコちゃん(広島ファンでもないのについついパッケージ可愛さに買った)。
あとは子供たちにもみじ饅頭と広島お好みやきのキーホルダー。

DSC_5001

てつのくじら館で買った戦艦型鉛筆削り。

DSC_5002

留守中、鳥っこ達や植物のお世話をしてくれたお父さんにはビール。

DSC_5005





広島旅行④

3日目の朝も早かった・・・
またもや5時起きの子供達。

今日はチェックアウトの日なので子供達に簡単な朝食を取らせながら母達は片付け。
かと思ったら食べ終えた三男が外へ飛び出し、追いかけていたらM一人に片付けをさせてしまった。。
着替えの途中で逃げ出したのでまるで長州小力のような姿。

DSC_4886

着替えた後はとにかくコイツがいると落ち着いて片付けも出来ないので後処理はMに任せて母もお散歩についていくことに。
まだ朝8時だというのにこの暑さ。しかもモヤが出ていて湿度も異常に高い。
台風が来ているみたいなのでその影響かもねー。
そんな事は気にせず自由を謳歌する人。

DSC_4890

同じコテージ泊の家族が朝も早ようから泳いでいました。
コテージのすぐ隣のビーチも一応遊泳可能みたい。綺麗さでは断然県民の浜だけど。

DSC_4895

コテージの前は広い瀬戸内海。
時折漁船が通ったり堤防で釣りをしている人がいたりして実にのどかでした。
堤防から覗き込むと小さな魚や蟹がいたりして三男も楽しそう。

DSC_4899

10時前にKが迎えに来てくれたので最後に3家族で記念写真。
それにしてもまーみんなが笑顔になることなんてないね。
今回は三男が写真の前に逃亡し、捕獲したら逃げようと暴れてこんな有様。ま、これも思い出思い出(笑)

BlogPaint

Mとはここでお別れ。
実は翌日に上のお姉ちゃんのピアノの発表会が控えているとの事で今回はここでお別れなのです。
そんなわけで帰宅する明日までは我が家はKの自宅に泊まることに。
当初、今日はKの案で宮島巡りをしようかと思っていたのですがとにかく手のかかるうちの三兄弟(主に三男だけだけど)、宮島なんて子供にとっては何も面白くない。鹿位かな楽しいの?
それに加えてこの暑さ。フェリーに乗って更に歩いて・・どう考えても大人の体力消耗が激しい割に子供は楽しくない。ならば大人は楽を出来て子供は思いっきり遊べるところにしよう!

というわけで海辺に立つショッピングセンターにある屋内遊具施設「Kids US LAND 広島ベイサイドフォート」へ。
これがキドキド位の規模かと思っていたらさすが田舎(失礼)、広さが半端なく確かにKの言っていた「子どもが一日いても飽きない」というのも頷ける。
しかも800円/一人払えばエリア内全てフリー!ゲームセンターのゲームもボールプールもカラオケも全て無料!これが都心なら2,000円はするよね。

DSC_4914

DSC_4924

DSC_4934

上の子達は専らゲーム。

DSC_4968

次男は興味のあるものを片っ端からやっておりました。
特にこのハムスター遊具みたいなものとボールプールがお気に入りだったかな。

DSC_4988

あとエアガンみたいなの。

BlogPaint

三男は主にライド系とシューティングに夢中。

DSC_4274

1501220138334

そして大人は子供に付き添うのも良し、テーブルでしゃべり倒すのも良し。

BlogPaint

疲れたらマッサージチェア(これも無料)で体を休めるもよし。最高じゃないか!

DSC_4300

漫画も雑誌もこの通りズラリ。

DSC_4307

結局12時~17時まで遊び倒し、母達は普段しゃべれない話を心ゆくまで話したのでありました。
そして夕食はKの「私は宿の提供と子供達の世話はするけど食事は作らん!何故なら料理が嫌いだから!」という豪快過ぎる宣言によりファミレスでご飯。
世話になるこちらの身としても4人の母子が一晩世話になるだけでも想像つかない位大変なのにその上食事の用意までしてもらうと気も遣うのでこの宣言は有り難かった。
あとは互いの事を良く知っているのででお互い率直に意見を言えるのが良いね~
そんなわけでココスで夕食。
もうこのあたりから母は疲れと寝不足から口内炎は出来るわKは月のものが来て体力低下とボロボロ(笑)
元気なのは子供だけなり。

BlogPaint

さすがに最後の夜は酒も飲まずに子供達が寝た後コンビニスイーツを二人で食べて早目に寝たのでありました。

最終日に続く。






広島旅行③

二日目の朝は早かった。

昨日目一杯遊んだからもう少し遅く起きるかと思ったらなんと5:30に起きやがった・・・
そして誰かが起きると順々に他の子供達も起き、そうするともう大騒ぎ。なんとかして長く睡眠を取ろうと我慢した母達でしたが6時でギブアップ。
節々が痛む体に何とか鞭打って朝食の準備です。
朝ご飯はパンとウインナーとチーズ。こんな簡単な朝食でももちろん大騒ぎ。
写真左にいるMがいつでも子供達の要望に応えられるように控えているのが面白い(笑)
女中みたいだな。

BlogPaint

食後はみな水着に着替え、海水浴の準備。
とにかく子供っていうのは待てない。起きたら即ご飯、食べ終わったらすぐ着替え。
着替えたら「まだ海に行かないのー?」
こちとら皿を洗ったり自分達の身支度もまだ終わっていない。
そうこうするうちに脱走しようとする輩も出てくる。あー大変!

DSC_4682

9時過ぎに県民の浜ビーチに到着。
相変わらず呉一番の綺麗さ。

DSC_4846

この県民の浜はコテージからは20分位の所にあります。ちなみにここにも宿泊コテージがあるんだけど我らが泊まったところよりも狭くてお値段もお高め。
でもビーチが近いのは魅力的だよね。
朝早いとあってまだ人もまばらのビーチ、しかも今日こそ暑くなって欲しいのになんだか肌寒い。
昨日はあんなに湿度があって暑かったのにー。

DSC_4696

しかしそんな事をものともせず海に飛び込む子供達。
最初は日焼けやクラゲを心配してイマイチなテンションだった女子も入ってしまえばそんな事はすっかり忘れ、休憩も惜しんで遊んでおりました。

BlogPaint

埋められる長男。

BlogPaint

そしてたっぷり遊んだあとはおやつタイム。これを何度も繰り返してはパワーをチャージする子供達。
しかし時間が過ぎる毎に陽も出てきて暑くなり、大人には辛い時間でありました。。

BlogPaint

上の子達は少し泳いだところにある浮橋が大層気に入り、浮き輪でバシャバシャ何度も往復しておりました。
浮橋からの砂浜の眺めがとっても良かったんだって。母達にも勧められましたが運動不足な40前後の女が急に泳いだら足がつって溺れかねん。丁重にお断りしました。

BlogPaint

全く海に入る気のないK(笑)
全身黒づくめで子供達を見守ります。主に陸担当。

DSC_4763

そして母とMは海中担当。

BlogPaint

しばらく遊んだあとはお昼ご飯。
今回の旅ではMの所のお姉ちゃんがとにかく三男の世話を甲斐甲斐しくしてくれた助かった。
お姉ちゃんに足を洗ってもらう三男。半ケツ状態が可愛い(笑)

DSC_4782

ご飯は好きなものを好きなだけ。
唐揚げやタコ焼き、フランクフルトなど屋台メニューを食べておりました。


BlogPaint

母はラーメン。この安っぽさが最高に美味かった。

DSC_4795

その後も遊び、撤収したのは15時頃。本当に良く遊んだ。

DSC_4237

前回はそれぞれ遊んでいた下の子達ですが今回はこの通りとっても仲良し。
2年の月日っていうのは子供を本当に成長させるね。

BlogPaint

次男、またもや独自の遊び方を考案し遊ぶ。

BlogPaint

DSC_4797

1501312808139

最後はかき氷を食べて海は終わり。

BlogPaint

BlogPaint

BlogPaint

コテージに帰ると長男なんかは初日の疲れも出て目が充血するわで限界な様相。
夕飯まで少し昼寝したら?と布団を敷くも周りが昼寝する状況ではないのと本人も体力的には限界なのに寝ない!と言い張り再度子供達遊ぶ。
ここらで充電した方が後々樂なのに・・と母達は思うのですが子供はペース配分というのを知らない生き物。その場その場で全力で遊びます。そんで最後になって愚図るのよね、、あれやめて欲しいわ。

BlogPaint

今宵のメニューは焼きそば。M担当でございます。
匂いにつられて寄っていく子供達。

DSC_4872

この焼きそばが美味しかった!
我が家の焼きそばといえば粉末ソース入りのマルちゃんの焼きそばなんだけどMが持参したのは蒸しそばとオタフクの焼きそばソース。
このソースが美味しいのかはたまたMの腕が良いのかその両方なのかみんな大絶賛。
この笑顔がその美味しさを物語っております。

BlogPaint

そして昨日同様、控えの女中たちは隣で座って食べたり立ち食いしたり。。
齢44の女中に。

BlogPaint

齢45の女中。
みな体が悲鳴を上げております。

BlogPaint

最後は花火をして3家族合同では最後の夜を過ごしたのでありました。

BlogPaint

花火の後はK親子は呉の自宅へ。
多分、元々母とMだけの逢瀬だった今回の旅行に自分も入った事でのんびり話もできなかろうと気を遣ってくれたらしく明日また迎えにくるね~と20時過ぎに帰っていきました。有り難いやら申し訳ないやら。
あとはK、豪快だと思っていたら意外と繊細な面もあるらしく昨夜は寝れなかったらしい。それも早目に引き揚げる理由のひとつだったみたい。
あと1日、我が家を自宅に泊める時までに体力を温存しておいてくれい。
そんなKにしっかりこれまで出た洗濯物をコインランドリーで洗濯してくれと頼む母。
こんな事は絶対Kにしか頼めない。
だってたった1泊2日でえらい大量の洗濯物が出る我が家、これが3泊4日の汚れものをそのままスーツケースに入れて送り返すとなるとその後の惨状が目に見えて分かる。
その事を説明したら快く引き受けてくれました。
しかし普段母子2人生活のKからしてみたら想像以上の量だったようです。
その後、帰り道にコインランドリーに洗濯物をぶち込み、終わった後また回収して家のベランダで干しておいてくれました。有り難や~

そんなこんなで2日目も子供達が寝静まった後母達の晩酌は夜更けまで続いたのでありました。


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ