迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2017年11月

我が家のクリスマスツリー

昨夜の事。

就寝前の自由時間。
ソファで料理本を読んでいる母の元に次男がやってきて「何してるの~」
お仕事のお勉強をしてるんだよ~と答えると「これ食べた事ある!これ大好き!」と興味津々の次男。
そんな次男を眺めながら、大人になったらどんなお仕事するのかな?と尋ねてみました。
すると次男、会社で働きたいという。あら意外・・・
その理由を尋ねると「だって10時と15時のおやつ食べられるもん!」(←お父さんがいつも会社におやつ持って行ってるのを日頃から羨ましく思っている)
母、ズッコけた。
なんだその不純な動機は(笑)。大体会社勤めなら誰でもおやつタイムがあるわけではないんだぞ。
そう言うと「そうなの~?」とちょっぴり残念そうな次男。
そこへ帰宅したお父さんも会話に加わり「次男は美味しい物が好きだし、普段からママの作ったお料理とかお菓子のお味見してくれてるからお料理作るお仕事とか向いてるんじゃない?」
次男「お味見出来るお仕事が良い!」
夫婦で「お料理やお菓子作るお仕事の人はお客さんに売れる物かどうかいつも味見しないといけないんだよ~。職人さんはみんなそうなんだよ」
すると次男「じゃあ、お味見職人になる!」
夫婦、大爆笑。
・・・なんだその利き酒師みたいな名前は(笑)。
しかし"お味見職人"か。次男らしい答えだこと。
まだ6歳の今の姿からは将来の姿が全く見えない母達でありますがどんな仕事であっても本人がなりたい仕事につけるよう親として支えていかねばならないね。
そんな夜でございました。

さて。
少し前の話になりますが我が家にとうとうクリスマスツリーが届きました。
子供が出来てから8年、いつか我が家にも立派なクリスマスツリーを飾りたい。
そう思ってはいたものの仕事柄クリスマスツリーを飾るのは現実的ではないのも重々承知しておりました。
何といっても我が家には自分の子供以外にもお客さまの赤ちゃん達が大勢来る。その度に片づけるのは大変だし間違って誤飲でもしたら大変。
クリスマスツリーを飾る時は子供達が大きくなって、かつ廃業した時だな。そう思っておりました。

遡る事9年前。
長男を授かって丁度妊娠20週の時、実母と中欧ヨーロッパへ行きました。

DSCF9376

世間的には安定期に入る週数だったのですが未だ食べてはゲロゲロしていた母、それでも出産したら絶対ヨーロッパなんて行けない。その執念だけで10日間の旅を耐えたのですが12月のヨーロッパは本当に素敵でした。
季節的には冬なので全ての景色が灰色でとっても寒いのですが12月といえばクリスマス。
オーストリア、チェコ、スロバキア、ハンガリーそのどの国にもクリスマスマーケットがあって夢のような世界でした。
この記事を書くにあたって古いフォルダを探しに探して見つけた写真をしばしどうぞ。
クリスマスマーケットは旧市街で開かれている事が多く、市庁舎の前のが何処も一番盛大でした。

DSCF9635

市庁舎の外では出店が沢山あり、市庁舎の中では子供向けのワークショップなんかもあって賑わっておりました。
クッキー作りをする子供達、可愛い~。
生地をのす麺棒がヨーロッパらしいですね。

DSCF9641

ホットワインを飲む人達。
実母はこのシナモンとビターオレンジが効いたホットワインが大層気に入ったようで行くところ行くところ必ず飲んでいました。

DSCF9648

ホットワインはスーベニアマグカップでお願いするとその年限定のイラストのマグ付き。
コレクターもいるんだろうなー。

DSCF9649

屋台編。
大人の顔位の大きさの揚げドーナツみたいなお菓子とか。

DSCF9653

DSCF9658

メレンゲ菓子やクッキー。

DSCF9638

すごい美味しそう~・・何で買わなかったんだろう。悔やまれる。

DSCF9637

チェコではオプラトキーという薄いゴーフルのようなお菓子。
中にクリームが挟んであって温かいコーヒーカップの上に乗せるとクリームが程よく溶けて美味しいのです。

DSCF9432

これはなんだろう(笑)
チョコバナナ的な物かも。とりあえず全部食べたいけど食べたら吐くので写真を撮る事ばかりしていた母。今なら全部食べれたはずなのにー!

DSCF9436

これはキャンディかな。
子供達が群がっていました。

DSCF9567

こちらは保存の利くケーキ類。

DSCF9560

オーナメントも色んな種類がありました。

DSCF9663

蜜蝋のロウソクも沢山。

DSCF9561

DSCF9558

モミの木も売っていました。結構無造作に置いてあるのです。
海外らしいですね。

DSCF9589

ご飯物も美味しそうなんだわ~
誘惑に耐えかねて買ったのですが、あとで酷い目に遭いました・・・でも美味しかった。

DSCF9620

しばし怒涛のような写真攻撃をお見せ致しましたが母はこの旅行中に色んなクリスマスオーナメントを買いました。
いずれ我が家に子供を迎えた暁にはこのオーナメントをツリーに飾ろう。
そんな思いを馳せながら選んだ数々でしたがあれから9年・・・未だ出番のないまま箱に仕舞われておりました。

そんなところに偶然タペストリー型のツリーがあることを知りました。
厚めの生地にクリスマスツリーが描かれたクリスマスタペストリーは我が家みたいな小さな子どもがいる家庭にぴったり!
オーナメントを枝から取られる心配もないし場所も取らない。最高じゃないですか。
ネットでそれを見つけた時には「あの時買ったオーナメントがやっと飾れる!」とそれはもう嬉しくて嬉しくて。
そして届きました。
周りにあるのは9年前に買った思い出のオーナメントたち。

DSC_1242

飾るのは家族みんなが眺められる場所に。

DSC_1245

生地には堀川波さんというイラストレーターが描かれたクリスマスツリーが。
そして良く見るとツリーもただの緑色の木じゃなくてアドベントカレンダーの数字が飾りと共に地模様のように描かれていて遊び心たっぷり。

DSC_1257

早速、三男に飾りつけを手伝ってもらいました。

DSC_1265

一つ一つ飾り付けながら「やっとこの日が来たか・・」と一人感慨深い母。
この日を何年待った事か。
あの時はお腹に長男がいて、いつかみんなでこのツリーを見れるんだな。とそれは楽しみにしていました。

DSC_1273

9年越しのクリスマスツリーよ、はじめまして。
来年からは毎年少しづつ飾りを増やしていって家族みんなで大切にしたいと思います。

ではまた。


真冬のごほうび展へ行く、の巻

水曜日。

昨日、園長先生の畑で大根掘りだった次男。
こんなに立派な大根をお土産に持って帰ってきました。

DSC_1339

葉もとっても立派。これはふりかけを作らなくちゃね!
ザクザクと粗目に切った後はゴマ油と共に炒め、ジャコと鰹節と共にボリューム満点のふりかけになりました。
我が家の子供達はこのふりかけが大好き。
母もこのふりかけで育ったので子供達も同じ物が好きになってくれると嬉しいものです。

先日の日曜日の事ですが久し振りにLoquatさんへ行ってきました。
土曜日から始まった"真冬のごほうび"展

01_341

Loquatさんは産休の為この展示を最後にしばらくお休みされます。
身近に行ける距離にあるLoquatさんは日々の忙しさの中でもちょっと頑張れば行けるので母にとってはまさに息抜きの空間。
しばらくお休みなのは寂しいけど元気な赤ちゃんを産んで今度はまた新たなスタートを切って下さい。
それもまた楽しみ。

今回はHAKOYAさん(革小物・鞄)、bonhanko-neruhangaさん(版画・紙物)、滝沢由里子さん(ガラス)の3人展。
冬にちなんだ素敵な作品が所狭しと並んでいました。

DSC_0015

ガラスの器も冬らしくぽってりとしていて色味もどことなく儚い冬を思い起こさせます。
小さ目のガラスボウルの他に箸置きもありました。

DSC_0019

HAKOYAさんの革小物は初めて見たけどどれもすごく女性の心をくすぐる可愛い物ばかり。
これみんなブローチなんです。母はついつい海苔巻きとかオニギリに目が釘付け・・
季節柄サンタさんの帽子なんかもか可愛いよね。靴下も!

DSC_0021

悩みまくって何度も手に取り結局今回は諦めたオニギリ型のがま口。可愛いかったな~

DSC_0020

bonhankoさんの作品も。

DSC_0013

DSC_0014

今回はステーショナリー系が豊富でポチ袋からレターセット、ハガキと沢山ありました。
母はとりあえず鳥が描かれたハガキを何の迷いもなく手に取りまして・・・(笑)
あとはお友達の女の子にそっくりなイラストが描かれたレターセット、そして悩みに悩んで「やっぱり買おう」と版画を1枚。
「猫実珈琲店にて」という題名だそうです。
この写真だと見にくいのですがチーズケーキを狙う猫さんの小さなお手てが控えめでとってもキュート。全面に猫が出ているよりもこの位の控えめさが気に入りました。

DSC_1343

手刷りらしく温かみのある雰囲気で一目で気に入ってしまいました。あとはやっぱりお菓子モチーフにも惹かれてしまうのよね。。鳥と魚とお菓子に滅法弱い母(汗)。
壁には既に額装された同じ版画があったのですが既に売約済だったので家に持ち帰ってからゆっくり額選びをしよう~っと♪

そして今回のDMには載っていなかったけど沖知江子さんのガラスの鏡餅も入荷していました!
これとっても可愛いんです。母は去年の展示の時に一目惚れして買っちゃいました~
みんなそれぞれ異なる趣きなのでお輿入れする子をじっくり選んでお買い上げ。

DSC_0018

■"真冬のごほうび"展
会期は11/25~12/3(日)まで。
お散歩がてら是非自分のお気に入りを見つけて下さいね。

ではまた。



11/28の風景

もうすぐ12月。

先日、長男と二人でアドベントカレンダーを作りました。
去年は壁に帆布を貼ってその上から画用紙をテトラ折りにした物をツリーに見立てたのですが完成品が思いのほか前に突き出てドアの開け閉めの際にテトラ袋にドアが当たりその度ボタボタと落下しまして。。これ去年のね。

DSC_6181

その経験から今年は袋を平面にして楽に、かつ去年の問題をクリア。
材料はダイソーで全て調達。最近の百均は画用紙の色も色とりどりで綺麗ですね~。
サイズも多様で母は寒色系の画用紙が何種類か入った小さ目サイズを購入し、ハサミを入れる事なく半分折りにして袋状に。
そしてその後の作業は長男にバトンタッチ。
袋の上からLoquatさんで前買った矢原さんの消しハンを押して日付を記入してもらいます。

DSC_0006

こんな具合。
掘り出しモノ市で破格の値段で手に入れた矢原さんの消しハン。羊さんが可愛い~!

DSC_0008

DSC_0009

全ての袋に日付の記入が終わったらいよいよお菓子を詰めます。
アドベントカレンダー用品はカルディが種類が多くてお勧め♪引き出しにお菓子が既に入ったセットから自作アドベントカレンダー用のお菓子まで山程あります。
目移りしながら小さ目のチョコを何種類か買いましたよ~。

DSC_0010

袋詰めに徹する人。
兄弟喧嘩にならないように1つの袋に入れるお菓子は1種類3個ずつ。これで喧嘩にならない。

DSC_0012

アドベントカレンダー2017。
ドアの開け閉めも問題なく出来、去年よりも断然簡単でした。
壁にツリー型にマスキングテープを貼り、それに沿うように袋を並べたら完成~。

DSC_1170

DSC_1167

12/1が待ち遠しいね!

DSC_1174

前置きが長くなりましたが今週も始まりました。
今日は週始めのお教室でした、お越し頂いたのは3名様。
メニューは

・ブッシュドノエル×2
・レモンカードマフィン

です。

ブッシュドノエル人気ですね~。
今日のお客様はブッシュドノエルがまだ試作段階の時からそれはもう楽しみにして頂いていて今日も終始楽しそうに作業されていました。
そしてブッシュドノエルのもうお一方は明日がお子様のお誕生日との事でクリスマスというよりバースデーケーキ。
このブッシュドノエルは翌日でも問題なく美味しく召し上がれるので大丈夫。
時間差でシフォン生地を焼いた後は各自クリームの巻き込みをしたのですが、今日は初めて一日に2名様がブッシュドノエルだったので一番の難関の巻きの作業を2回見れる!
最初の方は一瞬の出来事に「えっ?えっ?」と戸惑っていたのですが大丈夫。
次の方の巻きの作業でしっかり動画撮影しておられました。これで後で復習する時も見返す事が出来て安心ですね~。
最後のガナッシュ塗りはお二人で。

DSC_1307

家中にチョコの甘い香りが漂いみんな幸せな気分になりました。
オーナメントの飾りつけも様々。直感で付ける方あり迷いに迷って付ける方あり。
どちらもとても素敵な仕上がりになりました。

DSC_1308

お次はレモンカードマフィン。
こちらのお客さまは初めてのお越しで、普段は卵アレルギーのお子様がいる為家には卵が一切ない生活を送られているそうなのですが今日だけは自分の食べたい、作りたい物を作ろう!と一念発起されてのご参加でした。
季節は冬。レモンの美味しい季節なのでこちらをご選択頂きました。
ワンボウルで出来るマフィンは簡単に出来るお菓子の代表格。トッピングや混ぜる物を変えればバリエーションは無限に広がります。
今回は甘酸っぱい香りのマフィンはたっぷり10個出来ました。
お子様のアレルギーが治ったら家族みんなで食べられますね。その日が待ち遠しい母なのでありました。

DSC_1303

皆さまのお菓子がひと段落したところでお昼です。
本日は11月最後のお教室。グラタン月間も本日で一旦終了です。
本日のランチは

・シェパーズパイ
・ソフトファウンデュ
・トマトとベーコンのコンソメスープ
・大根とハムのマリネ
・モンブランパフェ

です。

DSC_1295

DSC_1299

DSC_1301

DSC_1294

DSC_1309

グラタンシリーズの中で実は一番面倒なこのシェパーズパイ。
ホワイトソースを作るところまでは他のグラタンと同じなのですが何が面倒ってミートソースとマッシュポテト作り。
レシピには乾燥マッシュポテトの素を使うように書いてあったけど乾燥マッシュポテトとやらを一度も使った事のない母。ぶっつけ本番で作るわけにもいかず初回にジャガイモを蒸かして作ってから何となくそのまま乾燥ポテトを使えずに現在に至ります。
乾燥したポテトでも美味しくマッシュポテトって出来るのかな~?誰か使った事のある人いたら教えて欲しい(汗)。
シェパーズパイはミートソース、ホワイトソース、マッシュポテトを重ねて焼いたものです。
上にチーズをかけて焼くレシピなんかもあるみたいですね。
スープは簡単なコンソメスープ。具を炒めずに水に野菜を全て投入して作るこのスープはとても簡単で重宝しております。
そしてデザートは今月最後となるモンブランパフェです。
このモンブランパフェ、お客さまから母のブログを見ては「自分が行く日も果たしてモンブランパフェが出てくるんだろうか・・」と心配だったと聞かされ本日念願叶ってモンブランパフェを食べられた!と本当に喜んで頂けました。
しかもこのモンブランパフェを目標にして断乳を頑張ったと言われたらこんなに嬉しい事はありません。
そんなに喜んで頂けたの始めてかも(笑)。
有り難い事です。

今日はブッシュドノエルが2本となかなかに大変な一日でしたが皆さんとっても頑張って下さいました。
またのお越しをお待ちしております。
明日のお誕生会、お子様に喜んでもらえますように。

ではまた。











パン教室~11月の巻~

今日は母子3人、パン教室へ行ってきました。

先生の所に行くのは夏休み以来。あの時はもう二度と三兄弟を連れては行くまいと心に誓った母でしたが今日は次男が振替休日だったので何かいつもとは違う休日を過ごさせてあげたいと再チャレンジ!
メニューは11,12月限定メニュー"パネトーネ"
どうやら先生の話によると3年前に既に習ったメニューらしいんだけど一度も復習していない駄目生徒な母、すっかり作り方も忘れそして作る気もさらさらないという(汗)。
特別なパンは家では作る気にならんのですわ・・作るのは専ら仕事用の食事パン。
そんなわけで先生のお力添えを頂きながら二度目のパネトーネです。

パネトーネはイタリアの菓子パンだそうです。ドイツのシュトーレンと共にイタリアではクリスマス特有のものなんだとか。
調べるとパネトーネとはパネットーネ種の酵母を使ってゆっくりと発酵させたブリオッシュ生地の中に様々なドライフルーツを混ぜ込んで焼き上げたドーム型のパンなんだとか。
本来はとても手間がかかるこのパンを見た目も味も本格的なのに作り方は極力主婦目線にしてくれる先生レシピ。
今回は次男にお手伝いしてもらいました。

BlogPaint

そういえば夏以来3カ月ぶりに来たんだけど先生に「お兄ちゃんに声がそっくり!」と言われた次男。
この間の就学時健診でも丁度案内してくれた先生が長男の担任の先生だったのですがその時も「お兄ちゃんと良く似てますね」と言われ「嘘でしょ??」と思ったけど他人から見たら似てるんですかね?
朝から晩まで見てる親にとっちゃ、ちっとも似てない兄弟なんですが。。
あ、でも最近確かに声は似てきたなと思ったり。
そんな次男、ヤル気はあるがどうも自己流にアレンジしてしまう。コロコロしてねとお願いしても何故か生地に指で穴を空けながら「お顔みたい~!」と遅々として作業が進みません。
しかし今日は怒りに来たんじゃなかった。しばしそんな次男に付き合いなんとか一次発酵まで終える事が出来ました。
しばしの休憩時間。
おやつをたらふく食べて満足な兄弟。

BlogPaint

今日は偶然にも他のお客さんがみな次男と同じ幼稚園のママ達で、振替休日を子供と一緒にパン作りしようと考える事が同じなのには笑ったわ~。
なのでにわかに同級会パン教室。見慣れた顔ぶれなので子供達もみんな仲良く遊び母達もおしゃべりに花を咲かせたのでありました。
目を離した隙にお友達に飛び蹴りをする三男・・・本当に本当に足癖が悪くて申し訳ございません。。

DSC_0033

そうこうするうちに一次発酵が終わり成形。
チョコチップを混ぜ込んだ生地を分割してカップに入れますよ~
この時点でバターと卵たっぷりのブリオッシュ生地からは甘い香りが。美味しそう~

DSC_0029

そしてそして先生の所に来たらパンもそうだけど一番の楽しみはやっぱりこれ。
お昼ご飯です。
今月は骨付き肉のクリーム煮。

DSC_0035

パンは数種のチーズを混ぜ込んだチーズクッペ。
しっとり柔らかいパンの中に入っているチーズがまた美味しかったな~。

DSC_0036

メインの鶏肉も骨からホロリと取れてしまう位柔らかくてとっても美味しかったです。
そして食後のコーヒーがまた至福なんです。挽きたてのコーヒーってこんなに美味しいんですね。
座ってコーヒー飲んだのいつぶりだろ?いつもキッチンに立ったまま飲んでいるのでそんな事さえも貴重な時間に思えるのでありました。

DSC_0038

食事中も先生は働き続け、他の生徒さんのパンも続々と焼きあがります。いつもながら手際が良いわ~。母が3組をヒーヒー言いながら回しているのに先生は4組だもん。神業!
次男お手製のパンも焼き上がりました。
最後にかけたアーモンド風味のメレンゲの香りの良さったら!

DSC_0031

先生の所のパネトーネはチョコチップ、ホワイトチョコ&オレンジの2種類から選べるのですが今回は子供達のリクエストによりチョコチップ。
半分はチョコで半分はホワイトチョコ&オレンジという我儘リクエストも出来るみたいですよ~。
母的にはホワイトチョコ&オレンジの方が好みだな~。

パンを狙う三男↓

DSC_0037

パンはやっぱり焼きたてが一番。
その場で食べようとする次男をなんとか説き伏せてその日の3時のおやつにみんなで頂きましたがパンがふわっふわ、上掛けのメレンゲはサクッとしていて本当に美味しかった!
子供達も1人1個あっという間にペロリでした。

次はいつ来れるかな~。
思いがけずまたパン教室に来る事が出来て母も束の間の休息を得る事が出来たのでありました。


最後のお遊戯会(次男編)

日曜日。

今日は次男の幼稚園最後のお遊戯会でした。
ついこの間、ど根性ガエルを踊っていた気がするんだけどな~(年少)もう年長さんか。早いものです。
最後の雄姿は家族みんなで。長男もカメラマンとして動員して賑やかに行って参りました。

次男の通う幼稚園はマンモス園なのでお遊戯会も2日に分かれて、そして午前午後の入れ替え制となっております。次男は日曜の2部。
そして年長さんは演目も一番最後なので三男にとっては我慢の限界。いやー、良く耐えてくれたと思うわ。母は足の痺れとの戦いでしたが・・

この間の小学校の音楽会も素敵だったけど可愛らしさでいったら幼稚園の方が断然可愛い。
年少さんなんてまだまだ赤ちゃんらしさが残る中での演技なのでステージで固まる子あり客席の保護者を見つけてヘラヘラ笑ったりと実に微笑ましい。
衣装がまたその可愛らしさに一役買っていて観ている人達みなを笑顔にさせたのでありました。
年中さんは年少さんよりも少しレベルアップしてリズム劇。
自身のセリフこそありませんが、メロディーと共に流されるセリフに合わせて振りつけしたりととっても頑張っていました。

そして年長さん。
今回は縦割りでのお遊戯会だったので母達が観た日曜2部の回では次男のクラスしか観られなかったのですが次男のクラスは「シンデレラのドレス」という演目でした。
お遊戯会の演目が決まった当初、次男から「シンデレラやるんだよ~」と聞かされそうかそうか、それで次男は何の役になったのかね?と聞くと「クマ」と申す。
・・・シンデレラにクマなんていたっか?それ白雪姫の間違いじゃないか?
訝しがる母に「本当にシンデレラなんだよ!カメさんがシンデレラの為にドレスを魔法使いにお願いしに行くお話なんだよ」
・・カメ。。それでは浦島太郎ではないか。増々もって分からん。
そしたら後で配られたプログラムを見るとどうやら次男のクラスオリジナルのお話らしい(笑)
なるほどね。だから妙な構成になってるのか。

BlogPaint

次男の役はお菓子作りの上手な森のクマさん。
美味しいパンプキンパイを作るのが上手で、森の仲間達はクマさんにパイを作ってもらいそれを持って魔法使い(お菓子作りが下手)の所へ行き魔法でシンデレラにドレスを着せてもらうというお話です。
オリジナルストーリーだけあって突っ込みどころ満載でしたが(笑)次男の演技は素晴らしかった。
運動会の時も思ったけどここぞというところでは真剣になるのね。あの子。
普段のヘラヘラ顔は何処へやら、真剣な表情で自分のセリフをしっかり大きな声で言う事が出来ていました。
2年前のど根性ガエルから思うとえらい成長したな~。いや本当。
その日の夕食は良く出来たご褒美にピザ。
家族みんなに観てもらったのが余程嬉しかったのかピザ3枚にグラタンまで食べて満面の笑みの次男でありました。

次男も来年春には卒園か。
なんだかもう既に寂しい気持ちで一杯な母なのでありました。

【お知らせ】
12/5(火)1席キャンセルが出ました。
ご希望の方は直接メールにてお問合せ下さい→満席となりました。





記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ