迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2018年03月

作品展に行く(実母編)

昨夜はコロ助と同室で寝た母。

暗闇の中から時折聞こえてくるオッサン並みのイビキ。。ビクッとして起きるとコロ助でした。
そして寝相が凄まじく悪いコロ助、これまた時折「ドカーン!」とすごい音がするので振り向くとすごい寝相で寝ていました・・(笑)
野生というものをすっかり忘れた様相でございます。
おかげで母は寝不足。

0CEC690D-02C8-4123-A911-975C261651BE

今日は子供達をジジイにお願いして実母と二人、デートに行ってきました。
実母の日頃の活動を見ていると母なんかよりよっぽど精力的に動いているな~と思うのですが、今日は実母の通っている色鉛筆教室の作品展でした。
仕事を退職してからというもの何かに憑りつかれたかのように自分探しに目覚めた実母。
色鉛筆画に関しても色んな先生のお教室の体験に行っては「違う、私の求めてる色鉛筆画じゃない」と彷徨い歩きようやく数年前に師事する先生を見つけたようで最近は熱心に通っております。
娘からしてみれば家に閉じこもっているよりよっぽど良いので大歓迎なので、まあ無理のない程度に趣味を満喫して欲しいと思ってる所存。

作品展は金沢文庫で開催されていました。
実母の作品。よもや親の作品展に来る日が来るとは思いませんでした。

344DACBA-7FF9-4697-AF6F-ABC7CC951F22

実母の通うお教室では道端に咲く素朴な草花を描く事が多いみたいでどれもみな楚々とした美しさでした。
しかしその姿を写し出すのは写真と違って良く観察しなければいけない。
平面な紙に、どう葉の瑞々しさを表現するか。花弁ひとつとっても同じ物は全くなく、この部分は光を透過しているから透き通っていてこっちの部分は少し影があって・・・などなど。
色の塗り方も1色だけで塗っているわけではなく様々な色を組み合わせながら塗られていました。
こうしてみると母はお花の教室。実母は色鉛筆画とお互い別な趣味のように見えますが、野花を好んでいるという点ではやっぱり親子。なんとなく似てるんですねー。
母は色鉛筆画の事は全くわかりませんが、日に日に上達しているしなにより本人が楽しんでやっているようなので良かったな~と思いました。

6A3B9D88-BD45-4C52-B38C-D7CF52D3F9A4

帰りは実母お勧めの市場食堂で海鮮三昧。

4A122FCE-3F7D-428B-9B6E-52C02B9CFD0A

とにかく良く出歩く実母なので行った先々で「ここ、美味しそう!」と気になるお店をリサーチしてくるらしく今回も「いつもお教室に行く時に気になってたお店があるから行こう!その後はこれまた気になるカフェがあったからそこで紅茶を飲もう!」とグイグイ先導してくれます。
いつからこんなにグルメ婆になったんだろう・・・そのうちインスタのアカウントを取ってグルメ写真を投稿したりしそうで末恐ろしい・・・(笑)
でも実母のリサーチは的確だったようでご飯、めっちゃ美味しかった。
母はアジ刺身定食。アジの刺身とアジフライ。これで880円。安過ぎ!

18BB26E2-26F4-4E85-B99D-8BB97467D464

実母はおまかせ握り。
近海のお魚の握りは最高に美味しかったようです。

2C718CA7-ADD4-4243-BA78-2C6D7CDD3EF4

こちらのお店、地元では有名らしくいつも大行列。
開店と同時に入ったのにあとからあとからお客さんが入ってきてあっという間に満席。

04E53E96-655A-4940-8520-956ECDB10DEE

美味しい物を食べて美味しい紅茶を飲んで、おしゃべりも沢山して。
束の間の母娘デートでありました。

ではまた。


メアリと魔女の花を観る、の巻

本日2投目。

今日から春休み恒例の母子4人帰省生活でございます。
先に現地入りしていた子供たちと今日から母も合流。
そんな今日は地元の総合庁舎で映画を観に行ってきました。
「メアリと魔女の花」

D0128948-31C1-4182-92F3-2221D85FFCD9

ロードショーはとうに終わりDVDが出始める頃になると地域の公民館などで格安にスクリーンで映画を観られるので案内ハガキが来ると母子でその日を楽しみにしております。
去年のお正月は「PETS」を観て子供達も大いに喜んだのでこの「メアリと魔女の花」も喜んでくれそう。
もちろん連れていくのは長男次男だけで三男はお留守番だけどね~

当初、朝一番の上映で観ようと思ったのですがまさかの高速で事故渋滞にはまり予定到着時間を大幅に超え子供達と合流できず・・・止む無く午後一の上映に変更。
場所は実家から数駅程にある区の公会堂。
少し早めに現地入りして腹ごしらえ。

BlogPaint

映画ってまともに観ると一人2,000円位するので800円で迫力満点の映画を観られると思えば安いもんよね~
みんなそう思うらしく会場は春休みの学童組らしき小学生の集団で満員でした。
「メアリと魔女の花」はジブリなのかと思っていたら違うのね。
でも、宮崎監督の愛弟子である米林宏昌さんが監督(思い出のマーニー、借り暮らしのアリエッティ)をしているのでジブリの世界観と共通する点は沢山あって子供達も「これジブリじゃないの?」とジブリだと信じて疑っていませんでした。
原作は同名の本で、主人公であるメアリがふとした時に魔法の力を持つ花”夜間飛行”を見つけ、それを手にした事によって魔法の世界とつながりを持つ・・
ホウキに乗って飛ぶシーンや黒猫は魔女の宅急便から。そして魔法大学の学長マダムマンブルチュークやその家来はハウルの動く城、天空に浮かぶ魔法大学やクライマックスなどはラピュタを思い出させて「偉大な師匠を持つとその影響力もすごいんだなー」」と素直に楽しめない自分はいるのは確かでしたがそんな母の気持ちとは裏腹に長男次男は画面に魅入って真剣そのものでした。
母的には冒頭の、魔女が花の種(夜間飛行)を持ち出して爆発する館から逃げるシーンがとてもよかった。
「この魔女はこれから出てくる主人公のメアリなんだろうか?花の種って何?」と最初から観客のハートを鷲掴み。
どうでも良い事ですがメアリのボーイフレンドのピーターが鋼の錬金術師の主人公に似ていたのが個人的にすごく気になった(笑)似過ぎ。
米林監督といえば思い出のマーニーや借り暮らしの、良く言えば”米林監督らしいふわっとして幻想的”な、悪いいえば”意味分からん”作風だっただけに今回はどうなのかなーと思いましたが分かりやすいテーマとストーリーで子供も大人も楽しめる内容でした。
観ながら「そういえば魔女の宅急便を観た後、ホウキに乗って飛ぶ夢を見たな~」と魔法に憧れた昔を思い出しました。
今夜あたり、長男次男はホウキにまたがって飛ぶ夢でも見てるのかな?

久しぶりに親子で楽しめる映画を観れて良かった金曜日でございました










マロニエ洋菓子店

昨日はお教室の後、時間があったのでホヤホヤの赤ちゃんに会いに行ってきました。

2日前に生まれたばかりの赤ちゃん。
もうなんというか神々しくて・・・ガラスにへばりついて時間が経つのを忘れて見惚れてしまいました。
傍らに友人が待っていてくれたのにも気付かず真っ先に新生児室に向かったもんね(笑)

BlogPaint

大仕事を終えた後の友人は文字通りヘロヘロ。
ご家族は仕事や上の子のお世話でなかなかお見舞いに来れないらしく、突然の訪問の母を喜んで迎えてくれました。
病院が違うとこうも違うんだと思ったのは赤ちゃんにいつでも会えないという事。
母は完全個室制の病院だったので傍らにはいつも赤ちゃんがいていつでも授乳出来たしお見舞いに来てくれた人にも沢山抱っこさせてあげられたんだけど友人の病院は赤ちゃんを抱っこできるのはお母さんだけ、しかもそのお母さんでさえも授乳以外では赤ちゃんに会えないという。
そんなわけで赤ちゃんを抱っこする気満々の母は少し拍子抜けしましたが、その代わり友人と帝王切開あるあるに華を咲かせてしばし楽しいひと時を過ごしたのでありました。

帰り道。
ふと、お昼ご飯を食べていない事に気付き旗の台周辺をうろついていたら線路を隔てて反対方面に何ともレトロなお菓子屋さんを発見。
洋菓子店なのに和菓子屋さんのような毛筆体で”ショコラ第九”
気になるわ~・・この名前だけではどんなお菓子なのか検討もつかない。分かるのはチョコ系のお菓子なのかな?という事位。
お店の名前は「マロニエ洋菓子店」

BCCCE3F5-EFBB-4C2D-8C50-FC1C314B8F1B

お店に入ると年配のご主人が笑顔で出迎えてくれ終始ニコニコ笑顔。
店名がレトロなら店内もとってもレトロ。
それもそのはずご主人に聞くと東京オリンピックの年に開業した老舗のお菓子屋さんなんだとか。
ショーケースには様々なケーキが並び、モンブランは母の愛する黄色い姿。

D48372DF-F050-45D8-A28E-01D0C700F419

その後も色々お話を伺うと、現在は生ケーキ類を息子さんに任せご主人は焼き菓子を担当しているそうな。
焼き菓子も沢山の種類がありそのどれもすごく美味しそう!
ウィーンのクリスマスマーケットに行った時に見た焼き菓子を彷彿とさせます。

815AC82C-8E78-4237-9EAD-A64150DAFC45

おしゃべりしながらショーウィンドウを眺めているとついあれもこれもと買いたくなってしますのが母の悪いところ。
結局「旗の台、今後は二度と来なさそうだし・・・」と都合の良い理由をつけて欲望のままに買ってしまいました。
買ったのはこちら。

DSC_6966

お店の看板商品である”くるみ三番楽章”を筆頭にレモンタルト、NYチーズケーキ、チョコケーキ、ショコラテリーヌ。
本当は初めてのケーキ屋さんでは必ず買うショートケーキも買いたかったのですが、その後図書館に行く予定などもあり長時間の持ち運びは難しいので断念。
くるみ第三楽章はくるみのタルトなのですがぎっしりと詰まったくるみの上からキャラメルべースのヌガーを流し込んだ小さいながらも大満足なタルトです。
何故”第三楽章”という名前なのかというとご主人がクラシック好きだからだそうですよ。

家に帰って早速ショコラテリーヌとくるみ第三楽章を試食。
ショコラテリーヌは冷蔵で販売されていたので箱を開けた時はまだカチカチだったのですが少し常温に置いてから頂くと口に入れた瞬間なめらかなその舌触りにびっくり。
カカオが主張し過ぎずとっても美味しかった~
くるみ第三楽章はくるみ好きなら3個はイケるかな。看板商品というのも頷けるとっても美味しいタルトでした。

洗練されたお菓子屋さんも良いけど地元にずっと愛されているこういう懐かしいお菓子屋さん、良いですね。
なによりご主人の人柄の素敵さに、また行きたいなと思わせられた母なのでありました。



3/29の風景

今日の桜。

DSC_6908

咲き誇った桜が散り始めていました。
花としての命を全うしても尚、美しいなんて憎い奴め。

木曜日。
今日は2月に我が家都合でお教室を中止した分の振替のお教室でした。
1名様がお子様の体調不良で欠席でしたので2名様での開催です。
メニューは

・フレーズムース
・ビスコッティ

です。

この日の為に三兄弟はジジババ宅へ送り込んだ母。朝から家事がはかどる事に喜びを感じております。
なんてったっていつもなら4時起きの所を6時に起きても余裕!
如何に子供に時間を割いているかが良く分かります。
まずはビスコッティから。
最近、お子様が活発になるにつれて自我も芽生え始めて大変・・とお母さま。
そういえばお教室に初めてきた時は今よりもずっと大人しくて偉いな~と思ってたけど大きくなるという事は体もそうだけど心の成長も著しいよね。
お友達とのトラブルも出始めてきておもちゃの貸し借りで揉めては泣いての繰り返し。
そういえばうちもこんな時期があったな~・・
そして成長といえば「最近、うちの子すごい食べるんです」とお客さま。
聞けばご主人はとっても食いしん坊らしく我が子もその血を受け継いだらしい・・・とうな垂れていらっしゃいました。
お教室中も持参したお弁当をペロリと平らげ、ママのランチにも手を出し果てはお友達が食べてるバナナに狙いを定めてついて歩く始末(笑)
狙われている方はそんなに気にしていないらしく「はいどーぞ」とあげていてママ達大爆笑。
ビスコッティは少し固めのクッキーなのですが本場イタリアのものは固くてそのまま食べるには辛いのでお教室ではややソフトに仕上げております。
それでも二度焼きしているので固いは固い。
食いしん坊のご主人様、今回のビスコッティはお気に召して頂けるかしら?
週末にお花見をされるそうなのでそのお供に持って行ってもらえますように。

DSC_6942

お次はフレーズムースです。
「最近ピンクが好きで好きでしょうがなくて!」とお客様(笑)
林家ペーパーと言われようがいいんです。とにかくピンクが好き!と豪語しながら選んだのはもちろんフレーズムース。
前は黄色一辺倒だったらしいので急にピンクの神でも降りてきたんでしょうかね・・?
でも、お教室ではあまり人気のない部類のメニューなのでフレーズムースを選んで頂けて母としてはとっても嬉しい。だってすごく美味しいのに人気がないのは寂しい。
「子供を喜ばせたいので可愛い飾りがあればお願いします」と事前にご相談を頂いていたので家にある物からこちらのハートのピックを選んだ頂きました。
ハートが好きというお姉ちゃん、喜んでくれると良いですね。
トッピングはイチゴとオレンジです。

DSC_6956

今日は2名様開催なのと余計な邪魔者がいないので作業がはかどるはかどる。
あっという間にお昼です。
本日のランチは

・根菜のキッシュ
・人参とツナの粒マスタードマリネ  ベビーリーフのサラダ
・アスパラのポタージュ
・三宝柑のタルト  カルピスジェラート添え

です。

DSC_6930

DSC_6926

今回のキッシュはお客さまが初ご来店された時にお出ししたメニュー。
今日のランチメニューを決めるに当たって「そういえばこのキッシュを召し上がられた時に美味しいって言ってくれたな~」とそんな事を思い出したので作る事にしました。
こちらのお客様は4月からお仕事復帰されるので今日がお教室に来る最後の日。
今まで沢山のご来店、ありがとうございました。
スープは春らしいアスパラのポタージュにしてみました。
アスパラは色が変色しやすいので前日に作る事が難しく今まで敬遠していたのですが今日は子供達もいないので朝からの仕込みでも十分間に合いました。
国産のアスパラは香りも強く、ポタージュにしても消える事はありません。
柔らかい若草色が綺麗なポタージュに仕上がりました。
デザートは天気予報で今日は暑いと知っていたので冷たいカルピスジェラート。
そしておまけで昨日作った三宝柑のタルトも。

DSC_6935

今日が今年度最後のお教室。
沢山のお客様とお会いする事が出来て感謝の気持ちで一杯です。
来年度もまた気持ち新たに頑張っていきたいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

それではまた4月にお会いしましょう。
ご来店ありがとうございました。




三宝柑のタルト

今日の桜。

DSC_6903

花を愛でる楽しみは蕾から満開になるまでだと思うのですが桜に関しては散る姿もまたこの上なく美しい。
自宅前の桜は早く咲いたのでそろそろ散り始めていてはらはらと舞い落ちる姿がとても綺麗です。

先日、お友達から美味しいお裾分けを頂きました。
三宝柑という名のデコポンに似た姿のお蜜柑だそうです。
大きさはデコポンを一回り大きくした感じ。
外側の皮は厚いながらもフカフカとして剥きやすくお味は爽やかな香りと共に上品な甘さでとっても美味しい。
沢山いただいたので折角なのでタルトにしてみました。
アーモンドクリームを詰めた土台に1台につき2個の剥き身。贅沢~

DSC_6778

焼き上がりは三宝柑の豊かな香りでいっぱい。

DSC_6792

しっかり一晩冷蔵庫で寝かせたあといただきまーす。
絶妙に美味しかった!

こんな形で頂き物を別な形でまた美味しい物に変化させるのって楽しいですね。

ではまた。


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ