迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2018年04月

子供と一緒にクレープ作り!

月曜日。

本日もお日柄良く、子供達は朝から一日遊び倒しております。
ベランダの鯉のぼりも風にそよいで気持ち良さそう。

先日の土曜日の話ですが母が花の会に行っている間、父子組はこんな事をしていたようです。
名付けて"子供と一緒にクレープ作り!"
子供と一緒にいて煮詰まったら食べ物を作るに限る。我ら夫婦の鉄則。
こと食育という観点から言ったら我が家は結構真面目にやっているような気がする。
と、食育と言えば聞こえは良いですが要は工作は作っても食べれないけど食べ物を作れば工作要素もあるし?そして食べられる。一石二鳥。更には時間も潰せるし一石三鳥!

子供と一緒に何か料理を作るというところまでは決まった。では何を作ろう?
するとふと傍らにあった絵本を開いたお父さん、その中にバナナクレープが描かれているのを見つけ「これだ!」と決めました。
山岡ひかる著"いろいろバナナ"

350_Ehon_98313

さあ、始めますよ~
計量はこの手の事が得意な長男に。

BlogPaint

卵割りは三男もやらせてもらえたみたい。

BlogPaint

ちなみに次男はというと買い出し隊としてお手伝いをしてくれたまでは良かったのですが、その後の作る段階で他の兄弟と揉めて「もうやらない!」とストライキを起こしたそうでここにはおりません。
その後、生地作りまで終えたあたりで母が帰宅したのですが母の顔を見るなりお父さん
「これ、クレープに見える~?」と何やらぶ厚い代物を持ってきて食べろという。
「・・・・」どう見ても若干薄いホットケーキ(汗)クレープではない。
「お父さんじゃこれ以上の薄さは無理~」と泣きつかれたのでその後の焼きに関しては母が担当致しました。

クレープ作りで一番楽しいのはトッピング♪
巻く前にお父さんと長男、スマホの動画で巻き方をイメトレ。
「ここにクリームを三角に塗ってから具を乗せて~」
「フムフム」

BlogPaint

無事イメトレを終えた後は広げたクレープの上に好きなホイップクリーム(もちろん便利なデザートホイップ)を塗り広げ、バナナとチョコを乗せてクルクル~

DSC_8525

DSC_8526

DSC_8529

その頃には次男の機嫌も直り、お父さんと一緒にデコレーション。

BlogPaint

お父さんは大好きなツナマヨレタスにしたようです。
クレープといえば甘い物、という固い頭の母はこのおかず系クレープが長い事許せなかった。
今はお父さんが買えば一口もらう位には認知出来るように。そもそもクレープを買う事が殆どないんだけど。

DSC_8556

DSC_8557

完成した後はみんなで試食タイム。
母も思いがけず一緒に食べる事が出来、家族みんなでクレープを食べたのでありました。
子供と一緒に作る食品系では王道のピザに続く人気メニューとなりそうです。

GW後半はお天気が怪しいみたいなのでこんな企画、如何ですか?


お食事会と端午の節句

日曜日。

遅ればせながら下二人の入学祝いの食事会をしました。ついでに端午の節句も。
例年、武者飾りを見がてら実家でお祝いをしているので柏餅を持参して家族みんなで。
今年は18個。お隣さんへのお裾分けを入れると結構な数になります。朝からせっせと柏餅作り。
家人が寝静まる中、キッチンに広がる柏の葉の香り。

DSC_8586

和菓子の中では断トツで柏餅が好きな母。緑色の葉から見え隠れする白いお餅が何とも言えず愛らしい。
幼い頃から昔話の中で村人が柏餅にかぶりついている絵を見る度垂涎ものだった母(笑)。
お餅を包んでいる柏の葉は新芽が育つまで古い葉が落ちない事から子孫繁栄(家系が途切れない)の意味があるそうです。
今年も美味しく出来ました。

DSC_8597

実家ではコロ助がお出迎え。
最近、やんちゃばかりしてジジイに怒られる事の多いコロ助。今日も子供達が来たのが嬉しくて大歓迎したら怯えられ繋がれてしまいショボーン。。

DSC_8612

実家の庭では夏みかんが花盛り。
今年は去年よりも沢山実をつけてくれると良いな。

DSC_8632

梅の実も日に日に大きくなっていました。

DSC_8644

入学のお祝いといっても子供達の目的は外遊び。
ご馳走を食べた後は雀の子のように3人飛んで行ってしまいました。
お祝いケーキは次男が「絶対これがいい!」と選んだキルシュトルテ。

DSC_8674

削ったチョコがまぶされた中にはチョコスポンジとクリームとほんのり香りづけされたブラックチェリー。
ケーキ屋さんで「これは好みが分かれるだろうな~」と思ったそうですが頑として次男が譲らなかったそうでこれにしたそうです。案の定、長男「俺これ嫌い・・」発言。
長男以外はみんな美味しく頂きました。食べつけない物を敬遠するのが長男らしい。
子供達が遊びに行ったので母とお父さんはコロ助と思う存分戯れる事が出来ました。
コロ助のこの至福の顔(笑)。

BlogPaint

帰りはお赤飯と煮物のお土産までもらい、実家はやっぱり良いわ~。
平和な日曜日でございました。

ではまた。

花の会~卯月の巻~

今日は月に一度の花の会でした。

 6E6732EA-4BC6-442A-8898-65A571A02D66

大型連休初日の今日は朝からキラキラの日差しが射しこみ本当に綺麗でした。
お教室前の小路も木々の間から漏れる光で初夏の景色になっていました。

83455588-5C5F-4442-AA14-863997248FA0

あと少しすればしっとりとした紫陽花の季節。
季節は確実に春から初夏へ。そんな事を感じながら本年度の花の会もスタートです。
新年度初めてとなる今回は「初夏の景色」
春の息吹が感じられた3月からひと月。のびのびと枝葉を茂らす草木の様子を器に写し込んでいきます。

今回使う花材は・・

・バッコウヤナギ
・オオデマリ
・コデマリ
・シモツケ
・コナラ
・レンゲ
・ハクサンハタザオ
・チゴユリ
・ナズナ
・シオデ
・カラスノエンドウ
・ビオラ
・ヒューケラ

そして母が今回選んだ器は17世紀のフランスで使われていたスーピエール(スープボウル)

8770FD4B-F47F-4001-9EAA-4EDC20C2E567

今回初めて手にする花材はチゴユリ。
稚児とは昔の言葉で"赤ちゃん"の事。小さくて可愛らしい姿からその名がついたのでしょう。
主に落葉樹の足元に自生する植物でその華奢な姿は摘んでしまったら折れてしまいそうな程儚げなのですが、生けると他の花材に埋もれる事なくしっかりとその存在を発揮してくれました。

DF05F091-AB8D-4267-AF75-2FEF8D804293

花との時間はいつも新鮮。
生け込みの時間は草花がどうやって今まで過ごしてきたかを実際花と対話しながら生けていきます。
程なくして作品が出来上がりました。
今回はこんな感じ。
初夏の風に揺れるように、芽吹きの香りを運んでくるように。

766C7B4A-1D70-46CF-BDC7-32DC8CE34683

85B5AFBF-BE07-48DB-8537-8C1EF391218A

後片付けをする頃には陽射しが部屋の中まで入ってきてスツールの上で光が踊っていました。

80926EFF-7B89-4368-ABBF-7B1201B0340C

お教室が終わった後はいつものように1人早めの退出をさせて頂き帰路へ。
包んで頂いたおやつはひなた焼き菓子店さんのイチジクとアールグレイのケーキ。
そして、今回は新たな花器をお迎えしました。他の生徒さんが使っていた花器があんまり素敵だったので先生に聞くと丁度お店で売ってるのよ~との事だったので思い切って購入する事に。
17世紀フランスで使われていた水差し。高さは20㎝程。

DSC_8570

早速家に帰って生けてみたらやっぱり思った通り、黄色みを帯びたベージュ色が野花と良く合ってる。
今年は春の陶器市にも笠間の火祭りにも行けないので思いがけず素敵な器と出会えて大満足の土曜日でした。

DSC_8575

それでは引き続き素敵な週末をお過ごしください。

【お知らせ】
コビトヤ5月分の予約を開始致しました。
まだお席ございます。皆様のご予約お待ちしております。


4/27の風景

今週の三男は災難続き。

BlogPaint

まず週始め。バスでお隣の子に思いっきりつねられてホッペの皮が剥けて絆創膏でのご帰還。
そして今日はこれまたバスのお隣の子(別な子)が突然吐いて大惨事。上下全てお召替えでご帰還。
最初のつねられた件についてはバスから降りるなり「僕何にもしてないのにつねってきたんだよ~」としれっと言っていて「んなわけあるかい」と夫婦で総突っ込みだったのですが後の先生からの電話では本当に三男、何も悪事を働いていなかったらしい。まず我が子を疑う両親って・・(笑)。
先生の話では相手のお母さんからお詫びのお電話をしたいとの事なんですが、というのでいやいや要らないですから。どうせ三男、悪事を働いていないとはいえしつこくなんかちょっかいを出したんでしょうよ。
しかし電話はかかってきまして、本当に申し訳なさそうに何度も何度も謝る先方に逆に申し訳なくなってしまい電話口でコメつきバッタのように頭を下げる母。うーん、謝る方は如何ほどのストレスなんだろう。
そして今日も夕方先生から「相手のお母さんから電話がしたいと・・」と言われさすがに
「デジャヴですか?(笑)」と突っ込んだ母。要らないっつーの謝罪の電話なんて。
こんなのはお互い様なんだから先生からの報告手紙だけで十分。
しかしやはり電話はかかってきて「うちの子、帰ってきてもそんな事何も言わないものですから。。先生から聞いて本当びっくりで・・」と消え入りそうなお母さんの声。しかも今回は被害が広範囲に渡ったようで我が家以外にも複数の親に謝罪の電話をしているらしい。
色んな親がいるから幼稚園側としても気を遣うんだろうけど我が家みたいないい加減主義だとこういうった場合は本当相手方に申し訳ないと思ってしまうのです。
しかし、三男が誰かに牙をむくのは一体いつなんだろうか・・怖い。

金曜日。
今日は4月最後のお教室でした。お越し頂いたのは3名様。
メニューは
・なめらかプリン×2
・柏餅(季節限定メニュー)

です。
今日はお子様が同じ幼稚園出身の仲良しママさん3人組でのご来店です。
小学校はそれぞれ異なるらしく話題は主に子供の事。母も時におしゃべりに参加させて頂きながらの作業となりました。こういう時、三男がいないと話の腰を折られずに良いわ~
まずは柏餅から。
端午の節句ももうすぐですね。
男の子のママであるお客さま、今日はお教室で予習をして本番では手作り柏餅でお子さまの成長をお祝いされるそうです。
レンジで簡単に出来るとはいえ味は本格的。自家製の餡子は甘さを調節できるので甘すぎず、しっとりとしたお餅との相性も抜群です。
慣れてくれば30分で完成の柏餅。柏の葉の良い香りがキッチン一杯に広がってこの香りを嗅ぐと「もうすぐこどもの日だな~」と思います。
緑の葉から覗く白いお餅が最高に可愛い!

DSC_8460

お次はなめらかプリン。
同じメニューなので今回も同時進行にさせて頂きました。
普段からお子様のおやつにカスタードプリンは作るけどなめらかプリンは作った事がないんです、とお客様。そしてカスタードプリンもガスの火加減に失敗していつもすが入ってしまうんです・・
蒸し器で作るプリンは確かに火加減が難しい。少しでも目を離すとあっという間にブスブスの見た目になってしまいます。
そんな場合はオーブンで湯煎焼きするのが失敗がなくてオススメ。指定の時間焼けばほぼ失敗はないのです。
そんな話をしながらなめらかプリン完成です。
良く冷やしてお召し上がりくださいね。

DSC_8463

皆様のお菓子がひと段落したところでお昼です。
本日のお昼は・・

・フォカッチャサンド(BLT)
・ベーコンとモロヘイヤのスープ
・カブとエビのマリネ
・完熟マンゴープリン

です。

DSC_8453

DSC_8456

DSC_8457

今日もこれでもかと言った分厚いベーコンを挟んだ俺のサンドイッチ状態(笑)。
ガブリと食べればパワーがみなぎる一品です。
スープは最近出回り始めたモロヘイヤを使ったスープです。簡単に出来るのにとっても美味しいので我が家でも良く登場するスープです。
お客様とのお話の中で「子どもがモロヘイヤのネバネバが苦手みたいで」とおっしゃられていたのですがスープだと特有のネバネバが殆どないのでそんな時はスープにするのがお勧めです。
デザートはもうすぐマンゴープリンの季節が到来、という事でご試食用に作ってみました。

DSC_8474

今日が終われば明日からGW!
とはいえ5/1.2は子供達は通常登校なので前半は特に何もせず終わりそうですがお休みというだけでこう浮足立ちますね。
それでは皆様良い大型連休を~。
本日もご来店ありがとうございました。

【お知らせ】
コビトヤ5月分の予約を開始致しました。
まだお席ございます。皆様のご予約お待ちしております。


授業参観2018(次男編)

昨日とは打って変わって抜けるような青空の木曜日。
道路沿いのツツジも満開で、外出するのが楽しい季節になってきました。

我が家では、今年ベランダに仲間入りしたクレマチスに最初の花が咲きました。
ヴィオルナ系アディソニーという品種。
俯き加減に咲く小さなベル型の花が愛らしい品種です。クレマチスの中ではやや木立性。

DSC_8451

今日は次男の授業参観でした。
一年生は他の学年とは別日に参観を行うのでこの間の懇談会みたいに長男のクラスと行ったり来たりしなくて良いので楽。
参観は4時間目の国語でした。
2年ぶりの一年生の参観でしたが、まだまだ幼さの残る子供達、後方の母達に手を振ったり声をかけたり、果ては授業中だけど親の所に話しかけにきたりと微笑ましい感じでした。
次男はというと4時間目にもうすぐ入ろうとするのにまだ3時間目の算数ブロックの片付けが終わらず、お隣の女の子(多分世話好き)に手伝ってもらってヘラヘラしておりました。その後後ろの母に気付き手をヒラヒラ・・・前を向け前を!
他の子を見ると似たような子が何人もいたのでまあこの頃ってまだこんなもんか。
それにしてもお前は後ろを振り返り過ぎだー!先生が開きなさいといったページを開いたはいいけど飽きたのか別なページをめくって読んでるし。その間の先生の話は絶対聞いてないな。
ひらがなのドリルをやってね~という時間ではまあ周りと同じくやっていたみたいだけど、丸付けをしてもらった後は急に腹が減ってきたのかおもむろに後ろを振り返り「お・な・か・す・い・た!」と口パクで空腹アピール。
ズビシ!と指を前に差して「前を向いて先生の話を聞け!」と無言の圧力をかける母。全く・・

イライラの限界値が訪れる頃、ようやく授業が終わりいよいよ次男待望の給食の時間。
はーやれやれ・・と帰ろうとするとどうやら給食の準備までは参観出来るみたいなのでそのまま見る事に。
給食の時間では給食当番以外の子も机拭きなどのお手伝いがあるらしく机拭き当番の子は手すりにかけられている雑巾を手に持ち水道へ。絞った雑巾で自分の班のテーブルを拭くみたい。
机拭き当番らしき子が次々に机を拭く中、次男は何やらまだ移動していない机を見つけては班仕様に合体させたり、飛び出ている椅子を直したりと実に甲斐甲斐しい。
へー、意外と細やかな気配りが出来るんだな~と感心していたら次の瞬間、の~んびり窓際に行き雑巾を手に持ちの~んびり廊下へ。
・・えっ?お前、もしや机拭きの当番だったの??自分の仕事をしないで何余計な事しとんじゃー!(怒)。ズッコケましたわ。
周りを見ると次男の班以外はみんな綺麗に雑巾で拭かれナフキンを敷いて後は配膳を待つだけ。
次男の班だけまだ拭いていないのでナフキンを敷けずに待機状態・・・そんな中、マイペース過ぎる次男が颯爽と登場して実に丁寧に1つ1つの机を拭いている・・頭が痛い。
やっと拭き終わったと思ったら今度は配られたドレッシングの小袋を眺め、何を思ったか袋を思いっきり握りしめて圧がかかった袋をジーッと見て不思議そう。やめろー!袋が破裂してドレッシングが飛び散る!(叫)。
母の言葉にならない叫びはしばらく続いたのでありました。
その後も、運ばれてきたきなこパンの匂いを嗅ぎ・・・ようやく「いただっきまーす」の号令が下されたのでありました。

なんだか長男の時とは全然違う参観でしたがまあ、次男が楽しく学校生活を送っているのだけは確認できたので良しとします。

ではまた。

【お知らせ】
コビトヤ5月分の予約を開始致しました。
まだお席ございます。皆様のご予約お待ちしております。






記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ