迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2018年11月

首が痛い!

我が家のトラブルメーカー。
それは次男。

その前に、本日のお教室は諸事情により延期となりました。
理由は昨夜三度目の三男の発熱&次男の体調不良。
今週は火曜日から本当に踏んだり蹴ったり。
事の始まりは火曜夜に三男が熱を出し水曜には次男が学校で発熱。耳も痛いという。
次男の熱はすぐに下がったけどその夜三男が再び発熱。
木曜。三男は幼稚園を欠席、熱は上がったり下がったり。でもその割にすこぶる元気。
次男は熱はないけど今度は首が痛いという。しかし食欲もあるので登校させとりあえず様子見。
金曜日。三男は快方に向かうも今度は次男が下校時間になっても帰って来ず、心配していたら担任の先生から入電。聞くと登校時には元気だったが2時間目頃からぐったりして給食も食べられない程首が痛いというのでずっと保健室に。しまいには下校時間になっても痛くて帰れないという。
そんなわけでお母さん、お迎えに来てくださいとのこと。

急いで保健室に向かうとげっそりした顔で不自然な形に首を曲げた次男を発見。
朝は元気があったので病院は下校してからで良いかと思って午後の診察予約を入れたけどやっぱり休ませた方が良かったか・・
色々な不安が頭を駆け巡るもとりあえず診察時間までは家で過ごし16時にかかりつけの小児科へ。
一通り喉や心音、そして昨日までは耳も痛いと言っていたので耳も診てもらったけどリンパも腫れてないし耳にも異常はないのでおたふくでもないよね~との事でした。
しかし少しでも先生が首を触ると痛い痛いと叫ぶ次男。
そんな次男を見て先生「寝違えたんじゃないの?(笑)」
確かに今朝、お父さんにも同じ事言われたけど最初は熱もあったし耳も痛いと言っていたのが引っかかっていた母。ただの寝違えで結論付けて良いものか疑問だったのです。
その後、喉が赤いので一応溶連菌の検査もしようかという話になり検査をするも陰性。
八方塞がりになった先生「うちじゃダメだね。前に似たような症状の子が来たけどその子はもっと酷くて骨がズレていたみたい。2日位で治ったみたいだけどあと少し来るのが遅かったら手術だったって」と恐ろしい事を言う。
結局、うちじゃ無理なので整形外科に行ってと整形外科を紹介してもらい関東労災近くのUクリニックへ。
首が痛いので振動を与えないように動かないと激痛が走る次男。
本日中に診察してもらった方がいいと先生も言うので急いで自転車を走らせるもその振動が次男の首に衝撃を与えるようで背後で「痛いー!!」と泣き叫ぶ次男。
・・・泣きたいのはこっちも一緒だよ(涙)。一体何の病気なんだろう。。こんなに痛がるなんて。

夕方のUクリニックは大混雑。
初診という事で問診票を書く母の横で不自然な姿で椅子に座る次男。目は虚ろで隈が出来てる・・
母も以前一度だけ足が痛くて整形外科を受診した事があるのですがまー、整形外科っていつ行っても混んでますよね。その殆どは年配の方で時間がかかるリハビリ。
優に2時間程待たされた後、ようやく先生に診てもらい問診の後触診、レントゲン。
結果までまた待ちます。
もう母の頭の中は良くない想像で一杯。お父さんに連絡しても今日は忙しいらしくラインが既読にならないし電話にももちろん出ない。
まさかこんなに長丁場になるとは思わなかったので家には長男と三男を残したまま。小児科に行くとしか言っていなかったので現状を連絡しようとしても自宅電話に出ない。
仕方ないので実家経由で長男に電話してもらい、いつ帰れるか分からないので三男と共に先にお風呂に入り、夕食は小遣いで最寄のコンビニで調達するよう伝えてもらいました。
何度目かの電話でようやく実家からの電話に出たらしくこちらは一安心。こういう時、長男は本当に頼りになる。救いだ。

再び診察室に呼ばれた母、席に着くなり先生が一言「うん、寝違えだね」
レントゲンと見る限り骨にも異常はないし、右肩の筋肉が緊張してるから筋肉を和らげる為に注射か電気マッサージのどっちかしようか?
と先生が言い終わらないうちに次男「電気マッサージで!!」と即答。←注射嫌い
横でヘナヘナと崩れ落ちる母。・・・あんなに心配したのにただの寝違え・・?
待合室では心配のあまりスマホで調べに調べまくった母。咽頭炎か髄膜炎、もしかしたら川崎病かも!?と「子ども 首が痛い」で検索して出てきた病気を想定して今後の対応を考えていただけにその脱力は相当なものでした。
そして安堵の後にやってきたのは怒り。お前はこんなに周りを心配させおって・・何が電気マッサージじゃあ!太い注射でもしてもらえー!!(怒)
依然、首は痛い次男でしたがマッサージ待ちの待合室では「あっ、なんかミルクフランスの匂いがする~♪僕、今日のご飯はミートソーススパゲティがいいなあ♡」と腹が減ったとうるさい。
お前は給食も食べられない程痛かったんじゃないのかー!

程なくしてリハビリ室に呼ばれて電気マッサージを受ける事に。
優しい理学療法士のお兄さんに「このスポンジ、少しひんやりするからね~」と言われ、肩に吸盤を付けてもらうなり「・・あっ♡」となまめかしい声を出す次男。「なんか気持ちいい・・♡」
馬鹿かお前はー!
その後「じゃあ電気流してみるね~。痛かったら言ってね~」とお兄さん。
「ピリピリしてきた?」「ううん♡ちょっとつねられてるみたいできーもちー♡」
お兄さん苦笑。そりゃそうだ。あれだけ大騒ぎした挙句、単なる寝違えなんだからな。
10分程の電気マッサージ。母は横で静かな怒りをたたえて待ちます。

630A20B1-0ABA-4051-96E8-E641817DC32D

その頃にはようやく母の緊急連絡に気付いたお父さん、今日の飲み会を全てキャンセルして急いで病院に駆けつけてくれました。
お父さんの目に飛び込んできたのは怒りに震える母とケロッとした次男。そして診察結果が寝違えだったという。。ドリフ並みのずっこけぶりでした(笑)。
帰り道はご機嫌でホットドリンクを飲みながら母の押す自転車に乗る次男。(痛いというので走れない)
そんな呑気な姿にムカついた母、最後にマンションに入る段差のところだけ思いっきり自転車で乗り越え衝撃を与えてやった。次男「ギャアアー!ゆっくりって言ったでしょー!」
・・知らん。
家に帰ると長男と三男が駆けつけ、結果は?と心配そう。
ただの寝違えと分かるなり「ええー!寝違えなら俺もやった事あるけど少ししたら治るのに~」と最もなご意見。
聞くと長男と三男はあの後二人でコンビニに行ってメロンパン1個とチョコパン1個を買って家で食べたらしい。自分のお小遣いを無駄遣いしてはいけないと思ったのか一人1個のパン(涙)。
泣けてくるわ・・・夕食に菓子パン1個のみなんてなんて哀れな。それもこれも次男のせいだー!
いや、寝違えって痛いけどね。しかも初めて寝違えたなら大騒ぎするのも分からなくはないが。。
母とお父さん、実家の両親、果ては友人まで巻き込んでの大騒動になった金曜の夜。
何でも無くて良かったね、笑い話になって良かったよ。とみんなに励まされながらこの一週間の幕を閉じた母でありました。
それにしても次男の妙な首傾げの姿はまるで"もののけ姫"に出てくるコダマそっくり。

7644FF1C-7658-446A-82BA-B4A86C8F0B33

皆様、どうぞ良い週末をお過ごし下さい。
ではまた。







ニルスのふしぎな旅、読了

昨夜、今度は再び三男発熱。

またか~・・・勘弁してくれ(涙)。
こうバタバタと家族が倒れていくと気持ちが挫けそう。いやいや、、こんな時こそ母がしっかりしないと。
段々気持ちが落ち込んできているのが所作にも出ているのか、昨夜は缶詰の蓋に指を思いっきり突っこんでしまい大流血。
気持ちを奮い立たせ栄養ドリンクを飲んで就寝。
夜中には38.50℃まで上がった熱も明け方には汗と共に平熱に戻った三男。しかしここでまた無理して登園させると元の木阿弥になるので本日は大事を取って幼稚園はお休み。
昨日、熱を出して学校を早退した次男はすぐに熱は下がり少々元気はないものの食欲もある。
こちらは学校も近いのでもし熱を出してもすぐに引き取りに行けるので登校させました。
そんなわけで今日の予定は全て白紙になり、月曜の勉強会に続き今日の読み比べ勉強会も欠席。
仕方ないとは言え悔しいやら情けないやら。
皆様もどうぞお気をつけ下さいませ。

さて。
そんなわけで何もする事がなくなった母、明日のお教室準備をした後は少し早いけど大掃除。
キッチンのレンジフードを掃除したり風呂場のドアパッキンに溜まったカルキ汚れを除去してストレス発散。その後は三男と共に2時間程昏々と寝て体力温存。
そうそう。
10月中旬から読み始めた「ニルスのふしぎな旅」ですが二日前にようやく下巻を読み終え、無事上下巻を読了致しました。

659AF31E-7523-4718-AC89-37D831D22012

読み始めてから1か月半。
長かった・・貸し出し期間内じゃ到底読み終えられず一度は貸し出し延長し、それでも読み終えられず返却してまた棚に戻されたのを確認して再度借りるという荒業を行使(汗)。だって予約者がいなければ一回は貸し出し延長できるけど二回は出来ないんですもの。
「ニルスのふしぎな旅」を読み終えたあとに残ったのは、ニルスが無事少年に戻れた安堵感と人間に戻ったニルスはもうガン達と大空を旅する事は出来ないんだ、、という寂しい気持ち。
小人だからこそ生き物達と会話が出来たニルス、人間に戻ってしまった今はそれぞれの道を歩まなければなりません。本の中ではガンとの別れが意外に淡々と描かれていて、それが読み手にとってはより物悲しさを誘いました。
後に訳者のあとがきで、この「ニルスのふしぎな旅」という本は元々スウェーデンの教師達が子供たちに自国の地理や歴史を楽しく学べる本が必要と考え、それを著者であるセルマ・ラーゲルレーヴに依頼したのがきっかけだそうです。
ラーゲルレーヴが掲げた「スウェーデンの地理に触れながらも、物語として子供たちが楽しめる本にしたい」という理念は素晴らしい本となって世に送り出されました。
物語ではニルスとガンとの旅の他に、スウェーデンの巨人の伝説や自然描写がふんだんに織り込まれ、読み終えた後にはいつかニルスの育ったスウェーデンを旅してみたいという憧れが芽生えました。
それは少し前に読み終えた長男も同じだったようで、いつかその夢を実現できたらと思います。
誰をも魅了するハリーポッターとは異なり、終始静かな物語なのですが旅を終えた後のニルスの心の成長は子供にとっても大人にとっても自分の中の何かを呼び覚ます、そんなまさに「ふしぎな旅」でした。

最近、友人から借りたこちらの本。
■絵本といっしょにまっすぐまっすぐ
鈴木 潤 著

9784877587505

絵本専門店「メリーゴーランド」京都店の店長である鈴木さんの絵本ナビ的エッセイです。
元々はブログで綴られていたものを書籍化したようで、幼い頃のご自身の思い出や何気ない日常を短い文でまとめ、それに関連した絵本を紹介するというスタイル。
小難しい文で絵本の紹介をするのではなくエッセイというのが肩の力を抜いて読めてとても良かったです。
その中でも母が読み聞かせの勉強会を受講していてずっと引っかかっていた違和感が、とあるページですんなり解消しました。
それはこういうものでした。
『ある時、店に来た友人が幼い頃に読んだ懐かしい本を見つけて"小さい頃、これが家にあって大人になって久しぶりに見たら私の全てがここにあってびっくりした"と言っていました。
子どもの時に本を読んでほしいと思うのは、大人になって忘れた頃にこういう瞬間がごほうびのようにやってくるから。
それはほかの誰にも分からない、自分だけの密やかな楽しみなのです』

そう、これだ。
大人になって何故か昔読んだ絵本が恋しくなるのは、幼い頃にワクワクしながら読んだあの感覚を思い出したいから。その気持ちを我が子が大人になった時にも感じて欲しいから今、子どもに本を読んでいるのかも。
鈴木さんのこの言葉はすとんと自分の中に落ちてきてじんわり広がりました。

どんな本だって良い。
子ども達には自分だけの大切な本を見つけて欲しいものです。
ではまた。











水曜日のつぶやき

昨日の夕方、三男が発熱しました。

幼稚園から帰った後、大好きなレゴ遊びをしていたのですがしばらくするとダルそうにソファにしなだれかかっていたので計ってみると37.50℃。すぐにお風呂に入れてそのまま就寝。
そしたら数時間後に帰宅した次男までもが「喉が痛い・・」と体調不良を訴えこちらはとりあえず熱は無いみたいなので風邪薬を飲ませて寝かせました。
翌朝は熱も下がり普通に起きてきたので二人共登校。
しかしお昼前に学校から電話がかかってきて「次男くん、熱が38℃あるのでお迎えに来てくださ~い」との事。
あらら・・丁度三男のお迎え直後だったのでその足で学校にお迎えに行って3人で帰宅。
38℃ある割にはおにぎりとみかんをペロリと食べ、食欲はあるみたい。その後は夕方まで昏々と寝ておりました。
喉が痛くて熱があるって事はまあ風邪ですね。
頭の痛い季節になってきました。

そういえば最近ショッキングな出来事がありました。
それはとうとう頭に白髪を見つけてしまった事(涙)。。
白髪・・・・
お父さんに「白髪があるよ~」と背後から言われ「またまた(笑)」といつもの冗談だと思っていたらブチッと抜いて見せてくれました。それは紛れもなく白髪でございました。。
昨日は眉毛にも白髪を見つけてしまいこうして若さを失っていくんだな、と一人しょんぼり。
最近良くお茶碗を割るのも老化現象なのかも。

今日は次男の事。
先日、次男がさくらんぼ計算でつまづいていると書きましたがそのさくらんぼ計算、足し算を終えて今度は引き算のさくらんぼ計算に入りました。またか・・
足し算のさくらんぼ計算でさえもまともに出来ないのに今度は引き算か!
引き算のさくらんぼ計算はこんな感じです。

61BEA0C1-6D97-4B97-9749-C024D6930C9D

17-8という問題。
まずは17を10と7、という風に「10とあといくつ?」というさくらんぼ風に分けます。
その後は10と8に着目し、10から8を引いて2。
そして2とさくらんぼの右側7を最後に足して9。これが引き算のさくらんぼ計算による解の導き方。
・・引き算なのに引いたり足したり、このさくらんぼ計算ってやつはどうしても10の括りにしたいらしい。母は甚だ疑問。
17-8=9って普通に導けば良いんじゃないの?ほらほら、、もう次男が頭抱えてるよ。
耐えがたい不毛感を感じながらも「そういう決まり事だから」となんとか納得させて一緒に解きましたがお父さんが帰宅するなり「文科省はこんなふざけた計算方法を押し付けてるのかあー!」と怒りをぶちまける母。
そしたら別にさくらんぼ計算ってのは文科省が絶対にやれと言っているわけではないらしい。その判断は学校に一任されるようなのですがまあ聞くと何処もやってるみたいですね。
無くなっちまえ!さくらんぼ計算なんて!(怒)
その後は隔日で出される算数プリントに親子で苦しみながら解く事に。
学校でも特に算数はなかなか授業内で理解することが出来ないみたいで度々先生から電話を頂いてはどうしたら次男が理解できるか等相談したり。当面は授業で解き終わらなかった問題については持ち帰って家で母が見る事になりました。
そんな次男、周りが必死に模索しているというのに今朝の国語の宿題で「歌」という漢字の左側をこんな風に書きおって・・お父さんにど突かれておりました。
いくつ可を書くつもりなんだよ!3階建てのマンションじゃあるまいし。やれやれ・・

EB4F7E5B-E428-4833-BA81-FD7675F59AA9

現在の母の頭の中は次男の事でほぼほぼ一杯。
これ以上白髪が増えませんように・・・

ではまた。



11/27の風景

お遊戯会が終わって気が緩んだのか暗雲の立ち込める我が家。
喉が痛い人間がいたり咳込む人間がいたり。

そんな本日は週明け最初のお教室でした。
お越し頂いたのはご新規様含む3名様。
メニューは

・和栗のパイ包み
・ウィークエンドシトロン
・洋梨とクランベリーのクランブルケーキ

です。

まずは和栗のパイ包みから。
このお菓子はシーズン中に1回ご選択頂ければ良い位の不人気メニューなのですが今回は既に2回目。
それだけ栗好きさんが多いという事でしょうか。お教室では比較的時短で出来る練りパイレシピにしておりますがそれでも時間一杯かかる手間のかかるお菓子です。
まずは事前に用意しておいたベース生地を使って折り込みから始めます。
寒くなってくるとパイ生地の扱いが楽で助かります。じわじわと伸ばしていったらパタンパタンと折り込んで冷蔵庫へ。その間にアーモンドクリームを作って準備を着々と進めていきます。
焼きあがる頃にはデザートタイム。最後にアイシングをかけたら完成です。
楽な練りパイといえどもきちんとパイの層は出来るので贅沢な気分を味わえますよ~。
沢山出来たので長く楽しんで下さいね。

DSC_6332

お次はウィークエンドシトロン。
こちらのお客様は初めてさん。しかも来年のお正月には3人目のお子様をご出産予定の妊婦さん!
それを聞くなり「ようこそ3人目の世界へ!」と仲間が増えたとばかりに大喜びの母。
現在は2人の女の子のお母さん、今度生まれてくる赤ちゃんは男の子なんですって。
しばらくは目の回るような忙しさですが楽しさも3倍。
三人の子育て、是非楽しんで下さいね。
今日はママが食べたいというウィークエンドシトロンをお作り頂きました。
爽やかな香りのレモン色のケーキ。今日も美味しそうに焼きあがりました。

DSC_6327

最後は洋梨とクランベリーのクランブルケーキです。
お教室には1年ぶりというこちらのお客様、今日はお仕事をお休みしてのご来店でした。
有給休暇は主に子供の行事にばかり使ってしまって他にはあまり使わないとお客さま、そんな大切なお休みを母のお教室でお使い頂き嬉しいやら申し訳ないやら。
「でもそれが私のリフレッシュなんです」と言って下さるとやってて良かったな~としみじみ思うのです。
今日はクランブルを習いに来たと言っても過言ではないとお客様。
いつもは事前に用意しておいたクランブルを使って作業し、クランブルの作り方は口頭説明のみなのですが(簡単すぎるので)今日はケーキをオーブンに入れている間にデモンストレーションをご覧頂きました。
そしたら以前同じ洋梨のクランブルケーキをご選択頂いたお客さまがいらっしゃり、作業の工程を客観的に見る事が出来て良い復習になったみたいです。
お教室ではちゃんとできてもいざお家で復習する時に「あれ?この作業ってどんな感じだったっけ?」と疑問に思われる事が良くあるそうなのでもし疑問がございましたら次回ご来店時でもいつでも結構ですのでお気軽にご相談下さい~。
そんなこんなでクランブルケーキ、無事焼き上がりました。この素朴な見た目の内側には洋梨とクランベリーがたっぷり入っていますよ~。

DSC_6322

さて。
皆様のお菓子がひと段落したのでお昼です。
グラタン月間も今日入れて2回を残すのみ。後半、家族には文句を言われっぱなしの母でしたがこれでようやく終わる~
本日のランチは・・

・塩豚とサツマイモのセージ風味グラタン
・パン・ド・ミ
・トマトとベーコンのコンソメスープ
・カブと生ハムのフレンチマリネ
・モンブランパフェ 

です。

DSC_6314

DSC_6305

DSC_6315

DSC_6308

DSC_6319

今朝もグラタンの下準備をしながら頭は来月のランチの事。
例年12月はトマトクリームシチューとイチゴのパフェを作っている気がしたけど今年も同じにするか別にするかで悩み中。でもとりあえずグラタンは作りたくない(汗)。
グラタンは年明けの2月とかにまた別なメニューにしてお出しする予定です。
お教室で人気の里芋と豚肉のグラタン、まだ出してないし。
まだ検討中ですが12月ご来店予定のお客さまはどうぞお楽しみに~。
今回のサラダはジジイ畑のカブを使ってさっぱりとしたマリネを作りました。
ジジイ畑では現在根菜類や菜っ葉が最盛期。先日も山程もらったので葉物はすぐに茹でてかさを減らし、キャベツなどは鍋にしたり餃子にしたり。その点根菜類は常温保存できるので助かります。
じゃないと冷蔵庫がパンクする。

今日はお子様の保育園事情などで大盛り上がりのお客さま方。
最近では土地が無くなりガード下にどんどん保育園を建てている中原区ですがそれでも入れない子が沢山いるみたいです。来年春には新しく小学校も開校するけど、あと20年もしたらゴーストタウンになるんじゃないだろうか・・と一抹の不安を隠せない母でございます。
まあでも小杉は利便性の良い場所だからそうはならないのかな。
何にせよ急激な人口増加に色々戸惑いを隠せません。10年前はまさかこんな風景になるとは思いもしませんでした。

さてさて、そろそろ三男のお迎え時間が迫ってきたのでお開きです。
今日は午後から陽射しも射し込み温かい一日になりましたね。
ママの作ったお菓子で素敵なおやつにしてください。
またのご来店お待ちしております。

それではまた。


クリスマスの準備着々と

まずはお礼から。

コビトヤ12月の予約に際しましては沢山のお問合せを頂き誠にありがとうございました。
12月は通常よりも開催日数が少なく、お席にお入り頂けなかったお客様には本当に心苦しい限りでございます。大変申し訳ございまぜん。
キャンセル待ち等、随時受け付けておりますのでご希望の方はメールにてお問合せ下さい。

月曜日。
本日はお遊戯会の振替でお休みの三男。本当は勉強会があった母ですが昨日から体調が芳しくないのと三男がいるのとで本日は欠席。
静かな月曜日でございます。
おやつには実母特製の甘酒を飲んだり。

BlogPaint

昨日はジジイ畑の人参を使ってたっぷりミートソースを仕込んでおいたので夕食の準備も楽。
そうだ、もうすぐ12月だというのにアドベントカレンダーを作っていなかった。
今年は色々後手に回っている気がする・・
そんなわけで本日はアドベントカレンダーを作ることに。
材料は去年のアドベントカレンダー作りで使わなかったクラフト紙。
それを半分に切って糊で貼り付け袋状に。
せっせと作業する母の頭上でフクスケが「出せー出せー!」と絶叫していたので出したらフクスケめ、このクラフト紙はワシのもんじゃとばかりに母の手を攻撃。
・・・早々にお帰り願いました(怒)。

A7D29F3C-02C2-4A9B-BB2E-4DCBE79B657B

なんとか25袋糊付けした後はハンコ押し。
数年前にLoquatさんの掘り出しモノ市で買った矢原さんのハンコ達。とっても可愛いのに信じられない位のお値打ち品でまさに掘り出しモノ。
そんなハンコ達は毎年このアドベントカレンダー作りに彩を添えてくれます。
去年は羊さんのハンコだったかな。今年は鳥さんにしてみました。

A2B94378-BACD-4049-A422-4ECE5A06BCF7

吹き出しハンコは市販品。ここに日付を書いていきますよ~
うーん。封筒作りの内職みたいだ。目と肩が疲れる。

24939677-4C09-4686-A4DF-CE9582815EF2

インクが無事乾いたら昨日カルディで買っておいたクリスマスチョコを詰めていきます。
我が家は三兄弟なので1袋につき3個。多めに買ったつもりだけど足りるかしら・・
足りなかったからってジャッキーカルパス入れちゃダメよね・・?(←家にある小袋状の物がカルパスしかなかった)
カルパス好きの次男は喜びそうだが。
この時期のカルディはアドベントカレンダーも可愛いのが沢山揃ってるしクリスマス用のお菓子も実に様々な種類があって見てるだけでも楽しいですね。
去年までは1袋に違う種類のお菓子を3つ入れていたのですがこっちが良かっただのと喧嘩が勃発したので今年からはみんな同じ。
その代わり日替わりで違うお菓子を楽しめるようにしました。気苦労が絶えん・・

13F8B049-55F6-4A04-B68A-D8B0159EB5CC

詰め終わったところ。

B94FD5A0-4269-4C74-A449-580F6A0943C2

さてさて。
一息ついている母の元にリビングでレゴ遊びに勤しんでいた三男が「何してるの~」と登場。母の長時間不在を不審に思ったらしい。
それからは自分もお手伝いするんだと張り切る三男、壁にピン留めする母に袋とピンを手渡す係を仰せつかって一生懸命お手伝いしてくれました。
三男「はい!つぎはこれね!」
母「う~い」

C5FAA897-6C0B-4C76-890B-B5049A9777DA

大した完成度ではありませんが今年も何とかアドベントカレンダーが出来上がりました。

EEF260E1-DD0F-400A-8693-108D65BABF9A

帰宅した長男次男が喜んだのは言うまでもありません。
12月になったら朝のお楽しみが増えるね。

ではまた。


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ