迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2018年12月

2018最後のご挨拶&次男の入院(11日目)

大晦日。

今年も今日で終わりかと思うと不思議な気持ち。
2018年は次男の小学校入学、三男の幼稚園入園と新たな門出の多い一年でした。
そして沢山の笑顔に包まれ今年も無事終えられるね・・と思った矢先の次男の入院(汗)。
最後の最後まで気を抜いてはいけないよという神様の思し召しなのかもしれません。
でもまあ、今回の件では色々学ぶ事も多かったので結果オーライという事にしておきましょう。

今日は午前中に母一人で面会に行き、お昼過ぎにお父さんと年越し蕎麦を食べに。
多分人生初かも、外で食べる年越し蕎麦。例年実家で作ってもらったのを食べてたからな~。
お蕎麦屋さんは一年で今日が一番の繁忙期。馴染みのお蕎麦屋さんで美味しく頂きました。

4757AA9E-D9AC-41E4-AF7C-E74B21C793F0

食べ終わってからは二人で駅前に行って夕食の買い出し。
大晦日の夕食だけは持ち込み良いですよ~と許可が下りたので次男の食べたい物を沢山買いこもう。
次男のリクエストは
・唐揚げ
・フライドポテト
・ロース
・梅おにぎり
・シュークリーム

でした。
・・・ロースってロース肉?トンカツって事か?何にせよ肉の部位で言われたの初めてだわ(笑)。
大晦日のグランツリーは大賑わいでした。
お父さんは寿司が食べたいというので美登里で寿司を買いあとは東急スクエアで唐揚げとおにぎり諸々を買い込んで病院へ。

9AF34C2F-266D-447F-A64D-455283D0BF26

大晦日の病棟は整形外科はガラガラでしたが小児病棟は退院が叶わなかった子供たちがチラホラ。
母達と同様、家族で過ごしているらしき声が廊下に響いておりました。
ご馳走を前に「オッホホ~♡」と喜ぶ次男。
本来なら実家でもっと豪勢なものが食べられたはずなのに、、許せ。
当の本人は別に気にしていないようですが。唐揚げをほおばる人。

BlogPaint

デザートはシュークリームもあったけどこちらの可愛いケーキをご選択。
来年の干支であるイノシシさんのケーキをガブリ!

BlogPaint

食後は3人でテレビなどを見て過ごし、21時前に次男が寝たのを確認して帰路へ。
夫婦でこの一年を振り返りながらてくてく歩いて帰ったのでありました。
あと数時間で2018年も終わり。
今年も家族や友人、そして沢山の方に支えられて無事終える事が出来ました。
また来年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆様も良いお年を!(↓悪ふざけでカラーを巻いてみた母)

BlogPaint


次男の入院(10日目)

年の瀬ですね。

例年の今頃は母子4人帰省しているのでこの時期にまだ家にいるのが不思議な感じ。
これから帰省と思われる大きな荷物を抱えた家族連れが駅に向かう姿を見ると「あ~嬉しそう」と微笑ましく思ったり。実家が遠方にある人は特にこの年末の帰省は楽しみなのでしょう。
母は実家が比較的近くなので年末だからといって特別ワクワクはしないのですが、帰省先のスーパーで年末の食材買いをしに行くと「ああ今年もまた年末がやってきた」と思うのです。
今日も面会前に生協に行ったら店内のほぼ半分のスペースが蒲鉾、伊達巻、田作り、餅とお正月用品で溢れておりました。
この忙しない感じが結構好きです。

さて、次男の入院も10日目。
ここらが折り返し地点だと思いたい。
午前中~お昼過ぎまではお父さんが病院に行ってくれていたので母は夕方から。準夜勤でございます。
病室に着くとこんな感じでした。
・・そして誰もいなくなった(笑)ガラ~ン。

905D50F7-AEE7-4C3B-BB58-AAF3E7C2253C

最後の心の友であるお兄ちゃんも今日の午前中に退院したらしく4人部屋に次男一人。
なんという贅沢な使い方。もはやカーテンを引く理由もなく開けっ広げ状態。
母の顔を見ると「お兄ちゃんにハロもらっちゃった~」と次男。ハロ?
聞くと母達の知らないところでこちらのお兄ちゃんとも仲良くなっていたらしく工作をしたりと実は色々次男を可愛がってくれていたらしい。装具をつけているが為になかなか思うように動けない次男を気遣いわざわざ次男のベッド脇まで来て遊んでくれたそうな。知らんかった・・
いつも彼女とばかりイチャイチャしてるのかと思っていたが実は仲良しだったのね。
そして退院の時にハロ(ガンダムに出てくるキャラ)のプラモデルをプレゼントしてくれたようです。

BlogPaint

傍にいたお父さんによるとお兄ちゃんのお迎えにはご両親が来てくれたようで「これから帰省するんです~」と沢山のリンゴと共に味噌カツ味のおっとっとをくれました。実家は愛知らしい。

AC834D31-BA97-4526-AF2A-A13944185119

鶴はお兄ちゃんが作ってくれたもの、ガムテープでぐるぐる巻きになっているのは一緒に作ったらしい。ハロはお兄ちゃんが去ったあとお父さんと作ったみたい。

09231C80-BB9A-45BE-A548-10E6319AB8A6

ま~、何にしてもみんなに優しくしてもらえて良かったね。家族の中で唯一次男だけが持っている特技だわ。この人懐こさ。

お風呂から上がって夕食までの空いた時間はお勉強タイム。
おそらく次男の本当の辛さは退院してからだと思うので今のうちから勉強のリハビリもやっておかないと。この寝たきり生活で次男の体力はかなり落ちているはず。朝から15時頃までの小学校生活はしばらく辛いと思うのよね。
「え~・・」と嫌そうな顔をしながらも渋々プリントに取り組む次男。

BlogPaint

その後夕食が届けられたので、駄目元承知で大晦日と元旦の付き添い寝を希望してみたのですが「今は病室に他の患者さんいないけどいつ急患が入ってくるか分からないからダメですね~」と敢え無く撃沈。
しかし泊りはダメだけど遅い時間まで病室に残るのは良いと言われ、更に特別に欠食(病院食を止める事)も許されたので大晦日の夜はご馳走を持ち込んで3人で紅白でも観ながら過ごす事にしました。
これで少しは次男の寂しさも軽減できると良いな。
夕食の後は歯磨きをし、すぐに寝入ってしまいました。
また明日。

【本日の読み聞かせ絵本】

8540872B-56CF-40E8-96F1-62939B048C2E

■くんちゃんのはじめてのがっこう
ドロシー・マリノ:作
まさき るりこ:訳

くまのくんちゃんシリーズ。
明るくてへこたれないくんちゃん、今回ははじめてのがっこうです。
沢山あるくんちゃんシリーズの中から次男にはどれが良いかなと思った時に丁度一年生にあがるくんちゃんのお話があったのでそちらに決めました。
はじめてのがっこう。学校の入口でさよならね、というおかあさんにくんちゃんは寂しさを覚えます。
教室の中を見るとくんちゃんよりも勉強が出来そうな大きな子ばかり。
「次に先生に当てられたらどうしよう。。ぼくは字がかけないよ」と椅子に座りながらどんどん小さくなるくんちゃん。とうとう教室を飛び出してしまいます。
でもこっそり窓から覗いてみると先生はとっても優しく教えてくれていました。
学校ってどんなところだろう?楽しいところかな?
そんなくんちゃんの不安と期待の入り混じる気持ちを一緒に体感できるようなお話です。
一文の長さも短くてテンポ良く進むので読み手にとっても読みやすい本です。

■おにたのぼうし
あまんきみこ:作
いわさき ちひろ:絵

こちらは教科書にも出てくる有名なお話。
母はEテレで昔見た事があって話自体は知っていたのですが、おにたの「おにだって良い鬼と悪い鬼がいるのにな・・」という言葉がとても印象に残り今回借りてみる事に。
季節は節分、雪が降っています。
小さな黒鬼のこどもは次に住む家を探していました。名をおにたと言います。おにたは心優しい鬼でした。
まわりは豆まきの声と柊の葉で一杯。鬼は近づく事が出来ません。
そんな時、一軒だけ柊の葉を飾っていない家がありました。中からは古びた洗面器を抱えた女の子が一人出てきました。女の子に気付かれないように家の中に忍び込んだおにたは女の子のお母さんが病気な事を知ります。
女の子はご飯も食べずにお母さんの看病をしています。ご飯を食べたのか心配するお母さんに「大丈夫、今日は節分だから残ったあかごはんとひすい豆を頂いたから」と微笑む女の子。
しかしおにたが台所に行くとカラカラに乾いた洗い場。ご飯の気配などありません。女の子はお母さんを心配させまいとそんな嘘をついていたのでした。
そこでおにたは頭の角を麦わら帽子で隠して女の子にあかごはんとひすい豆を届けます。
喜ぶ女の子。
しかし「わたしも豆まきをしたい。豆まきをしないとおにが来てお母さんの病気が治らないかもしれない」という女の子の言葉におにたは一人悲しみます。
悲しみのあまり消えたおにたでしたが最後に麦わら帽子一杯の豆を残して。。
傷つきながらもおにたの女の子への優しさに溢れたお話です。


次男の入院(9日目)

今年は出来ないかと思ったけどやりました、ワックスがけ。

FCAB13CA-0749-4178-9876-796B693AB91C

「今年のワックスがけは次男が退院してからゆっくりやる?」と言う母にお父さん
「いや、後になると嫌になるから今年中にやろうよ」とまさかの年内宣言(汗)マジっすか・・
さすがの母も年内のワックスがけは無いかな(疲れるから)と思っていただけに奮起を捻りだすのに少々時間を要しました。
しかしやると決まったからにはやる!何せこのワックスがけは家具という家具を全部移動して行うので疲れるけど達成感たるや相当なもの。
昨日からの日本列島を襲っている大寒波。
晴れて乾燥しているのはワックスがけする身にとっては有難い事ですが寒いのは堪えます。。指先が割れる(涙)
まずは家具を移動して掃除機をかけ、その後は天井から順に雑巾がけ。壁紙に飛び散った食べ物汚れや手垢などをふき取った後は床の雑巾がけ。
最後にお父さんが一気にワックスをかけ、母はこれまた這いつくばって塗り残しがないか確認。毎年恒例の連携プレーでございます。
全て終わったのはお昼過ぎ。朝8時から始めたので5時間程かかりましたかね、今年も頑張りました。
これで家の中の汚れと共に悪い者も出ていってくれ~!

14時過ぎにお父さんが病院へ、母も遅れて16時頃病院へ。
年末年始は不急の手術&入院は受け入れないそうで病棟はガラガラ・・隣ももう一個隣の病室も今朝にみんな退院したみたいで誠に静か。
次男の病室も最後のお兄ちゃんを残し二人きり。4人部屋に2人だと看護師さんの出入りも少なくなるのでなんだかちょっぴり寂しい。
それでも次男は新たに向かいのお兄ちゃんと仲良くなったみたいで午前中はお兄ちゃんと折り紙したんだ~、ワッフルももらっちゃった~と嬉し気でした。
こちらのお兄ちゃんは陸上部っぽい。毎日彼女がお見舞いに来てくれているみたいでカーテン越しに仲睦まじげな様子が伺えます。次男には「お姉ちゃんが来てカーテンが閉まってる時は声かけちゃダメだよ!」と言い聞かせているのですが守ってるのかどうだか。。
二人きりの時間を邪魔してはいけない。

夕食はお肉でした。
もはや楽しみが食事かテレビか本位しかない次男でございます。

BlogPaint

ふりかけ解禁は次男にとって食事を楽しむ救世主となったようです。
ご飯の蓋にふりかけをまず入れてっと・・
それにおにぎりをチョンチョンとつけてふりかけをディップの様にして使うのが次男流(笑)。

24D5636F-F187-4D31-B6AC-FE43B3D87DCC

夜、また明日来るねと言うと廊下まで出てお見送りしてくれた次男。
特に何をするでもないけど母とお父さんの面会を楽しみに待ってくれているんだな。と思うと健気でそして可哀そうに思うのでありました。
早く急患でも運ばれてこないかな・・・緊急手術とか(←不謹慎 笑)。
次男の笑顔の為にもこの病室がまた賑やかになる事を願う母達なのでありました。
今日は疲れたので夕食は駅前で外食。

3F4AD507-DC21-460F-BEE5-18D411340B06

知人も呼んで夫婦ともに一年の憂さ晴らしをしたのでありました。
今夜はゆっくり寝よう。

ではまた。

【本日の三男】
長男が合流して若干、自分への注意が薄れたのを実感している三男。
それでもコロ助はいつも一緒。コロ助の顔が若干疲弊している気がするのは気のせいか・・?

BlogPaint

長男はやる事をやったら夜更かしも許されているそうで大好きなドキュメンタリー系の番組を熱心に観ているみたい。
この、人間に顔を埋めるのが大好きなんだってコロ助。

BlogPaint

ではまた。



次男の入院(8日目)

今日が仕事納めという所が多いのでしょうか。

我が家のお父さんも午前で仕事納めだったので午後からは留守番をお願いして母一人病院へ。
と、その前に友人宅へ寄ってパワーチャージ。定期的に赤子を抱っこしておかないとエネルギー切れしちゃうからね~。
美味しいコーヒーを3杯も淹れてもらってカフェインも満タン!

012B36AB-E0EC-41B2-B276-CB63066515D0

日に日に大きくなるな~。可愛い可愛い。

BlogPaint

病院に着くと次男はお昼寝中でした。
あらあら、ヨダレを垂らしてまあ。。と荷物を置こうとふと机の上を見るとなにやら紙が。

BlogPaint

そうか、お兄ちゃん今日退院だったっけ。
最後に挨拶しようとしたら次男が寝てたのでお手紙を残してくれたようです。
何気なく手に取って読むと不覚にも涙が・・(泣)。
『〇ちゃんへ
にゅういんちゅう なかよくしてくれてありがとう。
げんきいっぱいの〇ちゃんにふれあえてたのしかったよ。
これからもせんせいとかんごしさんのいうことをよくきいて、くびのけがをはやくなおしてね。
そしておとうさんおかあさん、にいにい、〇ちゃんのいるおうちにかえろうね。
〇ちゃんがはやくなおるようにおにいちゃんもおうえんしてるからね。
おにいちゃんより』

添えられたラグビーボールは多分友人か誰かに頼んで持ってきてもらったのでしょう。
だってこんなぬいぐるみ持って入院する人いないから(笑)。
短い期間だったけど次男にとってこのお兄ちゃんとの出会いは大切な思い出になったはず。
ああ、本当に素敵なお兄ちゃんだった。早く彼女が出来て幸せになって欲しい・・(涙)。
母が感動している傍らでグーグーいびきをかきながら寝る次男。。たまにボリボリ尻を掻いている。。

BlogPaint

しばらくすると起きた次男「お兄ちゃんは?」
退院した事を伝えると「最後に会いたかったな・・」と寂しそうに呟いていましたがそこは次男。
今度はターゲットを向かいのお兄ちゃんに定めてふりかけを持って「お兄ちゃんあげる~♡」とふりかけ外交を図っておりました。
入院して8日目。
病棟の他の看護師さんにも名前を覚えられ、担当看護師じゃない人とも仲良くなっていて母の知らないところで次男の交友関係は広がっているようです。
なんかそのうち女子病室にまで行きそうな予感(汗)。
この子の持って生まれた特性なんだろうな~。得する子だわ。

夕食の時間にはお父さんと交代し、母は長男をスイミングからピックアップしてそのまま実家へ送り届けて本日のお仕事終了。
それにしても今日は寒かった~。

それではまた。

次男の入院(7日目)

虹ちゃん、鏡の向こうに可愛い子ちゃんを発見。

8B84DCFA-FB2A-4220-8B98-61295DF10F24

鳥籠掃除をしていた際、たまたま降りたったところが鏡の前でしばし見惚れておりました。
それが己の姿だとは知らず(笑)。
オバQみたいな顔しおって・・・可愛い奴め。

さて。
入院生活も1週間が過ぎ、この生活にも少しずつ慣れて参りました。
看護する側が倒れては大変なので食事と睡眠に加えて毎日のパブロン&栄養ドリンクは欠かせないのですがこれが原因か口の中が荒れてきた。舌に口内炎一歩手前らしき違和感が数個。
チョコラBBも追加で飲まないとダメかしら。もはや薬中。
今日の午前中はクリスマス飾りをしまったり電話台の下の棚の掃除をしたりとちょこちょことした掃除で終わりました。あとは長男とお散歩がてら生協まで買い出しに行った位。
そうそう、昨日ふりかけの持ち込み許可がでたので早速買いました。
おとなのふりかけとごはんですよ。ごはんですよ、は最初瓶にしようと思ったのですが次男の事だから瓶で渡したら1食でかなりの量を使いそうなので小袋タイプを購入。便利なものがあるもんだ。
「おっほっほ~♡」と大喜び。早速お兄ちゃんに報告しに行っておりました。

95262EFB-DA75-437B-BC18-946021B167DD

お昼を食べた後は病院へ。
病室に行くと次男はおやつタイムでした。
ふと目の前のベッドを見ると若者が数人。どうやら新たに病室入りした患者さんのお見舞いらしい。
カーテン越しに会話が聞こえてくるので暇な母、ついつい耳を傾けてしまいます。
会話から推測するに大学生っぽい。そして「またすぐ走れるよ~」と励ましているあたりからして陸上部なのかな。
ふんふんと聞いていると次男が「そういえば今日、目の前のお兄ちゃんからゼリーもらった~」
・・・また新たなコネクションを作ったのか(汗)お礼をしに行くと見舞いでもらったゼリーが多過ぎたのでくれたらしい。
おやつタイムが終わると再び装具をつけられDVDタイム。テレビカードの消費が早いなあ。他にすることがないので仕方がないんだけど(本も寝たまましか読めないので長時間はしんどいらしい)。この1週間で既に3枚目。

そうそう。
そういえば昨日ようやくこども医療センターから受診の連絡が来たのですがなんと一番早い受診で1/9。待たなくて本当に良かった・・いや、こども医療センターは何も悪くないのですがやっぱり病院選びって重要なんだと今回の件ではつくづく痛感しました。
今思うと関東労災に入院出来たのは結果的に良かった。なにしろこども医療センターは六ツ川にあるので毎日面会に通うだけでもかなり大変。かたや労災は自転車で5分なのでこの差は大きい。
行きつくまでに3週間という時間を要してしまったけれど、今は安心して次男を任せられるのでその点での心配は無くなりました。もうUクリニックには二度と行かないけどね!

夕方、担当医の回診があり経過を説明してもらいました。
今朝、再びレントゲンを撮ってみたけどどうやら首の骨は入院時から全く変わっていないそうな。
「次男くんって元々首が傾いてたりしませんよね?」と先生。それはないですと答える母に「ですよね~(笑)」
その後先生の話によるとやはり3週間は入院する必要があるそうで、それでも治らない場合は今よりももっと直接的に牽引する方法で(頭にリングをはめて固定してから牽引する)治療するそうです。
しかしその方法は次男位の年齢の子にやった事がないんだよね~、それに今よりも格段に辛いし。。なんとか今の牽引で戻ると良いんだけど、と先生。
母的にはそんな辛い方法ならいっそ手術の方が良いのでは?と思ったのですが首の手術となるとリスクも高いのでそう簡単には出来ないのでしょう。
その後もなんとなく次男の傍らにいてくれた先生。
いつもはすごく忙しいはずなのにたまたま暇だったのかな。
関東労災の整形外科の先生ってすごく多いですよね~、と1Fにある医師一覧表を見た事を伝えると「そうなんですよ~スポーツ整形も含めると30人位いますからね~」と先生。
そういえば知人の旦那さんがここの整形外科で働いていたって聞いたんですがご存知でしたか?と尋ねると「知ってますよ~〇先生ね!〇先生は背骨専門の先生でね~」と思わぬところで繋がりが(笑)。
そういえば知人も「旦那が殆ど家に帰ってこなくて~」とぼやいていたっけ。整形外科の先生って本当多忙なんですね。お医者さん全般に言える事ですが。

「じゃあまた来ますね~」と先生が去ってからも病室は賑やか。今度はラグビーお兄ちゃんの方から楽し気な声が聞こえる。耳をそばだてる母。。
何やら看護師さんと仲良さ気に話している・・「結婚されてるんですか?」と聞いてるあたり探りを入れているのか?
看護師さんもまんざらでもないようでなんだか良い雰囲気。39歳中年女、既に忘れてしまった甘酸っぱい気持ちを疑似体験(笑)。
「じゃあ詳しい話はまた後で」と日勤を終えた看護師さん。どうやら合コンでもするっぽい。
気になるよね~♡(←次男がDVD観てるのでする事がない)

夕食では次男「お兄ちゃん見て見て~」と再びふりかけを自慢しに行く。
そういえば今日退院って聞いていたけど延びたのかな、と母もついでにお邪魔してみると明日に決まったらしい。
じゃあ今夜でお会いするのは最後ですね、と母。
最後なのでお兄ちゃんと写真を撮らせてもらうことに。

BlogPaint

聞けば某会社の社会人ラグビー部だというお兄ちゃん。
「普段は営業やってるんですけどね~」そうかそうか、この人当りの良さ。確かに営業職がピッタリ!
会社名も聞けたのでいつか試合に出る事があったら是非応援したい。
このお兄ちゃんのおかげで次男がどれほど笑顔になれたか。感謝してもしきれない程です。

明日には退院のお兄ちゃん。
今度は外で会おうな!と笑顔で次男を抱きしめてくれました。
またいつか会える日まで。

【本日の読み聞かせ絵本】
夜のお当番がお父さんだったので次男への読み聞かせは無し。
代わりに珍しく長男が読んで~と本を持ってきたので読みました。

0C9C6429-5AFA-4B9E-B17C-81C5DCDFA720

■うりひめとあまんじゃく
稲田 和子:再話
小西 英子:絵

日本の昔話では有名なお話。
うりから生まれたうり姫、大層器量良しでお殿様からのお輿入れが決まりみなが喜びました。
そんな時、おじいさんおばあさんがお祝いのご飯を作ろうと山にむかごを捕りに行っている間、あまんじゃくがやってきました。
頼むからこの戸をあけておくれ、いやいやおばあさんに決して開けてはならぬと言われている。
ではこの爪だけ入るだけ戸をあけておくれ。・・では爪だけなら。
爪が指になり、指が手になり。とうとう戸をあけたあまんじゃくはうり姫をかっさらい、柿の木にくくりつけてしまいます。
うり姫の着物を着て化けたあまんじゃくは巧みにおじいさんたちを欺きます。
あまんじゃくはそのまま化けた姿でお城への籠に乗ります。しかしカラスによってあまんじゃくの悪事がばれてしまい無事うり姫は助け出されます。

物語の冒頭で「おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へ洗濯に」というくだりでは長男「桃太郎みたい!」
更に川から瓜が流れてくるあたりでも「桃じゃないの??」と突っ込みが入ります。
冒頭部分は桃太郎とかなり似通うところがある『うりひめとあまんじゃく』
しかしうりひめが戸を隔ててあまんじゃくと交渉するあたりではドキドキし出し「ダメダメー!開けちゃだめ!」と小心者の長男らしい。聞き手のドキドキ感を煽るような抑揚をつけて読むと良いみたいです。
最後はあまんじゃくがこらしめられるのですが、このやり方が両足を牛と馬にくくりつけられて片方は山に、片方は川に向かって走るという物であまんじゃくは二つに裂けて死ぬという子供に読むにはちょっと衝撃的過ぎるかなあという印象でした。
物語の締めくくりは
「片方の体は萱山に飛び、もう片方は蕎麦畑に飛んで行った。それで萱の根元と蕎麦の根元はあまんじゃくの血に染まって赤くなったんだと」
萱は知らないけど蕎麦の根元は確かに赤い。それはこんな言い伝えがあるんだな~と妙に感心したりもしました。
文面も昔語りらしい書きかたで小気味よく全体的にとっても良いです。
この最後の部分を残酷ととるか昔話なので多少残酷な書き方があっても子供は案外気にしていないという風にとるかは読み手に委ねられるのかな。
母は小学生に上がっているなら読んでも大丈夫かな、という印象でした。


記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ