迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

2019年08月

パンに振り回された土曜日。

土曜日。

今日は特に予定がない我が家。のんびりしております。
明け方まで書斎に籠っていたお父さんは朝食を食べたら再びベッドで寝ちゃったし、残された子供達は母につきまといストレス限界値。そうだ、家を出よう(叫)。
もう赤子でもないのでこういう時は家を出るに限ります。寝てるとはいってもお父さんがいるわけだし問題無し。
再びあきあかり(梨)を買おうと鹿島園に行くも「今年の梨は今日で終わっちゃったの~」と無念な結果に終わり仕方ないので新城まで行って花を買って帰りました。リビングに飾ってるリースがかなり退色してきたので心機一転新しいリースを作る予定。
家に帰ると玄関まで子供達が押し寄せ、それでも束の間のお一人様時間のおかげで大分気分が楽になった母。さて、これから何をしようか?
すると長男が「俺、最近何も作ってないから何か作りたい」と料理をしたいと申し出てきました。
・・料理ねえ。ならば夕食でも作ってもらおうか。
冷凍庫を見ると以前作ったジジイ畑のトマトソースがあったのでこれでミートソースを作ろう。そういえば昨日ポストに入ってた何かの冊子に茄子のチーズ焼き的なレシピがあったからこれを参考にしよう。茄子とポテトでボリューム満点!決まり!

D01EAA52-9000-4EDC-AF47-4C91A084C072

まずは長男に玉ねぎと人参、セロリのみじん切りをしてもらいます。実母からもらったフードプロセッサー、大活躍。人間は皮剥きだけしてあとは機械がやってくれます。
「コツは入れ過ぎない事よ~」「は~い」
言われた事は忠実に守る男、それが長男。

BlogPaint

野菜の準備が整ったらオリーブオイルで炒め、合挽肉を入れて更に炒めます。
あとは秘伝のトマトソースを入れればすぐに味が整い完成~。トマトソースを作る際はあらかじめ基本の味をつけておくとその後の作業が楽になります。

E279B9E6-037C-4484-AEC7-BC129B11FE4C

お味はどうでしょうか?
長男「うん、美味しい!」

4C3683D7-8410-4CFF-BFCD-B434B0246838

ミートソースが出来たらお次は茄子とじゃがいもの処理。
茄子は薄切りにして油で軽く炒めて取り出します。人参の固さに閉口していた長男、茄子の柔らかさに「切りやす~い」と満面の笑み。

BlogPaint

絶対にフライパンの縁に手が触れないようにする男、それが長男。
過去に経験した火傷から得た教訓のようです。

27FC028B-0605-4A0B-A971-78371FF828F0

ジャガイモは折角なので蒸す事に。蒸し器を見るとジャがバターが食べたい!と申すので少し多めに蒸しました。長男と三男の芋好きは母に似たようです。
しっとり蒸しあがったジャガイモは厚めにスライスしてこれで準備万端!
あとはパンのみ。

654BA917-77E4-4BB4-A201-85483442C6F6

さあ、ここからは母の出番です。
パン焼き復習35作目はリュスティック。
この為にわざわざパンに合う茄子のチーズ焼きなんぞを長男に作ってもらったのよ(笑)。如何に自分が楽をして子供を楽しませるか。今回は成功。
リュスティックはハード系のパンなんですかね?(←もちろん一度も復習してない)
レシピ工程を見ながらいつもの作り方とかなり違う事にまず戸惑います。しかし既に計量してしまったのでやるしかない。
ボウルにぬるま湯を入れてイースト、モルトパウダー(ハチミツで代用)、塩を入れて泡立て器で混ぜます。

AA538CF8-7F0E-4A2B-AA33-E6AFCF9202EB

しっかり混ざったら色の濃い粉の順から全粒粉、準強力粉を入れてしっかり混ぜます。
特に手で捏ねたりはせずそのままボウルに入れた状態でしばし発酵させます。ドロドロだけどこれで本当に合っているのか・・・?不安。

B2C6A42F-C9DC-46C7-AFC3-7F66C6DE7CF4

工程表によると常温でボウルの6割位にまで膨らめば冷蔵庫に入れ、その後8割位まで発酵を進めるみたいだけど常温30分でまだ4割位(汗)ドキドキ・・
50分かかってようやく6割程度まで膨らんだので冷蔵庫へ。この調子で夕食までに焼きあがるかな。
あー!自分の書いたメモが一体何を意味してるのかさっぱり分からない!(泣)あの時の自分、何してたんだー!
しかし冷蔵庫の中の生地、待てど暮らせどなかなか8割まで膨らまない。常温で6割方発酵させた後は冷蔵庫で発酵と書いてあるのにおかしいなあ。もう一つの方法は冷蔵庫で一晩(12時間)かけて発酵させるみたいだけどそれやってたら今晩の夕食に間に合わないし。
というわけで急遽、常温で発酵を続けることに。・・それでもじわじわゆっくりの発酵速度。
結局、夕方お父さんと駅前に買いものに行って帰ってきてようやく8割まで膨らみました。時間は19時(汗)。
こんな感じに表面から泡がプクプクしてるのが目安みたいですよ。

16D87900-0370-408C-8417-361F2E3423DC

横から見るとこんな感じ。ボウルの8割程に膨らんでいるのがお分かりでしょうか。

07D62A43-B28B-4EBD-A75E-E49C7EDD8F51

さて、ここからが時間との勝負。
ヒダをつけたパンマットを傍らに用意し、まずはボウルから生地を取り出します。・・柔らかっ!ドロドロに近い位の柔らかさ。
それをカードでまとめて25㎝四方に伸ばしていきます。泡を潰さないように優しく。

12A89868-1E63-4A58-9459-30BC9CDA0E6C

適宜打ち粉をしながら今度はパタンパタンと折っていき、最終的には4つに分割します。
それを1つずつパンマットのヒダの間にゆっくり乗せて最終発酵。生地が柔らかいよ~(涙)。

E982C712-33F5-4A5A-A987-807ECC5D32AD

その間にオーブンの予熱をします。レシピを見るとオーブンの最高温度で予熱しろと書いてあるので「ええー!」と驚きながらも300℃に設定。我が家のオーブンはスチームをかけると300℃までしか上がらないのです。300℃、ドキドキ・・・
予熱が終わったら生地に霧吹きをかけていざ焼きますよ~。

E47AC1FF-AFDA-4801-9574-B03CE47E2435

15時から生地作りを初めて5時間半。。
ようやく焼き上がりました。長かったよ~・・・クープが開いてないのなんてもはやどうでも良い。無事焼きあがってくれた事がなにより。
後に当時の自分のブログ(リュスティックを習った時)を見たら、あらかじめ先生が一晩発酵させておいた物を使っていました。そりゃそうか。こんな時間かかるパン、お教室で最初から最後まで出来るわけないか。

A5F3E92F-FE7A-46B3-9FEF-9C675D5B92C3

012CC81C-9692-480D-AE89-70DD358D90F6

その後、グラタンも無事焼き上がり21時にようやく夕食を食べ始めたのでありました。21時夕食って・・。ちなみにグラタンはめっちゃ美味しかったけどパンは大人以外は殆ど手をつけませんでした。
柔らかいパンを好む子供達にはちょいと苦手だったようです。

2C7B7518-7E33-4C91-8429-C398B9A753FB

生地は粉の味がしっかりしてとても美味しかったのですが焼き上がりまでこんなに時間がかかるのはさすがに普段焼きは無理だな・・・と再認識したのでありました。リュスティックはお店で買いましょう。
朝からキッチンに立ちっぱなしで足が棒になりました。
明日こそはゆっくりしよう。
ではまた。

【本日の読み聞かせ絵本】

29025B91-3D3D-4BE9-85D6-8077C4AF1C05
 
■カロリーヌうみへいく
ピエール・プロブスト:作
山下 明生:訳

『「さあ みんな、すっごい ニュースよ。
あしたから、うみへいくのよ!」と、カロリーヌが いいました。
「うみべに、すてきな べっそうを みつけたのよ。
さいこうの なつやすみに なるわ!」
カロリーヌとゆかいな8ひきの たのしい なつやすみの まくあけです。』

カロリーヌシリーズ第2弾のテーマは海。
みんなで海辺の別荘に行きます。ビーチで使うパラソルやビールボールを買いに街中に行った一行は大騒ぎ。お店の空気マットに寝そべっているのは誰?網を振り回しているのは?
カロリーヌの本は内容に忠実に絵が描かれているので、挿絵の中にすぐ答えを見つける事が出来ます。こうした工夫は字が読めない子でも楽しめて良いですね。
ちなみにこの『カロリーヌうみへいく』ですが、読むのは母自身も初めてかと思ったら「ほっきょくへいく」同様昔読んでいたみたい。途中、見覚えのある挿絵が出てきて気付きました。親がこのシリーズを好んで買っていたんですね。
さて、この『うみへいく』ではビーチのみならず砂浜遊びや海の中、そして磯遊びのシーンと海での楽しみ方が沢山出てきます。絵本らしい大げさな表記もありますがいつの時代もこの8ひきのドタバタ劇は愛されるみたい。
8ひきもいるので誰か一人はきっとお気に入りが見つかるはず。
ちなみに幼い頃の母はこげちゃのユピーが好きでした。
夏の読み聞かせにお勧めです。










受け継がれる物たち

次男が九九を習得しました。

夏休みも中盤に差し掛かってから始めた九九。
毎日、朝晩とカード片手に番人(母)の前で直立不動して暗唱する事半月。
一進三退位のペースで進んでは戻るを繰り返し、ようやく・・ようやくどの段もスラスラ言えるようになりました。
面白いのがやはり苦手な段と得意な段がある事。
特に6と7の段が苦手のようで、命ぜられると「6の段!?きたー!(恐)」と悶え苦しみ、得意な5の段がくると「イエーイ!それ得意~♪」と狂喜乱舞し誠に分かりやすい(笑)。
今回、九九をやって分かった事は夜は軽めにする事。何故なら夜は一日の終わりで疲れて集中力も切れやすく、なかなか頭に入っていきません。それをしつこくやっても無駄だという事が今回の件で痛感しました。
最初は夜も真面目にやっていたのがあまりにも連続して間違えるので「もう今日はやめい!」と母の方が匙を投げたのです。そしたら翌朝同じ段を言わせたらびっくりする程すんなり言えた。
・・昨夜の地獄絵図は一体なんだったんだ?という感じ。
知識は夜に吸収されるというのが実証された出来事でございました。
ちなみに次男、九九を覚えたと思ったら今度は3桁の引き算を忘れていました・・隣に10貸したのになんで百の位をそのまま下してるんじゃい!と母の怒号が止む事はありません。
やれやれ・・・

パン焼き復習34作目はパン・オ・レザン。
レーズン系のパンは残すところ2種だというのに今回のパン・オ・レザンで自家製ラムレーズンが尽きた(涙)。あと1種類の為にまたラムレーズンを作るのか。。憂鬱。
パン・オ・レザンはバターと卵がたっぷり入ったリッチな生地にアーモンドクリームとレーズンを巻き込んだパンです。
生地を捏ねた後、うっかり過去のレーズン系のパンの様にレーズンを混ぜ込みそうになって慌てて生地から引き揚げました。危ない危ない・・
一次発酵の後は分割せずに横長に伸ばしていきます。

1FAF8FA6-6581-43B9-9E7E-1D2D7884FD87

その後は合間に作っておいたアーモンドクリームを塗り広げ、ラムレーズンも散らします。

4291145A-D1EB-4290-A0E0-0D2DBF79D9E6

具材を乗せたら手前からクルクルと海苔巻き様に巻いていきます。
その後はスケッパーで12等分。これがなかなか難しかった。
クリームとレーズンが切る毎に溢れ、3つずつにまとめる頃には悲惨な有様に。

E92E0034-2484-4060-BCBF-0B72CDFDABD7

それでもなんとか天板に乗せてみました。
常温じゃなくて冷やしたアーモンドクリームにしたら切る時少しは楽だったのかな~(クリームが緩いから流出が酷くなった)。あと切るのはスケッパーじゃなくてナイフの方が良かったかも。

C4314D17-A9C5-42F0-865A-8BE4C7FCC18F

二次発酵は軽め。
溶き卵とスライスアーモンドを乗せたらオーブンへ。

A883141A-E0D6-42B5-9D23-879F22EC5EC9

焼く前からくっついてるんだから焼き上がりは当然こうなります。
みんな仲良しぴったんこ~(涙)。

D1C7637C-69F9-49D1-A4A6-8C28DA6BB74D

10AD3EF6-B501-4AAB-959D-E0619D170127

味はとっても美味しかったのですが形が残念な結果に。もう割り切って3つまとまりにしないでベーキングカップに1個ずつ入れて焼いた方がストレスフリーで良いかも。
リースパンに続きパン・オ・レザンも再度やり直し候補に挙がりました。
何でもお教室でやった時みたいにはいきませんね。勉強勉強。
明日は何焼こうかな。
ではまた。

【本日のお勧め本】

 52361958-7F0D-4466-AA95-EB9D9D41E2A1

■動物のお医者さん
佐々木 倫子:作

乱読する男、それが長男。
現在、実家から持ってきた兄の蔵書「ファーブル昆虫記」を読んでいる長男ですが、ハリーポッターのようなドキドキワクワクする内容ではないのでやや気が散りがち。しかしファーブル昆虫記もすごく面白いらしく、雄のハチのトホホぶりを教えてくれたりして母子感で楽しく共有しております。

先日、そんな長男が書斎の本棚を物色しておりまし。
「右側の書棚はママの本が入ってるけど読みたいのがあったら読んでも良いよ~」と声掛けすると「漫画があるけどこれママの?」と1冊の漫画を持ってきました。
その漫画というのが「動物のお医者さん」。
ハスキーブームを巻き起こした有名な漫画ですね。著者の佐々木さん的にはこのブームは不本意だろうけど、その当時は周りにチョビが沢山いたっけ。
母が漫画を持っていた事に余程衝撃を受けたらしく「本当にママの?ママって漫画読むの?」と執拗に聞いてくる長男。どうやら長男にとっての母は漫画を読まないイメージらしい。
いやいやバリバリ読みますがな。
とはいっても子供の頃は漫画は頭が悪くなるという考えの両親の下で育ったので、漫画を読める環境にはなかった母、実際読み始めたのは中学に入ってから。クラス内で漫画の貸し借りが流行ったのでそれ以来漫画とは切っても切れない関係でした。
全盛期はそれこそ沢山持っていたのですが独り立ちを機にかなり処分。
それでも手元に残しておきたいものだけ実家に置かせてもらっていて、その後結婚の時に全部こちらに持ってきた次第です。動物のお医者さんもその中の1冊。
最初はちょっとした好奇心から読み出しだ長男、すぐに隣の部屋から高笑いが。
まだ1巻の第3話だというのにこのウケよう。動物のお医者さんは文字も多いしどちらかというとシュールな笑いが主な漫画だと思うんだけどどこが小4のハートに刺さったんだろう。
そしたら漆原教授とおばあさん、そしてネズミ嫌いの二階堂がツボにはまったらしい(笑)。
あと直近では菱沼さん。シュールだ。。
早速、この面白さをクラスメイトと共有せんと翌日お友達に話したらしいのですが当然知る人はおらず(当たり前だ)。しょんぼりして帰ってきました。
なのでまたもや共有できるのは母(とお父さんも少し)で、毎日のように「ねーねー、運動会のところ見た?ヒヨちゃんに蹴られる二階堂のところ見た?超面白いんだけど~」とにわやに動物のお医者さんネタで盛り上がる我が家でありました。
動物好きな長男だからこそ、この漫画の面白さがあるようです。
だったらもう捨てちゃったけど同著の「おたんこナース」も捨てなきゃよかったなと今更ですが後悔。

小学4年。
確かに漫画に目覚める歳かもしれません。
母はアンチ漫画派ではないので本の良さも忘れず、大いに漫画も楽しんで欲しいと思う今日この頃でした。
でも、母の蔵書で長男好みなのは動物のお医者さん以外には「ブラックジャック」「らんま1/2」「今日から俺は!」位ですかね。
他にも「キャンディキャンディ」や「薔薇のために」「海よりも深く」などどっぷり少女の世界に浸る漫画もあるのですがこちらは見向きもされなさそう。
お父さんの蔵書は暗いバイオレンス的な物ばかりなので三男位しか好まなさそうだし・・
なんにしても、自分達が若い頃読んだ漫画を我が子が読む日が来るなんて感慨深いですね。

やっと明日は土曜日ですね。
素敵な週末をお過ごし下さい。

【お知らせ】
9月のコビトヤ残席状況です、ご希望の方はご連絡ください。
・9/13(金)1席






子供と歩くという事。

この夏ハマったもの。
『かき氷バーいちご』

D355C66E-1A02-4012-A9A2-4FED36753378

記憶にある限りではかなり古くからあるこちら。
これまでもスーパーで何度も目にはしていたけれど箱アイスは冷凍庫内で幅を取るので敬遠していました。買うのはいつも割高なバラ売りのアイスばかり。
しかしこの暑さで頻繁にアイスを欲するようになった三兄弟に毎回バラ売りアイスを与えるのはコスト高と気付きました。そんな時たまたまお父さんが買ってきたこのかき氷バーを食べて衝撃。
・・旨い。何というかリッチさは全くないけど懐かしい屋台のかき氷がそのままアイスバーになった感じ。そして暑すぎるとクリーム系のアイスは全く受け付けないけどこれなら食べた後もなんだかさっぱり。良い!
7本入って158円(確か)。これはお得~我が家みたいな家族にはうってつけ。
敬遠していた幅を取る件も箱から出してバラで入れれば問題無し。
子供に好き嫌いがある場合は一種類のみの箱買いはあまり得策とは言えませんが、イチゴのかき氷です。殆ど好き嫌いはないとみて良いんじゃないかな。他に抹茶とレモン味を見た事があるのでラインナップもそこそこあるみたい。
今日は生協で″中止予定商品″のタグがついていたのでこの在庫を売り切ったら来年の夏までお目にかかれなさそう。
この夏、みなさんのハマッたアイスはどんな物でしたか?

今日は夏休み明け最初の読み聞かせ当番でした。
ついでに次男の夏休みの宿題(木工教室で作った椅子)の運搬も。
作ってから気付いたのですが、夏休みの宿題は本人が自分で持っていけるサイズにした方が良いですね・・今回、それを全く考えずに作ってしまったので重さもサイズも規格外になってしまい結局親の出番が増え反省しきり。ま、読み聞かせ当番のついでに持っていけたので結果オーライだけど。
教室に入ると「誰のお母さん?」と子供達がわらわらと寄ってきて、みんな口々に自分の作った作品を紹介してくれました。私も見て、ボクはこんなの作ったんだよ~と本当に可愛い。
この子の作品はお母さんがレジン加工が得意なんだろうなとか、夏休みに行った旅行先で体験したソーセージ作りを写真やフェルトを使って可愛らしく仕上げたんだな~と2年生ながら工夫が凝らされていて感心しながら見ました。
読み聞かせに入った4年生のクラスでも夏休みの楽しかった出来事を聞くとみんな口々に遊びに行った先の事を話してくれ、朝の数十分間の時間でみなぎるパワーをもらった感じ。
子供のパワーは素晴らしい。元気が出た。
そう感じた朝の出来事でした。

昨日の事。
水道橋からの帰り、小杉の駅前スーパーで少々買い物をして帰路についた母と三男。
雨が結構降っていたので互いに傘をさして歩いていました。母は片手にスーパー袋、片手に傘。
三男は自身の傘を差しながら進行方向に縦並びで歩いていました。
いつもは子供を道の内側にして横並びで歩く母ですが、昨日は雨が降っているのに加えて傘を持っている三男の歩みが遅いので先に母が歩き、その後ろを三男がついてきていました。途中後方を確認しながら三男が道の真ん中を歩いていないかどうか、配慮はしていました。
あと400m程で家に着くという細い裏道を歩いている時でした。車は殆どない通り。
すると後方から突然「危ないよー!危ない!」という男性の声がしたので慌てて後ろを振り向くと、数分前まで母の真後ろにいたはずの三男が反対側を歩いていました。傍らには片手に傘を差しながら自転車を走らせるおじいさん。
慌てて三男の名を呼んだ母でしたがこれがいけなかった。
自転車が危ないという事と母に呼ばれたことで反対側にいた三男が道を横切り母の元に来ようとしたのです。おじいさん、不意打ちでブレーキ、のちバランスを崩して(傘を持ちながらの片手運転なのでバランスが悪い)少しよろめきました。
するとそこで火がついたのか「こんな小さな子供を一人で歩かせるな」「親がどうしてちゃんと見てないんだ。ちゃんと手を繋げよボケ」だの「これだから最近の若い母親は」と罵詈雑言の嵐。
当然、悪いのはこちらなので平謝り。ごめんなさい、すみません、気を付けます。何十回言ったかな。
それでもおじいさんの怒りは収まりません。文面にできないような罵声を浴びせ、母の背後にいた三男は固まっていました。もう、土下座でもしないと許してもらえないかもという剣幕でした。
どうしよう、雨だし周りには誰もいない。これ以上おじいさんの怒りが収まらなくて暴力振るわれそうになったら大声出して助けてもらうしかないな。
そんなことをぼんやり考えていました。
不幸中の幸いだったのは疲れていたので元気が出ずこちらも売り言葉に買い言葉的な感情にならなかったこと。
とにかく早く終わらせて家に帰りたい一心でした。それに下手に相手を刺激して三男に危害があったらそれこそ後悔してもしきれない。ここは穏便に済ますべき。口は禍の元と申します。
多分、時間的には10分もなかったと思うんだけど長かった・・・。どんなに罵っても平謝りしかしない母に次第に怒りも収まってきたのかおじいさんはその後、捨て台詞を吐きながら去っていきました。
「・・帰ろうか」「うん」
「ママが買い物しなければ手を繋げたね」「うん」
「・・これからはちゃんと手を繋ごうね」「うん」
「おじいさんこわかったね」「うん・・」
しばらく静かな親子の会話が続きました。他人にあそこまで罵倒されたのは母もだけど三男はもちろん初めての事。相当怖かったんだと思います。
その後、家についてすぐに風呂に入りさっぱりしたのかすぐにいつもの三男に戻りましたが、今回の件は母の行動ひとつで起こらなかった出来事なので反省すべき。
子供を守れるのは親しかいない、という事を身をもって体験した出来事でありました。
母ですか?
別に今回の事で凹んではおりませんのでご心配なく。最近謝り慣れちゃってそういう意味でのプライドはもはやないので謝るのなんて屁でもありません。
「ま、いっか!」ですね(笑)。
皆さんもどうぞお気を付け下さい。

パン焼き復習33作目はソフトファンデュ。
俗にハイジの白パン、おしりパンと呼ばれているやつです。特徴は何と言っても真っ白な見た目と深い割れ目。この白さは天板を上に被せて焼く事によって生み出されます。
使う粉は準強力粉。副材料としては定番の数種に加え、スキムミルクなど。
先生のレシピではたまに牛乳じゃなくて水とスキムミルクの組み合わせがあるのですが、作りながら「水にスキムミルクを混ぜたら脂肪分は低いけど牛乳みたいになるんじゃないの?わざわざスキムミルクにする理由って何なんだろう」と思う事があります。きちんと理由があると思うので今度聞いてみよう。スキムミルクはメーカーによってボウルにそのまま粉と共に入れると水分を入れた際混ざりにくくダマになる事があるので要注意。母はいつも分量の水を少し温めたところにスキムミルクを入れて溶かしてから使います。ちなみに先生は「粉とスキムミルクを混ぜ合わせるとダマになりにくいよ~」と言っていました。ご参考まで。
一次発酵の後は8分割。

DCFDEF35-B5F8-4232-BF09-488165F3CA6A

10分間のベンチタイムの後は再度丸め直して、打ち粉をしっかりした麺棒で生地の真ん中あたりを強く押し、ギリギリ繋がっている風にします。
この後20分の二次発酵。

42216258-0816-4A43-BCAE-7480EEB9C798

ふっくら膨らんだところで仕上げの強力粉を振ってオーブンへ。低温&天板被せで真っ白お肌を目指しますよ~

BE3A136C-4DCA-4695-BE10-1628CD93AEBC

焼き上がりました。

FBB4D7B8-7A47-45F7-A6E9-47206A33020C

ふっくら色白さんに焼き上がりました。上出来~♪

DD208EA6-6B4C-4D7A-80C3-CDEA7B0BD20C

今宵は塩豚のクリームシチューを仕込んだので子供達と一緒に食べたいと思います。
塩豚があるといつものシチューもなんとなくグレードアップするのでお勧め。
ではまた。

【本日の読み聞かせ絵本】

 9A3A768B-61CC-429B-B8A3-15C35AA3BD80

■ま、いっか!
サトシン:作
ドーリー:絵

『なんでも「ま、いっか!」とえがおでやり過ごしてしまうテキトーさん。
今朝も、あれあれ?めをさましたら かいしゃは、とっくに はじまっている じかん。
「たいへんだ!じかんのセットをまちがえたみたいだぞ」
でも、テキトーさんは、こう おもいました・・・
「ま、いっか!」
でも、ちこくするのは しかたないとして かいしゃには ちゃんといかないとな。
そういって みじたくを するも ネクタイのむすびめが へんてこりん。
でも くびに ちゃんとまいているのには かわりありません。
「ま、いっか!」
いぬのごはんに キャットフードをあげても「ま、いっか!」
やっと 家をでたと おもったら いそぐわけでもなく のんびり はなをみながら あるきます。
「いそいではしって いったって ゆっくり あるいて いったって ちこくはちこくだもんね」
かいしゃへいく バスを のりまちがえても「ま、いっか!」
いつもと ちがうけしきを みられるし かいしゃにいくつもりだったのに うみがみられて なんてラッキーなんだろう。
ついには バスに カバンをおきわすれてしまいます。
それでも「ま、いっか!」
あるいて あるいて 夜もとっぷりくれたころ ようやく かいしゃにたどりついたテキトーさん。
そこにまっていたのは・・』

図書館の棚でお父さんが「これ、次男に良いんじゃない?」と勧めてきたこちらの本。
絵本らしからぬ脱力系の題名&挿絵に「えー・・」と思いながらもパラパラめくると、意外と奥が深い内容に借りる事にしました。
著者のサトシンさんは広告代理店、専業主夫、コピーライターを経て絵本作家になったという経歴の持ち主。挿絵のドーリーさんとコンビを組んでこれまでも数々の絵本を生み出しています。
まずこの絵本。半開きの目で空笑いをしているテキトーさんに目が釘付け。
大の大人なのに寝坊し、一瞬慌てるも「ま、いっか!」
最初から聞き手、ズコーッ。
その後も立て続けに起こるテキトーさんのテキトーぶりに子供達は総突っ込み。
「犬にキャットフードあげたらダメじゃん!・・でも美味しいのかなあ?」
「バス乗り間違えてるよ!って海行ってるしー!泳いでるしー!」と絵本の中のテキトーさんを軌道修正せんと必死に呼びかけます。
でも、次第にテキトーさんのテキトーぶりが羨ましくなってきます。
寝坊してバスを乗り間違えなければこんな綺麗な海は見られなかったという事に。
砂浜で蹴躓いて服が濡れなければこうして楽しく泳ぐ事もなかったという事に。
子供の頃はあんなに自由だったのに大人になったらなんて時間や規則に縛られた生活をしていたんだろう。毎日あれやれこれやれと指示され、分刻みで生活を強いられている子供だってテキトーさんののびやかな姿は羨ましく映ったに違いありません。
多分、テキトーさんはそんなに深く考えているわけではないんだと思います。
自分の気持ちに素直に、流されるままに抗う事なく。多くの人が憧れる生き方ですがなかなか現実世界では難しい。
そしてこのテキトーさんは確かに次男と重なる部分がある事に気付いた母。
「ま、いっか!」じゃダメなんだよと常日頃言い聞かせている母ですが、この本を読み終えた後は「ま、いっか!」というポジティブな考え方こそが必要なのかなと思い直させてくれました。

題名以上に良い本だと思います。
子供には楽しい本、大人にはちょっぴり立ち止まって考える時間をくれる、そんな本です。
読み聞かせは低学年が適しています。

【お知らせ】
9月のコビトヤ残席状況です、ご希望の方はご連絡ください。
・9/13(金)1席




騎士竜戦隊リュウソウジャーショーを観る!、の巻

夏休みが終わったと思ったら早くも秋雨でしょうか。
不安定なお天気が続きますね。

今日は以前から計画していた三男とデートの日。
ここ最近の三男の良い子っぷりを評価して母からのご褒美であります。
向かうは東京ドームシティ“シアターGROSSO“で開催されている『騎士竜戦隊リュウソウジャーショー』
場所は数年前に長男と次男を連れてニンニンジャーショーを観に来たところであります(その時の引率はお父さん)。

409989A6-C898-4F1B-B249-CB3A1C999199

以前来た時は確か長男が年長の時。兄弟で仲良く手足口病にかかって危うく幼稚園のお泊り保育に行けないかもという緊迫した状況でした。そんな中「チケット予約したし長男も楽しみにしてるし・・まだ熱下がってないけど連れて行ってあげたい」とお父さんの一言により水道橋まで車で行ってショーを見たら速攻帰るという荒業を成し遂げたという過去が。
その点、今回は大丈夫。有り余る元気の三男、健康そのもの。
水道橋って意外と小杉からアクセス良いんですね。目黒線に三田線直通のがあるので乗り換え無しで40分程で着きました。片道2時間を予定していたので早く着きすぎて暇を持て余すかも。。。
と思いきや、現地に着くと何やら行列。最後尾に立っていた係員のプラカードを見ると撮影会&握手会の列はこちらと書いてある。これかお父さんが言っていたのは。
「ショーの後は握手会と撮影会にも参加してきてね」確かお父さんはそう言っていたはず。
・・この列に並ぶの~?面倒臭い~。
でもまあここまで来たらやるしかない。しばし列に並び無事整理券ゲット。握手会550円、撮影会1050円也。
その後、開場までまだ時間があったので先にお土産を買う事に。
吟味してますがお前の土産は無いぞ。
ここでは三兄弟用にリュウソウジャーゼリーやらキャンディーやらを購入。

9130F226-912B-4662-BB07-65CF2DE9B156

シアターGROSSOの廊下には今まで放映された戦隊シリーズのポスターがずらり。
圧巻でした。懐かしいものあり全く知らないものあり。

EC16BFFB-B4E0-4741-B426-3A8BD541815B

程なくして開場時間。
ゲート前に着くと何やら周りにも人だかりが。あれ?この周りにいる人たちはショーを観ないの?
と思ったら開場時間になるとリュウソウレッド自らお出迎えしてくれるようなのです。知らなかった・・・なのでショーを見ずとも一応レンジャーの写真は撮れるみたい。
テーマ曲が流れ「待たせたな!」と颯爽と現れるリュウソウレッド。
今まで一度もテレビを見た事のない母、思わず感極まる(涙)。不意打ちでつい・・
三男に握手しておいで!とけしかけるも係員によってほんの一瞬も立ち止まらせてもらえず手を繋いだ写真撮れず。ま、あとで握手会で撮れるからいいか。

D7F72DBB-ED67-4D43-8594-B6B6F6416811

会場内は思ったよりも広かったです。そして予約した席がステージにかなり近くてびっくりした。
これは迫力ありそうだわ~。センターエリア11列目でこれなので1列目だと前過ぎてかえって見にくいかも。

BlogPaint

A6EC5703-FB8B-41BC-B2F8-34AAA55EC08F

ショーは30分程でしょうか。度々起こる暗転に号泣する子あり、悪役のゲヘヘヘ・・・という邪悪な笑い声に悲痛な声が響き渡ったり。あとはレンジャーが不利な状況になると「がんばれー!リュウソウジャーをいじめないでー!」的な可愛い声援も飛んだりして和みます。
三男も、お姉さんの「みんなー!リュウソウジャーに力を貸してあげて!せーのでリュウソウジャーって言うよー!いいー!?」という掛け声に声の限りを尽くした声援を送っておりました。可愛い奴め。
母はレンジャー達の計算し尽くされたパフォーマンスに舌を巻くばかり。効果音とセリフ、そしてアクションが見事に一致する様は一見の価値ありです。舞台装置も想像以上に本格的だったので戦隊物がお好きなお子さんにはお勧め。チケットも一人1,600円とお手頃だし劇団四季とかに比べたらなんて良心的。
ちなみに母は身体能力がすごいリュウソウグリーンばかりに目がいっておりました。キレッキレ。
ああ、でもレンジャー達が客席全体を使って演技するので首がまだ痛いのに振り向いたりして地味に辛かったなあ・・(涙)まだまだ回復途上の身故。

ショーの後はすぐに握手会。
再び登場したレンジャー達に可愛い声援が飛びます。

4BB7C63B-24D1-4D56-9704-27B2B076BDAB

握手会に申し込んだ人はアルファベット毎にグループ分けされ、母達は第一陣目のA。
握手会はとにかく止まっちゃだめ、と猛スピードで進みます。親の撮影はOKですがこれまた通路で止まっての撮影はダメなので誰かが止まって撮影したりすると我が子はどんどんレンジャー達と握手を交わし進み「ああー!止まって~待って~!」となります。実際、母も前のお母さんが止まりまくるおかげでポジショニングが悪くこんな姿しか撮れませんでした。
これが唯一マシな写真かな。リュウソウブラック?と。
感心するのがこの手の仕事をしてる人達は子供の夢を壊さぬよう一挙一動、ヒーローになりきっている事。握手一つにしても両手でしっかりと相手の手を包み込み、心がこもっていてそこに感動しました。マスク被ってるし声も出せないからね、仕草で子供達に気持ちを伝えないといけないので、そこらへんすごく努力してるんだろうなー。

DSC_0589

と思ったらまだ三男が名残惜しそうにしてるのに次の子に目線を移すリュウソウゴールドがいたり(笑)。手は三男とハイタッチしてるのに顔が、顔が・・次の子に行ってるよ!ちょっとウケる。

DSC_0601

母イチ押しのリュウソウグリーン。
こちらは三男の方がつれない。お前、もっとレンジャー達に敬意を払いなさい。

DSC_0594

握手会が終わるとそのまますぐに撮影会。
撮影会はリュウソウレッド一人とのツーショット写真になります。これは以前長男次男が行ったニンニンジャーの時も同じだったので慣例なのでしょう。
こちらは最初に払った1,050円の中に台紙付きの写真が1枚ついています。別に個人で写真を撮っても可。
撮って良いって言われたら撮るよね~

BlogPaint

写真はすぐ横で現像され手渡されます。
何が良かったって長男次男の時と違って三男が満面の笑みだった事。折角本物に会いに来てるんだからツーショット写真撮るなら笑わないとね!長男次男の時なんて顔がこわばってましたもん。

BlogPaint

一通り終わったので開場を後にして隣にあるフードコートでお昼に。
ラーメンが良いと申すので母の選択権は無くラーメン屋。

F231A986-2EB9-4ED8-A4A9-618F6269F718

BlogPaint

その後は寄り道せずに直帰。行きは通勤ラッシュに巻き込まれて、こんな時間に子連れで目黒線になんか乗るんじゃないなと思いましたが帰りの平和な車内では心地よいけだるさと共にうとうと、しばしの午睡を愉しんだのでありました。

帰宅してからも興奮冷めやらぬ三男は買ってもらった塗り絵にせっせと色をしたためたりして今日の余韻にたっぷり浸っていたようです。
母は帰路の思わぬトラブルに精魂尽き果てた体でしたがまあ、今日は三男の日。
本人が楽しんでくれたのならそれ以上の事はありません。
ではまた。
◼︎長男&次男編(2015 ニンニンジャーショー)
http://blog.livedoor.jp/koaji1117/archives/5073263.html

【余談】
今日は疲れたのでノルマをクリアする為だけにチョココロネ(先日のクリームがまだあるので楽)。32作目です。
一次発酵を終えた生地を6分割。オバケコロネでは5分割でしたがノーマルコロネは6分割。

A8B235E9-F4C7-4F11-8849-910B8D70B1F7

ベンチタイムの後、コッペパン状に成型しそこから徐々に紐状に伸ばしていきます。

8654A1CB-9161-4F8C-BB2C-8314A497EC00

あとはコルネ型に巻き付ければ完了。

D6DC8473-FF8F-4856-BEEE-ED2D5A000867

二次発酵を終えた頃にはこのように少しふんわり。
仕上げに溶き卵を塗ったらオーブンで焼きます。

1DE849C8-768C-4323-9D8D-86EEAD9F29D1

焼き上がり。

30CA17D1-913B-4B7E-A9CD-73F81A623074

F2EA923B-2E43-4DEA-A40D-80FE70603C4E

子供の頃、チョココロネってどうやって作ってるんだろう?チョコクリームを芯にしてパン生地をクルクル巻いてるのかな?(そんなわけない)と不思議で仕方ありませんでしたがこうして作ると仕組みが良く分かりますね。
昔の母は今の子供達。
コルネ型にパン生地を巻き付ける母の姿を見て「コロネってそうやって作ってるんだ~」と感心する子供達なのでした。その新鮮な気持ちを大事にしておくれ。

9A39433B-F413-4600-82AE-DC6744791869

明日の朝ご飯は子供達の大好きなチョココロネになる予定です。

【お知らせ】
9月のコビトヤ残席状況です、ご希望の方はご連絡ください。
・9/13(金)1席


ビックな味覚″あきあかり″

先日、美味しい梨を買いました。
銘を″あきあかり″と申します。

EBDAD6B8-A8A8-451A-970A-D44CC6A8B7B3

EC2A1E53-63D0-4569-A6FC-16648901531A

先週、新城にメダカを買いに行った際に通りかかった梨の直売所「鹿島園」
以前からそこが梨農家だというのは知ってはいたのですが実際買った事はなかったので「じゃあメダカを買った帰りに梨でも買おうかな~」と呑気に帰りに寄ったら売り切れてた(汗)。
行きに通りかかった時には確かに4個程入った大袋が1袋あったのに・・・あれが最後の1袋だったのか。
がっくりと肩を落とす母を見たおばちゃん「これならあるよ~」と奥から出してきたのがこのあきあかりでした。聞くとスーパーには出回っていないこの農園一押しの品種なんだとか。
それにしても驚くのが大きさ。幸水や豊水に比べると一回りは大きいんじゃないか?という位のビックサイズ。比較として雷鳥の里を置いてみましたがいまいち分かりづらい・・(汗)。
買う気があると踏んだのかおばちゃん2個置いて「600円ね」。
てっきり2個で600円かと思ったらなんと1個600円!高っ!
その時点では美味しさの保証がされていなかったので2個買う勇気が出ず1個だけ買って帰宅しました。
そしたらこのあきあかり、美味しいの。
大きいから味もぼんやりしてるかなと思いきや、包丁を入れた瞬間、果汁がブシャッと溢れる溢れる。まさに梨汁ブシャーですよ。果肉は硬すぎず良い感じ。甘さも十分。
これは美味しい。調べると8月下旬~出回る品種らしいので見かけたら是非。
大きいので1個でかなり満足感ありますよ。
我が家の男子たちはみな梨好きなのであと1回位買えると良いな。

パン焼き復習31作目は野菜スティック。
昨日のオバケコロネと比べるとびっくりする位楽チン~♪
無塩の野菜ジュースを練りこむこちらのパン、野菜ジュースが無かったのでトマトジュースで代用。
発酵前はこんな感じ。

B210D085-723E-40B1-9857-315ADCE67028

一次発酵後。一回り大きくなります。

C6B961BB-52AB-4E40-88E6-CC9F649C7376

レシピを見ると最終的に16本のスティック状のパンが出来るようなので16回も分割しないといけないのかと思ったら横に広げた生地をランダムに16等分するみたい。これはラフな感じで有難い。
広げた生地に霧吹きを吹き、粉チーズや岩塩を好みで振ります。

0D3A5432-6F40-409E-B384-BDC1EC124322

その後、スケッパーで16個の棒状に切り分けます。
野菜スティックは小さな子が手に持って食べられるというのをコンセプトに作られているのでこんな形状なんですね。黒コショウをガリガリ振ったりしてお酒のお伴にもできます。

DA04D607-1A01-41F6-8143-BD4793B87590

天板に16本を並べるのが意外と大変だった(汗)。なんとか並べた図。

D815DA3A-D984-4B1B-AE4E-CD1223855239

二次発酵は10分程度と軽め。
焼成時間も10分ちょっと、あっという間に焼きあがります。

FC92623C-59DC-4259-A03B-54334EB891AD

2316E011-C06A-4F64-B718-56F950B10341

見た目発酵前と大きな違いがないように思いますが、食べた食感はカリカリではなくフワッモチッ。
思ったよりもトマトジュース的な香りはありませんでしたが野菜嫌いの子供に食べさせるなら丁度良いのかも。大人ならトマトジュースと共に乾燥バジルなんかを混ぜ込んでおつまみパンにしても美味しそうだなと思いました。
今回、かぼちゃのポタージュと共に朝食に出したのですがお腹も膨れるしテーブル周りも綺麗で何かとストレスの多い朝食にはうってつけ。
簡単なのでこれからちょいちょい登場しそうです。
ではまた。

【本日の読み聞かせ絵本】 

C835EDC6-0E3B-4DC0-9616-9896ACF87129

■ぬまばばさまのさけづくり
イブ・スパング・オルセン:作&絵
きむら ゆりこ:訳

『ぬまちを あるいたことが ありますか。
まなつの かぜのないよる、じめんや すいめんから、しろいもやが たちのぼってくることがあります。
もやは、きや くさむらのあいだを ダンスでもしているように、ゆらゆら ただよい ひろがっていきます。
そんなよる、デンマークのひとたちは こういいます。
「ほら、ごらん。ぬまばばさまが おさけを つくっているんだよ」って。
それでは、ぬまばばさまの おはなしを きいてください。』

著者は『つきのぼうや』で有名なイブ・スパング・オルセン。
最近、予約本が間に合わず棚から借りているのですがこの本も″な行″の付近を重点的に探していて偶然みつけました。パッと表紙を見た途端、何か見覚えのあるタッチ。すぐに「つきのぼうや」を思い出しました。あの縦に細長い本です。
デンマーク生まれのオルセンは母国に古くから伝わる言い伝えを題材にした絵本を数多く出版しています。親指姫や雪の女王の再話などがそれです。
オルセンは最初から絵本作家ではなく元々は教師でした。その後イラストレーターとして数々のポスターを手掛けたようです。
本屋さんではオルセンの本といえば「つきのぼうや」ですが、個人的には断然「ぬまばばさまのさけづくり」が好み。
ぬまばばさまには沢山の家族がいます。みんなお日さまの光が大嫌い。
お日さまがのぼると・・
大男のぬまじじさまはその場に座り込んでカワヤナギになり。
ふさふさの髪の毛はぬまむすめは座って草むらに変わり。
ぬまこぞうたちだけは遊びに夢中でそのまま固まってしまいます。その姿は人間の目から見ると地面から突然生え出た枝みたい。
沼地に突き出ている枯れ枝は、ほんとうはぬまこぞうの足なんですって!
メインのぬまばばさまのさけづくりも読んでいてとってもワクワクします。
樽は古い切り株で作り、そこに夕焼けの紅、月明かり、父草、南風、小鳥のさえずり、キツネの鳴き声などなど。そして好みによっては、蜘蛛の巣、ブヨの卵の殻なんかも入れます。
大体ここら辺で子供たちの「えー!気持ち悪い」が聞こえてくるのですが、その顔はとっても楽しそう。
何と言ってもぬまばばさまのさけづくりの様子が一番の見どころのこの本。
さけづくりは真夏~秋にかけてなのでこれからの季節に読むにはピッタリです。
素敵な言い伝えが残されたデンマークにいつか行ってみたい。そう思わせてくれる本です。
文章が少し長めなので小学校2年生~4,5年位が適していると思います。

【お知らせ】
9月のコビトヤ残席状況です、ご希望の方はご連絡ください。
・9/13(金)1席



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ