まずはお礼から。

先週末のコビトヤ3月分の予約に際しましてはおかげさまで全日満席を頂きました。
本当にありがとうございました。
また、今回ご期待に添えなかったお客さまには大変申し訳なく思っております。
これに懲りずに4月以降のご予約をお待ちしております。
尚、キャンセル待ちに関しましては随時受け付けておりますのでご希望の方は直接メールにてお知らせください。
今後共、お菓子教室コビトヤをどうぞ宜しくお願い致します。

さて。
最近の暖かさで我が家のベランダも少しずつ春の息吹を感じられるようになりました。

DSC_8734
 
いつぞや頂き物の寄せ植えに入っていた雪柳。
花が終わった後、駄目元で植え替えてはみたものの何年も花が咲かず諦めていたところにようやく2年前から花を咲かせてくれるようになりました。諦めずに育てて良かったと思う瞬間です。最近この暖かさで芽が出てきた。
こんな劣悪な環境で良くぞ育ってくれた。
現在花の盛りを迎えているのはクリスマスローズ。

DSC_8737
 
こちらも我が家のベランダに来てから早や8年は経ってるお局様。
うつむき加減に咲くところがとっても控えめで大好きな花です。

DSC_8736

学生の時から植物が好きで、実家にいた頃から買っては好き勝手に植えてきたのが良かったのか花との相性は良いみたい。花も人間と同じでお世話し過ぎるとかえって育ちません。適度に手を抜くのがコツなのです。
最近はランチでやたらローズマリーを使うので新芽が出てきた側から抜かれちょっぴり可哀想。でも2月のお教室も今日で終わったのでローズマリーの出番もしばしお休み。
すっかり綺麗に刈り込まれた枝を春までに思いっきり伸ばしてくれい。
ミントはデザートの名脇役。こちらも新芽を摘み取ると脇芽を伸ばしてぐんぐん旺盛に育ってくれています。

DSC_8741

そんな本日は2月最後のお教室でした。
お越し頂いたのは3名様。
メニューは

・バニラサブレ
・焼きドーナツ(バニラ)
・レーズンウィッチ

です。

まずはレーズンウィッチから。
こちらのお客様は現在育休中。もうすぐ迎えるお仕事復帰の前にリフレッシュ充電中です。
前回いらした時はリンゴのタルトをお作りになられたのですが、それ以来リンゴのタルトをいたく気に入って頂けたようで復習しては半分を自分で食べてしまって・・とその中毒性を嘆いておられました。
リンゴのタルト、一応今月で終了です。また来シーズンをお楽しみに!
そして今回はご主人さまのリクエストでレーズンウィッチを作られました。
バターたっぷりの生地を伸ばして型抜きして。手作り感満載の厚めのサブレで挟んだレーズンウィッチが出来上がりました。
ご主人様気に入ってくれると良いですね。

DSC_8799

お次はバニラサブレ。
こちらのお客様は3人の男子のお母さま。母と同じ境遇~♪なんかそれだけで親近感が余計に増しちゃうのはやっぱり3人子育ての大変さを共有できるから?その通り(笑)
だって子供3人いると洗濯物もすごいし、鼻をほじって鼻血を出してシーツを汚されて→洗う→洗ったその日の夜にまた鼻血→エンドレス洗濯地獄。ご飯はご飯で好き嫌いが三兄弟みんな違ったりして「俺これ好き~」「いっちゃんこれ嫌~い」みたいな事が起きるので母はその都度ドレッシングを替えてみたりして試行錯誤の連続。
そして末っ子がお互い2歳児という事で仲良くなってくれるかと思えばおもちゃを貸せない三男(うち)vs所有欲の強い三男(お客さま)という三男同士の争いが勃発し、母が作業している最中、和室から二人の罵り声が聞こえてきて他のお客様が仲裁に入るという・・・
でも二人共この春からプレスクールに入る予定なのでま、この一年で社会の厳しさを身に染みて感じるであろう。
話が反れたけど今回のバニラサブレはバレンタインでもらった女の子へのお返し用に作るという事で予習しに来られました。
3月はホワイトデーだもんね。母もうかうかしてるとあっという間に14日になりそうだ。
でも最初から買う気満々なので手作りしなきゃという悩みは一切無いけど~。
バニラサブレは生地を冷凍できるので沢山作って冷凍庫に入れておけばいつでも焼けるお手軽お菓子。
前もって生地を作ってホワイトデー前日に一気に焼いてしまいましょう!
こんな感じでとっても可愛らしく焼き上がりました。発酵バターの良い香りとサクサク感、そして周りのザラメがアクセントになっていくらでも食べられちゃいます。

DSC_8785

最後は焼きドーナツ。
実はこちらのお客様の3人のお子さんのお母さま。残りお一人のお客さまが「先生を含めお二方も3人のお子さんいらっしゃるんですか!?」とかなり驚いておられました。
そう世の中少子化少子化と言われているけど今日の我が家に於いてはその例は当てはまらないのです(笑)
子供が大好きなドーナツ。しかも油で揚げる手間がないので思い立った時にすぐに作れちゃう♪
卵の優しい香り漂うふんわりドーナツ。是非焼きたての一番美味しいところをお子さんと一緒にお召し上がり下さいね。

DSC_8781

みなさんのお菓子がひと段落したところでお昼です。
今月最後のランチはもちろんいつもの煮込み~

・白インゲン豆と肩ロースのトマトハーブ煮込み 塩揉みキャベツ添え
・ホテル風ブレッド
・菜の花と釜揚げしらすのナムル
・完熟マンゴープリン

です。

DSC_8766
 
 DSC_8761

DSC_8765

DSC_8790
 
いや~2月は豚肩ロースと白インゲン豆をすごい量買ったわ。一度の仕込みが結構多いので週に2回は買いに行ってたけど店の人も「なんかいつもは肩ロースってあんまり出ないのに今月はやけに出るな」とか思ってたかもな(笑)
そうそう。この煮込みですがうちのお父さんは大好きなんだけど子供達にはどうかな?といつも思っていたのです。ハーブを沢山使っているので匂いに敏感な長男なんかは受け付けないかな~と懸念していたのです。
なのでいつもランチの残りはお父さんに食べてもらい子供達には別メニューを作っていたのです。
しかし今日はお父さんが飲み会という事で残飯処理班がいない。ふーむ。では母子4人で片付けるしかないか。
まずは鍋に残っている塊肉を取り出し食べやすいように細かく切って再度鍋に戻して火にかけ、粉チーズと一緒にトロミがつくまで煮たら茹でたペンネと共に和えたら完成!
恐る恐る食卓に出してみたらこれが大受けでした。塊肉は大体ベーっと出す三男までもがペロリと完食。あっという間にお鍋が空になりました。
大人は塊肉をナイフとフォークで優雅に、そして子供は具沢山ソースにしてペンネと和えれば最高です。
サラダは菜花が出回っていたので少し春を先取りした菜の花と釜揚げしらすを胡麻油で和えてナムルにしてみました。
菜の花のほんのりとした苦みが春らしい。子供の頃はこの苦みが大嫌いだったけど大人になるとこれが美味しく感じられるんだもんね~不思議だね。
菜の花を茹でる時は茹で加減が命。茹で過ぎるとメロメロになるのでまずは茎だけを湯に浸して茹で、茎が程よくゆであがった後蕾の部分をさっと湯がいておしまい。
そうすると蕾の食感も損なわず美味しく仕上がります。

そんなこんなで2月もあっという間に終わってしまいました。
今日はこの後子供達の習い事の送迎だけだな~と思ってたらなんと次男の面談があった!
それに気付いたのは今朝(汗)
慌ててホワイトボードに書き足し、結局今日はお教室終了後から夜までノンストップで動き続けなければならないのでありました。
明日は長男の懇談会に次男の遠足か。今週も慌ただしいのう。

ではまた。