今年もブラムリーの季節がやってきました。
その訪れは唐突に来ます。

48BEE17E-893F-4B38-A73F-B911FF982B97

予約販売のお知らせが来たのが7月。もうそんな季節かとポチッと購入ボタンを押した後すっかり忘れておりました。火曜の20時に到着。おおー・・冷蔵庫一杯だよ!
そういえばいつも9月のお教室直前に届いたっけ・・(汗)。
何で3キロにしなかったんだろうと後悔(←5キロにした)。
蓋を開けると大小様々な大きさのリンゴたちと久しぶりのご対面です。
※ブラムリーについてはこちらをご参照下さい。
http://blog.livedoor.jp/koaji1117/archives/4598043.html

DA872D1B-A23D-4337-AFCB-69E40A098DFF

さあ届いてしまったのならやるしかない。さすがに夜中にジャムを仕込む元気はなかったので本日朝5時起きでジャム仕込みです。
すっかり夏休みの生活リズムに慣れきってしまったので早起きの辛い事・・
眠い目をこすりながらひたすら皮剥き。切ったらまずは一切れパクリ。
・・・相変わらずの酸っぱさに途端に目が覚めました。

937FE1F9-343A-49E7-85B0-C244FA2C674A

さあこれからはひたすら剥きます。握力が無くなりかけたあたりでなんとか半量を剥き切り、今度は砂糖の計量。砂糖を計ったらブラムリーと和えてしばし待ち、果汁が出てきたところで鍋に火をつけます。この後の作業はアクを取る事と焦げ付きをさえ注意すればものの20~30分程で出来上がります。
アクは強火にしないと出てこないので最初は火を強くしますよ~。アクが出なくなったら弱火で水分を飛ばしていきます。

E0EC61B1-A1FB-4E35-954F-A6D764153EFF

その間に瓶の用意。
煮沸消毒して準備万端!

5C390010-37AA-4423-96ED-A9433A5591CF

ジャムを瓶に移し替えるあたりでようやく家族が起き出してきました。
宿題をやっていた次男の口にひと匙ジャムを放り込むとさっきまで眠い目をこすりながらだったのに「美味しい~!」とこちらも見違えるようにシャッキリ。大小様々な瓶24本。
今年もとびきり美味しいジャムになりました。

15CA5EC0-D176-4317-BBD1-2F9475626DEE

さて。
毎年恒例、今年も美味しいお裾分けのお知らせです。
ご希望の方は直接メールにてご連絡下さい。
1瓶300円。自宅まで取りに来て頂ける方限定となります。
お名前、ご希望本数、受取希望日時(希望日を何日かご提示頂けると調整しやすいです)をお書き添えの上ご連絡下さい。
今月、お教室にご来店予定の方は当日までお取り置き可能です。その旨お伝え下さい。

夕方、早速出来立てを持っておやつ研究所さんへ。
ジャムがスコーンに早変わりしてちょっとわらしべ長者な気分♪ジャムをたっぷりつけて食べられるのも手作りならではですね。ご馳走様でした。

838840BE-52DB-4BDC-8D23-718B67F49FAB