土曜日。
1ヵ月ぶりに釣りに行ってきました。

C22EDCDE-4FD2-443B-A615-2103422EFA62

夏休みは混むし暑いからお休みね、と再開を9月にしたけど甘かった。夜が明ける前はまだ我慢できたけど明けたと同時にすごい暑さ。そして無風。
朝2時半起き3時半出発で現地に4時ちょっと過ぎに到着。丁度ゲートが開いたようで待ち時間もなくスムーズに入れました。
整理券は45,46番。出だしは順調。

183A9C40-ECD0-491F-A461-C0DDB606E9DF

開場時間の6時まで車内で過ごし、朝ご飯を食べたりして長男と二人のんびり過ごします。
今日は小中学生無料デーということもありいつもより周りが賑やか。
さて、今日は釣れるかな?

開場10分になると準備を整え整理券順に並んで待ちます。
待ち時間の間、前後のお客さんの話す雑談が結構為になったりするので耳をダンボにする母。
それによると今日はいつもの週末に比べてお客さんが少ないらしい、確かに週末はすぐに整理券が無くなるけどまだ全然残ってる感じ。台風の影響を考慮して止めた人が多いのかな。
海を見ると凪いでいて見た感じは影響は無さそう。
6時。いよいよ開場です。
場所は桟橋真ん中あたりの内側。最近の母達の定位置でございます。
仕掛けも10分で用意できるようになった。下手ながら出来る事は着実に増えて参りました。

05690879-34A9-4E88-B390-A19B5A7CB1D6

今日は何釣りたい?そうだね~、俺は鯖か鯵。ママは鯵が釣れるといいなあ。
そんな事を話しながらゆるりとした母子の時間が流れます。
ちょいちょい大黒海釣り施設のHPをチェックしている母、最近は豆鯵が良く回遊してくるらしく一昨日の釣果でもかなり数が出ていたのでこれは少し期待できるかも?
我々のようなヒヨッ子は狙って釣るなんて芸当は出来ないので群れが来ているのを引っかけて釣るしかないのです。この間のシコイワシみたいに大群が押し寄せてくれればチャンスはあるはず!
しかし、30分経過。1時間経過。。ピクリとも動かない竿。
周りを見ると同様に動きがなく釣れている様子がありません。相変わらず無風。暑さだけが肌にまとわりつき辛い一日になりそう。
今までの経験上、7~9時が狙い目なのに全く釣れず。釣果を聞きにくるスタッフの人に聞いても常連さんも鯵はおろか他の魚も大苦戦しているらしい。何故だ?風があるわけでもないのにこれは一体・・
増してくるのは暑さばかり。ここ最近、秋めいてきたので釣りにはうってつけかと思ったら今日はまさかの猛暑予報。そして海。逃げ場もなく、延々立っぱなしで竿を持ちながらの時間は次第に釣り人の体力を奪っていくのでありました。
10時過ぎになると表層に細長い形の魚が小さな群れで泳いでいるのを見た母。ダツに似てるけどあれはなんだ?
すると右隣のおじさんが仕掛けを変え、見事釣りあげていました。サヨリでした。
しかしサビキの竿にはかすりもせず。仕掛けを変える位のスキルを持ち合わせていたら鯵がダメでも釣り方を変えて他の魚を狙えるのにな~と己の未熟さを呪います。
一方、釣れなくても楽しめる男。長男。
暑さには閉口していましたがいつものコマセ&青イソメのダブル餌に加えて撒き餌も行い、どうにかして魚を寄せようと狙っておりました。正直、この状況では釣果はないだろうと早々に諦めていた母。ちょいちょい「今日は釣れなさそうだから早めに引き揚げる?」と聞くも「まだやる」の一点張り。
え~。。と内心思いながらもここは長男の為に来ている釣りなのでそれ以上は言えず、こまめに水分補給と休憩をさせてなんとか凌いでおりました。
キンキンに冷えた梅ジュースを水筒に入れてきたけど沁みるわ~。疲れにクエン酸、最高!
たまにおやつを食べて塩分を摂取したりととにかく熱中症にだけはならないように気を付けました。
しかし11時過ぎにはこの姿・・・(笑)手すりにもたれ掛かり暑さに参っております。だから言わんこっちゃない。
もう限界なんだって。この暑さはヤバイ。

D3E4611B-B2D2-4271-B013-889D3BA9DC2B

釣れずに11時半まで良く頑張ったよ。もう帰ろう。
釣りを始めるとどうしても「あと少し粘れば釣れるかも」と思ってしまうものですがそれでも今日は分が悪過ぎた、また来月出直そう。釣れなくても涼しければ体力的には頑張れるでしょう。

後片付けをして12時。
クーラーの効いた休憩室には沢山の釣り人が休みに来ていて、そして話す話題はみな一様に「今日の釣れなさっぷりはなんなんだ」と異常事態発言。
ま、我々には過ぎた事。あんぱんとコーヒーが旨いわ~。あとは早く帰ってこの汗まみれの体をサッパリさせて昼寝したい。

BlogPaint

帰りの車中ではこんなん↓
釣れなくてもまた来月来たいんだって。今度は釣れるといいね、お疲れさん。

22E8FBC4-C56A-46E0-BB16-7B72973B6062

ちなみに留守番組の父子ですが釣りの最中に「天然の鯛を釣りに行く」という謎の言葉を残してどこかに出かけた模様。
「こっちが釣れてないからって当てつけかー!」と憤慨していたら鯛は鯛でも鯛焼きだったらしい。

05B72660-C090-41AC-8659-AF95087FAA43

天然の鯛ね。。。確かに天然(大量生産ではなく1枚焼き)の鯛ですね。嘘ではないね。
この暑い中良く四谷まで行ったわ。

01D9D3E2-8841-4251-AE97-C76F95746684

焼きたての鯛焼きは薄皮であんこがとろ~りで最高に美味しかったようですよ。

BlogPaint

家に着くと母達に数分遅れて父子組も帰宅。
綺麗サッパリした身でベッドに寝転びながらの鯛焼きは怠惰の極みだけど今日位は許されるでしょう。
うま~い。あんこの程よい塩気が丁度良い。

0A8E021F-9BC1-442C-9DFB-741BA847499D

フクスケも皮のおこぼれをもらえて上機嫌。

BlogPaint

本日の釣果はゼロでしたが美味しい鯛焼きが食べられたので結果オーライとしましょう。
おあとがよろしいようで。
また来月に期待です。