迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

雑談

水曜日のつぶやき

先日買ったこちら。
その名もDHCビール。

F24C0FE3-D405-4DE4-A7C2-54B1EA27F507

目指したのは″綺麗なビール″。
さすがDHC、化粧品にとどまらず美しさは内面からとサプリにも手を伸ばし遂にビールまで作ってしまいました。富士山の伏流水を使用した綺麗な水を使うなどDHCならではのこだわりが随所にみられるビールになっております。
珍しいクラフトビールを見つけるとつい買ってしまう母ですが自分が飲むわけではありまん。
ただ単にビール好きのお父さんの為。お試し価格で4本1,000円とお値打ちだった事もありつい買ってしまいました。
早速昨夜、ベルジャンホワイトを飲んだようですがコリアンダーとオレンジピールの柑橘香る爽やかな飲み心地だったみたいですよ。
クラフトビール好きな方がいらっしゃいましたら是非どうぞ。

夏の帰省でメダカの家族を連れ帰った我が家。
その後、新入りを5匹仲間入りさせた後水槽内は地獄絵図と化しました。
というのも先住民の中で一番体の大きい1匹が新入りを次々とイジめ、身の置き所がなくなった個体から順に弱って天に召されてしまったのです。新入りはいじめっ子よりも図体だけは大きかったのに同じメダカとはいえ品種が違うと性格も違うのか誠に物静か。
水槽内の出来事に心を痛めながらも成す術のない母。うーんどうしたもんか・・
いっそいじめっ子だけを別な水槽に隔離した方が平和な社会が持続出来るのではないだろうか?
そして一定期間隔離した後、いじめっ子を元の水槽に戻すと。そうすればいじめっ子も己を新参者と認識して大人しくなりはしないだろうか。

そうお父さんに進言すると「そんなメダカが改心するなんて本気で思ってるの?」と一笑されました(汗)。戻ったらまた元のようにいじめるだけだと。
そうかなー・・・まあそうよね。
じゃあいじめっ子よりもサイズが大きくて性格がキツそうな個体を投入したらどうだろう?
「そしたら今度は今のいじめっ子に代わってそいつがボスに君臨していじめが再開されるだけだよ」とお父さん。うーん、ごもっとも。。
しかしこのままでは順番に弱って死んでしまう。いじめっ子1匹を残して。

悩んだ末、水草が痛んできたのでその追加購入ついでに新城のアクアリストに相談する事に。あとは最近の大量死亡がいじめられただけが死因ではなく、もしかしたら水質が悪いのも原因かもしれないので水質チェッカーも。
店員さんに相談すると「隔離するのも手だけど新しい個体を入れると案外いじめがなくなりますよ」と耳寄り情報を教えてくれました。なんでも今までは5匹をいじめていれば満足だったいじめっこが急に8匹とかに増えると自分の手に負えなくなりいじめるのを諦める事があるらしい。
でも追加投入は新たなボスを生み出す事にしかならないってお父さんが・・
店員さんの話によると、こうすれば絶対いじめがなくなるという手立てはないそうです。
まあそうよね。。自然界ではもっと広い世界で生きてるのにこんな狭苦しい水槽に閉じ込められちゃそりゃいじめも起きるよね。

こうしてイチかバチかで新規メダカ3匹を連れ帰った母。品種は敢えて変えて楊貴妃という赤い個体。
そして考えた結果、水槽内でも最小個体の2匹だけ別な小さ目の水槽に隔離し、残りは元の水槽で生活してもらう事に。
こちらが赤ちゃん育成水槽。敵もいないが赤タニタニ(掃除係)もいない。

F9C2139C-5FE8-4440-A927-7D2FE7AC76ED

そして新しい家族が増えた水槽。
投入して10日程経ちますがあれからいじめはなりを潜め、いじめっ子も実に静か。
さすがに楊貴妃には太刀打ちできないと悟ったのか。かといって楊貴妃がボスに君臨していじめているわけでもなさそう。今のところ平和そのもの。
楊貴妃の上をツイーッと泳ぐ元いじめっ子。心なしか「私は空気です、気にしないでください」とでも言っているかのよう(笑)。

BlogPaint

ようやく我が家に平和が訪れたのでありました。

1246B158-87C4-4426-993D-A71D8AE83E81

ちなみに水槽の水質ですが全く問題ありませんでした。
懸念していた亜硝酸塩も殆どゼロに近い数値を示したので大丈夫そう。メダカの排泄物(アンモニア)は亜硝酸塩に変化しその後硝酸塩になり生体にとって致命傷になるので定期的な水換えが必要不可欠なのです。しかし海水魚飼ってた時以来なので久しぶりだわ~水質チェッカー。
リトマス試験紙的な物なので今度から長男にやってもらおう。

CD1E5802-5181-4F51-B3B7-9B9B24359C78

パン焼き43作目はカフェオレベーグル。
もはやいつ習ったのかすら覚えていない・・(汗)。プレーンベーグルを習えば良いのに何故好みが分かれそうなカフェオレベーグルを習ったんだろうか?不思議~。
ちなみにベーグルはあまり好んでは食べない母。←だから何で作ってるんだって汗
カフェオレベーグルは強力粉に少量のライ麦粉を混ぜた物を使用します。カフェオレ風味なのでぬるま湯にインスタントコーヒーを溶かして混ぜこみますよ~。

9B34D459-9B48-49EE-AB2A-C8A7D91BD572

グルテンの膜は張り出したらチョコチップを混ぜ込んで一次発酵。
これが・・

8D533193-20C5-4EDB-B5E7-2C175EA93BC7

こうなります。

B7C1DA40-CE65-4A9E-9101-AFAE8116EF95

このレシピだとベーグルが3つ出来るみたい。他のパンは通常5~6個が定番なのでちょっと少な目なんですね。
まずは3つに分割しベンチタイム。この時のポイントはなるべくチョコが表面に出てこないようにする事。思いのほかまんべんなくチョコがいらっしゃったのでうまくいかなかった。。

D7C3FBE1-2C30-428D-9C56-F8A5A83BED98

再度丸め直した後は真ん中にズボッと指を入れて穴を広げてドーナツ型に。
12㎝角に切ったオーブンシートの上に乗せ二次発酵。

816D75E2-3680-4114-B0AF-4E3FC29A2657

20分もすると穴がもう少しで塞がる位膨らみます。
この間にケトリング用のお湯を沸かしていきます。お砂糖を入れるのをお忘れなく。

7DD116B5-0DCC-474C-BDD1-D9D7790AA6E3

さて。
ベーグルが他のパンと大きく異なる点はやはり「茹でる」事。
えっ?パン生地を焼く前に茹でるってどういう事?うどんじゃあるまいし。
母も同じ事を思っていました。普通に焼いて食べられるものをわざわざ茹でるなんて最初に思いついた人はすごいわ~。
で、茹でるのですが先生がどうやって茹でていたかの記憶がさっぱりなのでレシピの記載を頼りに挑戦!
微沸騰という状態のお湯にオーブンシートごと生地を入れ30秒程茹でたらひっくり返して裏面も30秒茹でます。その後は穴あき杓子ですくいあげ、クロスの上で湯切りをします。
釜茹での刑に処されるベーグル生地。違和感たっぷりの絵面です。

03C0556E-943E-46B3-876F-FD9BF5805582

湯上り。
なんかシワシワだしこれがちゃんとパンになるとは思えない~

E4ECD9D9-336B-4350-9661-8B9F1F65C17D

湯切りしたベーグル生地ですが天板の上に乗せます。
ところが湯上げした生地をどうやって天板まで移動させるのか??な母。指でつまんだら歪みそうだしカードを差し込んでも歪みそう。・・・エイヤッ!
結局、力技で移動しました。
ブヨブヨのシワシワだけど・・・いいのこれで?

7AEEAE72-A368-4AE0-AA6E-F89E190CD47A

もうここまで来たら焼くしかありません。
しかしオーブンに入れるとなんだか先程のシワシワが張りのある生地になっているような。
焼き上がりはこんな感じ。
成功なのか失敗なのか判断に悩むところですがひとまずそれらしい物が焼き上がりました。

4A36E997-A9E0-42C6-8D2C-EE1005BAAC3D

10B248D6-41A6-44CA-B425-A6BC961170B8

しかしプレーンならサーモンとクリームチーズを挟んでとか分かるのですがこのカフェオレベーグルはどうやって食べたら良いのか?横半分に切ってバターでもつけて食べるか??
全部で3個のベーグル。生産者として責任持って食べたいと思います。
ではまた。

【本日の読み聞かせ絵本】

4DCEF817-E283-4F64-AEB3-FA6B69F0F85A

■みえるとかみえないとか
ヨシタケ シンスケ:作
伊藤 亜紗:相談

『ぼくは うちゅうひこうし。
いろんなほしの ちょうさをするのが ぼくのしごとだ。
このほしの ひとたちは うしろにも 目がある。
まえにしか 目がないぼくを とても きのどくに おもっているみたいだ。
ぼくにとっては 前にしか目がついていないのがふつうでも ほかの ひとの ふつうとは ちがうんだね。
みんな すごく きをつかってくれて ヘンなきもちだった。

うまれつき ぜんぶの目がみえない っていうひともいた。
みえるひとと みえないひととでは せかいの かんじかたが ぜんぜんちがう。
でも、そもそも ぼくたちは みんなちょっとずつ ちがう。
おおきいひとにしか みえないもの。
ちいさいひとにしか みえないもの。
みんなより ゆっくりなひとだけが かんじるもの。
あるけないひとだけが わかること。

でも どんなにやることや かんがえかたが ちがっていても どんなひとにも じぶんと おなじところは かならずあるんだよ』

「暮らしの手帖」の荻上チキさんのコラムでお馴染みのヨシタケシンスケさんの本。
重くなりがちなテーマを独自の視点から掘り下げ、ユーモアを交えながら聞き手に共感を呼ぶのはさすが。
この°みえるとかみえないとか″は目の不自由さに焦点を当てながら、他の「生きにくさ」を抱える人の思いを伝えてくれています。
この本を読みながら、みんながみんなヨシタケシンスケさんの描く″ぼく″みたいな気持ちでいてくれたらどんなに生きやすいだろうな、と思わざるを得ませんでした。
残念ながら学校の読み聞かせには向きません。漫画のようにイラスト内での会話が多い(しかもそこが結構重要な内容だったりする)ので一人で読むか、親子で読むのが良いと思います。
毎度ながらヨシタケシンスケさんの絵は心境を良く表していると思います。
お勧め。




増税前に何を買う?

三男のお迎え時の事。

バス停で待っているとはらはらと桜の葉が落ちてきました。
すぐ横にある桜の木。
まだ紅葉もしないうちに落ちるなんておかしいなと思いながら頭上を見ると、枝に残っている葉はもう半分程。四季の境目が無くなりつつあるとはいえまだ夏の終わり。葉が落ちるのには早過ぎる。
そんな出来事を実母に話したところ、なんと先日の台風による塩害だと教えてくれました。
ここは海から離れた川崎。塩害なんてあるの?
そしたら本当に塩害による落葉でした。調べると台風の巻き起こす風雨には海からの塩分を含んでいるそうで、たとえ海から遠く離れた土地でも塩害被害が出るそうです。
塩分を含んだ風雨に晒された桜の木はその塩が流される事なく弱っていくのですが、ギリギリのところで自ら葉を落とし木を守っていたんですね。
隣を見るとカツラの木も落葉こそしてないけれど赤く色づき見るからに塩害被害を受けていました。
自然の力の前には成すすべもありませんが、自ら葉を落として命を守ろうとする桜の木にもまた心打たれた出来事でありました。
自然ってすごい。

今日は三連休明けという事で通常ペースに戻すべく慣らしの一日となりました。
ゆるゆるとお教室準備をという事でピクルス作り。
今月のカレープレートに欠かせないのが箸休め的な存在のピクルス。
スパイス&お肉たっぷりのカレーにこってりサラダだと逃げ場がないのでサラダはさっぱりと。
リンゴ酢をベースに、マスタードシード、クミン、ディルを入れてひと煮立ち。
幼稚園帰りの三男が「うわっ!くっさ!」と鼻をつまむ程の刺激臭だったようです・・お酢は温めるとすごいからね匂いがね。
そして熱々のピクルス液を予めスティック状に切っておいた大根とキュウリに注げば自家製ピクルスの完成です。翌日には味が染みてとっても美味しいピクルスになりますよ。
母はディルが好きなのでちょいと多めに入れました。ディルの甘い香りが大好き。

A1DCA307-C083-4DA6-8037-AC5EAD2D509D

そういえば昨日のニュースで増税前の駆け込み需要について報道していましたが皆さんは増税前に何か買われましたか?
我が家はこれといって「今のうちに買っておかなきゃ!」的な物はないので安穏としているのですが、強いて言えば12年選手の冷蔵庫を買い替えた方が良いのではないか・・?と感じております。
壊れて困る家電上位に入るのが冷蔵庫&洗濯機。
その中でも特に冷蔵庫はお釈迦になった時のダメージが大きい(汗)。まず冷凍物は全てダメでしょ?冷蔵物もほどなくしてダメになるでしょ?
・・・考えるだに恐ろしい。
そんな不安な心の内をお父さんに相談するもなんとな~くはぐらかされて終わりました。
大体、まだ不具合が無いものを買い替えるという事が二の足を踏ませるのです。
増税前に買うなら大物って言いますもんね~。どうしようかな~。
しかし冷蔵庫を買うにしてもサイズ的な問題がある我が家では即決できないのも事実。
あー悩む~。
とりあえず消耗が激しい日用品を買いためておこっと。洗剤とかトイレットペーパーとかね。
うちの三兄弟、信じられないスピードで使うんですもの。

【本日の読み聞かせ絵本】

D2C9066B-C1E3-4FD0-B47C-824D20D029A4

■まほうをわすれたまほうつかい
デイビッド・マッキー:文、絵
安西 徹雄:訳

『メルリックは おうさま おかかえの まほうつかいでした。
まいにち おうさまの ようじを つとめます。
おうさまの ようじがすむと メルリックは まちの みんなの しごとを たすけて あげました。
メルリックが みんな やってくれるので まちのひとたちは なにも することが ありません。

あるあさ おきると メルリックは まほうがつかえない ことにきづきました。
メルリックに たよりきっていたおうさまは おこりました。
まちの ひとたちも こまりました。
こまった メルリックは なんとかしてもらおうと しんせきの まほうつかいのもとへ いきました。
まほうが つかえないので あるいて。

どのまほうつかいも メルリックのまほうを もとどおりにすることは できませんでした。
・・ただ ひとりをのぞいて。
さいごの まほうつかいクラせんせいだけは メルリックのまほうを もとどおりに してくれました。
さいごに とても たいせつな ことばを のこして。。』

週末、お父さんと図書館に行った時に「これどう?」と手渡されたのがこの本でした。
シリーズ化されているから面白いんじゃない?と何気なく手に取ったようなのですがこれがとても良かった。
実はこの本、母も一度は手にした事があるのですが、挿絵が全てカラーでなく黒のペンで描かれたページがある事に少々違和感を感じ借りるまでには至りませんでした。
しかしそんな気乗りのしない本も借りてみるものですね。特に同伴者がいると自分では決して手に取らない本を勧めてきたりするので面白い。
この「まほうをわすれたまほうつかい」は″まほうつかいエルリックシリーズ″として何冊か続編が出ています。
著者は「ぞうのエルマー」で有名なデイビッド・マッキー。
挿絵は必ずしも万人受けするわけではないのに読むとぐいぐい惹き込まれるのはディビッド・マッキーの素晴らしい所なんだと思います。
この「まほうをわすれたまほうつかい」から感じて欲しい事は二つ。
何一つ努力もせず他力本願ではいずれ身を滅ぼしますよ。
そして反対も然り。頼られるからって何でも代わりにやってあげる事が必ずしも相手の為になるわけではないんですよ。と説いているのです。
教訓じみた絵本はちょっと・・と思う方も一度読んでみては如何でしょうか。

なかなか良い本を見つけてくれたお父さんには感謝。
時間も10分に収まるので学校の読み聞かせにも適していると思います。対象は小学校低学年~中学年かな。ペン画のページが後方に座っている子にまで見えるのかだけが心配要素です。








魔法の薬?

ここ数日、徹夜続きのお父さん。
「これが欲しい」と所望してきました。

E8F108F2-86E0-432A-83B8-225B3F94A60D

キューピーコーワヒーリングという興和薬品から出ているこちら。指定医薬部外品です。
なんでもネットで「睡眠時間5時間でも30時間眠ったのと同じ位の満足感が得られる!」という書き込みから火がつき今やなかなか入手困難らしい。
もうこれ聞いただけでも覚醒剤か?ステルスマーケティングか?と訝しがる程の怪しさ満載なのですが藁にもすがる思いのお父さん「欲しい欲しい・・」とうわごとのように申しまして。
そんなわけで昨日の夕方、長男の発表会の前に駅前を捜索。
・・ない!(汗)。恐るべしネットの評判。。
しかし探していた場所がドラッグストアだったのでそもそも存在していた形跡がない。売り切れだったら箱とかポップがあるはず。そしたらこのキューピーコーワヒーリングはコンビニ専用商品でした。
改めてコンビニ捜索開始。しかし・・ない!大体駅前のコンビニの殆どは制覇したかなという位探したけどものの見事に空っぽの箱のみ。
段々阿保らしくなってきたのと時間切れだったのでそのまま長男の発表会へと向かい、その帰り道。
往生際悪く、家路に着くまでのコンビニを捜索したらやっとありました。3包だけ。
1包99円位。もちろん買い占めました。こういう奴がいるからすぐに売り切れるんでしょうね・・

家に帰ってお父さんに手渡すと狂喜乱舞。
早速「栄養ドリンクとダブル使いで百人力~♪」とかぬかしたのでそれじゃこの薬の本当の効果が実証されないではないかと却下し、単独使用を命じました。
翌朝。
起き抜けに聞くと「・・今日もほぼ徹夜だったけど、うーん30時間寝たか?と言われるとそうでもない気がするけどしんどくはない」という感想でした。効いてるのかプラシーボ効果なのかは不明でした。
今回、キューピーコーワの棚を改めてまじまじと見たのですがヒーリング以外にも沢山種類があるんですね。″頑張るあなたへ″という日本人の勤勉さを逆手にとったこの手の薬。
目や腰に効くものもあれば液体で即効性を謳うものもあり。

以前、お父さんがパブロンで中毒症状らしきものが出た時から薬の過剰摂取は控えるよう注意している母ですが人間、一時の辛さの為にこうして薬に手を出してしまうもの。
今月末で仕事がひと段落するみたいなのであまり無理はしないで欲しいと願う妻でありました。




台風一過の月曜日

夜が明けたら世の中が一変してました。

夜中に避難勧告アラームが鳴り響いた以外は朝までぐっすり寝ていた母。
こういう時マンション住まいだといまいち風雨の強さが感じられないのですが一軒家はとても怖い思いをしたと聞きます。実家の両親もいつ屋根が剥がれるのではと眠れぬ夜を過ごしたようです。
警報が出ていたので幼稚園も小学校も本日は休校。喜んでいるのは子供だけ。。
家事がはかどらないよー!
ようやく家事がひと段落したので生協に行くと花屋のおばちゃんが「良い時間に来たわ~。ついさっき開店したのよ」と驚きの発言。どうやら高速道路の通行止めの影響で下道が大渋滞し、物流が止まってしまって12時まで開店出来なかったらしい。確かにお店は開いているが肉が無かったり牛乳が無かったりと影響がみられました。
自然の猛威の前には成す術もありませんが早くいつもの日常が戻る事を祈るばかりです。

そんなわけで今日は一日缶詰状態。パン焼きなんて出来る状態じゃない。
放っておくとテレビしか見ない子供達をなんとか正そうと長男と漢検の試験勉強をしたり次男と九九の復習をしたりしてたらあっという間に半日が終わりました。
漢検6級、音訓の項目が非常に厄介という事に気付きました。親子で音訓に苦しめられております・・・こんな訓読み聞いた事ないよ!(常用外)みたいな読み方があったりして盲点を突かれて泣かされております。
間違えた箇所は紙に書きだしてひたすらブツブツ暗唱(長男は書き取り)。
日本語って難しいですねー。。

早く明日になれ。
それではまた。

【本日の読み聞かせ絵本】

5962DCE9-F009-44FE-A581-CF32028BE20A

■ゆめくい小人
ミヒャエル・エンデ:作
アンネゲルト・フックスフーバー:絵

『まどろみ国の人びとは、ねむることが いちばん だいじな しごとです。
この まどろみ国の 王さまとおきさきさまに、ちいさな むすめが おりました。
なまえは すやすやひめ といいます。
たいへん かわいらしい おひめさまでしたが すやすやひめは よる ねむりにつくのをたいそう こわがりました。こわいゆめをみるのをおそれていたのです。
なんとかして すやすやひめを やすらかなねむりにつかせてあげたい 王さまは たびにでます。
そこで であったのは・・』

ミヒャエルエンデ著のこの物語。
さすがエンデ、読み始めてすぐに幻想的な世界に連れて行ってくれます。エンデ大好き。
眠る事がなにより大事な国だなんてエンデじゃなきゃ思いつかない発想。
そしてフックスフーバーの古典的なタッチの挿絵がエンデの文に良く合っています。
王様はすやすや姫を悪夢から救おうと様々な手を使いますが誰も良い案を思いつきません。
ならば自分が。。と自ら旅に出た王様は荒野で不思議な小人に出会います。聞くとその小人は夢がなによりの好物のゆめくい小人だといいます。
ゆめくい小人のおかげで王様はすやすや姫を悪夢から救ってあげる事が出来、めでたしめでたし。

計ってみたら急ぎ目に読んでも15分はかかったので学校の読み聞かせには少々厳しいかも。
あとは少し長いお話なので小学校中学年~向きですかね。
しかし時間が許す限り是非共子供達に読んであげたい一冊です。エンデの文と幻想的な挿絵にとにかく惹き込まれる事間違いなし。後半のゆめくい小人が悪夢を食べるシーンなんて本当に良く描かれています。
まずはお家で。就寝前に読んであげてみてください。
またひとつお気に入りの一冊を見つけました。




母整体デビューする、の巻

朝起きたら寝違えが悪化していました(涙)。

別段無理な負荷をかけていたわけではないと思うんだけど思い当たるのは昨日の磯遊び。あれがいけなかった・・・カニ捕りに夢中で痛さを忘れてたに違いない。
夜には肩を含めパンパンになり少し首を動かすだけで「ウギャア!!」と叫び声が出る程痛くなり寝るのも一苦労。当然、家事にも支障が出ていつもの半分程の機動力。のっそり緩慢な動き。
後悔すれど後の祭り。
早めに寝たものの今朝は起き上がるのにも脂汗を垂らしながら少しずつ少しずつ起き上がり、そして悟りました。
「これはなんとかしないとマズい・・・」
普段ならそのまま放置して回復を待つところですがちょっといつもより酷い気がする。
己の体を過信するからこういう事になるのです。

そんなわけで以前次男の首痛の時にお世話になった整体に行く事に。
最初お父さんは整形に行けと言ったけど整形だけは嫌だ。どうせ長々待たされた挙句湿布だけなのは分かり切っている。
友人に「寝違えでも診てくれるかな?」と相談すると「寝違えこそ行くべきだよ!」と言われ迷う事なく電話しました。するとタイミング良く今なら予約入ってないからすぐ出来るよとの事だったので10分後には到着。
「いや~、これは痛いでしょう」と開口一番先生。はい、痛いですとっても(泣)。
まずは施術の前に空気圧で血の循環を良くします。専用の機械に下半身を入れてジッパーを上げると空気が入ったり抜けたりと気持ち良い。首とは関係ない気がするけどこれも大切な準備みたいです。
10分程下半身マッサージを受けた後はいよいよ先生登場。
てっきり患部を集中的にマッサージするのかと思ったら反対側の腕を念入りにマッサージしたり強く押したり。寝違えの大元はここなんだよ、という先生にへ~と驚きの連続でした。
しかしこの手のマッサージはかなり強く押し続けるので痛いのが苦手な人は無理かも。
痛くてもこの状況から脱せられのであれば大概の大人なら我慢できるレベル。子供は無理だな。
その後はもう反対側の手のマッサージ、そして首と背中に最後は鍼も使ってたっぷり1時間はマッサージしてもらいました。
そしたらこれがすごいんです。来た時はあんなに痛かったのに最後にはパンパンに張った肩も楽になり首の可動域が格段に広がった!まさに奇跡。
最初は「寝違えで整体なんて恥ずかしい・・」と思っていた母ですが酷い寝違えこそきちんとプロに施術してもらって早めの回復を図るのが賢いというもの。
今回、そう学びました。
帰り際、「楽になったからってまだ炎症は治まってないからあと2,3日は無理に動かしたらダメだよ~」と先生。普通に生活する分には問題ないみたいです。

たかが寝違え、されど寝違え。
特に川の字になって子供と寝てる子育て中のお母さんが良くなるそうなのでみなさんもどうぞお気を付け下さい。加齢もあるのかもしれませんが今回の寝違えは酷かった。。

パン焼き復習30作目は「オバケコロネ」。
数年前のハロウィン限定パンでございます。もちろん一度も復習しておりません(汗)。
同じくいつぞやの限定パンでチョココロネがあったのですがそこから派生したメニューでございます。違うのは焼き色を付けずに焼く事と成形が少し違う事。
まずは一次発酵の後、5分割。

B331B5A3-F805-4CBE-AED0-DC42325AB0BE

と、ここで普通に5分割してすぐに間違いに気付く。そうだった、オバケコロネだから手足用のパーツも必要なんだった。再度分割し直し手足用パーツ2個作ります。

A159B930-300C-4512-AB5E-040FF209E969

ベンチタイムの後は生地を紐状に伸ばしていき、最終的には50㎝程になるまで伸ばします。

CDD34892-9628-4857-979B-DBC4A91C4A32

それをコルネ型に巻き付け、巻き終わりはそのまま伸ばしたまま天板に乗せておばけ仕様にします。手足部分もつけます。なんだかオバケっぽく見えませんか?

6967787E-5D05-48A1-8CCE-7D93BBDAF170

20分程二次発酵させると全体的にふっくら。
あとは焼き色がつかないようオーブン上段に天板を乗せた状態で下段で焼きます。焼成前の塗り卵も無し。

466162A7-1FCF-44C0-B8CB-E0DD94ADEABD

焼きあがったところ。
今回、作る前にレシピを確認したのですがどうやら先生、途中まではオバケコロネのレシピで書いていたのが最後の焼成部分で間違えて通常コロネと同じ温度と時間(天板を上に乗せる表記がなかったり、塗り卵を塗ってねと明らかにオバケ仕様じゃなかった)で書いたっぽい。案の定天板を噛ませてもやはりレシピの写真のような真っ白にはなりませんでした。
というか、習った時にそのミスに気付いて指摘しなきゃいけないのにしない母が悪い(汗)。
ま、でも色もうっすらついただけなので問題無し。味に変わりはないし。

4F549A13-B1C8-48E4-979A-F3E65005B1BE

今回のオバケコロネは形は違えど中身は普通のチョココロネ。
一次発酵の間にチョコクリームを作ります(お教室では市販のチョコクリームを使用)。
卵黄と砂糖を混ぜたところに温めた牛乳を注ぎ鍋に戻して・‥と所謂カスタード炊きです。

7BE3D9C0-DD2A-4090-AA31-CC61C03AA465

最後にバターを入れて混ぜたらクリームの完成です。

5DC69BA5-7F80-4783-AAFE-2A515C2AE929

最後はチョコクリームを絞り出し、チョコペンで顔を描いたら終了!

A5998B82-0996-4261-9A24-8D385E4391E5

225B611B-83D4-4738-ABD1-60C5B35452B9

クリームもこの通りたっぷり!

613CB8B8-63CE-4E09-843B-2C2FD4D866B0

オバケコロネ、子供ウケは最高でした。どれにする?と見せると「どれにしようかな~」と三兄弟みな真剣に悩んでいたのが可愛かった。ブツブツ文句を言いながらも頑張った甲斐がありました。
ま、二度と作らないけどな(笑)。
ではまた。

【お知らせ】
9月のコビトヤ残席状況です、ご希望の方はご連絡ください。
・9/13(金)1席



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ