迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

車ネタ

復活!

宮城から帰宅して一夜が明けまして。

前述のフロントガラス破損については次の車検(来月)までセロテープ貼りのままにしておくか、1ヶ月早く車検に出してガラスごとディーラーで直してもらうかが夫婦で議論になっておりました。
母としてはこんな傷は一刻も早く直したい。一方のお父さんは車検が来る来月までこのままにしておき11月になったら修理込みで車検に出すか悩んでおりました。(そうしないと次の車検までの期間が本来の2年間よりも短くなる)
しかし亀裂は時間を追う毎に広がり「やっぱりすぐに直すか」となったようです。
となると修理をディーラーにやってもらうか民間の専門業者に頼むか。
どちらもフロントガラスの在庫がないと話にならないのですがたまたま調べたガラス業者が工場に在庫があるとの事だったので本日交換してもらえることに。
ディーラーだったら絶対ガラスが手元に届くのに1週間はかかって車検で1週間かかるでしょ。2週間も車の無い生活は耐えられん!

そんなわけでお父さんと三男、ガラス専門業者までフロントガラスの交換に行ってきました。
取り外されるフロントガラス。
さらば、傷だらけのフロントガラスよ~

1507637207971

フロントガラスがなくなり吹きっ晒し状態の我が家の車。。
風通しが良さそうだわ~(笑)

1507637191263

車が大好きな三男、外されたフロントガラスを興味深そうに眺めます。

1507637172392

そして待ち受けるピカピカのフロントガラス。
それにしてもフロントガラスなんて車種によって無限に規格があるだろうに。良くもこんなマイナーな車のフロントガラスなんてあったもんだ。さすが運強いお父さん。

1507637194402

1507637169105

フロントガラスをはめ込むのは1時間程で終わり、接着材が乾くまでに4時間。

1507637165144

一度帰宅して夕方お父さんが取りに行ってくれました。
おおー!傷がなくなっとる!素晴らしい~。こんなに早く直るとは思わなかった。

1507637154379

ちなみに今回みたいな飛び石によるガラス破損は、亀裂がなければレジンを流し込んで殆ど跡も残らず直せるみたいなんだけど横に亀裂が入ってしまった場合はその進行を止める事はほぼ不可能みたいです。
車は人を乗せて走るものなのでそこでケチッて安全性を低くするか、命には代えられないと多少の出費には目を瞑るかは個人の自由ですがとりあえず我が家は大人しく後者を選択しました。
走行中の飛び石は防ぎようがないので当たってしまったら運が悪かったな・・と思って下さい。

とにもかくにも復活万歳!


しつこくSUV

はい、どうもどうも。

最近の次男。
子供達の夕食も終わり、あとは寝かせるだけという所まできた母。
リビングで子供達が遊ぶ中、一人ようやく夕食を取ろうと席についたのです。
で、「さて、頂きま~す」とこれでゆっくり食べられると思った瞬間、次男がどこからともなくスススーとやってきまして。
次男「ママー、ご飯食べるの?」
母「そうだよ~」
次男「・・・・それ美味しそう~♪いっちゃんも食べたい、なっ♪」←欲しそう。
母「いっちゃんはもう食べたし歯磨きもしたでしょ。あげないよ」
次男「じゃあ、ここで見てるねっ♪」
母「・・・」

何故こんな監視下で夕食を食べねばならんのか?
食べたい→もらえない→じゃあ側で見てる、という脳内回路は次男ならではなのでありました。

今日は車のお話。
以前に「家族が5人に増えたから車をどうしようか検討中~」みたいなネタを書いたのですがその後しばらくその話は進展しておりませんでして。
以前の車ネタ↓
http://blog.livedoor.jp/koaji1117/archives/4743094.html
というのも夫婦で「どうにかして7人乗りのSUVが出てくれないか」と期待して待っていたから。
いい加減、背に腹は代えられないのだからワンボックスにすれば良いものをそこらへんは実に未練がましく「いつかいつか・・・」と待っていたのです。
そしたら去年あたりにスバルのコンセプトカーとして出ていた"CROSSOVER7"がようやく販売されたという朗報を聞きつけ、夫婦で「早く現物見てみたいね~」と話していたのです。
CROSSOVERの名に聞き覚えがない方はEXIGAと聞けば分かるでしょうか?あれの後継車です。

そんな先日。
丁度、義実家に行った時にスバルのディーラーが近くにあったのでちょいと立ち寄り店員さんに「CROSSOVERあります?」と聞き、あるとの事だったので見せてもらう事に。
あったあった、これこれ。
無骨な感じが如何にもスバルっぽくて良いわ~、海にも雪山にも問題なく行けそう。

DSC_8142

リアはこんな感じ。

DSC_8145

以前、日産のショールームでX-TRAILの7人乗りタイプを見た時は「この3列目はないだろう・・」とその補助席並の作りに即却下されたのですが今回のCROSSOVER7は3列目がちゃんとしてる。
これならかなり条件クリアしてる感じ。
7人乗りでも実質5人が乗れれば良いわけなので3列目の片側はトランクスペースとして使えるし、上にキャリアを乗せたら更に積載量は増えそう。
カタログを真剣に見入るお父さん。

DSC_8140

難を言えば車内の座面が何故か鮮烈なオレンジというのが唯一嫌。
オプションで色が選べるならまだしもこれ1種類というのが悲しい・・・ま、色なんていずれ慣れそうだけど。

interior_gallery01

ちなみに母は次は黒色が良いな~、お父さんは白派という事なので夫婦で意見が決裂中。
白は窓枠から落ちる水の跡が経年で取れなくなるから嫌なんだよね~、でもお父さんの「黒は埃とかが目立つから嫌」という意見にも頷けるのよね~。
そういうと一番汚れが目立たないのはシルバーなんだけどそれは夫婦で「それだけは嫌だ」という意見で一致(笑)。

photo_005

さて、我が家の車談義。
いよいよ購入に向けて動き出すのでしょうか?
それはまだ未定。

悪夢再来!

三連休初日。

ジジイ畑主催の餅つき大会に招待されたので一家で母の実家に行く事になりまして。
朝9時。
支度が整ったので家族で車に乗り込んだまでは良かったのですが次の瞬間エンジンがかからない事が発覚。
後部座席の母は2年前の出来事を思い出して嫌~な予感。
ご存じない方の為に。
http://blog.livedoor.jp/koaji1117/archives/4319738.html

何度もスタートボタンを押すお父さん、そして最後の手段である差し込み口にキーを直接差してのエンジンがけも空しい結果に・・・
お父さん「あれから2年しか経ってないのにまたバッテリー上がり??前回は長男の仕業でのバッテリー上がりだったけど今回はそんな形跡もないようだし。。経年劣化でのバッテリー上がりだなんて、こんな早い寿命ありうる?」と激怒。
2年毎にバッテリー交換してたらとんでもない出費だよ、もう二度とディーラーでバッテリー交換なんてするもんかー!と息巻いておりました。
その後、うんともすんとも言わない車に乗っていても仕方ないのであの時の母同様、保険会社に電話してロードサービスに来てもらったのでした。

BlogPaint

しかし。
バッテリー残量を見ると別に電圧は下がってはいないらしい。つまりバッテリーあがりでのエンジンがかからない訳ではないらしい。
そしてロードサービスのお兄さんとああでもないこうでもないと議論した結果、出したのは「車のメインコンピューターがキーからの情報をきちんと受信出来ない為にエンジンがかからない」という結論でした。
前はただのバッテリー上がりだったのでロードサービスにエンジンをかけてもらってそのままディーラーでバッテリー交換だったんだけど、今回のはバッテリーが問題ではないのでどうやっても車が動かない。
というわけで急遽レッカー車を手配しての駐車場からの運び出しに。
しかし、うちの駐車場、地下にあるのでレッカー車が入れないという問題が浮上。。。
仕方ないのでロードサービスのお兄さんの乗ってきた軽自動車でうちの車を地上まで牽引し、地上でようやくレッカー車に繋げてもらったのでありました。

写真_2

その間。
訳を話して急遽実家からジジイに迎えに来てもらい、子供達&荷物だけ先に実家に運んでもらい母とお父さん&三男は車を見送った後電車で実家に向かったのでありました。

その道中、お父さんに「全くもー!これだから厄年womanは・・・やめてよね~不幸をまき散らすのは」とブツブツ文句を言われる羽目になった母なのでありました(泣)。
母だって好きで厄年なわけじゃないやい!
本当、一難去ってまた一難とはこの事。
その後実家に行くとなんと実母が持病の腰痛を悪化させて今朝までベッドから起き上がれなかったというのも判明しうーむ・・・・と厄年の恐ろしさを身を以て知ったのでありました。

本当、車って金喰い虫だわ。
どうか請求書が大した金額でありませんように・・!




車談義

さて問題。
子供が1人→2人に増えるのと2人→3人に増えるのとでは一体、生活面にどう影響するのか?

まあ大体、1人→2人はさほど生活は変わりません。
が!2人→3人になると劇的に変わります。
・・・それは車の買い替え(叫)

まあ、車を持っている事が前提の話になるのですが子供1人or2人だけなら別に普通のセダンでもステーションワゴンでもぶっちゃけ何でも良い。
が、子供が3人~に増えるとチャイルドシートの問題などにより普通のセダンじゃ無理という現実に直面します。
我が家は現在そんな悩み真っ只中。
我が家の車は5人乗りのステーションワゴンで、夏も冬も海に行ったりスキーに行ったりと案外アウトドア。
そんな車に何の不満も感じていなかったのですが、母が3号を妊娠してすぐ、旦那さんがなにやら渋い顔をしているではないですか。

最初、母はその事実にしばらく気付かず呑気につわっておりました。
が、その事実を知らされると「まだ5年ちょっとして乗っていない車を捨ててまた新たに車を買わねばならんのか!」という恐ろしい事実に気が遠くなった・・・
ただでさえ現在長男は幼稚園、来年には次男も幼稚園にあがる。お金は出る一方。
それなのに3号が産まれて、更には車も買い替えないといけないなんてー!

うな垂れる母と旦那さん。
しかも必然的に6人~7人乗りの車を選択しなければならなくて、そうなると夫婦共通の「ステーションワゴンで貫きたい」という希望が結構な確率で叶わない。
というのも6~7人乗り可な車はいわゆるワンボックスタイプの車しかないから~(泣)
ここで夫婦のポリシーを曲げてワンボックスに乗るか、それとも7人乗り仕様のステーションワゴンが何処からか出るのを待つか。。
後者はかなり可能性低いけど。

そんなわけで最近しばらく夫婦であーでもないこうでもない、と論議してたのですが「とりあえず現物を見てみよう」という話になりましてステーションワゴンで7人仕様可、という車を見に、みなとみらいは日産ショールームへ。

DSC_4958

ここは別に車を買う所ではなくて日産の様々な車種を実際見て、乗れて、おまけに公道を試乗できたりもする大変楽しい場所なのです。車に興味のある人限定だけど。
でも、子連れでも男の子だったら喜ぶと思うよ~。

母達が行った時は丁度お目当ての「X-TRAIL」の商品説明を檀上でやっている時で色々聞く事が出来ました。
で、実際乗ってみたけど、いや・・・なんつーか3列シートの6,7人目のシートがあまりに補助席チックで狭くて二人で「これは無いかな・・・」とガックリとうな垂れたのでありました。
しかも3列目に人が乗るともはやラゲッジスペースなんて無いに等しくて「ここの何処に荷物が乗るんだ!」と聞きたくなる位。
ルーフに乗せるという手もあるけど最終手段な気がするし。。。

と、ふと横を見ると同じく日産「セレナ」「エルグランド」が。
「と、とりあえずワンボックスに乗ってもないのに毛嫌いするのはなんだから乗ってみるか」と乗ってみる母。
・・・何、この居住性の良さ(泣)恐るべし箱型!最強、箱型!
X-TRAILと同じ3列シートなのに中が広いわ、席もちゃんとしてるわ文句なしの快適さ。

敗北。

とりあえず車ネタはしばらく続きそうなのでまた次回、何かの車を見に行ったらレポートするとします。
何処かにないかな~、スポーツタイプのステーションワゴンで楽々快適3列シートでラゲッジスペースも広くておまけにドアがスライドドアなの。
「そんなんあるか!」って総つっ込みが来そうですが(汗)
ひとまずその日は悲しい反省会を小杉の鳥鉄でしたのでありました。もちろん母はジュースで。

DSC_4963









記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ