迷走する小人

我が家の小さな生き物達との格闘の日々。 気ままに作るお菓子など・・・

色々な習い事

お菓子教室へ行く!in わたしのおやつ(2019 8月編)

朝起きたら首に激痛。
・・・寝違えました。痛い。

土曜日。
今日は先月に引き続きわたしのおやつのkaya先生のレッスンに参加してきました。
7、8月は特別レッスン。今回は
『メレンゲの会~シフォンケーキ&ヌガーグラッセ』の会。
以前から要望の多かったシフォンケーキとランチのデザートで大好評だったヌガーグラッセを学べるなんとも贅沢な会でございます。
満員御礼のレッスン、一同に会すればみな見知った顔ばかりですぐに話が弾みます。
週末しか参加できない組はおのずとメンバーも似るもんなんですね。
今回のレッスンは先生のデモで進みます。まずはヌガーグラッセから。
フランスのお菓子でヌガーというものがあるのですが、見た目はそのままに冷たいデザートにしたのがこちら。ナッツやドライフルーツが沢山入った生地は噛みしめる程に味わい深くそして見た目もとってもキュート。
ポイントはナッツのキャラメリゼとイタリアンメレンゲ。
カリカリとした食感にするためにカラメルは思い切ってコーラ様の色になるまで煮詰めます。そうする事によって冷めて砕いた時にカリカリになるのです。

BB923CE0-2600-42F6-BA83-532961E11E8A

そしてイタリアンメレンゲ。
卵白に砂糖を入れて泡立てるフレンチメレンゲに対して熱したハチミツを卵白に入れて泡立てるイタリアンメレンゲ。作るお菓子によってメレンゲの立て方も変えるんですね。勉強になるわ~
しかし片手にハチミツの入った鍋を持ち、もう片方の手で卵白を泡立てる先生の姿を見ながら生徒一同「この二刀流は我々には助手がいないと無理よね・・」と難易度の高さを痛感します。

1EE56F66-E378-4A21-BAF4-74734E774D57

イタリアンメレンゲはフレンチメレンゲよりもしっかりとした感じ。ツヤツヤ。

38C1BC75-5FDA-494B-B2F4-B3A75D462B6F

その後フルーツとナッツ、そして泡立てた生クリームと共に混ぜ込んだら生地は完成です。
冷凍庫でしっかり冷やせば美味しいヌガーグラッセの完成です。今回は持ち帰りは出来ないので試食のデザートタイムまでお預けです。

C706FDB7-BCE3-4A54-BE3A-73FF7DB5C8F0

お次はシフォンケーキ。
実はこの為に来たといっても過言ではないお菓子作りの中では失敗例の多いお菓子でございます。
そんな先生も「今まで得意な方だと思ってたのにある時失敗ばかりする時期があって・・」とご自身の経験からどんな失敗例があるか、そしてその原因までとことん検証してレポートにまでして下さったのには舌を巻きました。すごい~。
母は焼き縮みに悩まされてたタイプなので今日の先生の手つきを見て改善点が沢山見つかったので早速復習したいと思います。

D70E6CCD-AA1F-4D33-BCA6-7596557AA2C5

オーブンの中で見事に膨らむシフォンケーキ。
みなさんそれぞれ自分の「これで絶対失敗無し!」なテクを持っているものですがまずは失敗続きの人は色んな方法を試してみるのが良いかもしれません。

7CF364FD-6A5A-4EF2-83B8-B1A26A9D3F7C

無事焼きあがったら逆さまにして冷まします。

0515DB94-E4D9-403B-9F69-92C4D8CD910A

シフォンケーキを冷ましている間はお待ちかねのランチタイム。
今日はお食事マフィンとミネストローネ、そしてホットサラダのランチプレートでした。

762C120D-0F9C-44DE-9D00-DBC50D933B63

少し入った生クリームがスープ全体にコクを出し、とっても美味しかったです。
そしてお食事マフィン。ドライトマトとベーコンのコンビが最高でこれは美味しい。甘くないマフィン(ケークサレ等)を一度も作った事がなかったのですがこんなに美味しいなら今度作ってみよう。
美味しいご飯を食べながらお喋りが止まりません。こうしてみんなでワイワイ過ごす時間って大切なんだな~とつくづく感じました。
食後はヌガーグラッセ。
以前食べた時はパウンド型に流し込んだ物をスライスして頂いたのですがこうしてカップに入れると切る手間もないし見た目も可愛い。

95380EA2-27E6-40FE-BDFF-868BEF9AE4CE

スプーンを入れると・・
ナッツとフルーツのお目見え!洋酒に漬け込んだ甘夏ピールやレーズンが口の中で弾けて大人な味わい。みんなで歓声を上げながら食べました。

1E56EC29-3BF6-4017-A718-E04595D5AE9F

そうこうするうちにシフォンケーキも冷めたようです。
今回は先生が事前に焼いてくださったシフォンケーキにフルーツと生クリームを挟んでシフォンサンドにしてお持ち帰り。使うフルーツはイチジクとマンゴー、グレープフルーツ。
見るからにフワッフワなシフォンケーキ。潰してしまわないよう慎重に開いてカスタードやジャムを挟んでいきます。

D152BAD9-139A-4FE9-B311-918E3F5E5168

40B49302-03E5-485A-97E6-E05E73195069

そして先程デモで焼いたシフォンケーキも粗熱が取れたという事で急遽先生自ら「シフォンケーキの手外し(通常はナイフなどで型から外す)」を披露してくれることに。
手外しって耳にはするけど折角綺麗に焼きあがったシフォンケーキを上からグイグイ押す姿にとても勇気が出なかった母、今回見られたのは本当にラッキー!実は今日一番勉強になったかも(笑)。
みんなの悲鳴が上がる中、躊躇なくギュウギュウ押す先生。そんなに押したら潰れちゃう!(叫)

813BB006-A07A-45A7-B696-825E9FDE789D

側面を押したら更に底部分もギュウギュウ。

41066A73-6EEC-4AF3-9C63-92B0EA168AC7

もう元に戻るのは不可能なんじゃないか・・と一同思った瞬間。
それまで無残にも手の跡が残っていた生地がどんどん元の姿に戻り出しあっという間に綺麗な姿になりました。なにこれ~!魔法みたい。しかもナイフの跡が残らないので側面の美しいこと。
しかし「手外し是非やってみて下さい!」の先生の言葉には皆「・・・勇気がないよね」とやはり今一歩勇気が出ないのでありました。。

4C1C1789-C3A2-4839-BFC3-4F80FA5FDA1C

ヌガーグラッセとシフォンケーキの2本立ての今回のレッスン。
楽しく美味しい時間を過ごさせて頂いた先生には本当に感謝です。
おまけのシフォンサンドもついて全部で5個のシフォンサンド。家族で仲良く1個ずつ食べられそうです。
また次回、どうぞよろしくお願い致します。

【余談】
楽しい一日の後には現実が待ち構えております。
パン焼き復習28作目は折込みシートのパン。
三度、メープルシートの登場です。ようやく使い切れて嬉しい・・・(涙)

417DCD62-60DC-4D17-ABDF-429A529D5B2C
 
もうこの折込みにも大分慣れてきましたが今までの折込みと違うのはこのパンは折込回数が3回ととても多い事。レシピを事前にきちんと確認しておいて良かった。
パンでもお菓子でも初回は必ず作る前に全ての手順を確認するのは必須ですね。
伸ばして三つ折りにして10分休ませて90℃向きを変えて縦に伸ばしてを計3回繰り返すと意外と時間がかかりました。
最後は横方向に伸ばして。

3A6D181C-F7E3-4679-95A6-07B328A937B5

手前からクルクル巻いて9等分。

8B47A465-1D84-41D2-9635-6E4F9AF9E561

最後は型に敷き詰めて二次発酵します。

97B81AE4-2AD5-4E5E-BC4B-040B36335243

様子を見ながら発酵をしたのですが今日はオーブン発酵で40分かかりました。
見た目こんな感じになれば焼ける合図。

4941AFD9-0379-4989-9647-40BDF735D9A1

3回の折込の甲斐あって綺麗な渦巻き模様が出たパンになりました。
メープルの良い香り!ちぎりパンなのでみんなでワイワイちぎりながら食べるのが一番楽しい食べ方です。
今日のパンは一台全部知人にお届け。これで我が家の面々も安堵する事でしょう・・(既にパン生活に飽きて食いが悪くなってきてる)。
美味しく食べてくれる人の元に行くのがパンも幸せというものです。

D17FA4FE-4DAA-4538-BCC5-BE24C978B267

90CE5A91-7AC2-4E27-8628-2F29043C44FA

シート系のパンはこれでおしまいかな?
まだまだ残りのメニューは沢山。引き続き精進したいと思います。
ではまた。

【お知らせ】
8/25(日)21:00~コビトヤ9月分の予約受付を開始致します。
2か月ぶりのお教室です。皆様のご参加お待ちしております。



お菓子教室へ行く!in わたしのおやつ(2019 7月編)

今朝起きたら隣に次男が寝ていてびっくりしました。

そういえば昨夜は子供部屋で一人寝は嫌だと言われたんだっけ。(長男は旅行で不在)
しかし三男と次男に挟まれた母は夜中、脇腹を蹴られおちおち寝てもいられませんでした・・・
朝起きたら体中が痛くて敵いません。

今日は友人を誘って「わたしのおやつ」kaya先生のお教室に参加してきました。
7、8月は通常レッスンはお休み。その代わり特別レッスンを用意していつもとは一味違ったお教室となっております。
今日のレッスンは題して『コラボレッスン 夏野菜のキッシュ&デリ、アイスティーの会』

E501408F-3CC1-476C-952A-4316D48B6618

kaya先生のランチで大人気のキッシュを作りたい!というリクエストに応え本日はキッシュ作りの会です。そしてそれに合わせたデリも1品。更には今回はコラボレッスンという事でkaya先生のお客様でもありお茶のプロでもある宮崎先生をお招きしての何とも贅沢な内容となっております。
こんな盛り沢山な内容なので当然申し込みは熾烈を極めました。
友人二人を誘って3人で申し込みをしようとした母、予約開始5分前からパソコンの前でじりじりと待機。胸の高まりが止まらない(汗)。無事予約完了メールが来た時の安堵感ったらありませんでした。ああ良かった・・
しかし同じ事を他の方も考えていたようですぐに枠一杯になり急遽席数を増やしての開催となったようです。先生も初めての6名開催。ソファも活用して賑やかな幕開けでございます。
まずは写真のウェルカムティーで一息。夏らしい、トロピカルな香りがすると思ったらパイナップルのフルーツアイスティーなんだとか。
パイナップルのフレーバーティーにフレッシュなパイナップルジュースをひと垂らし、そしてソテーしたパイナップルも入っているという思わずみんなから感嘆の声。

B9CAE38A-24AD-48C0-BFDB-40D3A959B1FD

ウェルカムティーを頂きながらまずはkaya先生のレッスンから始めます。
今日作るキッシュはデモ形式です。デモとはいえ時間をかけてとても丁寧に見せて頂けるのでみんな真剣そのもの。ブリゼ生地という練りパイ生地はとにかく手早く作業する事と材料を冷やす事!
先生曰く、フードプロセッサーを使うとより手軽に出来るんだそうです。
生地をひとまとめにしたら3時間しっかり冷やし、生地を伸ばしていきます。

4C39F79F-5499-4B69-868B-5CCEAA367F83

キッシュは専用の型もあるのですがそれ以外では使う用途がないのでちょっと勿体ないですよね、とkaya先生。手持ちのお菓子の道具を使えるならそれに越した事はないと今日は丸いセルクル型の底にアルミホイルを敷いて焼く事に。
キッシュはとにかく地割れが恐怖!地割れを起こすとアパレイユが流れ出て見るも無残な姿になるので具材を入れる前に一つの亀裂も見逃しません。
無事空焼きも終え、最終チェックもクリアしたので具材とアパレイユを流し込んでオーブンでじっくり焼いていきます。

B962D991-B4C7-403A-876E-DF33A8ECF69A

夏野菜のキッシュというだけあってカボチャやズッキーニ、ドライトマトと目に鮮やかな野菜が沢山。

0BD0AE9C-79A5-4E55-9AE1-DCF6A3495448

キッシュを焼いている間にデリ作り。今日はキヌアのサラダなるものを作るようです。
キヌアとは雑穀の一種なんだそうです。昨今の雑穀ブームで一躍大人気になったみたい。
粟やヒエのような小さな粒なのですが、水で茹でると透明になってとっても綺麗。
穀物なので野菜と一緒に食べると少量でもとても満足感を得られるんですって。
デリ作りは2人1組で作業します。母は友人と。手分けしてひたすら同じサイズにカットしていきます。
緑に黄色、赤と見ているだけで元気になる色ですね。

6200FB48-4816-48C2-8CE2-5E6FA31F4740

5DB886D0-1AC6-4C9A-BDE1-9FC0D1FA6046

全て切り終えたら調味料と共に混ぜ合わせて完成です。一つ一つの野菜の量は少ないかな?と思っても出来上がりはこの通りボリュームたっぷり。

2908D9F8-F4AA-4AED-AD36-1EC776EE584D

キュウリが苦手な方は同じ色味のオクラで代用。こちらはこちらでお星様の形がとっても可愛い。
七夕に作ったら子供が喜びそうですね。

0C48531E-A7BD-47DE-A57C-24CF176045C9

さてさて。
続きましてはkaya先生に代わってお茶マスター宮崎先生の登場です。
kaya先生が口説き落としたとあってお茶に対する愛が半端ない。kaya先生の作業の時は後方からひっそりと静観されていたのですが、ステージに立つと途端に生き生きされていてそのギャップが面白かったです(笑)。
6人の生徒を前に「好きなお茶と、そしてそれはどんな時に飲むか?」としょっぱなからエンジン全開!しかしみんなそこまでお茶愛に溢れていないので先生に掘り下げられると返答に詰まり、四苦八苦しながら答えておりました。でも、みなさんお茶の好みが違って面白いですね。母はアールグレイ一辺倒なのでアッサムが好きとかちょっと変わったフレーバーティーが好きなど他の方の意見を聞けるのも良い勉強になりました。
座学はアイスティーの起源からその種類、淹れ方まで多岐に渡りしっかり小一時間程はやったのではないのでしょうか。ついつい素朴な疑問が頭をもたげる母「水出し紅茶と熱湯で淹れるアイスティーの違いや利点&欠点は?」と質疑応答を繰り返して話を更に長引かせ、多分kaya先生は背後で早くその口を閉じろと念じていたに違いない・・
キッシュは焼き上がってる。早くしろと(汗)。

BD6A45E6-58E8-4392-A596-DCE06323C6AE

一通りの説明が終わった後は先生のデモンストレーションによるアイスティー淹れ。
しばし先生の美しい手さばきをご覧下さい。
■ティーバッグの形状の説明

7D4CB159-92F2-4691-94C2-621031BDCDE0

■お湯を入れた後はしばし待ちます。
今回は手軽なティーバッグを使ってのアイスティーなのでお家でも復習しやすいのが良いですね。

44B82B6F-70CB-4C58-9612-062B7F007952

■じっくり煮出した紅茶を勢いよくグラスに注ぎます。
「氷目掛けて一気にね~!」

7413BC63-0CE1-4612-B003-61E526722E86

するとこの通り、美しい。
今すぐ飲める冷え冷えのアイスティーの出来上がりです。

C602EFE4-4E6D-4543-9057-A847481B379C

座学の後はいよいよ実践。
先程と同様、2人1組となってアイスティーを淹れていきます。
日本茶は熱湯よりも低めのお湯で淹れると聞いた事がありますが紅茶は沸騰した後更に5分程カルキを抜いたお湯を使うんだそうです。そして使うお水は空気を沢山含んでいる物が良いんだとか。
てっきり良いお水の方が美味しい紅茶になると思っていた母はウォーターサーバーの水で淹れていましたがむしろ水道水の方が美味しく淹れられるらしい。(浄水器を通した水道水)
それにしても1杯の美味しいアイスティーの為ならどんな努力も惜しまない宮崎先生。
「さあ!次は何するんだっけ?」「そう!ワイングラスに溢れる位の氷を詰める!」「そう、素晴らしい!」とナチュラルハイ状態(笑)。
その甲斐あってみんな透き通るような茜色のアイスティーを淹れる事に成功。
氷もたっぷり入れた、あとは1分半待つだけ!

4CA9488B-D547-4CE9-B6A6-579FCAB18AAA

出来た~!

8C449AFB-FFAD-44FD-8C04-E1754AC9F4A3

プロセスが多かった分、喜びもひとしお。みんなでグビグビ飲み干します。
一つ一つの手順を怠らなかった甲斐あって香り高く本当に美味しかった。

程良い脱力感に腑抜けていると待ってましたとばかりにランチプレートの登場です。
今日は人数が多いのでパーティー形式にしました、とkaya先生。
何のパーティだっけ?と思うような素敵なランチプレートに大歓声です。傍らにはワイングラスに注がれたアイスティー。優雅過ぎる。

BC5AC754-45F0-4644-A12F-752EB900E3BC

本日のメニューは・・
・フレッシュコーンの冷製ポタージュ
・キヌアのサラダ
・夏野菜のキッシュ
・生ハムのカナッペ
・ミニトマトのカプレーゼ
・セロリとレタスのサラダ

みんなでワイワイ取り分けて本当に楽しい、そして美味しいひと時でした。

F79D1476-E8A8-45F5-B93C-F5EBB28B9E63

デザートはココナツ風味のメレンゲと季節のフルーツ、バニラアイスをあしらった一皿。
そして食後のお茶は蓮の紅茶、ロータスティー。
蓮の紅茶なんて初めて耳にしました。僅かな苦みがデザートの口直しにぴったりでした。

D769BD64-7C47-4E20-8561-C16EBF5A8FFA

2C10F34F-1959-4E4E-BE47-8D04E3684E87

ウェルカムティーから食後の紅茶まで全部で3種類の紅茶を飲んだ我ら(途中でお代わりの紅茶もしたのでもっと)。
お腹一杯ランチを食べやがてやってくるのは睡魔。
いつも帰路で楽しみにしている友人との焼き菓子ツアーも「今日は・・やめようか。焼き菓子とか見ても買う気が全く起きないよね」と意見が一致し真っすぐ帰宅する事に。

それにしても想像以上に盛り沢山な内容に大満足の一日でした。
お土産にキッシュとデリと復習用の茶葉も頂きこれで母の明日の朝食は準備不要。

407D0699-D6E4-458C-BAAB-4CB11F4EBB25

いつもは無理だけどたまにはこんな風に時間をかけてお茶を淹れるのも悪くないな、と感じた一日でございました。
kaya先生&宮崎先生、楽しい時間をありがとうございました。

【余談】
今日のノルマを未達成というわけにもいかず夜中に焼きました。
現在4個目。ホテル風ブレッド。

2C275C11-7F2F-4BCC-8130-11BBD2114289


月例坐禅会に行く~文月の巻~

これで何日目の雨でしょうか。
長雨もここまで続くとお日様が恋しくなりますね。

今日は月に一度の月例坐禅に行ってきました。
境内のお庭も前回来た時よりも一層緑が色濃く。

95AC1F36-92F0-4B52-8488-7FAB2C23A333

お庭では紫陽花も終わり、今はハンゲショウや鬼百合が見頃を迎えていました。

E81D4766-84B4-4338-8B06-534A3788C9FC

04C4E8D4-9F55-4A3D-B619-37FD13D02B6C

予報では一日強い雨との事だったので今日は参加する人も少な目かなと思いきやいつもと同じかそれ以上の人に驚きました。特にこちらは和尚さんが英語が堪能な為、他国からの参加者が多く国際色豊か。所作の説明を日本語でした後、英語でも分かりやすく説明して下さいます。
今日のお話は丁度お盆の時期という事でそれにまつわるお話をいくつかして下さいました。
お釈迦様が立たれている蓮の花ですが、お寺にも探すと様々な蓮を模した物があることに気付かされます。初めてこの東光禅寺に来た時は座禅のみに集中していたのですが3回目になってようやく周りを見渡す余裕が出てきました。
改めて見ると本堂の天井に描かれた龍の荘厳さ。そして四隅を彩る四季の花の絵の美しさ。
ますますこの場所が好きになりました。
雨音を聞きながらの坐禅は何にも代え難い、空の自分になるひと時なのでありました。

坐禅が終わった後はお茶とお菓子で一服し、和尚様にご挨拶して帰路へ。
この後はもう一つのお楽しみ、さかくらさんで和菓子を買って帰るのです。
傘を差しながらてくてく歩みを進めるのも楽しい。
店先にはこの時期らしくミソハギと桔梗が生けられていました。
地域にもよりますがお盆には盆棚を作り、蓮の葉の上にお供え物を備え鬼灯、ミソハギや桔梗で周りを飾るのだそうです。

2A895D7F-2868-41EE-849C-4109ACE443AE

79204DDA-1020-461A-9DE0-52D0161B4F25

お店に入ると今日はご主人が出迎えてくれました。
ショーケースを眺めながら色々お喋りをする時間がとても好き。ご夫婦共にとても気さくな方で、他にお客さんがいないのを良い事に長々と滞在してしまいました。
今日は見た目にも涼やかなお菓子をメインに購入。

DSC_0053

DSC_0049

写真左手前から時計回りに。
・豆大福
・夏金魚・・・錦玉羹
・水饅頭(梅)
・水羊羹(黒糖)
・苔清水・・・煉切(粒餡)
・朝顔・・・煉切(こし餡)
・水饅頭(甘夏)

先日、丁度「美の壺」で向田邦子さんが水羊羹をこよなく愛していたというエピソードを聞いたばかりだったので今日は絶対水羊羹を買おうと思っていました。
今まで気にも留めませんでしたが改めて見ると確かに水羊羹って角が絶対に欠けていない。そのシンプルな見た目からは想像も出来ない程切る時は気を配るお菓子なんだろうな。
さかくらさんの水羊羹は普通のお砂糖の他に黒砂糖で作った物があります。今回は黒砂糖の物を。
小豆をもっと濃くしたような濃色は夕暮れに溶けてしまいそうな程深い。

DSC_0054

大福は餅米の味がきちんと感じられ、水饅頭は暑さを忘れる程の喉ごしの良さ。
どれも頂く前にひと呼吸置いてその技の丁寧さに溜息をつきながら頂いたのでありました。

次の月例坐禅は9月。
暑い夏は一休みです。

ではまた。













月例坐禅会に行く~水無月の巻~

日曜日。

先月に続き白山坐禅に参加してきました。

67BDF2A3-BE01-4B12-9148-6A648D5E4D70

金沢文庫の東光禅寺にて行われている月例座禅"白山坐禅"。
月に一度、という気軽さから母の中で早くも定着しつつあります。
朝6時に家を出発すると外は意外にひんやり。
小雨が降る中、人もまばらな道を歩くのは気持ちが良い。
金沢文庫に着いたのが7時ちょっと前。前回の反省から坐禅の前にはしっかり朝ご飯を食べることに。
前回、寝坊して朝ご飯抜きにしたら座禅中にお腹が鳴って恥ずかしかったのです・・
カフェオレと共にパンで腹ごしらえ。ついでにバスの時間まで余裕があったので持参した本を読んだり。

C950CA45-4082-4A08-8DBC-8600754ACB4A

6月の東光禅寺は明け方までの雨でしっとりと濡れていました。
山門の手前には紫陽花がお出迎え。先月には見られなかった光景に心が潤います。
奥には新緑から深緑へと移り変わるお庭の景色。

80A9987F-44A6-47D0-BD2F-186FE24D2E76

ここ東光禅寺のお庭は小さいながらも細部まで手が入っていて庭木1つにしても丹精に育てられている事が良く分かります。人間もそうですが植物も同じ。手をかけてあげるとその分、応えてくれるのです。
紫陽花の中でも特に好きな山紫陽花。

CB5EA2B4-A351-43D3-9B5A-D73F08B58610

今は紫陽花、そして南天の花が見頃。
南天の咲く前の可愛らしい白い蕾も大好きです。難を転じる、という縁起の良さから古来から日本人に好まれて植えられてきました。

B385C7DC-AFB7-4C60-83C5-E4C3360B8C0E

程なくして坐禅会が始まりました。
和尚さまによる季節のお話の後、般若心経をみなで読みその後坐禅が始まります。
水を打ったかの如く静かな堂内にホトトギスの声と木々のざわめきが響きます。相変わらず呼吸がなかなか整わない母でしたが、無心になる事は出来この時だけは空っぽの自分、母でもない妻でもない存在になれました。

15分3セット、計45分間の坐禅の後は最後の御経を読み終了。それにしても今日はとにかく睡魔との闘いだった。。
階下でお茶とお菓子を頂き解散です。今日は肌寒い位だったので温かいほうじ茶が身体に沁みました。

1CC66C82-A4C1-438A-B21C-E03F5581B8AF

お茶の時間では坐禅から煩悩の世界に戻り、夏に行く海外旅行の話などおじさま達の楽し気なお喋りが聞こえます。
お茶を頂いた後は和尚様にご挨拶をして帰路へ。今日は帰りに寄る場所があるのです。
いつもはバスで帰るところを今日は歩きで。
着いたところは一軒の和菓子屋さん。

71EA2298-1088-4DE3-A00D-27440E3C862A

■金沢さかくら

83C1C428-0E8D-479B-8E2C-2F88EE34F591

東光禅寺から歩いて15分程にあるこちらのお店。
実は座禅の後に頂いたお饅頭がとても美味しかったので和尚さまに伺ったところ、こちらのお菓子を使われていると。これは一度お店に行きたいと思い本日の運びとなりました。
ご夫婦で切り盛りされている小さなお店ながら上生菓子の種類はとても豊富。そしてどれもとても美しい。
聞くと三渓園のお茶の席や様々なお茶会にお菓子を出されているそうで納得。
今の季節は紫陽花や枇杷、そして氷を模した水無月。
外郎の生地の上に浮かぶ小豆の赤い色は邪気を払うおまじないとして表現されているそうです。
悩んだ末に買ったのがこちら。

294164AE-C068-44FE-A5DF-8E7751A7DB02

・笹餅
・四葩(よひら)・・紫陽花の別名。  煉切製
・青梅   外郎製、中は白餡
・紫陽花   きんとん製、中はつぶし餡
・枇杷   外郎製、中は白餡
・水無月  外郎製

どれも手頃なお値段なのがまた嬉しい。
これから毎月、お寺からの帰り道に寄る楽しみが増えました。
坐禅をきっかけに美味しい和菓子屋さんとつながれた事に感謝しつつ、本日も終了。

来週は少しでも晴れ間が見えると良いですね。
それではまた。


お菓子教室へ行く!in わたしのおやつ(2019 5月編)

土曜日。

友人を誘ってお菓子を習いに行ってきました。
教えて頂くのは"わたしのおやつ"のkaya先生。

8BCB9F5E-55D6-4E26-A60B-36C4C690C65C

最寄り駅で友人と待ち合わせして歩く事5分程。
ご自宅の前の桜の木もすっかり緑色に衣替えしていました。この間来た時は桜が1輪咲いた位だったので早いものですね。
本日は絞り出しクッキーのレッスン。
このレッスン、ブログで告知された時から狙っていた母。スケジュールが出るやいなや仕事中の友人に連絡して希望日を挙げてもらい、予約開始と共に即効申し込みました。
kaya先生の週末クラスは激戦なのです。
我らのように週末しか動けない身にとっては数少ない週末レッスン日がとても貴重。そしてまだ1席空いていたのでこれまたお知り合いの方をお誘いして3席丸々貸し切ってしまいました。

まずはウェルカムドリンクのハーブティーを頂きながら座学。

6DED9AE0-CDDA-4367-A08C-1E014B404B33

クッキーとビスケットの違いってなんとなく分かったように思っていましたが糖分と脂肪分が全体の40%以上のものがクッキー、それ以下のものがビスケットってご存知でしたか?(日本の定義)
へ~、とみんなで感心しながら聞き、続くサブレの説明でも目から鱗でした。
レシピの紹介の後は手順の説明です。今日はまずは生地作りの前にメレンゲで絞り方の練習をして、その後本番という流れ。
kaya先生はお菓子にもよりますがテクニックが求められるお菓子は大抵練習の時間を設けてくれます。
デコレーションケーキでは生クリームに似たクリームでナッペの練習をし、今回はメレンゲで絞り方の練習をします。メレンゲで練習するメリットは、練習した後は焼いてメレンゲ菓子になる事。
もちろんお持ち帰りできるので戦利品がひとつ増えるってわけです。

まずは先生のお手本から。
美しい絞り出し。なんか女の子の知育おもちゃでこんなのありましたよね。"ホイップる"だっけ?
男子しかいない我が家では一度も目にする事はありませんでしたが。

4FAE818F-39B8-43FA-9DDF-1510B66647AA

先生の美しい腕前。

7A1C05AD-6B10-4588-AEA9-A720997AB640

お手本の後は3人で交代で練習します。今日は4種類の絞り方をマスターせねばならないのでみんな真剣。
悪戦苦労の末、大小様々な絞りが完成~。この後低温で1時間程乾燥焼きしたら美味しいメレンゲ菓子になります。

856CBB38-027E-4097-BF5F-270C82744311

メレンゲを焼いている間にロミアスの中に入れるキャラメルナッツを作ります。
お鍋の中のバターとお砂糖がキャラメル色になった所でスライスアーモンドを入れて手早くシートの上に。常温で固めた後は粗く砕いてクッキー生地に乗せて焼きます。

9B651001-1F4E-4831-A3E5-D2C8CBE64D0A

さあいよいよ生地作り。
母は後攻なのでまずは先攻選手の様子を眺めながら歓談。2か月ぶりに会う友人との話が尽きなくてお菓子作りどころじゃない(笑)。
そんな呑気な母を尻目に時折アクシデントに見舞われる先生&生徒さん。頑張れ~!
この絞り出しクッキーの良い所は絞りに納得いかなかった場合は、生地を絞り袋に戻して再び絞り直せるところ。そう何度もは出来ないと思うのですが2回位なら全然大丈夫そうでした。

BlogPaint

絞り終わったところ。
このドレンチェリーのレトロな可愛らしさがとっても可愛い!
あとは焼き上がりを待つばかりです。

38ED4633-1ACE-43DD-BC46-2FA9E3E1F057

作業がひと段落したらお待ちかねのお昼です。
今日はkaya先生お手製のスパイスカレー!自称スパイス中毒と名乗るだけあってまろやかな味の中にしっかりとスパイスが潜んでおりました。ホロホロに煮込まれた鶏肉とヒヨコ豆が絶妙。
付け合わせは紫キャベツのマリネとココナツと青菜(名前を忘れた・・)のサラダ。
「お菓子教室のランチにカレーってどうかなと思ったんだけど・・」と先生。
いやいや、子供がいる家庭ではまずスパイスの効いたカレーなんて作れないので外でしか食べられない貴重なお味。3人共「美味しいね~美味しいね~」と舌鼓を打ちながらあっという間に完食。
それにしても米はパンと違い満腹感が半端ない。その後しばらくお腹が空きませんでした。

5A376D9F-2057-4E98-9427-28322C539BFD

満腹のお腹をさすりながら再びお喋りに興じていると甘~い香りが。どうやら焼き上がったようです。
この画は壮観ですね。

AFB54010-C814-48BB-AD69-95C7A9C708BB

さて。
作業も後半、飾り付けです。
事前にブリキ缶を希望していた他の2人はこちらに詰めます。
このままどなたかにプレゼントしたら絶対喜びますよね。

EE1B52D1-E5AA-40BE-BE83-92615E86599D

全部で4種類のクッキーが勢揃い。
・チョコがけクッキー
・粉チーズと黒コショウ
・ドレンチェリー
・ロミアス

34E95CC9-ECCB-47E5-BE65-9ED4A27DC94B

無事完成した後は互いの出来栄えを称賛しながらのデザートタイムです。
今日のデザートは・・
・ココナッツのブラマンジェ  パイナップルクーリー乗せ
・ひと匙デザート  メレンゲ乗せ

3A655213-6AE2-4B15-B6B8-19F4E605DBB0

2ED71C9D-0A01-4BF7-AB76-034639897A64

練習用に焼いたメレンゲを使って2種のデザートを用意して下さった先生。
kaya先生はメレンゲ使いがとってもお上手。母が今まで見向きもしなかったメレンゲを都度趣向を変えて登場させてくれます。まるでメレンゲの魔術師(笑)。
ブラマンジェはまったりと滑らか。そして上に乗ったクーリーとタピオカがもうすぐ到来する夏を予感させて大変美味なる一皿でした。
ひと匙デザートは少量のチョコアイスの上にバナナ。そして小さなメレンゲ。
王道のチョコとバナナにメレンゲのサクサク食感が加わりとっても美味しい。
絞り出しクッキーのレッスンはあと1回、5/21(火)がまだ残席あるようなので気になる方は是非どうぞ。焼き菓子のレパートリーが増えると日々のおやつが格段に贅沢なものになりますよ。

お腹も心も満たされた後は帰路へ。
と、前回同様リサーチ神である友人から「久が原駅に行ってみたいケーキ屋さんがあるんだけど一緒に行かない?」と誘われ仰せの通りについて行くしもべ(笑)。
友人のおかげで今日もまた新たなケーキ屋さんを開拓する事が出来ました。

B280BCBE-B1E2-4298-8F9E-60B252FB2618

■ラ・スプランドゥール(La splemdeur)
小さな店構えながら生ケーキ、焼き菓子共に本格的。
どれも見た目が素晴らしく美しく迷ってしまいましたが焼き菓子はkaya先生のところで作ったクッキーがあるのでやめてショートケーキとグラスデザート2種を購入。1個がなかなかのお値段なので大人の分だけ(笑)。
味ですがどれもすごく美味しかったー!


45F7E2C4-67D2-4D5F-AE4C-79E6E7DA0144

kaya先生、今日も美味しい時間をありがとうございました。
ではまた。



記事検索
koaji1117をフォローしましょう
プロフィール

koaji1117

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ