こちら素材屋小秋編集部
2014年05月24日
2016年から8月11日を「山の日」と定める改正祝日法が、5月23日に参院本会議で可決、成立したことを受けて、山の日のイラストを描きました(2種類あります)。



山をあらわす象形文字からヒントを得たデザインと、輝く朝日を背景にした山のデザインの二種。どちらも「山の日」の文字と8月11日の日付入りです。山の日を題材にした記事のワンポイント画像などとして、ご自由にご利用ください。

さて、8月11日が、祝日「山の日」になるというニュースを聞いた私の感想は、「あんまりうれしくない。。」というものでした。理由は三つ。

1.どうせ祝日を新設するなら、6月にしてほしかったというガッカリ感

今日、よくニュースを読んでみたら、祝日がないのは6月と8月なんだけど、6月は山開きシーズンってことでいいんじゃない?という案も浮上してたらしいです。

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という制定の趣旨とも親和性があるし、これは6月に決まりじゃないかと思うのですが、なぜか「お盆休みと重なりやすい」という理由で8月11日に決定。意味不明です。

2.8月11日は、世間がお盆休みムードに突入しているので、むしろ出勤したい

この時期、夏休みを取っている人が多く、電車は空いてるし、勤務先にも人が少ないので、普段よりリラックスした気分で出勤できるんですよ。電話も少なく、仕事に集中できますし。

3.無理に休まされたところで、暑いのでどこにも遊びに行きたくない

むしろ涼しい会社に行きたいかも。

以上、8月11日の山の日がうれしくない理由を挙げてみたわけですが、この祝日、これまで少し早目にお盆休みを取れる地位にあった人たちからもガッカリされるでしょうね。これまで、8月11日は道路や施設も比較的空いていたのに…って。

ということで、何だかなあという感じの祝日「山の日」でありますが、季節の素材屋として、ネタが増えという点では歓迎したいと思います。今後、山の日のイラストシリーズとして、山や登山関連のイラストを量産していきますので、ご期待ください。
 ↓  ↓  ↓
8月11日は山の日

koakishiki at 09:25│ | Edit twitterでつぶやく  
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ブログパーツ