こちら素材屋小秋編集部 >  12月 >  かぼちゃ
2009年11月26日
「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」と幼少の頃に親に教えられ、また世間でもそのような伝承を守っている人が多いようですので、何の疑いもなく12月のイラストとしてかぼちゃのイラストを描いてみましたが、よくよく考えてみれば、なぜ冬至にはかぼちゃなんでしょうね? 

調べてみましたところ、日本や中国では、古来より冬至を境に運気が上昇するとされているらしいんですね。

ご存知のとおり冬至(2009年は12月22日)は1年で最も日が短い日。ということは、翌日から日が長くなっていくということで、つまり冬至は太陽の力が再び上昇に転じる日、そして人々の運気も上昇に転じる日というふうにとらえられていたんだそうです。いいですね、このプラス思考!

そして日本では、そんな冬至の日に「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれてきました。

冬に食べられる「ん」のつく食べ物といえば、にんじん、だいこん、れんこん、ぎんなん、そして・・・なんきん(南京=かぼちゃ)! ということらしいです。なんと土用の丑の日のうなぎと同じく語呂合わせだったんですね^^;

ことさらにかぼちゃがクローズアップされるのは、絵的にキャッチーだからか、甘くていちばん滋養がありそうだからか、その点は不明ですが、まあおいしいのでよろしいのではないでしょうか。

ということで、久々にかぼちゃの煮物が食べたくなってきた素材屋小秋のかぼちゃのイラストはこちらです^^

かぼちゃのイラスト>>

WEB担当からは「リアルすぎてかわいくない」という評価を受けましたので(泣)、小さくすればかわいくなるかもしれないと思って、60ピクセルに縮小してみたのがこちらです。

かぼちゃ イラスト

小さくすればかわいくなるというものでもなさそうですね^^;

背景に「冬至」の文字を入れたものと、大小2個のかぼちゃが並んだバージョンもあります。フリーのイラスト素材サイト『素材屋小秋』の12月のイラストのカテゴリよりご自由にお持ち帰りの上、ホームページやブログ、また、会社、町内会、学校の印刷物などを彩る冬のイラスト素材としてご活用ください。

koakishiki at 08:13コメント(0)トラックバック(0) | 12月  | Edit twitterでつぶやく  
トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ブログパーツ