2012年03月24日
たぬきのイラストを描きました。二種類のたぬきの置物のイラストです。ひとつは、多くの人が「たぬき」と聞いてイメージするであろう信楽焼ふうのバージョン、そしてもうひとつは、私が徳島出身ということで、ちとローカルですが、小松島ステーションパークにある狸の像のように提灯を持たせたバージョンです。

いずれも無料ですので、ご自由にお持ち帰りのうえ、ホームページやポップ、チラシなどにご活用ください。徳島の観光案内パンフレットや、ポスターへのご利用も大歓迎です!

さて、徳島にゆかりのない方は、なんでたぬきのイラストの話で徳島が出てくるの? と不思議に思われたのではないでしょうか。

そんな皆さんのためにご説明いたしますと、徳島には「金長さん」という狸が登場する『阿波狸合戦』という伝説がありまして(ジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』の題材となった作品です)。

阿波狸合戦|Wikipedia
http://tinyurl.com/7flelza

なので、徳島には、それにちなんで「金長まんじゅう」というパッケージにたぬきの絵が描かれたお菓子があったり、「阿波の狸まつり」というお祭りがあったり。何かというとたぬきが登場する土地柄なんですね。

ちなみに「金長まんじゅう」を製造販売しているのは、地元のお菓子屋チェーン「ハレルヤ」なんですが、ハレルヤにはたぬきの形をしたケーキがあります。大きさは昔ながらのモンブランケーキぐらいで、バタークリームとスポンジをだるま状に重ねてチョココーティングしたものに、アーモンドの耳を付けて、クリームで目鼻を描いたというもの。

食べる時は、頭からぐしゃっと潰すような格好になりますので、見た目がグロいのと、あと中身の1/3ぐらいがクリームということで少々くどいので、子供の頃はがっかりケーキの筆頭だったのですが、最近むしょうに食べたくて困っております。

しかし、調べてみたところ、たぬきのケーキは通販の取り扱いはなくて、徳島にあるハレルヤ直営3店舗のみの販売とのこと。うーん、そうかあ。。これほど真剣に帰省を考えたのは、ここ数年で初めてな気がする素材屋小秋のたぬきのイラストはこちらです。

koakishiki at 14:11コメント(0)トラックバック(0) | 11月  | Edit twitterでつぶやく  
トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ブログパーツ