こちら素材屋小秋編集部 >   >  巳文字
2012年11月21日
来年、2013年(平成25年)の干支「巳(み)」の文字のイラストを作成しました。

「巳」の筆文字に松竹梅をあしらった四角いスタンプ風が赤と金の2枚、ゴシック体の「巳」をマルで囲んだこれまたスタンプ風のものが1枚、それから白い蛇皮をイメージした背景に金色の「巳」の文字を載せたものが1枚の計4枚です。

年賀状やカレンダー、新春セールのチラシやポスターなどに幅広くご活用ください。

さて、巳って文字、書く時に悩みませんか? イラスト作成中も、こうしてブログを書いていても、どうも「これでいいのかなあ 漢字間違ってないよね?」という不安がぬぐえません。

これは「巳」とよく似た漢字に、「已(イ)」「己(キ・おのれ)」があるからでしょうね。「み」と打って変換しても「已」「己」は出ないので、間違いようがないのですが、なんか心配で。

特に「己」との区別が不安ですが、これは、「たつみ」さんという苗字に「辰巳」「辰己」という2種類の表記があるからだと思われます。おそらく「辰巳」が本来で、「辰己」は間違い表記だったのがそのまま通用するようになったのかな? ということで調べてみました。

すると、さらに混乱する事実が判明・・・「辰己」で検索すると、司法試験・法科大学院予備校の老舗"タツミ"のサイトが検索結果のトップに表示されるのですが、この"タツミ"の漢字表記が「辰已」なんですね。

えっ、ちょっと突きでてる・・・(汗)

「巳」でも「己」でもなく「已」。同予備校のWikiにも、ちゃんと「「已」は、「已然形」(いぜんけい)の「已」が正しい。」と書いてあります。

あと、愛知県一宮市にも、同じ表記の「辰已」という地名があったり。うーん、3つの漢字がごっちゃになってしまっているのか。

そこで「巳 己 已」というキーワードで検索してみたところ、このようなブログ記事がヒット。

「己」「巳」「已」の関係(1/2)|夜もすがら登記イズム
http://toukism.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

戸籍の名前と土地の登記の名義の表記が違っていて、揉めることがあるらしいですね。

あと、互いに似ているものを示す「已己巳己(いこみき)」という言葉があるなんて情報があったり、「巳」のWikiに、「巳」は『漢書』によると「「已」(い:「止む」の意味)で、草木の成長が極限に達した状態を表しているとされる」なんて解説があったりで、これはもうカオスw

手に負えないので、最低限干支の「み」=「巳」ということだけ、きっちり押さえておくことにしようと思った素材屋小秋の巳文字のイラストはこちらです。

憶え方は、景気よく「巳年には上まで突き抜ける」ってことでいかがでしょうかね。

koakishiki at 16:15 | | Edit twitterでつぶやく  
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ブログパーツ