2009年10月16日
10月の行事ハロウィンにちなんで髑髏(ドクロ)のイラストを描きました。海賊旗やロックバンドのロゴマークなどでおなじみの頭蓋骨の下に交差した2本の骨をあしらったデザインのドクロのイラストです。

背景が白のものと無地のもの、そしてハロウィン仕様のドクロとして魔女帽をかぶりこうもりを従えたもの3種類をご用意しました。

いずれも無料ですので、フリーの挿絵イラスト素材サイト『素材屋小秋』の10月のイラストよりご自由にお持ち帰りの上、ホームページやブログ、また、会社、町内会、子供会、学校(あんまり需要がないかもしれませんが^^;)の印刷物などを彩るハロウィンのイラスト素材としてご活用ください。

もちろん、お店のホームページやチラシなど、商用の媒体でのご使用も大歓迎!また、ハロウィンだけでなく、1年を通じてお使いいただけます。

さて、ドクロのイラストを描こうと思い立ったときに、真っ先に頭に浮かんだデザインが海賊旗のドクロでした。このタイプのドクロが、ミッシェルガンエレファントなど好きなバンドにロゴとして採用されていたり、ロックを象徴するモチーフとしてあちこちで使われていたりしますので、ドクロといえばこれ、という刷り込みができているようです。

で、ロックの人たちは海賊旗のドクロを何で採用するかというと、おそらく海賊の悪とか破壊とか野性とかそのへんのイメージを借用したいからなんでしょうが、では、そもそも海賊はなんでドクロを自分たちの旗のデザインとして採用したんでしょうね?

調べてみたところ、あのドクロには襲撃対象となる船に警告をするという役割があるんだそうです。降伏しなければ「汝の運命かくの如し」、すなわち殺されて骨になっちゃいますよー、という意味なんだそうで。

名前もちゃんとありまして、「ジョリー・ロジャー(Jolly Roger)」というそうです。語源は明らかではないそうですが、英仏海峡で活動した私掠船が俗語で「ロジャー」と呼ばれていたことと関係があるのかもしれないという話です。

ところで、以上のことはウィキペディアで調べたのですが、関連するリンクをたどっていくと「スカル・アンド・ボーンズ」という項目があったので、そちらも見てみました。

てっきりホラー関連かロック関連のキーワードだと予想していたのですが、なんと、スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones)は、アメリカのイェール大学にある秘密結社で、あのアメリカ前大統領のブッシュさんとそのお父さん、おじいちゃんも所属していた団体なんだそうです。

その結社のマークも頭蓋骨と骨なんですねー。海賊とアメリカ大統領が同じ紋章を掲げているなんて奇妙だなあと思う素材屋小秋のドクロのイラストはこちらです。

ドクロのイラスト>>

koakishiki at 13:12コメント(0)トラックバック(0) | 10月  | Edit twitterでつぶやく  
トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
スポンサードリンク
スポンサードリンク


ブログパーツ