前回の日記の【カナダ生まれの“カナコ”さん】の記憶が、
女子高時代のクラスメートの記憶にないということに愕然と
しているのっとちゃんです。〜( ̄∇ ̄)〜

でもおかしいなぁ。 絶対あったのよ、その人の席!

入学してすぐの時、一番窓際の後ろの方だったはず。
とすると、苗字が「や・ゆ・よ」で始まるぐらいかな。
あ、kamekitiの列よっ!!


まぁ、私たちぐらいの年齢にもなると、記憶が飛んだり抜けたりと
いうのはよくあることで・・・ええ、少なくとも私の記憶は最近
かなりの確立で抜けます。


もう少し頭を鍛えなくては・・・ということで(?)、
ひとまず、目の保養に美術館へ行くことにしました。

芸術の秋・教養の秋ですからねぇ♪


金曜日はちょうどうちの小娘の学校が休みだったので、今まで
行きたいなぁと思いつつも行くチャンスがなかったナッシュビル
 "FRIST Center for the Visual Arts" へ行くことにしました。


入場料は大人が$8.50、18歳以下は無料です。


この日はギャラリーが半分しか開いていなかったので、その入場料も半額。 
まずは一階に展示してあるテネシー州の高校生が出展している
アートを見て回りました。

どれも高校生の作品とは思えないほどの出来。

うちの小娘もお絵描き好きだけど、「お絵描き」のレベルですからねぇ・・・。


2階のギャラリーでは、メインの "5,000 Years of Jewelry - Bedazzled"展
をやっていました。 スポンサーは The Tiffany & Co. Foundation で、
紀元前に作られた金細工や、昔の古っ〜いティファニーのダイヤの
リングなど等、キラキラしたものを目の前に、ため息ばかりついてしまった私。


ギャラリーを一通り見て回った後は、ArtQuest というコーナーで、
実際に絵を描いたり、工作したりすることができます。

私はプリント・メイキングに挑戦。

うちのハチ坊のデザイン画を描いて、それをフォームへ転写し、
インクを付けて台紙に転写するだけ。

これがなかなか楽しかった♪


来週からは、現代ポップアート展が始まるらしいので、
また行きたいなぁ、と思っているような次第です。(・`v´・)


やっぱり秋は芸術の秋。 教養を深めないとっ!


って事で、今日のハチです。 りりしく写ってるでしょ?!

Nov. 4 ハチ