2006年03月

2006年03月31日

マグカップ蒸し 柚子風味

ad850feb.JPG世界最強のマグカップ蒸しチャレンジャーである僕は、日々の精進、日夜を問わない研究を怠らないのだが、今夜は『柚子風味お吸い物』で挑戦してみよう。
しかし、宮園純子さんって、みなさんあんまり知らないだろーなー、第一、こいつ全然似てないし、、、。    

100円ショップで売ってた『柚子風味お吸い物』、5袋入りで¥105−だから1杯¥21−、卵1個で¥10−として1マグカップ蒸し約¥31−で出来る。お手軽やねぇ〜。
作り方はいつもと全く一緒、おふを少々トッピングして約3分、チ〜ン。 柚子の香りがどんな風味を生み出すのだろうか、そしてお味は・・・

ぅ、ぅ、 むー。 味があんまりしない、柚子との相性が悪いのか、この商品のせいなのか。試しに本来のお吸い物も作って試してみたが、、、この商品のせいのようだ、これも味がはっきりしない。やっぱ永谷園がベストかなあ。

100円ショップはそれなりに利用する、主に日用品。今のマンションに引っ越してきた9年前ほどは、色々食器やグラスもそこそこの物を取り揃えた。
しかし、割るんだなあ、しょっちゅー。
特にお酒が入ってるとペリンパリン、ガシャンベシャン、チュドォォォーン、、、とまぁ、擬音語化は置いといて。
勿体無いから、今では食器、グラス類は殆ど100円ショップに頼っている。見栄えも悪くないものが殆どだしね。 だけど、、、

安かろう悪かろうとは言わないけど、言うけど、すぐに書けなくなるサインペン、特に極太のものは情けなくなるくらい早い。シンナーに先をちょこっとつけて暫く置いておくと幾らか寿命は延びるのだが、それでも早いという印象は変わらない。
2、3回履くと穴が空く靴下。僕の場合は親指の先が必ず空く。新品の段階で生地が透けそうだもんな。
接着力の弱いスティックのり。塗ったあと、封筒の封を暫く指でつまんでなければ開いてしまう。

他にも色々例はあるけど、悪口ばかりではない、食器、グラス同様、イカす物も多い。毎朝、仕事場で1本は飲む缶コーヒー、2本で¥105−。これは助かる、おまけに街中では殆ど見かけないサンガリアだからごゴキゲンだ。 調味料もたまにしか使わないものはここで十分。

そして、今回は買わなかったけど、『しじみのお吸い物』と『わかめのお吸い物』が気になる。これも世界最強のマグカップ蒸しチャレンジャーの性なのか。


banner toy alien

おいで下さって有難う。ランキングはこちらをクリックしてね。

2006年03月30日

テキサスの黄色いバラ ”8”

c3bd0d75.jpgコニャックのCAMU VSOPも好きでたま〜に買う、一時はこればかりの頃もあった。で、暫く続いた後、お安いものに代えたら舌に刺激ちゅーかピリピリって感じがあって、お値段の差なのかなあと思ったことがある。

で、『テキサスの黄色いバラ』、8年物を買ってみました。他のウイスキー同様、熟成期間が長いものほどお高くなるのだけど、味はどーかなー、バーボンは元々クセの強さが魅力ってとこがあるから、高いから口に合うってもんでもないと思う。これも12年、15年物とかもっとお高いのもあるようだけど、、、ム? ムムムムム?
普段飲んでるものより、お、美味しい、、、かもしれない。そ〜んな気もするのだけど、、、酔ったら一緒だけどねぇ。

『テキサスの黄色いバラ』っていう名前は、南北戦争の頃から歌われているアメリカ民謡から取ったネーミングなんだけど、テキサス美人のことを指すらしい。
西部劇の挿入歌でよく使われるんじゃないかな、聞けば、あぁ、あの・・・って誰でも耳にしてるメロディです。
ニューディール政策で有名なフランクリン・デラノ・ルーズベルトの愛唱歌だったらしい。第二次世界大戦中の大統領だったけど脳卒中で急死、副大統領のトルーマンが昇格、そしてヒロシマに原爆が落とされた。この民謡にも色んなアメリカ史にまつわるお話があるようだ。

僕はお酒や肴を前にしてウンチクをどうこう垂れるのはあんまり好きじゃないけど、お酒が美味しくなるような会話のネタになるならそれも良し。飲んでるお酒にまつわるエピソードが色々あるならそれも楽しい。



banner demae

おいで下さって有難う。ランキングはこちらをクリックしてね。

2006年03月29日

キッス オブ タラコ

74088952.jpg今夜はなんだか質素なお酒の肴、でも、ちりめんじゃこ、美味っ! 焼きたらこ、美味〜っ! タタキに付いてた残りのわかめ、、、まぁまぁ。。。
ウニやイクラやあわびなども大好きだけど、特に高価な食材でなくとも美味いものは美味い。 そしてたらこといえばタラコ唇。   ??? 

アンジェリーナ・ジョリーは好きな女優さんだけど、特にファンというほどでもなく好みのタイプという訳でもない、まぁ、ブラピにくれてやってもいいかな、ちゅーところ。それといつも思うけどお父さんに似なくて良かったなー。しかし、あのクチビルはいいなぁ、厚みがあってぽっちゃりしてて。

アメリカの男性向け雑誌の『世界で最もセクシーな女性100人』ってランキングで今年のナンバー2、昨年はナンバー1っていうのもあのクチビルの魅力に依るところが大きいと思う。 有名どころではジュリア・ロバーツなんかも肉厚なクチ ビルだけど、あの人は口そのものが大きいからね。
京唄子的なお笑いのテイストと、口裂け女的な怖さが程よく調和されたような印象が強くて、あんまりセクシーとは感じない。

昔、キーファー・サザーランドとの婚約が破棄された原因は、口げんかのあげくカッとなったロバーツに、あたま丸ごと噛み付かれたのでサザーランドが怖くなったから、っていうニュースが世界中を飛び交った。真偽のほどはサダカではないがありうる話だ。それで松島トモ子症候群的トラウマになったのか、お陰でサザーランドは24時間働き詰めのワーカホリックとなったと言う。これも真偽のほどはサダカではない。

個人的な女性の好みに『タラコ唇』というファクターは無いけど、肉厚のクチビルってキスした時の弾力のある感触が気持ちいいのだ。ムチュ〜、っていうか、ムミョ〜っていうか、ムニョンっていうか、擬音語化は置いといて、、、。
興奮を伴った快感とは別に、毛並みの良い猫を頬擦りしてるような、手打ちのそばがのどを通る時のような、プチプチを一つ一つ潰している時のような気持ち良さに似てる、、、かな?

そんな風に考えると、ジョリーほどの肉厚ぽっちゃりのセクシーなクチビルは他にはあんまりいないなあ。
思いつくところでは、、、鈴木雅之、時任三郎くらいかな。故人ではいかりや長介が代表格か、、、あ、松本清張なんてキスしたら凄く気持ちよさそうなクチビルだ!

   そんな奴はおらんやろ〜     (by 大木こだま、ひびき)


    あ、大木こだまも!


banner kikaider


おいで下さって有難う。宜しければクリックしてってね。

2006年03月28日

カツオのタタキ

00888d9a.jpg昨夜はロッシが頑張ったけど駄目駄目、久し振りに表彰台に上がれず、イタリアワインの祈りも利かないって訳じゃないけど、途中で焼酎に代えたので今夜はその残りでタタキを。一般に日本酒を合わせる人が多いんだろうけど、辛口の白ワインもなかなかイケル。
ほんとならたまねぎのスライスを和えたいところだけど無いものはしょうがない。あんまり手間も掛けたくないし。

以前、高知の友人から本場のカツオのタタキを送って貰った事があって、これがもう美味いのナンノ! 南田洋子が長門裕之を絞め殺すくらい、うんにゃ、南野陽子がヨーヨーを落としちゃうくらい美味かった。
通販専門の業者から送って来たのだけど、付いていたタレが見事な味でこれならそこそこの鮮度のカツオでも美味くなるかもしれないっちゅーくらい。勿論、カツオそのものもおいしくて、身の色が凄い赤色をしてた。
それ以来、こっちでカツオを買うときは一本の切り身になったものは中の色が見えないので、刺身状のパックのものを選ぶようにしてる。でも、なかなかその見事な赤色にはお目に掛かれないし、やはり味もその時のものにかなわない。

その友人は以前は大阪在住で、その頃から本場高知との味の差を言っていたから、今は至福の食生活を送ってるだろう、高知の人はいいなー。 
一般に今出回ってるカツオより、初秋の頃の戻りカツオの方が脂がのって美味しいとされているけど、両方同時に食べ比べられないし、幾らか味が淡白でもタレがうまけりゃそんなに気にならないだろう。

タタキを食する時は、にんにく、たまねぎ、ねぎなど山ほどぶっ掛けるものだから、高知では朝からにんにくの匂いをさせていても失礼には当たらない、って聞くけどほんとかなぁ。
会社員だった頃、2年間ほど毎月高知へ出張してたけどそんな人には出会ったことはない。例のハリマヤ橋を初めて見た時は、幾千、幾万の観光客同様、ナンノが『おまんら、許さんぜよ』と叫ぶくらいおっどろいたけど。
それに、飲み屋に掛かっている看板が地元の『司牡丹』と『土佐鶴』しか見ないっていうのもおっどろいた。どっちも美味しいお酒だけどね。

そういや、【功名が辻】の山内一豊がカツオを焼いて食べる由来に関わってるというけど、仲間由紀恵が食べるシーンとか登場するんだろうか。全然見てないけど。
最近、沖縄へ移住する人が増えているそうな。あったかい県民性、温暖な気候、物価の安さ、などが魅力らしいけど僕は一度も行ったこと無いのでその辺は全く分からない。でも、そういった動機なら高知も悪くないと思う。僕は好きな所です。

桂が浜に初めて立ったとき、あぁ坂本竜馬も昔この同じ場所にいたんだなぁ、ってちょっと感慨深いものがあったけど、竜馬もたらふくカツオのタタキを食べてたんだろうな。



banner alien

おいで下さって有難う。宜しければクリックしてってね。

2006年03月27日

モトGP開幕    ロッシ!ロッシ!ロッシ!

2cc9320b.jpgさて、今年もオートバイレースの最高峰、モトGPの開幕です。僕は、ず〜〜〜っと一年に364日乗ってたほどの (元旦だけお休み、検問もあちこちでやってるし) オートバイ好きなんで、当然レースも大好き。
開幕戦は例年通り、スペインのヘレスサーキット。スペインは世界一2輪のレース人気が高い国で、シーズン17レース中なんと3レースも行われるのだ。
僕のご贔屓はなんと言ってもイタリアの『DOCTOR』ことバレンティーノ・ロッシ。
日本じゃ知らない人もいるだろうけど、ヨーロッパじゃウルトラマンもウルトラセブンも大陸横断ウルトラクイズもびっくりのウルトラスーパースターだ。
昨シーズンまでモトGP5連覇、それもHONDAで三つ、YAMAHAで二つと信じれらない内容、実力もさることながら派手なパフォーマンスとあんま〜いマスクはイタリアに住んでいられないほどの人気で、実はイタリア人ドライバーの欲しいフェラーリが、数年前からF1にスカウトしようとしているくらい。今年もシューマッハなんかと一緒にテスト走行に参加していた。

一昔前、やはり大ファンだった、『フライング・テキサン』ことケビン・シュワンツってライダーに (ロッキード社製対向6パッドキャリパーフロントブレーキを駆使したフルブレ−キングは凄まじかった) 長身痩躯な体型、マシンコントロールに秀でているところ、アグレッシブな走りなどよく似ているのだけど、ロッシはマシン開発にも長けているようで、それでなくては二メーカーでチャンピオンを獲れないないだろう。とにかく、天才ちゅーことだ。

彼が125CCクラスでデビューした頃から見てるけど、その頃の走りはクレージーそのもの、転倒か先頭かってくらいで、彼の後ろに追いてしまったライダーが距離が近いと危ないからとわざと離れるってシーンも度々あった。
そして125CCクラス2年目、18歳でチャンピオン、250CC2年目でチャンピオン、最高峰クラスの3年目にチャンピオンを獲ってから5年、ぼちぼち4輪に転向する日も近いのだろうか。それともSUZUKI、KAWASAKI、DOCATIと渡り歩いてモーターサイクルレース界全制覇を目指すのだろうか。ラリーのWRC転向という噂もある。

ちなみに4輪のF1と違って、モトGPではチャンピオンであっても車載ゼッケンは1を付けなくてもいい。他ライダーに問題が無ければ好きなゼッケン番号を選べるのだ。古くはバリー・シーンはゼッケン7だったし、ケニー・ロバーツ・シニアはずっと2だった。で、ロッシはずっと46。

なんて事書いてたら、公式予選が終わってスターティンググリッドが決定してる。あれれ?
ポールがドゥカティのカピロッシ、セカンドが今年ドゥカティに移籍したジベルノー、サードが我らが期待のカワサキレーシングの中野真矢、やったね♪ が、ロッシ、ロッシと探してたら、なんと9位だぁ。予選中に他車のクラッシュでコースに撒かれたオイルで転倒したらしいのでセッティングが出せなかったんだろう。まあ、本来のロッシならなんてことは無いハンディだけど、チームメイトのエドワーズも10位と奮わないのが気になる。
しかし、フロントロウがドカティ、カワサキの3台とは、、、今年は波乱含みのスタートなのか?

MLBの開幕も間もなくだし、今年も熱く楽しみなシーズンが始まった、、、ってこの時間、とっくに決勝レースは終わってるんだけどね。
さて、今夜は録画でレースを観ながらロッシの勝利を祈ってイタリアワイン、マシンに巧く乗れるように三重県沖産のれそれ(穴子の稚魚)、華麗なるライディングを期待してカレイの塩焼きだぁ〜〜〜、わはは。

          ・・・それから数時間後・・・

スタート直後の第一コーナーで他車と接触転倒、再スタートしてなんとか14位、しゅん。



banner m&m

おいで下さって有難う。宜しければクリックしてってね。