2006年08月

2006年08月31日

開いた瞳孔

79437328.jpg眼圧が高いらしい。
以前から、眼科に通ってる、っても数ヶ月に一度くらいだけど。

眼圧が高いってのは先天的なもので、緑内障にも繋がる可能性もあるってんで、目だからね、大事にしないと。
目薬を点すしか治療法は無いみたいだけどね。

仕事もほぼPC仕事といってもいい内容で、1日6〜7時間はモニターと睨めっこだ。
家の使用も考えると、10時間にもなるかなあ。
やっぱり、こういうのも良くないんだろーか。

その目医者さん、家から歩いて10分くらいの場所っていうだけで選んだんだけど、小さいながら繁盛はしてるみたいだ。
初めて行った時、午前だったけどおっでれーた。

待合室は長めのベンチが2台置いてあるんだけど、キャパの3倍ほどの人が6畳ほどのスペースにひしめいていた。
もう、死にかけ? のおじいちゃん、おばあちゃんばっかり。

実際に診て貰うまで1時間以上も掛かった。たまらんぜ。

何度か通ってる内に、夕方の閉院まじか頃が空いてると分かって、今はその時間に通院してる。



診察室でもやはり何人かの順番待ちがあって、先に診てもらってるお年寄りの診断をそれとなく聞いてると、多いんだ〜。
白内障。

かなりの率で、手術って事になるようだ。

白内障は眼球の水晶体、つまりレンズが濁ってくるんだね。
手術は、この水晶体の中の液体を取り出して、その代わりに小さいレンズを挿入するってものだ。
ちっちゃいコンタクトレンズが目の中に入る、って感じかなぁ。

人工的なレンズが眼球の一部になるんだから、自然の水晶体と違って固定焦点になってしまうんだけど、ま、見えなくなるよりマシ、だよね。

昔からそうだったんだろーか、7〜80歳になると、100%近く白内障になるんだそーだ。 へぇ。

でも、現在の白内障手術って凄く簡単で、およそ10〜20分で済むらしい、勿論入院なんか必要ない。
てな訳で、日本国中、毎日毎日、数万人のお年寄りが白内障の手術を受けてる筈なんだけど、目の事だからね、お年寄りには凄い抵抗がある人も居るんだな。

実家のお隣のおばあさんもそうなんだけど、怖いから絶対手術はしない、って言ってる。
片方の目は正常なんで、日常生活はなんとか支障なしに暮らせてるみたいだけど、キキキリンも確か、こんなこと言ってたね。

で、

眼圧を詳しく診察しようとすると、瞳孔を薬で大きくする必要があるらしく、何度か経験がある。
一旦、大きくするとすぐに元に戻らないので暫くは、変な感じ。

瞳孔が開くってのは、ノックアウトされたボクサーとか、死体とか、そんな状況な訳でしょ。
なんか、気味悪いね。
明るくないところの猫の目、と思えば可愛い気もするけど。

banner arare
おいで下さって有り難う。ランキングはこちらをクリック、クリック なむ〜。

2006年08月30日

’06 ショットショウ ベガス

24c6c718.jpgもう春先の話なんだけど、知人がラスベガスで開催されたショットショウに行ってきた。

簡単に言えば、武器関係の見本市だ。
知人は、(Mさんとしておこう)昔からの趣味で、ライフルも何丁も所有しているんだけど、ショットショウは今回が初めての体験だ。

本来、バイヤーとか業者向けのコンベンションなので、アメリカ人だとその手の組合とかに登録している人で無いと入場は出来ない。
日本だって銃砲店もあるし、セキュリティグッズの出展も多いので、その関係者なら入場に問題はない。

それに、バイヤー登録している業者がツアーなんか組んでるから、全く縁の無い日本人だって参加出来るのだ。

でも、Mさんはツアーなんか、相当にぼったくってるのを知ってるから、個人で行ったそうだ。
勿論、そんな業界の人ではないし、現地に居る知り合いの助けもいったそうだけど、ここでは言えないごにょごにょな方法で簡単だったそうだ。

アメリカの国民って99%はバカだし、ヌケてる。
空港とか、あらゆる箇所でテロの警戒が続いてる状況なんだけど、そんな訳で、馬鹿でヌケてるアメリカ人にそういう緊張感がいつまでも続く筈が無い。
言って見れば、あんな雑でガサツな国民って隙だらけってことだ。

業者でも何でもないMさんでも、IDカードが無ければ入場出来ないことになってる会場に、なんなく入れるくらいだ。
日本は別の意味で隙だらけ、だけどね。バカじゃないけど危機意識がなさ過ぎる。

ラスベガスのコンベンションセンターはだだっ広くて東京ドームの5、6個分っていうから、スケジュールを1日しか取れなかったMさんは、当然、全部を見られる筈もなく、ロウエンフォーサー関係、警察向けのブースを主に見て回ったらしー。

いいなー、毎日あくせく勤勉してる身には1日だけでもうらやましー。

ショットショウって言っても、セキュリティ、光学機器、車両、PCソフト、など、関連付けられる色んな業者が参加してる。
小型のヘリコプターのブースもあったそうだ。

で、

色んなブースで、色んなアーモを手に取り、ご機嫌で会場を後にしたMさんは、その足で現地のシューティングレンジに向かったのだ。
海外旅行の経験豊富なMさんは、勿論、銃器を撃つのは初めてではない。
ライフルの所有免許を持ってるんだから、日本国内でいつでも撃てるし。

ちなみにMさんの所有してるライフルは殆ど、軍用銃だ。
かなりのデチューンになるけど、M16だってG3だって持ってる。

で、

そんなMさんでもフルオートを撃った経験が無いので、この機会にと、9mmパラベラムと45ACPのサブマシンガンを選んだんだそうだ。
H&KのMP5とサンダース軍曹愛用のトンプソン。
そのレンジではフルオートのマシンガンは用意してなかったらしい。
パワーがあり過ぎるからかなぁ。

で、Mさん、おっでれーたのは、

フロントでパスポートを提示、機種を指定、お金を払う、、、そしたら

MP5とアーモ1箱がポン、って目の前のカウンターに。

え?   これでいいの

レンジはフロントのすぐ横。
勿論、アーモのローディングはレンジの自分のブースで行うんだけど、、、

これって、そんな簡単なっていうか、そんなセキュリティで射撃OKって大丈夫か?ってびっくりしたそうだ。

日本以上にイカレタ奴は多いだろうし、悪意が無い人間でも、例えば、エアガンすら触ったことの無い田舎もんや、漫画でしか知識のないオタクや、●●や△△や、誰でもトンでもないパワーを手に出来るって事だ。

やっぱりアメリカ人って。 対テロ、って幾ら注意しててもなんか、矛盾してねー?

まぁ、カリフォルニア州なんかじゃ、シュワちゃんの前の民主党の知事の時に、凄まじいガンコントロール法案を施行されてるので、こんな光景は無いらしいけど、ベガス、テキサスとかそんなもんはどこ吹く風、 なんだよな。
でも、これ、アメリカの国民って99%はバカだし、ヌケてるけど、

これは国民性なんだろーな。

例えば、

夜中に、   泥酔して、    それでもドライブしようと考えて

制限速度も遥かにオーバーして、   脇見運転して、

ただ前を走ってただけの車に追突して、   結果、

取り返しのつかない   3人の小さな命が  消えて、

それでも、車の生産を、販売をどーにかしろ、って声は出ない。
車の免許制度を厳しくしよう、なんて声は出ない。

タイヤ交換が出来ない、縦列駐車が出来ない、なんて奴は山ほどいる。
バックが出来ないなんてのもいたりして、なんでこんな奴らに免許がおりるんだ?

車に罪はない、それを使用する人間の問題だから。
モータリゼーション無くして、近代の経済は成り立たないから。

アメリカの銃器も、アメリカ人にはそんな意識なんだろう。

かつて、暗殺されかかったレーガンは、強大なタニマチであるNRA 全米ライフル協会の手前、こうコメントした。

『銃に罪は無い、それを使用する人間の問題だ』

アメリカの国民って99%はバカだし、ヌケてるけど、日本だって似たようなものかもね。


baneer lump
おいで下さって有難う。ランキングはこちらをクリックしてね。押せば命の泉沸く〜。

2006年08月29日

捕手の資質

21ee6c93.jpgマリナーズ、城島のスタメン落ちが多くなってきた。
なんでかなぁ、チーム状態は最悪、投手陣の成績も悪いんで、捕手の責任も確かにあるとは言えるんだけど。

居間でビールを飲みながらTV観戦、居酒屋のTVで、球場で、、、色んな場所であの采配は、あの選手起用は、って何百万人のシロート監督がゴタクを口にしてるんだろー。
毎日、TVやスポーツ新聞やネットで情報を得られるから、下手な解説者より詳しいシロートも確かに存在するかも知れない。

でも、シロートが最も理解し難いのが、捕手のリードだ。

配球がどーのこーの言ったって、投手のコントロールが悪ければ何にもならない。
いくら捕手の要求とおりのコースへ投げても、打ちごろの棒球なら問題外。

投手の投げるボールはTVで見てても、球場で遠く離れた位置から見てても、ストレートが走ってる、変化球が切れてる、なんてわかりっこない。
それを感じられるのは、捕手だけだろう。

よく、解説者が 『球速はそれほどでもないんですが、これだけ打者が打てないのは球のキレがいいんでしょう』 なんて結果論をのたまうことがある。
ってことは、元プロ野球の選手でも、離れたところからは把握し難いってことだ。

だから、メジャーで頑張ってる城島の捕手としてのリードが優れているのかどうか、なんてことも分かりっこない。
でも、スタメン落ちが多くなってるってのは、監督の評価が低いんだろうか。
ハーグローブは監督2年目だけど、、、今のところ、采配を見ててもあんまり芸がない、ような気がするね。
ほんとに城島の資質を理解してるのかなあ。

かつて、名捕手といえば、非人間の野村、V9を支えた森、など、いずれも監督として成功してる人達の名が挙がるんだけど、、、、
暗いよな、こいつら。 ノムラの暗さは周知だし、モリは客が入らないってんで監督をクビになった。

当然さ。 勝負がすべて、って言う前に野球は興行だ。
客が入らなければ、経営が成り立たなければ、勝ち負けなんてなんの意味も無い。
近鉄、南海、阪急、、、優勝したって経営難なら消えてしまう。

名捕手ってのがこんなだから、捕手ってのは地味〜な印象が強い。

だけど、城島は日本においてはリードも認められていたし、何より、スター性のある稀有な捕手だった。
かつて、タブチって人気者もいたけど、捕手としての実力は???だったし。

まぁ、古田は人気、実力を兼ね備えたスター捕手と言えるだろうけど、城島ってそれ以上に華やかさがある。

バッティングはずっと3割近くをキープしてるし、勝負強さにも定評がある。
日米の野球の違い、言葉の壁、シロートには分かり辛い、色々高いハードルがあるんだろうね。


banner
おいでいただいて感謝、感謝です。ランキングはこちらをクリック、押せば命の泉沸く〜。

2006年08月28日

飲み放題、食べ放題

7066a665.jpg最近多いね、こういう居酒屋。
チェーン店なんかでよく見掛けるような気もするけど、居酒屋って若い人向けのお店だと、大体1人¥3〜4、000−前後の会計で済むように値段設定してあるらしー。

料理もそれなりの原価設定してるってことだな。
食べ放題だからって、いきなり胃袋は大きくならないから、相撲取りの一団、プロレスラーの一団、デブタレントの一団とか来ない限り、食べられる量なんて知れてる。
食べ放題¥1,980−、飲み放題¥1,980−なんて言っても1人当たりの平均消費額とそんなに差はないから、十分採算は取れるって事だ。

でも、お酒だとそーはいかない、底なしなんて奴は結構いるし、僕なんか飲み放題だとすんごく有難いんだけど。。。
料理は幾らでもコストダウン出来るけど、酒はどこで飲んでも一緒、、、原価は一緒、と思いきや違うんだな、これが。

ビールなんかだと流石にどこでも一緒だろーけど、ウイスキーやら焼酎やらワインやら、栓の開いてないボトルで来るんならともかく、グラスで出てくるならどんな中身か分かったもんじゃない。

業務用   ってやつだな。

昔、5人ほどで飲み放題の居酒屋へ繰り出したことがあって、、、。

【北の家族】って、やはり居酒屋のチェーン店で、3、4年前に会社更生法の適応を受けてるとこだ。


初めはお約束の生ビール、で、後は5人とも冷酒にした。
フツー、こういう居酒屋だと、冷酒のビンごと栓をしたまま出てくるもんだけど、ナント南斗聖拳!

徳利でやってきた。 なんじゃ?

2合サイズだけど、どうせ1合半くらいだろー。 量はともかく、冷酒を徳利でなんて初めてだ。

まぁ、それはともかく通天閣。

わいわいと話も弾み、ぐいぐい飲んでたんだけど、お店が忙しいのか、途中から空いた徳利を下げにこないので貯まりだした。
20本くらいだ。 で、 つい計算してみた。

5人いるから、追加は10本ずつオーダーしてたんだけど、少なくとも30本以上は飲んでる筈。

あれ?

あれ〜?

ぜんぜん、酔ってない。 



あれ〜? 

みんなせいぜい


ほろ酔い程度だ。 


あれ〜?



う〜ん、ま、いいけどね、飲み放題だから。

でも、冷酒の水割りならまだしも、(それで徳利なのかぁ)、
得体の知れないものが入ってたんじゃ困る。
大丈夫かぁ?

そりゃ倒産するわな【北の家族】、ってことだな。


これも何年か前、ネットで話題になったんだけど、、、

【白木屋】だったか【魚民】だったか、おんなじ会社だからどっちでもいいんだけど、ドリンクメニューにサワーってのがあったのね。
梅酒サワーとかレモンサワーとか。

で、

グラスが¥310−、ジョッキが¥410−てな価格設定な訳だ。
当然、ジョッキだと量が多い、   筈なんだけど。

ある時、ある奴が両方オーダーして、飲み干して空になったグラスの方に、手付かずのジョッキの中身を移し変えようとした。
なんでそんな事しようと思ったのか知らないけど、ナント南斗聖拳!

量が多い筈のジョッキの中身のサワーは、すっぽりっていうか、量が少ない筈のグラスに全部入ってしまったんだと。

で、

このある奴は、又両方オーダーして今度は逆で試してみたんだと。
結果は同様、またすっぽり移し変えられたんだと。

  なんじゃ、こりゃ!

う〜ん、ずっとジョッキでサワーをオーダーしてきた人達って、、、。
100円の差は大きいぜ。

そりゃ、儲かる筈だな【魚民】、ってことだな。


banner alien
おいで下さって感謝です。クリック、クリック  なむ〜

2006年08月26日

丹下段平?

2014a1ef.jpg夜にボクシングを見てたら、 あ? って光景に出くわした。

それはボクサーではなく、セコンドのスタッフだった。
TV中継なんだから、画面はボクサーの戦いを放映してる。
セコンドが映るなんて試合中にほんの僅かでしかない。
そんな短い時間でもその人物の存在は僕の目を引き付けた。

丹下段平がいたんだ。

いや、眼帯をしてるってだけなんだけど、、、。
眼帯を掛けてるって事が珍しいし、それがボクシング関係者、それもトレーナーとなると、あ? って思っちゃうよね。

丹下段平とは眼帯の右左が違うんだけど、雰囲気もなんとなく似てるような気もする。
雰囲気ったって、かたっぽは2次元世界の人だけどね。
段平の若かりし頃、って感じ。

ファイティング原田ジムのトレーナーのサルトビ小山さん、っていうらしい。
たまたま、今回目にしたけど、有名なんだろーね、前から。

現役時代は37戦29勝(12KO)6敗2分、日本J・フェザー級チャンプにもなってる選手だった。

右目がお悪くての事としても、今の世の中、他にカバーする手段もあるだろーに、ウケ狙いもあるのかな。
実際、僕もこうやってそれをネタに書き込んでる訳だし。

亀田のあれれ、を除けば人気低迷のボクシング界、かつてカツラボクサーってのが話題になったけど、旧態依然とした体質から抜けきらない状況では、こんな話題でも、ってとこなんだろーか。


サルトビ、ってだけで【猿の惑星】ってのも短絡だにゃ。



banner spiderman
おいで下さって感謝です。ランキングはこちらをクリックしてね。押せば命の泉沸く〜。