2009年08月

2009年08月31日

凄いな、この選挙

f796b400.jpg民主党大躍進の最大のヒーローがノーノーとゲスト出演してるよ。

どんな神経してんだか。


こりゃー凄まじいなぁ。
事前予想が余りに民主党の大勝ばかりだったから、ちっとは揺り戻しみたいなのがあるかと思ったけど。

70台も噂されていた自民党は100議席は超えたものの、こりゃ自民党解体の危機、ってのもあり得るなあ。
この先、沈む船から逃げ出すネズミも続出するだろうし。

自民党が無くなっても全く困らないけどな。

しかしコイズミの【郵政選挙】でもそうだけど、ブームに左右された極端な変化って心配だな。
結局、今の自民党への風当たりもあの選挙結果から起こりだしたものだからね。
劇場型選挙に惑わせられて自民党を支持した人達って、今度は政権交代の言葉に惑わされてるのか。

コイズミを支持して、
結局日本はこうなって、
ある面、自業自得なんじゃないか。

識者は政権交代への期待が民主に向いたような事言ってるけど、単純に自民への怒りが殆どだと思う。
期待より、怒りのエナジーの方がどんな場合でも大きいもんだ。

民主党の立候補者って女性も目立つんだけど、全体的に若いよね。
昔、
社会党が大躍進した【マドンナブーム】ってのがあって、そのはしりは東京都議選の大勝だった。
マドンナブームだからして社会党の当選者は圧倒的に女性が多かった。
女性議員が増えるのは結構な事なんだけど、1年生議員で政治のシロートみたいな議員ばかりが増えてかなり仕事が停滞したという過去がある。

結果がこれだけ歴然としたものである以上、民主党のこれからに期待するしかないし監視していくしかないんだけど、
期待としては、

天下りなんて壊滅出来る筈もないだろうけど、かなりの割合で縮小出来るとしたなら、どれぐらい無駄遣いが発覚するか、どれだけ国税を無駄にしてきたか、
きっちり白日の下に晒して欲しいよ。

自民党は何だかんだカンダウノで、利権を前提にした結束力は強かったんだけど、民主党って根っこは烏合の衆。
これが利権を左右出来る第1党に収まって、良い方向に結束力が高まるのか。
反小沢勢力が、これを期に声を高めて行くのか。

大量増殖した民主党の議員にスギムラタイゾーみたいな不留りがいないことを願うよ。

今回、所謂、小沢チルドレンも相当な数に達してるからね、有象無象の輩を数を目当てに立ててなきゃいいけど。
小沢は自由党党首の頃、脱税厚顔女のサッチーを担ぎ出した実績があるからな。
さくらパパの例もあるし。

おぉ〜   
アムウエイ野田こと、野田聖子も落選だと!

キムタク 医療事務 トイザラス ダイエット ニチイ 天気 k−1 ドラゴンクエスト9 ニンテンドー PS3 天気予報 シマンテック グッチ 楽天市場 ヤフオク
banner toy alien
←ブログランキングはこちら。


2009年08月29日

選挙速報番組ってどーよ

5d4ecd13.jpg選挙   って日本の明日を占う?  っていうか、
日本国の明日の指針を決定付ける大きな大きなムーブメントではある。
今度の選挙は特に本格的な政権交代の予感が高いって事で、何時になくヒートアップしている。

で、TVは投票日の締め切り時刻を過ぎると、各局全勢力を挙げて開票速報を流し続ける。

夜中には大勢は決してるから、朝刊に間に合うように各新聞社も全勢力を挙げて記事にしようとする。


子供の頃から、こういったルーティーンの番組をすっ飛ばして特番を組む意味は分からずとも、何か、慌しい、世間がざわめく雰囲気は大好きだった。

我が家の中が慌しくざわめいてる訳では無い。
TVを通して日本中がそんな非常時な雰囲気の中にあるのを、何だか分からないままワクワクしていたのだ。

相米慎二 の【台風クラブ】の中で、田舎町の高校生達がまじかにやってくるであろう台風の予感に、各人がそれぞれの内包している感情をシンクロさせていく様がきついくらい表現されていたのだけど、言ってみればあんな感情。

でもね。
この選挙速報番組って、、、どうなの。

今回、定番の24時間TVの放映日と重なってしまった日本TVはどうこなそうとするのか、見所っていうか、お気の毒というか・・・

例えば、プロ野球の日本シリーズなんて、開催日のずっと前からどっちが何勝何敗で、なんて予想番組を立ち上げて盛り上げようとするのはお約束なんだけど、

10日も経てば嫌でも結果は分かるよ、って。
結果だけか大事なら10日待てばいいんだよっていっつも思うよ。

オリンピックだって、世界水泳だって、世界陸上だって、世界柔道だって、
大会が終われば結果は出る、嫌でも。

結果だけが大事なら、ちょっと待てばいいんだよ。

でも、大事なのは結果ではない。
野球だって、オリンピックだって、水泳だって、陸上だって、柔道だって、
結果だけに興味があるんじゃないんだ。
その経過や内容が大事なんだ、

ライブでその戦い振りを見たいんだ、事前の予想はその前振りとしての高揚感を盛り上げる手段でしかないのだ。

でも、
選挙速報番組ってどーなの?

立候補者の選挙活動がスポーツの試合内容に例えられるなら、それはそれで興味はあっても、誰もがワクワクして食い入るように観る対象ではないだろう、野球やサッカーみたいに。

あくまで、事が終わった後の結果の報道に過ぎないよね。
選挙報道番組って、いわば結果だけを如何に盛り上げるかどうかだけの内容なんだな。


結果をいち早く報道するっていうだけの内容なんだから、そんなの一夜明ければ仔細な内容がTV、新聞で紹介されるのはお約束事なら、

意味あるのかなあ。
まあ、当選者、落選者共、悲喜こもごもって絵はドラマ性はあるとは思うけど。

当選者だって、当選したからすぐに議員としての活動が始まる訳でもなし。
選挙の結果が1日遅れても何の支障もないだろう。
選挙日のその日の内に、結果を無理やり大騒ぎして報道する必要も無いと思うんだけどね。

ルーティーンの番組の片隅にテロップで流すだけでも成立するんじゃないか。

キムタク 医療事務 トイザラス ダイエット ニチイ 天気 玉木宏 出光人 k−1 ドラゴンクエスト9 ニンテンドー 福山雅治 キムタク PS3 ノロウィルス 天気予報   banner kikaider

おいで下さって有難う。ランキングはこちらをクリックしてね。念!

2009年08月28日

漫才の巨人阪神・大麻疑惑

f056c84e.jpgオール巨人が明かす「30年前の実話」、
間違って事情聴取受けていた。



30年前とはいえ災難だったね。

たまたまオール巨人が有名人だからかなりの年月を経てはいても公になった訳で、僕と同じ様な目に遭ってもナンの謝罪もなく世間に知られる事もなく嫌な思いを抱えてる人達は多いんだろう。
30年前からイー加減な捜査が罷り通ってる実態が伺える。

僕の場合はスカタンの大阪府警4課と大阪税関の合同捜査だった。
税関は財務省の管轄だ。

オール巨人にスカタンな事情聴取を行った大阪麻薬捜査官取締り事務所、マトリは厚生省の管轄だから組織としては全く別物なんだけど、いずれにしても府警だろうと税関だろうとマトリだろうと、大阪で捜査に携わる奴らはかなりの率でスカタンが多いと言う事なんだろう。

真偽のあやふやなネタでも強引に捜査に掛からなければ摘発が難しいのか、そんなスカタンやってるから薬物汚染の広がりを止められないのか。

のりピーは湾岸署に拘留されてるけど警視庁組織犯罪対策課が担当してる。
押尾は麻布署。
どこの警察組織でも薬物対策課みたいな部署は必ずあるんだけど、マトリとは組織そのものが違うし捜査内容も違ってくる。
おとり捜査が許されてるからね、マトリは。

暴力団が絡む例が圧倒的なので、一応、警察との捜査協力は不可欠だし合同捜査も必然、なのだけど縄張り意識も強いと聞く。

元総理の息子やら財界人、有力芸能プロダクション所属の芸能人、
クスリ疑惑はあれこれ囁かれてるけど火の無いところに煙がたってるのか?

それとも手当たり次第のスカタン捜査は、権力を持たない一般人にしか行われないのか?


キムタク インターバル速歩 半身浴 シャープ エプソン 郵便局 窓の杜 PS3 確定申告 ビックカメラ HIS IPOD アップル 自衛隊 ヤマト運輸 banner tinrobot
おいで下さって感謝です。ブログランキングはここ。

2009年08月27日

その後の仁義なき鬼おろし

9284d93f.jpg【仁義なき戦い】は邦画史上に名を残す、東映の実録シリーズ5部作なのだけど、衆知の通り1作目の製作の時点ではシリーズ化は予定されていなかった。

だから、急きょ製作された2作目【広島死闘編】は準備期間の短さもあって脚本の笠原和夫は止む無く番外編的なお話にせざるを得なかった。

封切り時、僕は年齢的なハードルがあってライブで観られなかったのだけど、数年後、5部作が完結して後のマラソン一挙上映で初めて小屋で体験した。

正直、5部作の中で同じ役者が二役、三役をこなしてるから誰が誰やら、
それに番外編の位置づけの【広島死闘編】が2作目なんで、お話をちゃんと把握出来るものではなかった。

しかし、ま、深作の真骨頂である作品であるのは間違いはない。
少年時代に終戦を迎えた深作の、事あるごとに口にする、敗戦を境に180度変わり身をみせた人間への不信、価値観への猜疑心。

ヤクザの抗争というテーマに深作の思い入れみたいなものが相乗しての集団ドラマ。
晩年の【バトルロワイヤル】もまさしくその系譜だ。

で、東映としては実録路線にまい進していくんだけど、【仁義なき戦い】というバリューを置いておく訳にはいかなかった。
5部作の後、数年間で【仁義なき戦い】というネームの入った作品は4つもある。

【その後の仁義なき戦い】は監督が工藤栄一だし、内容も本編とは全く関係のない、言ってみれば青春映画の秀作。
メインキャストに松方弘樹が入ってるところにちょっと違和感があるけどこの作品は大好きだ。

で、
深作の手になる【新・仁義なき戦い】シリーズが3本。
5部作と重複するエピソードがあったりするけど、キャストが違ったり脚本のアレンジが変ってたりして、【仁義なき戦い】とは別物的な扱い、評価、みたいなんだけど、

いやいや、これがどうして。
5部作ではキャスティングされなかった若山富三郎、山崎努、藤岡琢也、松原智恵子なんて人達も観てて楽しいんだけど、

何より、深作がこの3作では好き勝手やってる風な感じで、邦画オタクが深作を語ると【人斬り与太】
なんてのが深作だ、なんてのが定番で、
そんな【人斬り与太】の匂いがする作品ではある。

僕は【人斬り与太】の深作の良さは認めるけど、あくまで低予算っていう枷の中で発現しえた、当時においてのアヴァンギャルド的な
そんな印象だけをスープアップしてる評価に過ぎないと思うよ。

完成された最終的な形としては、映画作品的にはやっぱり【仁義なき戦い】を最上としておかしくないだろう。

深作本人も、作品に取り組む姿勢は先の権力への反発やら、既成概念へのアンチテーゼやら、大人への不信感やら、
そんなベースは色濃く抱擁してはいても、メジャー監督の地位、有名女優との浮名、とか、
人間的な、下世話的な、
そんな嗜好も確かに有する監督ではあったと思うし。

まあ、それはさておきオキマサヤ。

かけそばを食べるのに早速【鬼おろし】を試してみた。
念の為、フツーの大根おろし器でもおろして比較しようという、壮大なプランだ。

で、
結構力が要るんだよ、【鬼おろし】。
確かにおろしは荒いので仕方ないんだろうけど、ポツポツと小さい固まりが発生する。
本家の竹製ではなく、プラスティック製だからか?

味は、ぅーん、フツーのに比べてやや甘みが増してるような気はするんだけど、期待したほどの差はないなあ。
何だか釈然としない。
やっぱり竹製の鬼おろしを買ってみようかなあ。


ダイエット ヨドバシカメラ 年賀状 郵便局 パネライ 刑法 日興證券 PS3 ぴあ ANA みずほ銀行 ウィキペディア 窓の杜 カレンダー HISbanner
おいでいただいて感謝、感謝です。ランキングはこちらをクリック、押せば命の泉沸く〜。押せば命の泉沸く〜。

2009年08月26日

お久のお刺身三昧

f3ffed55.jpg超高血圧対策としてのジム通いも久しい。
多い週で4日は通ってるんだけど、帰宅は必ず23時過ぎとなる。

だから深夜1時までオープンしてるスーパーライフは本当に有り難い存在なのだけど、お刺身の充実度ではスーパーコーヨーには敵わない。

しかし、コーヨーは22時半までの営業だからジム帰りには間に合わない。
週の残りの3日の内に行けばいいだけなんだけど、そうそう都合よくは行かない。
色々あって、最近ではコーヨーの利用頻度は週一くらいかなあ。

でも、たまに訪れても相手は生鮮物だからね、不漁なのか既に買い占められたのか、全くお目当てのネタが皆無だったりする。

お刺身は主食だよ、僕には。  ぶー。

な訳で、
ジム通いのせいで、食生活の内容にちっとばかりな変化を余儀なくされてるって訳で。
そんな訳で。

ライフの生鮮物がドーコーって訳ではないんだけど、
その内容はやっぱり、コーヨーの充実した日の品揃えとは見劣りするし、
23時過ぎでも

殆ど安くならないし。

まぁ、この世の3大珍味のひとつであるポテトサラダに関しては、ライフのパッケージの方がお得なので、レタスやキャベツやビールや、重たい商品の買い物がある時は近所のライフが有り難いし、

ジム帰りにはブタシャブサラダとかのサラダメニューが多くなってるので、お刺身と縁が遠くなるのは仕方ないってとこはあるし、

ところが、ある日、
体調がイマイチでジムのローテーションを、足の脹脛の違和感で試合欠場したイチローのようにパスする事があったりすると、
(ほんと、三角巾の一部がずっと痛んでるし)

今宵は時間が数時間出来たから、

酒、野茂           ちゃう  呑も。

そうなると、お刺身、だよねー。
いそいそコーヨーに出掛けると・・・

おーーーー   今夜は大漁じゃぁぁぁ!

ラッキー!!!!

キンキ、シマアジ、金目鯛、カンパチ、タコ、メバチマグロ。

あぁ、幸せ・・・・・・・・・・・・

でも、ちょっと、
キンキの味わいがちょっと・・・
こりゃ、ちょっと・・・

でも、幸せだからいいか・・・

banner arare
おいで下さって有り難う。ランキングはこちらをクリック、クリック なむ〜。