2013年09月

2013年09月30日

モトGP13 アラゴン

ロッシ
マルケスが3連続ポールポジションって結果で、今シーズン7回目、もう何にも言えんわ。

ただ、4位のロッシが0.158秒差と、上位4台は超僅差。

レース本番ではペドロサ、ロレンソも含めたトップ4の争いは容易に予想出来る。
前戦からYAMAHAも投入した、シームレスミッションにロッシ、ロレンソが順応して来た結果なのか、
ロレンソは無くても速かったけど。
それなら本番でその効果はもっと顕著になる可能性は高い。

以前ほどのひ弱さは見えないものの、バトルになればペドロサは4番手だろう。
ロッシ、マルケス、ロレンソの超絶バトルが期待出来る、かも。

ランキングトップのマルケスは兎に角ノーリザルトだけは避けたい、少なくともロレンソの真後ろでフィニッシュしておけばチャンプだ。
だけど抜きたがりだからそんなレース展開が出来るかどうか。

ロレンソは兎に角優勝し続けるしかない。出来ればロッシにマルケスの前を走って欲しいとこだけど、それだけロッシが調子よければ己も抜きに掛かるだろうけど。

ペドロサはポイントこそロレンソと同じだけど優勝回数で劣ってるから、マルケスとロレンソがバトルして2台クラッシュを丑の刻参りしたいくらい願ってるだろう。

ロッシはこの予選タイムなら2度目の優勝の可能性は十分ある。
チームオーナーやってる場合か。

まぁ、現役だろうがロッシくらいのビッグネームがモトGPにチーム結成っていう活力を注入してくれるのは有難い話だ。
そーいや、キングケニーも再度、チーム参戦するって話があるなあ。
何?
ロッシはともかく、この業界も景気良くなって来てるのか?

てな訳で、
ペドロサ、自身がハイサイド転倒、追い上げ中だったのに勿体無い。
ロッシは差を付けられての指定席の4位から自動的アップ、
いつものバウティスタとのバトルを制して3位表彰台。
期待してたトップ争いは出来なかったなあ。



banner arare
おいで下さって有り難う。ランキングはこちらをクリック、クリック なむ〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

2013年09月28日

酒のアテの王道46 ししゃも(実はカペリン)

ししゃも居酒屋メニューの代表的な存在、昔は家でもよく食べたけどなあ、久し振りだわ。
というのも、最早周知となった、日本で流通しているししゃもと称されるのはほぼカペリンっていう別物という事実に、ちょっとね、
なんだよ〜、って感情がね。

代用としての始まりはもう40年ほど前っていうから、ひょっとして生まれてこの方食してきたししゃもは、すべてカペリンだったのかも知れない。

まぁ、カペリンはカペリンとしておいしけりゃ問題ないし、わざわざししゃもって名称で無理に通さなくてってもなぁ、とも思う。
ししゃもとはかなり味が違うっていうのが気になるけど。

回転寿司のネタの名称の殆どは偽装、偽装魚って呼ぶらしいんだけど、こういうの法的に問題無いってのがおかしいよねえ。

ししゃも2原材料名はからふとししゃもだけどノルウェー産、
しかし原産国がインドネシアとか、、、もう、ね。

アカマンボウがマグロ
ティラピアが鯛
ナイルパーチがスズキ


とか、回転も含めたすし屋、居酒屋さん、別に嘘つかなくたっていいのに、美味しけりゃいいんだし、
とは思うが、まあ、商売上の訴求力は違うのは分かる。

切り身、寿司ネタっていう見た目からは全く判別出来ないのをいいことに、って気はするけど。
そんな事気にしないで食べちゃうけどなあ、個人的には。

ただ、カツオとマナガツオを同類とか親戚みたいな関係だと思ってるような奴は、

魚、食べなくていいよ、アホだから。



banner alien
←おいで下さって感謝です。マウスを構え、クリッと。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

2013年09月27日

ガッチャマンと北京原人と新幹線大爆破


松坂桃李と綾野剛には盛大なる黒歴史として、剛力彩芽にはデスノート的評価を更に高めた作品として邦画史にいつまでも残るであろう【ガッチャマン】

ネット上では100点満点で4点という、空前絶後な評価も話題になっていた。
どっから4点って数字になるねん、ってツッコミはおいといて、

案の定、オダギリジョー、シシドジョー、アシタノジョー、ニイジマジョー、ジーアイジョー、
興業はオオコケらしいのだけど、同じくコミックの実写版オオコケ作品の【デビルマン】が比較対象にその名が頻繁に登場していた、当初は。

ところが、邦画史上に暗黒名声を確立している【北京原人】(1997東映)が、新たにクローズアップされて来た。
というのも、【ガッチャマン】の監督はなんと!【北京原人】の監督の息子さんだからなのだ。
なんという真実、驚きの因果、血の宿命!

【北京原人】も【デビルマン】も【ガッチャマン】も観ていないから作品評価は出来ない。
若い頃なら怖いもの見たさでって興味も沸いたかも知れないけど、歳取るとそんな時間やコストを掛ける勇気は無いし。

そんな話を友人としてたら【北京原人】の監督、佐藤純彌を知らないらしい。
東映育ちの僕はこの監督の全盛期にはよくお目に掛かっていた。

あんまり好きな演出をする人ではなかったけど、当時の所謂大作と呼ばれる作品を多く監督している。
【敦煌】【人間の証明】【野生の証明】【君よ憤怒の河を渉れ】

個人的には実録路線、ギャング物の東映時代の作品とか印象に強い。
そして好みでいえば【新幹線大爆破】 これは良く出来ていた。

フランスに輸出され大ヒット、そのニュースが知れ渡って凱旋興業が又、大ヒット。
ヤン・デ・ボン監督の【スピード】は明らかにこの作品のネタをパクってる。

ヤン・デ・ボンは黒澤明の脚本を基にした【暴走機関車】からヒントを得た、としてるらしいけど、
停車、減速すると爆破とか、フェイクビデオで犯人を欺くとか、
全く同じネタが使われてるんだから疑いの余地は無いだろう。

【スピード】の公開はお正月映画としてだったのだけど、大ヒットロングラン上映となっていてその内、空いた頃に観よう、
って思ってたら阪神淡路大震災を食らって、実際に観たのはかなり後になってからだった。

だから、当時このパクリが話題になったのかどうかあんまり記憶に無いんだけど、お話のテイストはかなり違ってるから比較される事は無かったのかも知れない。

【新幹線大爆破】には【スピード】のキアヌ・リーブスのようなヒーローはいない。
デニス・ホッパーのような狂気の爆弾マニアの犯人もいない。
ヒーローと犯人の直接的な駆け引きも存在しない。

高倉健がボスの犯人集団、それを追い詰める警察、仕掛けられた爆弾に対応する国鉄職員。
おおまかにいえばそれぞれ集団のドラマを展開させて、それをシンクロさせて、みたいな、
【ジャガーノート】のテイストに似てるかなあ。

2時間半の作品で、冗長なパートもあるんだけど観て損は無い、決して【北京原人】の暗黒名声だけの監督ではないのだ、佐藤純彌は。

で、息子さんのフィルモグラフィーを見ると、TV演出が殆どながら決してスカタンな履歴ではない。
かなり売れっ子の演出家といっていい。
息子さんも【ガッチャマン】だけで評価しちゃうのは早計かも知れないねえ。



baneer lump
おいで下さって有難う。ランキングはこちらをクリック。押せば命の泉沸く〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

2013年09月26日

初めての和田岬駅 ノエビアスタジアム

IMG_2769
こないだの 【なでしこvsナイジェリアin長崎】のネタでINAC神戸のHPとかを観てたら、神戸のノエビアスタジアムでINACの写真展が催されてるという。

ふーん、紹介内容を観る限りでは、、、なんかショボそうだなぁ。

でもノエビアスタジアムって昔は神戸市立中央球技場って名称で、その芝のコンディションは世界でも有数のレベルだと高評価なサッカー専用競技場なんだけど、神戸で生まれ育ってン十年、未だ訪れた事が無かったので、一目拝んでみるのも悪くないだろう。

それに、交通ルートは日韓共催ワールドカップの際に開通した地下鉄海岸線の和田岬駅と、JR兵庫駅の支線駅の和田岬駅の2つが最寄となる。
海岸線はたまに利用するのだけど、この和田岬線はやはり神戸で生まれ育ってン十年、乗った事が無い。

よし!ノエビアスタジアムと和田岬線の両方を同時に体験してやろうじゃないの。

JR神戸から一駅の兵庫駅内で乗り換え、の筈が・・・
乗り換えの改札が閉鎖されてる、、、
いや、時間閉鎖だ。

忘れてた!!!

和田岬駅は明治から存在するのだけど、兵庫駅から南方に数キロの地域の工業地帯の為の通勤路線なのだ。
だから通勤と帰社の時間帯しか運行していない。
現在は三菱重工、三菱電機の工場が広大な面積で立地している。
病院などの関連施設も。

ここから東に行くと同様のロケーションで川崎重工、もっと東だと神戸製鋼。
それぞれ小都市といっていいくらいの規模だ。

神戸は異人館やファッションとか洋菓子とか、お洒落なイメージが強いんだろうけど重工業の存在は大きいんだよ。

で、兵庫駅からの乗り換えが不可能と知った時点で考えた。
一駅の神戸駅まで帰って海岸線に乗るか、
ええい、歩いていくか。

そこでNEXUS7の登場だ。
GOOLEMAPで検索、
そ、 そんなに 遠くない、 かな。
15時前後、気温32度だけど。

兵庫区って運河があちこち道を横切ってるんで、まっすぐ歩いていたら橋の場所が限られる関係でトンでもない方向に向かったりする。
だから、絶えずGOOLEMAPで現在地をチェック、
まず和田岬線の線路をどっかで横切る筈、
運河を渡る橋を渡る筈、
3007
21自分を表す青いポイントがじりじり近づく、
お、もうじきの筈、って言ってたら、

おぉぉぉ 見えたー

およそ、、、20分弱 ふぅ 暑い







02あ、すぐ傍に野村真波さんが勤務してる病院がある、へぇ、こんな場所にあったのか。



ほぉおおお 立派なスタジアムやねえ、
あ、沢選手の足型だ。
写真展のブースのとなりからフィールドが見えた。
散水してたなあ。
394034






写真展は想像以上に   ショボかった。

IMG_2768吉田中学、
過去になんかやらかしたのか?





帰り、帰社時間に合わせて和田岬駅から帰ろう、と思ってやって来てみたら、
なんじゃ、この駅。
IMG_2775

昔は小さいながらも駅舎はあったらしいんだけど、、、
電車止めだけって、そんな、、、

しかし夕方の始発まで1時間以上ある、、、仕方ない、すぐ近くの海岸線 和田岬駅から帰った。
ふう、暑かったよぉ、たくさん歩いたなあ。

nexus7とGPS、大活躍だったなあ、いつか和田岬線、乗るぞ。



banner demae
←おいで下さって感謝です。

ランキングはこちらをクリックしてね、なむ〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村


2013年09月25日

ローラ考案の玉子トーストアレンジした

なんか結構評判になってるみたいね、このトースト。
【笑っていいとも 増刊号】で初めて確認した人が多いみたい。

で、前回ネタにした通り、安価で味も中々イケルので何度か朝食でいただいてるのだけど、トースト、玉子、マヨネーズというシンプルな構成に一捻りしたくなって来た。
日曜日で影響された方も多かったらしく、同じように作ってみたってブログも確認出来た。

当然、トーストと玉子には強い味はないのでマヨネーズが決め手になるんだけど、味をどうこうの前に半熟目玉焼きをスクランブルエッグにしてみよう。
しかし、玉子の黄身ってドーム状を保ってるからマヨネーズ壁の中に納まってるんであって、
黄身を崩すと玉子全体の量が流れて、マヨネーズの城壁を越えてしまう。
これを食い止めるには進撃の巨人に対抗するほどの高い壁が必要になる。

マヨネーズ、高く盛っても溶き玉子の勢力を食い止められるのか分からない。
量が多くなるから酸味が強くなり過ぎるかもしれないし。

他の人のブログでは玉子のまんまなのに、トーストの中央をちぎって凹にしてた人もいたけど、いや、
それは邪道だろう、  何が邪道か分からんけど。
トーストの一部を省いちゃったらパンに失礼ってか、
あぁ、ま、それも工夫の一つかも知れないけど。

そうだ、マヨネーズ城壁にチーズの補強をしてみてはどうだろうか。
元々ピザトーストみたいな佇まいもあるし。

玉子トーストスライスチーズを細長くカットして城壁の内側に敷いて補強。
そこへ荒く溶いた玉子を搬入。
外へ流れ出ないように構築するのがミソ、いやチーズだけど。

うーん、これくらいでも溶き卵の進撃は抑えられない、チーズ補強した城壁を超えてしまいそうだ。
で、はじめに半分だけ流し込み、3,4分熱を通した頃に半分の溶き玉子を再度搬入。

玉子トースト2これでどうやらマヨネーズ城壁内に収まった。
お味の方は・・・

激変、ってほどの変化はない、確かにチーズの味はプラスされてるけど。
まぁ、美味しいのは間違いない。

手間を考えたらローラオリジナルの簡単さの方がいいかなあ。
ローラ、凄いなあ、有田、羨ましいなあ。




banner spiderman
←おいで下さって感謝です。ランキングはこちらをクリックしてねん、念、念


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村