2015年04月25日

【H&M】のスプリングコートが…

umieは散歩コースなんだけど、ショッピングモールだからついつい衝動買いとか発生するのが玉に瑕。

で、散歩だけが目的ではなく、仕事に何か参考になるかな〜っていうマーケットリサーチ的な動機もある訳で、
だから購買目的が無くても興味の沸いたお店は覗くようにしてる。

先月の事なんだけどH&Mに入ってたら、黒のコートが目に付いた。
シルエットがね、タイトでシュッとしてて中々かっこよく見えた。
まぁ、H&Mだからどうせ合繊だろうと、生地を触ってみたらあれ?
雰囲気良い感触。

スナップボタンH&M特有の、マイクロブックみたいな表示タグを見るとピュアリネンとなってる。
ほぉ、リネンは大好きだ、麻製品全般に好き。
お値段も1万円未満、縫製も悪くなさそう、って買ってしまった。

昔、
イーストウッドの【ペイルライダー】やウォルター・ヒルの【ロングライダース】に出てきた、白のマキシサイズのコートがカッコ良くて、ずっと探してた事があった。
そして見つけた。

三陽商会だったかツバメコートだったか忘れたけど、マキシに少し足らない膝下までの丈、オフホワイトのカラー。
そして映画のような大きな襟ではなくて、襟の後ろにフードを収納出来るデザインだったのでスタンドカラー。
おぉ、あの大きな襟だけは嫌だったので、もうこれは理想に近い。
スプリングコートだから素材は綿。

もう大のお気に入りになって、春先から初夏までよく着用してたんだけど、ある日気付いたら穴が空いてた。

ぐわぁ〜ん、  凄いショック。
多分、家に帰ってそこらに脱ぎ散らかしててタバコの火を落としてしまったんだろうな、

自業自得。

当時と違って今やネットで簡単に検索出来る時代、
ところが同じ様な商品は皆無、どうもこういうのトレンチコートが殆どニーズを吸収してるみたい。

まぁ、スプリングコートを着用する季節なら軽いジャケットでも間に合う訳で、
実際、以降はブルゾンとかもあるしコートとは無縁だった。

で、
フロントは比翼仕立てで、隠しボタンはボタンホールの要らないスナップボタンになってるんだけど、
買って着用したその日に一ヶ所取れかけてしまった。

ボタンホールを省く事でかなりコストダウン出来るんだろうから、お値段からそれは仕方ない。
だが、そのボタンを縫い止め直したら又別の箇所が取れかけてる。

それを直したら又、、、、
スナップボタンはポケットも含めて全部で8個、
その内の3個を縫い止め直すって状況で、いずれ全部手を入れる事になるんだろうか。

これがファストファッション たる所以かねえ。
でもその他は気に入ってるし、せっせと裁縫しながら着続けてるのでした。



banner arare
おいで下さって有り難う。ランキングはこちらをクリック、クリック なむ〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔