2017年05月15日

稀勢の里 黒星の報道って

NHK1
まるで敗因の全てが、先場所で負った左腕、左胸の故障かのような報道、
ニュースも、解説も。
相手は嘉風、小結だよ、そんなに大番狂わせって言うほどの番付の差ではないだろう。

まぁ、実際そうだったのかも知れない、
横綱になって一層、風格、落ち着きも増したような気もするから、怪我が無ければ盤石の相撲で勝っていたのかも知れない。

だが・・・
対戦成績は稀勢の里の15勝4敗、
圧倒してはいるがそれでも5場所に1回は負けている計算だから、嘉風が勝ったって怪我のせいとばかり言えないだろう?

もうちょっと嘉風の右からの絞りが素晴らしいとか、その健闘を称える声があってもいいジャマイカ。
稀勢の里 、負ける時はこんな相撲が多いぞ。

ついでに言えば、先場所の稀勢の里の感動の逆転優勝、
手負いながら土俵際の大逆転っていうのが、より一層ドラマチックな印象となった が、

照ノ富士だって、ずーっと膝の故障を抱えて大関を張って来て、
本来なら稀勢の里より先に綱を締めていたかも知れない逸材。

ずっと膝が悪いので、千秋楽では15日間の疲労が溜まっていたのは間違いない。
定石なら、手負いの稀勢の里が相手と考えればじっくり構えた相撲を取るところ、

優勝決定戦という回復の時間を得られない状況で、速い相撲を取らざるを得なかったくらい、膝の状態が悪かったんだろう。
それであの逆転の小手投げを食ってしまった。

お相撲さんは誰しも重いか軽いかの違いがあるだけで、多かれ少なかれ故障は抱えているもんだけど、潜在的な事を言えば、稀勢の里より照ノ富士が上回ると思う。

久し振りの日本人横綱、稀勢の里の他の横綱は全てモンゴル出身、照ノ富士もそう。
プロスポーツだからそういう要素で人気が偏るのは仕方ない。
フィーバーも尤もだと思う。

だけど、嘉風や照ノ富士の扱いは余りにぞんざいに過ぎないか?

NHK

NHK サンデースポーツのゲストMCが伊調馨、中々達者やねぇ。
同じレスリングの浜口京子とは雲泥の差だわ。

引退後のタレント路線なら吉田沙保里だろうけど、解説者のポジションは伊調馨が独占しそう。



baneer lump
  おいで下さって有難う。
ランキングはこちらをクリック。押せば命の泉沸く〜。 おいで下さって感謝です。ブログランキングはここ。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村  おいで下さって感謝です。神戸の事ならこちらを
koba357 at 00:13│Comments(0)TrackBack(0)スポーツ | TV

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔